【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

お世話になります。
春分の日・秋分の日の1980年から2100までは
次の式で求められるそうです。
<春分の日>
int(20.8431 + 0.242194 * ( year - 1980)) - int((year - 1980)/4)

<秋分の日>
int(23.2488 + 0.242194 * ( year - 1980)) - int((year - 1980)/ 4)

※int:例えば、int(2,3)で算出した結果は、2の3乗の「8」となります。
    また、算出した結果が6.325のように小数点
    になった場合、この数値を超えない最大の整数の「6」となります。

※year:該当する西暦年

このような計算で、春分の日・秋分の日が算出されるのですが、なぜこのような計算でもとめられるかご存知の方が
いれば教えていただけるでしょうか。
例えば、数式の中の「0.242194」の意味とか、公式の意味についてです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


 
 表計算ソフトの練習問題などでよく見ますね。 春分の方を説明します。(秋分の方も同じですので。)


1.
 20.8431 の整数部 20 は、1980年の春分が20日だったからです。
http://www.ffortune.net/calen/higan/day.htm

 小数以下の数字は、春分の瞬間の時間、何時何分何秒です。20.8431日=20日の20時14分4秒 です。

http://www.newscotland1398.net/equinox/vern1788. …
 ↑の表によると 1980年3月20日の(世界時で)11時5分ごろ、精度±15分とあります。日本時間=世界時UT+9時間=20時5分 誤差の範囲で合ってますね。


(秋分の方も同じことです。)



2.
  0.242194 は 「 昔使われていた1年の日数 365.241294日 」 の小数点以下です。 要するに 毎年この端数(はすう)のぶん、日数が遅れてるのです。 1980年の何年後に何日遅れるかは、単純に

  日数の遅れ = 経過年数×端数 = (Y-1980)×0.24219

です。結果は 何日何時何分何秒‥と細かく出ますので、日数の部分だけを取り出してます。



3.
 いっぽう、カレンダーの方でも日数が遅れるのに合わせて「カレンダーを遅く」してますよね、4年に1回ずつ1日を加えてます。 そのぶん、上記の計算から「遅くした分」を引いてるのが int((Y-1980)/4) です。
以上。




 余談;
ここは天文トピなので 詳しい話をします。 上記で わざと 「 昔使われていた1年の日数 」と書いたわけを説明します。
 まず英文で申し訳ないですがこの資料を;
http://www.nationmaster.com/encyclopedia/tropica …
 ↑真ん中より少し下に こんな数値があります↓

■vernal equinox(春分)
  365.24237404+0.00000010338*Y
■northern solstice(夏至)
  365.24162603+0.00000000650*Y
■autumn equinox (秋分)
  365.24201767-0.00000023150*Y
■southern solstice(冬至)
  365.24274049-0.00000012446*Y

4つを平均(平均回帰年)
  365.2421895575-0.00000006152*Y

4つはそれぞれ 回帰年 tropical year です。太陽年 solar year とも言います。例えば一番上は 春分から次の春分までの日数で 春分回帰年 と言います。
上記サイトによると 1987 年以前の観測値のようです。一次式で近似されてますが地球の回転変化は一様ではありません↓
http://jjy.nict.go.jp/News/leapsec.pdf


 しかし実は、平均回帰年は ずっと昔1967年に廃止されました。
その話を;
歴史的に 時間の基準は、1935年に 1日の長さ÷86400=1秒 と決めましたが、季節によって1日の長さが異なる事が分ったので 1956年、平均回帰年÷31556925.9747=1秒 と定義を変えました。
 回転が徐々に遅くなるコマを想像してください。一回転する時間はどんどん伸びます。地球も同じ事で、元旦から次の元旦までの時間、春分から春分まで、夏至から夏至、秋分から秋分、冬至から冬至、自分の誕生日から次の誕生日、君の誕生日から次の誕生日、これらの時間が ぜんぶ違うのです。
 伝統的な常識では これらはすべて「1年」だから 同じ時間であるべきだ、と 昔は解釈し、春分,夏至,秋分,冬至を毎年毎年測って、4つを平均した値を「平均回帰年」と定義しました。 上記の秒の定義から当時の平均回帰年が逆算できて、
  平均回帰年 = 365.242198781日 ≒ 公称 365.2422日
です。( 365.242194 がいつの平均回帰年なのか分りません。差は年に0.4秒程度ですが。)


 しかし さらに天文観測が進歩すると、太陽を回る軌道は 円でも楕円でもないツル巻き植物のように巻きながらズルズルと移動していることが分りました。( 円や楕円のように閉じた曲線じゃないので 360度回っても昔の場所には戻りません。)
結果、平均回帰年=365.2422日の観測値は毎年異なり、秒の長さも毎年変わることになってしまい、1967年に、

  時間の基準を「天文から原子物理へ」変えました。
  同時に 平均回帰年 を廃止しました。(1967年)
  現在の歴計算は 春分回帰年 equinoctial year を使ってます。


 グレゴリオ暦はキリスト教が「奇跡」に固執した歴史的産物とは言え、春分自体はイスラムや仏教世界でも共通の季節概念です。 欧米の暦の計算では 春分回帰年 が共通概念になってますがネット上のアマチュアサイトではまだ「平均回帰年」が残っており、特に日本ではまだ多数派で、「春分回帰年を使おう」と明言してるサイトはほんのわずかなようです。できれば学校でトレビア的雑学として教えて欲しいですね。

 ちなみに ご質問の式の 365.242194日 も 春分回帰年を使うべきです。計算結果は変わりませんが。


 春分がいつになるかは、アメリカNASAのJPL(惑星探検などをやってる研究所)が天文観測したデータ「天体暦」に、日本を含む各国が協定を結んで従っています。春分の瞬間が 各国のグレゴリオ暦の何月何日に含まれるかで その国の春分の日が決まります。これをもとに日本の行政では 前年2月に翌年の春分秋分を発表してます。


 参考までに、平均回帰年が先端科学?だった時代に咲いた「あだ花」の物語を;
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=884049
 
 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
計算式の仕組みについて、小数点以下は時間を表している等を理解できたのですが、細かく説明して下さった内容がすぐに理解できず、お礼が遅くなってしまいました。
ご解答有難うございました。

お礼日時:2005/06/30 09:54

地球の公転周期(厳密には太陽年)は365.242194日なので、一年毎に0.242194日ずつずれていきます。


20.8431は基準日です。なので、基準日とどれだけずれているかを計算する式になります。

後の( year - 1980)) - int((year - 1980)/4部分は、多分うるう年の計算かと。

ちなみに法律上は閣議決定した日付らしいですが、天文研鑽した日付とずれた事はないそうです。

参考URL:http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
ご解答有難うございました。

お礼日時:2005/06/30 09:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカテキンの多く含まれているお茶は?

内臓脂肪、脂肪肝を改善するのに、カテキンが有効とのことですが、カテキンが多く含まれているお茶は、なんと言うお茶でしょうか?、まろ茶(日本コカコーラ-社)には多く含まれているようですが、麦茶や玄米茶のように家庭で作れるお茶ではなんと言う(種類の)お茶にカテキンが多く含まれているのでしょうか?またそれはまろ茶よりカテキンが多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは、0801さん。
 仰るカテキンの含有量の多いお茶は、花王から出ている「ヘルシア」じゃないかと思います。参考URLをご覧ください。
 これは一本に茶カテキンを540mg含むとのことですが、この量は市販のお茶数本~十数本分ではないかと思います。これだけのお茶を飲むのはたいへんそう・・・。
 でもこのお茶はBMI25以上の人が毎日飲み続けて3カ月で体脂肪は平均10%減だとか・・・!
 ↑1カ月だけ飲んで3%減、とはならないのでしょうか?
 私も3日ほど飲んでみましたが、カテキンってお茶の渋み成分なんですよね。苦いし高いし(180円)コンビニでしか売っていないし(コンビニ展開のみ)で、まさに3日坊主で終わってしまいましたが・・・。バイト先の会社員で、30代ぐらいからの男性社員がよく飲んでいるのをみかけます。
 
 それはともかく、自宅で作るお茶のうち、もっともカテキンの量が多いのは緑茶、なかでも煎茶だそうです。これはお茶のカテキンは高温でよく出る成分だからだそうです。
 苦みをおさえるために玉露などは60℃で煎れますよね?あれはカテキンがあまりでないようにいれる方法だそうです。だから高温でいれる煎茶が一番多い・・・となるそうです。
 またカテキンは発酵茶などでは減少するとかで、そのために海外のお茶、紅茶や烏龍茶には少なめになっているのだそうです。
 ただし、海外にももちろん非発酵茶はあります。白茶などはどうなんでしょうね。
 日本語で書かれたサイトや本には、日本で手に入りやすい日本茶のカテキンにのみ絞って書かれているため、海外のお茶についてはわかりませんでした。
 また、このカテキンをもっとも効率よく摂取するためには、煎茶を粉茶にしてまるごと飲みお茶っ葉を無駄にしないことだそうです。すんごく渋そうですね。

参考URL:http://www.kao.co.jp/healthya/

 こんばんは、0801さん。
 仰るカテキンの含有量の多いお茶は、花王から出ている「ヘルシア」じゃないかと思います。参考URLをご覧ください。
 これは一本に茶カテキンを540mg含むとのことですが、この量は市販のお茶数本~十数本分ではないかと思います。これだけのお茶を飲むのはたいへんそう・・・。
 でもこのお茶はBMI25以上の人が毎日飲み続けて3カ月で体脂肪は平均10%減だとか・・・!
 ↑1カ月だけ飲んで3%減、とはならないのでしょうか?
 私も3日ほど飲んでみましたが、カテ...続きを読む

Q☆総スカンの語源は?

1.スカンクから来た・・・

2.好きでないから来た・・・・・・

3.その他・・・・・・

あなたの意見は?・・・・・・・・・・・

Aベストアンサー

すかんは関西の方言、総好かんは周囲のみんなから嫌われること
「総好かんを食う」

Q春分の日と秋分の日の決め方について

春分の日と秋分の日は毎年違いますがどうやって決めているのですか? 勤務関係のソフトを作っていますが、それが分からず仕事が止まっています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参考URLの方に同様の質問が出ていますが、基本的には春分の日と
秋分の日は海上保安庁水路部の計算に基づいて前年の官報で定めら
れるので、法律的にはそれより先の祝日は確定していません。

海上保安庁水路部の春分の日のページ:
http://www.jhd.go.jp/cue/KOHO/reki/syunnbun.htm

近似の計算式もあるようですが、たとえそれが正確だとしてもその
計算どおりに祝日を定めるかどうかは別問題です。
どうせ何年かに一度は法律が変わって祝日が増えたり移動したりす
るのですから、10年分くらい表にしておいて、どこそこのURL参照
とでもソースに書いておけばいいのではないでしょうか?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=26620

Q”かりゆし”の意味教えて

沖縄の言葉?で”かりゆし”というのがありますがどんな意味でしょうか?
ホテルの名前、ビーチの名前、船の名前、ホームページの名前にもたくさん使われていますが”かりゆし”とはどんな意味でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 
  「かりゆし」は検索で調べると、一杯出てきます。「沖縄かりゆしFC」の名前にも使われ、沖縄地方で、幸せ・縁起がよいこと・めでたいこと、などの意味だそうです。
 
  他方、語源的には、参考URLの説明では、与論島の言葉で、「軽石(かるいし)」で、船出する時、軽石は沈まないので、「かりゆし」と声をかけて、船の安全を祈ったそうです。縁起のよいこと・幸福をもたらすことの意味だそうです。これは、沖縄では「最高の物」「究極の物」という意味になるそうです。いずれにしろ、縁起のよいことでしょう。
 

参考URL:http://club1.s-direct.com/users/half-moon/kariyushi.html

Q曇りや雨ばかりが続いた日って最長でどれくらい?

今から30~40年前、10数週間にわたりり雨が降らなかったことがありました。あの時は給水制限をはじめ、空気の乾燥による火災間で心配しなければならなかったのでとても大変だったでしょう。
では、逆に曇りや雨ばかりの日は最長で何日ぐらい続いたことがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

気象庁のページにはいろいろなデータがありますが,このような「気象要素のランキング」はなかったように思います。今ざっと見てみましが,見当たりません

気象年鑑には,各種のランキングが載っています。ただ,「連続無降水記録」は出ていますが,曇や雨の連続記録は載っていません。
実際問題として,特に「曇の連続」は難しいでしょう(夜がありますから)。
日照時間ゼロの日の連続なら,記録はとっていると思います。テレビの天気予報で,気象予報士がちらっと言っていたような気もしますが,残念ながらはっきりとは記憶していません。
No.2の回答で紹介されている「東京で27日間」は,参考URLのページを見たところ,書き方から判断して,おそらく「東京での最高記録」だと思われます。

気象庁統計室には,きっとデータそのものはあると思うのですが…。
私も気になります。
気象庁のお天気相談所に問い合わせるのが早道かもしれません。

ちなみに,『気象年鑑』によると,無降水記録の1位は92日。大正6年11月3日~7年2月2日,大分だそうです。
2位は72日(昭和48年11月10日~49年11月20日,宮崎)。他にも4か所で72日の記録がありますが,最も新しいのが宮崎です。
3位は71日(昭和48年11月11日~49年11月20日,東京)。他13か所で71日。
ご質問の「今から30~40年前」はこれでしょうか。

ちなみのちなみに,こういう場合,2位が5つあるからといって,その次を7位とはしません。
運動競技などではトータルの出場人数が決まっていますが,気象記録では出場地点数?は無制限なので,数字を飛ばしてもあまり意味がないからです。

気象庁のページにはいろいろなデータがありますが,このような「気象要素のランキング」はなかったように思います。今ざっと見てみましが,見当たりません

気象年鑑には,各種のランキングが載っています。ただ,「連続無降水記録」は出ていますが,曇や雨の連続記録は載っていません。
実際問題として,特に「曇の連続」は難しいでしょう(夜がありますから)。
日照時間ゼロの日の連続なら,記録はとっていると思います。テレビの天気予報で,気象予報士がちらっと言っていたような気もしますが,残念なが...続きを読む

Q桃のイラストが円形でない理由

桃の絵と聞くと、ハートを逆さにした形を想像する方も多いと思います。
しかし実際の桃の形は円形に近く、尖った部分はありません。

何故、桃はこの様な絵を描くようになったのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時々見かける質問ですが。
原産の桃は尖っていて丸い桃は比較的最近のもので日本で品種改良した結果という解釈が多いようです。
http://www.nissinen.jp/momo.shtml

つまり桃太郎の話と一緒に古い桃の形も継承されているということらしいです。
また桃型と称する昔の陶磁器や工芸品や昔の絵を見ても尖った形のものが多いです。
装飾的な絵画、工芸では様式としてある形、先人の描いた絵をお手本にすることも多いでしょうからそういうお約束になっているとも考えられますが、しかし絵師の中に昔の桃がそうだったという知識があるから昔話の桃には尖った形がふさわしいという選択が働いている、あるいは働いていたと考えたほうが自然に思います。

