【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

最近、医療保険の見直しを考えています。
なので保険の本を購入し、本から選んだ数社に資料請求をお願いし、自分なりに勉強したつもりなのですがどうしても決めきりません。
それどころか、今入ってる保険がやはり、いいのかもとさえ思ってきたりしてきました。それも自信ありません。
資料請求した会社に数社分を比べてもらおうかとも考えましたが、やはり営業さんは自分のところを勧めるのではと考えてしまいます。
そんな時FPの無料診断というのを知りました。けれど、そこで疑問が生まれてしまいました。なぜ、無料でしてくれるのでしょうか?
FPさんも保険会社と手を組んだりして自分に都合のよい保険会社をやはり勧めるのでしょうか?
もし、利用されたことがある方などおられましたら参考までにどのような感じなのか教えてもらえないでしょうか?
お願いします。

gooドクター

A 回答 (6件)

FPは、米国で発祥し、人によって違うライフプランにあわせた計画をたてるため、ある分野に特化した知識ではなく、金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識をもって、状況に応じて弁護士、税理士、保険、不動産の専門家などの協力を得ながら、トータルな資産のプランニングをし、実現の手助けをする業務です。


米国も、日本も、保険を売るための技法として位置づけされておりません。
もしも、 保険を売るための技法だったら、すでに淘汰されていたことでしょう。

私は、かつてNPO日本ファイナンシャルプランナーズ協会と郵政省(現・日本郵政公社)の暮らしの相談センターで無料相談員を任じていたことがありました。
NPO日本ファイナンシャルプランナーズ協会のときは、FPの普及が目的なのでボランティアでした。
暮らしの相談センターでは、郵政省より寸志をもらっていました。
当然のことながら、この二つに務めたとき公平で道理に適った応談をしました。
なお、暮らしの相談センターのFP相談業務は廃止されました。


ひとつの生保会社に属しているFPは自己の商品へ誘導することが少なくないようです。
この場合は、次のように言えば、ほとんどのFPは自己の商品へ誘導することを諦めます。
『日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の倫理規程第2条に「公平さを保つために必要なすべての情報を開示したうえで、専門家としての業務を公平かつ道理に適った方法で提供しなければならない」と定められていますので 、自己の商品へ誘導することを目指して相談業務はしないでね』
それでも、自己の商品へ誘導してきたときは、『自己の商品へ誘導することを諦めないので、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の倫理委員会に通報します』と言って、そのFPおよびその生保会社は断ちましょう。
http://www.jafp.or.jp/kitei/kaiinkitei.htm
http://www.jafp.or.jp/kitei/tyoukai.htm

FPには、不動産業界・生保業界・損保業界・銀行業界・ファンド業界などに勤めている者も少なくありません。
何らかの業界に属しているFPは自己の商品へ誘導することが少なくないけれど、その業界のことについては他のFPよりも長けている長所があります。

どの業界にも属していないFPを「独立系FP」と呼ばれており、相談は有料ですが公平さを保っているので安心です。
「独立系FP」が無料の相談に応じないのは、生命保険や不動産を売っても手数料が入るわけではなく、相談業と顧問業が唯一の飯の種なのです。

私が質問者様の立場なら、次の二つの策のうち、いずれか一つを行います。
●日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の無料相談窓口である「くらしとお金のFP相談室」に相談する。http://www.jafp.or.jp/kurashi_fp/

●数人のFP無料相談を受けますが、相談開始直前に「自己の商品へ誘導することを目指して応談しないでね」と釘をさします。
そして、得られたアドバイスと自己の意見を独立系FPに説明したうえ、この独立系FPに有料相談します。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

相談業務は廃止されてしまったのですね。
残念です。
「くらしとお金のFP相談室」こちらは東京・大阪しかないのでしょうか?というのも私が現在、九州在住の為です。
自己の商品への誘導をまずはお断りしてから望んだ方がよいのですね。
相談に伺った時はその旨を伝えようと思いますが、それでも誘導してきたらとやはり考えてしまいます。
が、他の方が言われてたように「そこで入らなきゃならないと思わず、教えてもらう」という気持ちで行こうと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 15:20

