7年前に子供を引き取り離婚し、共同名義、連帯保証人になっている今住んでいるマンションのローンの事で教えて欲しいのですが、マンションのローンは元主人が
養育費の替わりに払っていくという口約束でしたが、払ったり、払わなかったりで、私が払っていましたが、子供達の学費がたくさんいるようになり、マンションのローンまで私1人の給料では難しくなって来ました、銀行さんに相談した所、自己破産の道しかないと言われたのですが・・・こういう場合誰に相談をすればいいのでしょうか?自己破産しない方法もあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

hiro37さん、おはようございます。



ご丁寧なお礼ありがとうございました。
ぜひ、気落ちなく頑張って下さい。

このコーナーには、それぞれのカテゴリーの所に、それぞれ専門家で
あろと思われる方がいらっしゃいます。
そして、そのご回答者の皆様は、非常に思いやりのある方が殆どです。

遠慮なく、どんな些細な事でも、ご相談すれば、必ずや道が見つかると
思います。
今回は、私のみのご回答になってしまったようですが、それは、hiro37
さんがこのカテゴリーに投稿されたからだと思います。
もし、質問内容にあわせたカテゴリーを選択されますと、もっと多くの
ご回答が寄せられます。
次回に、ご質問される場合の目安にする為に、下記の点を付記して
おきます。  (参考にされてください)
1.法的な問題は「法律」が適当です。
  離婚関係の事や養育費関係の事もここでご相談されれば、必ずや
  多くのご回答者から、良きアドバイスを受けれると思います。
  私と比較にならない方が大勢いらっしゃいます。
2.生活関連扶助については、上記1でもよろしいかと思いますが、
  現在の投稿されている「その他(マネー)」でも宜しいかと思います。
3.その他について、もし、不明であれば、それらのキーワードを質問検索で
  検索されると、どのコーナーでその内容のご相談が多いか分かると
  思います。

これから、きっと楽しいことや笑顔で暮らしていける日が必ずやきます。
一人で心細がらず、このコーナーの顔の見えないご回答者の皆様を
ご友人だと思い、頑張って下さい。

きっと素晴らしい明日がきます。
心より、明るい明日がhiro37さんのお手元にくる事をお祈り申し上げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとにありがとうございました。

お礼日時:2004/02/22 12:58

hiro37さん、こんばんわ。



補足本当にありがとうございます。
きっと、今は、色々な悩みでそれどころではないとお察ししております。
ご返事がいつくるか心配でした。

まず、生計の方を何とかせねばなりませんネ。
そして、次に元のご主人の事を解決せねばならないと思います。

1.まず、現在お住まいの行政区の区役所に生活保護のご相談に
  いかれて下さい。 (福祉課になると思います)
  もっと詳しい状況がわからないと何とも言えませんが、養育費が
  ストップしており、現在のままでは生活がなりたたない苦境にあり
  それらをご相談下さい。
  各都道府県により、その条件等は様変わりしますが、まずご相談です。
  ○生活扶助
  ○扶養扶助  (親子3人であれば、ある一定以上の収入金額が満たされて
          いない場合ですと、ある一定額の扶助があります。
          また、ある一定の貯金があったとしても、大丈夫と
思います。
          この点も各都道府県により審査条件がかわりますので
          よくお聞き下さい。)
  ○教育扶助
  ○住宅扶助 等のご相談を行って下さい。
  生活保護なんてとお考えになる方もいらっしゃいますが、これは国民全体が
  受けれる権利であり、恥ずかしい事ではありません。
2.上記の内容と並行して、
  各都道府県で定期的に開催しております、無料法律相談にご相談下さい。
  そこにでは、弁護士が相談にのってくれます。
  (市制だよりとかに載っていますので、ご確認下さい。)
  もし、お住まいの都道府県が大きい所でしたら、その地区の弁護士会でも
  無料法律相談日等を設けている場合があります。
  これらも確認して下さい。
  (この時に、私へ補足を頂いた内容と養育費がストップしている事や
   また、財産が自分の知らないうちに処分された点などをよくお話しに
   なって下さい。)
   調停になるか和解にするかをご相談されると良いと思います。
   そしてその際に、必ず書面にて、それらの約束を頂けるようにして
   おく事です。
   もし、無料法律相談でお話しになって、希望が持てそうだと判断されたら
   弁護士会にご相談されて適当な弁護士をお雇いになったらと思います。
   (弁護士費用は、高くつきますが、それらをお雇いにならないでやる
    方法もありますが、ちょっと時間をとられてしまう事にもなって
しまいます。)
3.元のご主人にお電話をして、それとなく、お住まいの住所等を聞いておく
  ようにして下さい。
4.ローンは、いつ頃から始められたのか不明ですが、借り換え等のご検討を
  行って下さい。
  かなり以前より始めてあるのであれば、金利が安い今であれば、それらの
  ご検討も同時に行うべきです。
  しかし、この場合には、借り換えする際に、留意しておかなければならない
  点は、共同名義、連帯保証人の事です。
  借り換えた場合には、それらの名義及び連帯保証人の更新が必要に
  なってきます。
  この点も、上記2でのご相談に含めておいて下さい。
5.民事再生の手続きも踏む事が可能かと思います。
  これも上記2でのご相談(最終のご相談)に含めておいて下さい。
  これにより、ローン等の支払猶予等を行える可能性があります。

このネット上では、hiro37さんの詳細な内容が聞けない為、上記の内容を
ご参考にして、各相談の窓口へお出かけ下さい。
きっと必ず出口が見つかります。 
頑張って下さい。 
もし、また不明な点が出てきたり、ご相談があれば、
遠慮なく補足して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wa_jiroさん色々とありがとうございました、ほんとなら、もっともっと相談したい程です、シングルになっていつも地に足のついた生活してないな、って思っています。行動を起こさなければって思うのですが一人だとつい心細くなってしまって
ローンもわずかな貯金から払っていました。今回子供の進学を期に行動を起こしてみます、ほんとありがとうございました。

お礼日時:2001/10/04 00:27

hiro37さん、こんばんわ。



落ち着いて下さい。
まず、自己破産を行う前に、すこし教えて下さい。
1.離婚されたご主人がきちんと養育費(ローン代替分)を払って貰えれば
  生活はなりたつのですか?
2.離婚されたご主人は、定職があり、収入がおありなのですか?
3.お子様は何歳で何人いらっしゃいますか?。
  失礼ですが、母子家庭でいらっしゃいますか?

まず、生計の道を探り出しましょう。
まず、離婚された事をお聞きしておりますが、協議離婚で、慰謝料等や
養育費の事は正式な手続きになってないような気がしています。
これらを正式な手続きを行い、現在までの養育費及び今後の保証を
書面にしましょう。
立替払いを行った分についても、正式に払ってもらいましょう。
hiro37さんには、その権利があります。
また、実際、母子家庭のような内容と受け取っておりますが、現在
生計の道が立たない(特にお子様の教育等があるとの事でしたら)
生活扶助の中の教育扶助を受給できる権利もあります。
(生活扶助なんてと思わないで下さい。 これは、国民全員の権利です。
 苦しいときには、これらを申請して、貰える権利があります。)
そして、養育費の不払い分を受領した時には、これらを預託すれば、
生活扶助の額から差し引かれません。
まず、生活の安定を図り、そして、すぐに、離婚されたご主人への養育費
請求の解決を図って下さい。

まず、上記の補足を頂けたらと思います。
私で出来得る限りのアドバイスをと思っています。
ちなみに、このコーナーよりも「法律」のコーナーへ投稿されると
もっと多くのご回答者からアドバイスが貰えると思います。

この回答への補足

wajiroさんアドバイスありがとうございます、ご質問ですが
 1.ローンさえ払ってもらえれば、生活はしていけるんです
  ずっとパート勤めを昨年から正社員で働いていますんで
  それと、児童手当を貰っています
  ローンが給料の3分の2を締めています
  ローン返済がステップ方式だったんで、上がる一方なんです

 2.定職というか1人親方という職人をしているみたいです
  恥ずかしいですが、何処に住んでいるか、仕事はちゃんとしているか
  わからないんです、携帯番号だけの連絡なんです
  一応電話すれば、繋がるのですが「不景気で」って言われるんです

 3.子供は高校1年と3年生なんです
  上の子が大学に行きたいってずっと言ってたんで、(奨学金を利用させて
   もらうんですけど)
  で、家のローン(養育費)をキチンと頂けないと生活ができないんです

  母子家庭で、親子3人で住んでいます
  実家には迷惑かけたくないんです、年金生活ですので
  協議離婚で、慰謝料ももらってないんです
  離婚当初は一応生活は見てくれるって言う口約束でしたが、半年位は
  仕送りがあったんで
  元主人がかってに以前住んでた家(一軒家)を2重、3重の抵当権を入れ、借  金をしていたんで、それを売って借金を返したら、手元に何も残らなかったん  で、慰謝料請求できなかったんです
  
  正式な手続きは何処ですればいいのでしょうか?
  費用はかかりますか?
  すいません、何も知らないもので
  マンションは売りに出してもいいと思っているのですが、(賃貸でもっと
  安い所に移りたいんで)
  でも、今売っても借金が残るだけだと聞いたんです
  
  

補足日時:2001/10/02 22:09
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己破産後何年でローン通りますか?

自己破産して丸5年経ちました。
車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
詳しい方いらっしゃいましたら是非教えてください。
また、リース等購入しやすい方法ありましたら教えてください。

Aベストアンサー

> 自己破産後何年でローン通りますか?
> 車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
これは何とも言えません。
誰にも答えることはできません。

かつては、
・『個人信用情報機関』に「官報情報」が登録されていた
・官報に「ネット検索システム」がなかった
ということから、「個人信用情報機関から官報記載情報が消えれば」という言い方もできたのですが、今は、官報に「ネット検索システム」ができてしまったので、確か昭和22年の官報まで、調べることができるんですよ。

現在、『個人信用情報機関』で「官報情報」を登録しているところは、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のみです。
ここの「官報情報」の登録期間は、10年間ですから、『個人信用情報機関』を基準に考えるのならば、「最長10年」は借りることができません…と言えますけれど。

また、自己破産の際に免責を受けた先の関係先を利用とされるならば、「一生無理」ということもあるんです。

消費者金融、信販会社、クレジット会社、金融機関など、昨今は「グループ化」が進んでいますから、思わぬところで謝絶をされたりすることもありますよ。

でも、逆に、案外すんなりと借りられてしまうこともあります。

> リース等購入しやすい方法ありましたら教えてください。
「購入方法」でしたら、「ローンを組まずに現金で購入されれば」という回答になってしまいます。
ローンを借りる方法というのは、「原則」がないので、「申し込んでみなければ分からない」んです。
信販会社やクレジット会社の中には『KSC』を利用しないところもあるので、ディーラーローンなどを利用され、借入申込人の信用情報以外の『属性』がよければ、問題なく借りられるかもしれません。

ただ、最近、ディーラーローンが通りにくくなっている…という話をよく耳にします。

カーリースは、お金ではなく「車」の貸借契約になりますので、そちらならば「個人信用情報」は関係ないかもしれません。

ですが、残価設定リースのようなものは、信販会社との「ローン契約」になりますので、分けて考えてください。

> 自己破産後何年でローン通りますか?
> 車を購入したいと考えておりますが、ローンは通りますか?
これは何とも言えません。
誰にも答えることはできません。

かつては、
・『個人信用情報機関』に「官報情報」が登録されていた
・官報に「ネット検索システム」がなかった
ということから、「個人信用情報機関から官報記載情報が消えれば」という言い方もできたのですが、今は、官報に「ネット検索システム」ができてしまったので、確か昭和22年の官報まで、調べることができるんですよ。

現在、...続きを読む

Q自己破産後の住宅ローン

6年前に夫が自己破産しました。今は、マイホームの為に頭金を貯めています。聞いた話ですが、自己破産後10年たっても、保証会社が情報を持っているため、住宅ローンを組むのは難しいと…。
本当でしょうか?こちらでの他の方の質問や回答で、自己破産後住宅ローンを組んだ方もいらっしゃるみたいですが…。

あと夫の会社が「ろうきん」の組合員?らしく、住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどを、会社を通じて申し込みが出来て、金利も低いし、給料天引きで返済も出来るそうです。そういった所の方がやはり有利でしょうか?
ろうきんでも、やはり10年たたないと厳しいでしょうか?

夫→勤続年数10年
  年収700万円です。 
  今現在、もちろん借り入れもありません。

Aベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。
&保証会社に出向して保証審査を担当したこともあります。
&かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 6年前に夫が自己破産しました。
> 聞いた話ですが、自己破産後10年たっても、保証会社が情報を持っているため、住宅ローンを組むのは難しいと…。
これは少し情報が間違っています。
「保証会社が情報を持っている」のではありません。
現在、日本には『個人信用情報機関』というものが4つありまして、金融機関や保証会社はいずれかもしくは複数の『個人信用情報機関』に加盟していて、ローンや保証の審査の際には、加盟している『個人信用情報機関』に、借入申込人、連帯債務者、連帯保証人の『個人信用情報』を照会するんです。
この『個人信用情報機関』では「官報情報」も登録してあります。
自己破産も官報に掲載される情報なので、『個人信用情報機関』に登録された情報の中に「官報情報」があれば、ローンや保証の審査に影響を及ぼす…という仕組みになっています。

そして、銀行等の金融機関が加盟している『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』という『個人信用情報機関』では、「官報情報」の登録期間を「10年」と定めているので、「自己破産後10年たっても住宅ローンを組むのは難しい」という話が広まるんです。
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/about/index.html#contents3

> こちらでの他の方の質問や回答で、自己破産後住宅ローンを組んだ方もいらっしゃるみたいですが…。
銀行系の『個人信用情報機関』における「官報情報」の登録期間が一番長くて「10年」となっているので、それを過ぎてしまえば『個人信用情報機関』から自己破産の情報も消えますので、10年経過すれば住宅ローンを組むことも可能…となります。

そうでなくても、法律などで「自己破産をしてその情報が『個人信用情報機関』に登録されている間は、その人にお金を貸したり、それに準ずることをしてはいけない」と決められている訳ではありませんので、金融機関や保証会社が「OK」とすれば、保証もしてもらえますし、ローンを借りることもできるんです。

> あと夫の会社が「ろうきん」の組合員?らしく、住宅ローンや自動車ローン、フリーローンなどを、会社を通じて申し込みが出来て、金利も低いし、給料天引きで返済も出来るそうです。そういった所の方がやはり有利でしょうか?
> ろうきんでも、やはり10年たたないと厳しいでしょうか?
各「ろうきん」も『全国銀行個人信用情報センター』に加盟していますので、ご主人の自己破産情報は把握できてしまいますね。
それを「どう判断するか」は、「ろうきん」次第です。
ただし、「ろうきん」だから「ろうきんの組合企業の社員は審査の点で甘く見てもらえる」という話は聞いたことがありません。
金利の優遇幅が大きいとか、保証料率が低くしてもらえるとか、手数料が安くなる…という話は聞きますが。

住宅ローン審査経験者です。
&保証会社に出向して保証審査を担当したこともあります。
&かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> 6年前に夫が自己破産しました。
> 聞いた話ですが、自己破産後10年たっても、保証会社が情報を持っているため、住宅ローンを組むのは難しいと…。
これは少し情報が間違っています。
「保証会社が情報を持っている」のではありません。
現在、日本には『個人信用情報機関』というものが4つありまして、金融...続きを読む

Q住宅ローンと自己破産者の今後

自己破産者やいわゆるブラックな人達が住宅ローンを組めなかったり、新たなカードを持つことすら難しいのは知っていますが、そのような人達も自分の責任だけでない場合もあるはず。
いや、それでも安易に保証人になるのも問題かと思いますが、例えそうであっても住宅ローンを組み支払いするのと同じくらいの家賃をきっちり支払っている人もいるはず。

今後そういう人達は住宅ローンを組めるようにはならないのでしょうか。
それによって幾分経済効果もあるんじゃないでしょうか。
もちろんリスクもあるでしょうけど…

Aベストアンサー

>それによって幾分経済効果もあるんじゃないでしょうか。
 無い。踏み倒された借金は負の経済効果しかない。破産で踏み倒した奴らは既にGDPを引き下ろしているし、今後もう一度そうならない保証はない。彼らは社会に経済的打撃を与えた実績持ち。同等に扱ってもらいたいなら、免責後でも全部返せと言いたいね。それをしない限りマイナススタート。

 負債を持った会社なり個人が破産して免責されるとは、その負債の分のお金が世の中からぱっと消えちゃうということ。今まであると思っていた債権を0にされちゃうんだから。それらが多額になれば社会が経済的にこらえきれなくなる。破産者には貧乏農場にでも行ってもらって、牛馬のようにこき使われて食うや食わずで生活してもらわなければ、養って行けなくなる。破産に対するペナルティのない社会は成り立たない。経済的に余裕のある社会なら弱いペナルティでも済むが、余裕が無くなればきついペナルティを課す必要が生じる。要は破産者の消費は生産を上回ると言うこと。その分、誰かが作り出した富が消えていく。消える富が大きくなれば社会全体がタダでは済まなくなる。歯止めは必要。

 世の中からパッと消えちゃったお金は、一生懸命稼いでいる人々が補っているのだよ。景気がよいとは世の中をお金が勢いよくグルグル人から人へ廻っている状態を言う。破産者とは、その流れを途中で止めて消しちゃった人。景気を悪くする一因だよ。人並に扱って欲しいなら、与えた打撃を補償してからにしろと言いたいね。一生家賃払うくらいがなんなのさ?家という耐久消費財を消費している対価でしょ。消費が生産を上回った時点で追い出されれば良い。その分社会に与える打撃は小さくなる。追加でもう一度大きい打撃を与えるチャンスをくれてやる必要はない。

 将来をあれこれ心配して、備えを怠らないよう細心の注意を払って計画的に日々努力している人々と、ツケを他人にまわした奴らを同じに扱っていては、必死に努力するのがバカバカしくなる。そんな社会は成り立たないよ。ペナルティをつけるのが当然。場合によっては破産・夜逃げを犯罪にしても良いとさえ思う。破産者刑務所で返せるまでこき使われてくれ。踏み倒した負債を全部国庫に入れれば釈放。前科はつけなくて良いよ。

>それによって幾分経済効果もあるんじゃないでしょうか。
 無い。踏み倒された借金は負の経済効果しかない。破産で踏み倒した奴らは既にGDPを引き下ろしているし、今後もう一度そうならない保証はない。彼らは社会に経済的打撃を与えた実績持ち。同等に扱ってもらいたいなら、免責後でも全部返せと言いたいね。それをしない限りマイナススタート。

 負債を持った会社なり個人が破産して免責されるとは、その負債の分のお金が世の中からぱっと消えちゃうということ。今まであると思っていた債権を0にされちゃ...続きを読む

Q自己破産とローンの一本化

私の弟が計6社からローンをしています。はじめは50万をアパートの敷金や準備金で借り、月35000円づつ返していたのですが、収入が安定しておらず、その返済金を他社から借り・・・を続けていたところ、6社にも計300万ほど借金が膨れあがったというわけです。はじめは親も頑張って一緒に返していたのですが、とうとう親も返しきれなくなりました(妹の学資など)。私もなるべく援助してきたのですが、結婚して子供もいるため自分たちの生活でいっぱいです。本人は現在月7万の収入です。ローンは約10万払わなければならず本人も無理な様子です。何とか弟と話をし、いろいろ考えたのですが、あるローン会社から一本化してみては?といわれたそうなのですが・・・。金利も支払いも少しは楽になるとの事。本当でしょうか?弟を信じ、私も親も一生懸命返してきましたが、減るどころか増えているでは在りませんか・・・。私の最後に弟にしてやれることをやり、楽になりたいです。自己破産した場合、私や夫、また両親などにも何か影響はあるのですか?借金返済について誰かいい知恵を下さい。また、ローン会社から借りれなくなる方法はありますか?

私の弟が計6社からローンをしています。はじめは50万をアパートの敷金や準備金で借り、月35000円づつ返していたのですが、収入が安定しておらず、その返済金を他社から借り・・・を続けていたところ、6社にも計300万ほど借金が膨れあがったというわけです。はじめは親も頑張って一緒に返していたのですが、とうとう親も返しきれなくなりました(妹の学資など)。私もなるべく援助してきたのですが、結婚して子供もいるため自分たちの生活でいっぱいです。本人は現在月7万の収入です。ローンは約10万払わなけれ...続きを読む

Aベストアンサー

自己破産も一つの手ですが、私は、裁判所の「特定調停」をお勧めします。
「特定調停」は、多重債務に陥った人の債務を整理し、再出発を助ける制度です。弁護士による任意整理や自己破産より、費用もかかりません。

実は、消費者金融と呼ばれる金融業者は、殆どが29.2%などという高金利で商売をしています。これは、利息制限法の上限金利15~20%を超え、「違法」の状態になっています。
大手と呼ばれる竹富士、アコ△、Iフル、プ口ミスすべて「違法」状態で商売しています。裁判をやると普通金融業者が負けます。
「特定調停」そうした、上限金利以上の取りすぎた金利を、元金に充当させます。
残った残債務を、3~5年で返済していく計画を立てます。
3・4年の付き合いの金融業者は、債務が約半分に、6・7年の付き合いのところは、ほぼ0となります。
残債務が残ったとしても、その後の金利はナシで返済計画を立てます。

しかし、月収7万は、あまりにも少なすぎます。「アパート生活」は無理。生活全体というか、収入にみあった生活を考えていく必要があると思うし、収入を増やしていく事、親との同居など考えていく必要があると思われます。

ローンの「一本化」は、もっとも愚かな選択です。自己破産より悪い。利息制限法による再計算を事実上できなくしてしまいます。喜ぶのは金融業者だけです。

自己破産も一つの手ですが、私は、裁判所の「特定調停」をお勧めします。
「特定調停」は、多重債務に陥った人の債務を整理し、再出発を助ける制度です。弁護士による任意整理や自己破産より、費用もかかりません。

実は、消費者金融と呼ばれる金融業者は、殆どが29.2%などという高金利で商売をしています。これは、利息制限法の上限金利15~20%を超え、「違法」の状態になっています。
大手と呼ばれる竹富士、アコ△、Iフル、プ口ミスすべて「違法」状態で商売しています。裁判をやると普通金融業者が負け...続きを読む

Q自己破産者の住宅ローンについて

自己破産者の住宅ローンについて


友人の代理で質問させて下さい。


旦那さんが10年前に自己破産をしました。

それからコツコツと二人で貯金し10年たったので駄目もとで住宅ローン申請を希望しているのでご意見よろしくお願いします。


~旦那さん~

45歳

勤続20年

年収500万

貯金900万~1000万


~奥さん~

35歳

勤続5年

年収320万



奥さんにローンなどはありません。


旦那さん単独か共同かは審査が通るならばどちらでもいいそうです。



購入希望物件は3500万の新築物件です。


自己破産しておきながらのマイホーム希望は甘い考えだとは重々承知です。それでも僅かな希望がないかご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ローンの審査が「どうなるか」は、銀行等金融機関やその保証会社次第です。
「駄目もとで」ということでしたら、「取り敢えず」申し込んでみられればよろしいですよ。
(なかには、何ごとにおいても「NG」になるのを好まれない方もいらっしゃいます。そういう方には、「取り敢えず」とは申し上げませんが、「駄目もとで」というスタンスでいらっしゃるのでしたら、取り敢えず申し込んでみれば、一番はっきりします。)

A銀行ではNGとなったけれど、B銀行では条件付きでOKとなり、C銀行では無条件でOKとなった…ということも、珍しくないんですよ。

以前は、自己破産(=官報情報)について、ほとんどの『個人信用情報機関』で登録情報となっていたのですが、現在も登録情報としているのは、3機関のうち「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のみです。
「シー・アイ・シー(CIC)」と「日本信用情報機構(JICC)」については、既に登録情報ではありませんので、開示したところで、自己破産の情報は記載されてきません。