書物で考察を見たような憶えがありますが詳しい内容も書名も思い出せません。

Q観測史上、最も日本上陸の早い台風について

時期はずれの台風4号が接近していますが、観測史上、最も日本上陸(本州)の早い台風について、知っている方がいらっしゃいましたら、年、時期、台風の号数等を教えて下さい。

Aベストアンサー

【気象人】というサイトに気象の記録が書かれています。
データーベースで見ますと
鹿児島県に台風3号上陸が、最も早い上陸記録(1956)ですね。
4月25日ですね。
余談ですが、今日5月30日は1981年に旭川で最遅雪の記録があります。
大変よくできたHPですので、お気に入りにいれて時々、
お読みください。

参考URL:http://www.weathermap.co.jp/kishojin/index.php3

Q鬼、天狗の由来について

お伽話等に、鬼や天狗がでてきます。
あれって、昔、日本に漂着した外国人だと思うのですが、何か、そうした研究書物等あるのでしょうか。
たとえば、赤い顔して、毛深くて、縮れ毛で、体格のよかった外国人が山奥に住み着いたのを誰かが目撃したのが「鬼」になったとか、鼻が高い欧米人が樹上生活していたのが「天狗」になったとか。

Aベストアンサー

赤鬼=白人、青鬼=黒人という様なものを読んだか聞いたかしたのを覚えています。
研究書物はあると思います。

Q「ポンコツ」の語源は?

「ポンコツ」。

「ポン」と「ゲンコツ」で殴ることに由来する。
「ポン」という音と、「コツン」という音から。
そういう音をさせる「ハンマー」を指すこともある(あった)。
その「ハンマー」を「ポンポン、コツン」と音させながら自動車を解体させてた時代があり、そこから、程度の悪くなったクルマを「ポンコツ車」と呼ぶ。

・・・などなど、いろいろと 説や、関連するものが上がりましたが、どうもイマイチしっくりした感じがしません。

たぶん、そんなこんなで、「使用に耐えなくなった物」を総じて「ポンコツ」と呼ぶようになったんでしょうが・・・。

Aベストアンサー

> ところで、回答者様は、以前、ちがうニックネームで出ておられた方
> では?

その件に関しては、下記Q&AのANo.3で某ご婦人が大変貴重な情報を提供してくださっています(笑)

正しいアクセントは‥? - 教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4021875.html


> リンク先を読ませていただきました。
> ずいぶん、今と違う使われ方もしてたんですね。

仮名垣魯文の『安愚楽鍋』(明治4年)では牛馬の屠殺の意味で使っていたという情報もありますね。

いまさら聞けないYO日本語雑学辞典♪ - メルマ!
http://www.melma.com/backnumber_164809_3498213/

このように、「ぽんこつ」には何かと “殺し” のイメージが付き纏います。ですから私は、元々は人や動物に関して使われていた言葉が次第に物一般に対象を広げたのではないかなという印象を持っています。まあ、明治4年と言えばガソリンエンジンが発明される5年前で、当時日本には蒸気自動車すらなかった(ちなみに初輸入は明治34年だそうです)わけですから、少なくともこの言葉が自動車解体作業時の音から生まれたとは考え難いですね。

時に不思議なのは、ネットで鉄道関係の用語を調べても「ポンコツ」がまったく見当たらない点です。轢死体を指す鉄道隠語と言えば「マグロ」が有名(どこが “隠” 語だ!)ですが、これは下山事件の当時(昭和24年)には既に使われています。蘭郁二郎の小説からわずか10年かそこらの間に、一体どういう経緯で「ポンコツ」が「マグロ」に取って代られたのか‥
( ^^;☆バキ!\(ーー")回答者が質問するんじゃない!

> ところで、回答者様は、以前、ちがうニックネームで出ておられた方
> では?