ANo.4です。



ANo.4の「この回答へのお礼」欄の「東京・大阪しかないのでしょうか?というのも私が現在、九州在住」について回答します。

毎年10~11月に、日本ファイナンシャルプランナーズ協会が全国各地で無料相談会http://fpday.jp/を催しているので、これに参加してはいかがでしょう。
また、九州には日本ファイナンシャルプランナーズ協会の支部が7箇所ありますので、最寄りの支部に照会してはいかがでしょう。
 福岡支部  5092-771-0725 
 佐賀支部  50952-41-5837 
 長崎支部  5095-818-2650
 熊本支部  5096-386-0511   
 大分支部   5097-524-0303 
 宮崎支部  50985-60-5330   
 鹿児島支部 5099-812-0777
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度お返事ありがとうございます。
全国各地の無料相談会は結構先なのですね・・・
お願いしてる新たな資料が届いたら、支部かに後日連絡してみようと思います。
詳しくありがとうございました。

お礼日時:2006/07/29 01:11

私もFPです。


FPはお金のホームドクターといわれることもあります。
はっきりいってまだまだやぶ医者も多いです。
保険を販売することはキチンとした提案ができれば販売に問題はないと考えます。
無料にはスポンサーから収入を得る場合もありますが、ほとんど販売目的と考えた方が無難です。
相性や考え方が会わない場合にきっぱり断る自信がないならインターネットで考え方の納得できるところを探すか、有料相談も考えると良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

数日前、資料を頂いた保険の方で担当になりますという方に電話口でしたが、詳しく説明をしていただき好印象をもちました。が、
無料FPさんのとこでもしその保険会社に決めるとすると、違う担当者さんになってしまうのでしょうか?
その保険会社でとも思いましたが、けれど、他の保険会社もやはり気になりますし、安全性もやはり注意しなくてはと考えるとやはり他のFPさんに何人かお会いした方がいいのかとも思います。
やはり皆さんのいうように、じっくり自分なりに出来るとこまで勉強してわからない面は教えてもらう。という考えでいこうと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 15:31

そのFPです。


保険の見直しの中の選択肢には“そのまま触らず!”ってのもあります。いずれにしてもそのFPの姿勢ですね、まずは貴方との信頼関係ですよ、じっくり話しあってください。としか言えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そのまま触らずですね・・ただ今の保険が更新型なので、団体割引なので保険料を相当抑えてはくれてるようなのですが・・・
信頼関係ですね、ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 15:13

>そんな時FPの無料診断というのを知りました。

けれど、そこで疑問が生まれてしまいました。なぜ、無料でしてくれるのでしょうか?
そもそもFPというのは保険を売るための技法でアメリカで発達しました。


>FPさんも保険会社と手を組んだりして自分に都合のよい保険会社をやはり勧めるのでしょうか?
誤解されたくないところは、きちんとしたFPであれば自分たちの都合だけで保険を売ることは無いです。


>もし、利用されたことがある方などおられましたら参考までにどのような感じなのか教えてもらえないでしょうか?
診断している人間としてはお勧めをしますが、複数の方から受けたほうがいいと思います。


個人的な意見ですが、約40社ある保険会社から自分にあった保険を探すのは事実上不可能です。
それができるのは専門家だけです。
自分も最初、何も考えずに保険に入っていました。
そしてその無駄といい加減な現状にげんなりしていました。
ただ、見直そうと思ったときに何をすればいいのか?
そもそも何がどれだけ必要なんてわかりませんでした。
公的な補助や会社の福利厚生などなどを踏まえ考えないといけないので見直しなんてできません。
結局、会社に入って自社で扱える最上の保険を作ることが何よりも最善の行動なんだと自分では思っています。
もちろん、保険業に携わっているとどこの終身が安いだとかあの商品がいいというのも出てきますが・・・。

まず、売られるというスタンスではなく、保険や周辺知識を教えてもらうという気持ちで保険の話を聞かれればご自身のためになると思います。
きちんとあなたは信用できないといえば断ることもできますので無料診断でも何でも受けられれば良いのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

公的な補助や会社での福利厚生・・
将来的に公的な補助はほとんど望めそうにないですよね。
ありがとうございます。
教えてもらうという気持ちで望もうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 15:10

>なぜ、無料でしてくれるのでしょうか?



自分ところで売ってる保険の勧誘の一環だからです。

>FPさんも保険会社と手を組んだりして自分に都合のよい保険会社をやはり勧めるのでしょうか?

担当者によります。

ただし、有料の方が、家計全般をきっちりみてくれる”確率”は、はるかに高いです。(あくまで確率です。)

単純に、医療保険程度で・・・なら、無料相談を、数人してもらって、一番相性の良さそうな担当者の所で入るのが得策だと思います。無料は、あくまで無料なので、何人か会うのがポイントです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、担当者の方によるのでしょうね。
何人かの方に会うのが一番なのですね・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2006/07/24 15:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング