外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

こんにちは、
認知症の母親の通帳を見ましたら、「コウクコウレイ、、」と記載され、すごい金額が引き出されてました。ほとんど年金も残らないほどです。
「後見人」を父がやっているのですが、この辺りは、何も検討してません。
感覚的に間違っているような気がする(?)のですが、税理士に相談等すれば、少しは下がる可能性はあるでしょうか?

http://www.mhlw.go.jp/bunya/shakaihosho/iryousei …

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    お返事有難う御座います。
    >税理よりまずはここでしょう。
    母は、介護老人保健施設に、先日から入所してます。
    費用は合計17万円/月ですが、妥当な金額でしょうか?


    でも、ここでは、後期高齢者医療制度 保険料の税金の相談はできないでしょうね。

      補足日時:2015/07/30 19:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

断片的な情報で分かりません。


本当に「コウクコウレイ、、、」ならそれらしき名称で
ごまかした詐欺商法にお母様が巻き込まれたとも想像できます。

お母様の通帳から、保険料が引かれているということは、
お父様の保険料もいっしょということはありませんか?

●そもそも保険料なら年金からの天引きだと思います。
まず、お母様の住民票のある役所にご相談ください。

それと介護施設の話とは別だと思います。
介護認定はされたのでしょうか?
要介護のレベルは?

おすまいの役所の福祉課やソーシャルワーカーなどに
情報(資料)を全部をおさえたうえでご相談された方が
納得いく答えがもらえると思います。

私も要介護レベル5の家族がいます。
国、自治体はそういう時こそ頼るものだと思いますし、
日本はそれに応えてくれる国だと思います。
またそれまで払ってきた保険料(介護保険)が
効果を発揮します。

どういう状態にあるのかも相談されて
しっかり把握されてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。

>断片的な情報で分かりません。
> 本当に「コウクコウレイ、、、」ならそれらしき名称で
> ごまかした詐欺商法にお母様が巻き込まれたとも想像できます。

そうかもしれません。数か月前にも父が「床下換気扇」詐欺に引っかかり、私が対応しました。
なぜか、所得はそこそこあるのに、全くお金が残っていないのです。

>●そもそも保険料なら年金からの天引きだと思います。
>まず、お母様の住民票のある役所にご相談ください。

その通りにします。ぼけた父親に、任せっきりで、むちゃくちゃにされている可能性が有ります。
既に、他から騙されて、ボロボロですが、、、
もし騙されてたら弁護士に相談して、引き出したお金を全額返金して貰います。

>それと介護施設の話とは別だと思います。
> 介護認定はされたのでしょうか?
よく解らないのですが、「した」と思います。
> 要介護のレベルは?
施設の説明では、「3」です。

>おすまいの役所の福祉課やソーシャルワーカーなどに
>情報(資料)を全部をおさえたうえでご相談された方が
>納得いく答えがもらえると思います。

介護施設の方は、真面目で親切な方なので、たぶん、問題等はないと思うのですが、そのようにします。
(ボケた父に任せていたことを、一気に引き継中で、問題が一杯なのですが、頑張ります。まず、頑固なボケボケボケ親父が引き継ぎを、拒むことが一番問題なのですが、、、、、とほほ、、、)

お礼日時:2015/07/30 21:53

入所費用は施設によって異なるようですが


大抵の場合で「入った年金がそのまま出て行く」みたいなものです。
うまい仕組みになっています。

http://kaigo.homes.co.jp/manual/facilities_comme …

「地域包括支援センター」の相談は無料です。
けっこうどんな相談でも受けてくれます。
解決できるかどうか?は分かりませんが、一度は顔を出してみてもいいかもしれません。
    • good
    • 1

税理よりまずはここでしょう。


http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/huku …
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q健康保険は何歳まで払うのでしょうか?

年金は60歳まで払えばいいのですよね?

例えば、60歳になって会社を退職した場合
健康保険はもう払わなくていいのでしょうか?

退職後誰かの(息子など)の扶養になれば払わなくていいけど
誰も扶養してくれないなら、死ぬまで払わなくちゃいけないですか?

Aベストアンサー

正確には、年金保険料の納付義務が60歳で終わるのは国民年金だけです。
厚生年金保険の年金保険料は70歳迄納付義務があり、60歳超で加入しながら受給する場合在職老齢厚生年金として併給調整を受けます。
健康保険については生涯何等かの保険制度に加入し、その保険料を負担します。通常、退職した場合国民健康保険に加入します(退職から2年間を限度に職域の健康保険に任意加入出来る制度もあり、退職金等で国保保険料が跳ね上がる危険に備える事が出来ます)。また75歳になると後期高齢者医療制度に全員加入します(引き続き継続して就労していても強制移籍。但し傷病手当金の規定が無いので75歳以上継続雇用の場合注意が必要です)。


人気Q&Aランキング