その件に関しては、下記Q&AのANo.3で某ご婦人が大変貴重な情報を提供してくださっています(笑)

正しいアクセントは‥? - 教えて!goo
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4021875.html


> リンク先を読ませていただきました。
> ずいぶん、今と違う使われ方もしてたんですね。

仮名垣魯文の『安愚楽鍋』(明治4年)では牛馬の屠殺の意味で使っていたという情報もありますね。

いまさら聞けないYO日本語雑学辞典♪ - メ...続きを読む

Q「江戸前うなぎ」とは?

土用丑の日も近く、うなぎが気になります。
うなぎの蒲焼の焼き方は、関東と関西で違うそうですね。
関東は蒸してから付焼きにする、関西は蒸さない。

「江戸前うなぎ(蒲焼)」と称する鰻屋さんがありますが、HPなどを見ると、関東風の蒲焼を出している店が多いようです。

私は「江戸前」というのは、江戸の海でとれた魚のことだと思います。
落語風に言えば、「品川沖に船を出してとってきた魚」。
だから「江戸前うなぎの店」というと「東京湾でとれたうなぎを出す店」と思っていました。
焼き方だけでいうなら、「関東風うなぎの蒲焼」とか「東京風の蒲焼」だと思うのですが、どうなのでしょうか?
たくさんの方のご意見をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

江戸で鰻が流行したのは、江戸城のお堀拡張などの工事を行った時に大量に鰻が採れたからと言われています。
その当時は筒切りにした鰻を串に刺したものや小ぶりの鰻をそのまま串に打って焼いて、味噌や酢をつけて食べていたそうです。
その形から蒲穂(がまほ)焼きといわれ、後に蒲焼という名前になったそうです。
裂きが広まったのは、1750年前後と言われており、
裂きの古い記録は、林鴻作著「産毛」(1700頃)の京都四条河原の夕涼みの絵に、露天の鰻売りが描かれ行燈には「鰻さきうり」「同かばやき」と描かれているのが見られます、蒲焼と裂きは別の料理だったようです。
また、江戸は武家が多かったので、腹裂きは「切腹」に通じると言って、縁起を担ぐ昔の人は嫌っていました、なので、関東では背を裂く捌き方が広まりました。

江戸前と言う言葉の意味は諸説あり、
1.江戸城の前でとれた鰻を江戸城前と言ったのが始まり

2.1と被るのですが、江戸時代に江戸前島という島(半島のような鼻)がありその前で採れた物を指していた、品川沖は厳密には江戸湾ではないですし、品川宿が江戸に含まれていません、江戸は高輪の大門まで(江戸後期辺りから)。
江戸湾は今のような広範囲の物ではなく、皇居の前が日比谷入江と呼ばれ、現在の皇居と東京、有楽町、新橋を結ぶラインの間は海でした。
1620年ごろには埋め立てが進み、東海道に沿った地形になります、そのときには江戸前島は消滅してしまいました。
この日比谷入り江を埋め立て、堀の工事をした時に鰻が多く採れたと言うことです、今は地名にしか残っていない小石川や平川と言う川がありました。
その後、品川沖から江戸川下流までを指すようになったと言うことです。

3.職人の仕事のことを上方(大阪)流に対し、江戸流(流儀)のと言う意味で江戸前と言った。

現在の江戸前はこの3の職人の江戸流儀の仕事を指すほうが主流になっていると思われます。

ちなみに現在のタレの味は1800年ごろに出来たようです。

江戸で鰻が流行したのは、江戸城のお堀拡張などの工事を行った時に大量に鰻が採れたからと言われています。
その当時は筒切りにした鰻を串に刺したものや小ぶりの鰻をそのまま串に打って焼いて、味噌や酢をつけて食べていたそうです。
その形から蒲穂(がまほ)焼きといわれ、後に蒲焼という名前になったそうです。
裂きが広まったのは、1750年前後と言われており、
裂きの古い記録は、林鴻作著「産毛」(1700頃)の京都四条河原の夕涼みの絵に、露天の鰻売りが描かれ行燈には「鰻さきうり」「同かばや...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較