「KSC」における、官報情報の登録期間は「自己破産等の決定日から10年以内」となっています。
自己破産をされたのが10年前のことならば、「KSC」でもそろそろ情報が抹消される頃ですね。

ただ、「『個人信用情報機関』から自己破産の情報が消えれば大丈夫?」かと言うと、絶対とは言い切れないんですよね。

…と言いますのは、「CIC」や「JICC」が官報情報を記載しなくなったことにも関係しているんですが…。

数年前から、「官報」は、インターネット上で検索ができるようになったんですよ(登録制・有償)。
ですから、官報情報については、そちらで調べれば済むので、「CIC」や「JICC」が登録をしておく必要がなくなった…ということなんです。

官報情報は、昭和22年以降の情報について、キーワードで検索をかけることができます。
一度掲載された情報は、抹消されることはありません。

そちらから調べれば、10年前の旦那さんの自己破産情報も出てくる可能性があるんですよね。
ですから、『個人信用情報機関』に自己破産の情報がないから…といっても安心はできない…とお考えください。

でも、過去に自己破産をした人は、生涯ローンが組めないかというと、そうでもないんです。
そのあたりの「判断」が金融機関等によって異なるので、先ほども申し上げたとおり、
> A銀行ではNGとなったけれど、B銀行では条件付きでOKとなり、C銀行では無条件でOKとなった
ということも起こり得るんです。

> 購入希望物件は3,500万の新築物件です。
販売価格が3,500万円の物件について、住宅ローンを利用して取得しようとする場合には、3,700~3,800万円程度が必要資金になるとして、資金計画を立ててください。
もちろん、引っ越し代や家具・家電の購入費用は別にして…です。
「手数料」や「諸費用」というものが、結構かかるんですよ。

現在の貯蓄が900万~1000万円とのことですが、この全額を今回の住宅取得に充当してもいい額ですか?

引っ越し代や家具・家電の購入費用と、それとは別に急に備える費用として200万円程度は手元に残しておくとよろしいかと思います。

仮に、必要総額3,800万円で、自己資金が1,000万円用意できるのであれば、住宅ローン借入額は2,800万円になります。

現在の一般的な定年年齢は、まだ60歳なので、それまでに完済できるように返済期間を設定します(60歳-1年-現在の年齢)。

仮に、借入希望額:2,800万円 返済期間:14年 金利:年利1.70%(固定金利選択型・固定金利期間10年) 元利均等返済 ボーナス返済なし…という条件で、シミュレートしてみますと、毎月の返済額は、187,403円となります。年間では2,248,836円。
これを旦那さんの年収で割って「返済負担率」を出しますと、44.9%になります。

残念ながら、この返済負担率では「返済能力不足」となります。
奥さんを「収入合算者」にすれば、返済負担率は27.4%になりますので、なんとかなるでしょう。

ただ、奥さんの年収も少なくないので、できれば、2人での「連帯債務」で借りられた方が、住宅ローン控除の点からもいいのではないかと思います。

実際のお借り入れでは、返済期間をもっと長くしたり、金利が低いパターンを選ばれるかもしれませんが、できれば、旦那さんの年収だけで、旦那さんが定年までに完済できる計画でシミュレートしても「無理がない」状態に、お借り入れをとどめられた方がよろしいかとは思います。

ローンの審査が「どうなるか」は、銀行等金融機関やその保証会社次第です。
「駄目もとで」ということでしたら、「取り敢えず」申し込んでみられればよろしいですよ。
(なかには、何ごとにおいても「NG」になるのを好まれない方もいらっしゃいます。そういう方には、「取り敢えず」とは申し上げませんが、「駄目もとで」というスタンスでいらっしゃるのでしたら、取り敢えず申し込んでみれば、一番はっきりします。)

A銀行ではNGとなったけれど、B銀行では条件付きでOKとなり、C銀行では無条件でOK...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報