出産前後の痔にはご注意!

灯油ボイラーの床暖房用の補助タンクが、ふた冬続けて破裂しました。
一度目は爆発といってもいいくらいの大音響でした。
寒冷地でもあり凍結によるものかとも思いましたが2度も同じ事が起こり施工業者にも問いただしたのですが「もっと寒いところでもそんな事例がほとんどない」といってただ樹脂製タンクを取り替えるだけなのです。減圧弁や空気弁も正常だとは言うのですが不安で困ってます。その時の状況は 冷え込んだ夜の10時頃(お風呂にお湯を張って30~1時間経過後)と思われます。ボイラーはロケットボイラー給湯・暖房Wボイラーで暖房は4回路、3回路はそれほど長くはないのですが1回路だけ100mを超える配管だそうです。どなたか思い当たることがあったらアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補助タンクが爆裂するとは、たいそう物騒な設備ですね。


それが二度も起こっていると言うことは、設備の不良が疑われます。
施工業者ではなく、別の設備業者に診断してもらいましょう。
できれば、メーカーに直接出向いてもらうのが良いでしょう。
お話の範囲から推測すると、
100mある回路の断熱不足と圧力弁(安全弁)の動作不良が考えられます。
配管内が凍結温度まで低下すると、管内の流れが遮断されます。
流れなくなった管路の不凍液が局所的に加熱されることにより気化し、爆発したと考えられます。
通常は、安全弁から気化したものを逃がすのですが、安全弁の不良もしくは容量不足により機能していないのでしょう。
どちらにしてもこのまま使い続けるのは危険です。
「事故」後の対応から見て、施工業者の信頼性は低いでしょう。
ということは、現状の設備そのものの信頼性が、低いということになります。
街の設備屋さんにもいろいろあって、
設備設計が出来るところと、設備の取り付けだけ出来るところとあります。
おそらく今回のケースは後者の施工業者でしょう。
設計が出来ないということは不具合の対処の設計も出来ないので、見限ったほうが良いでしょう。
他の設備業者の診断の結果、施工不良があれば、施工業者に保証を求めることも可能と思われます。
ユーザーの運用で対応できるケースではないと思われますので、専門業者(施工業者との係わり合いの薄いことが望ましい)に早急に相談することをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の事ながらまったく同感です。ただ救いは施工業者が良心的に対応してくれていることです。今まで何十軒も工事をしてきて初めてのケースに戸惑いを隠せない様子です。元請の工務店の社長や職人も、今までそんなことは一度もない、あればほかの業者に代えていると言うのですが・・・・。
しかし当事者としては現実に困っています。
施工業者は不凍液の補助タンクに問題があるのではないかとしてメーカーを呼んで調べてくれたのですがタンクには安全弁が付いていて内圧が高くなれば弁が開くはずだと言うのです。(実際は何らかの理由で開かなかったから爆発したのであろう)今冬はこまめに安全弁のチェックをしてみることにします。
またボイラーに関してですが1台で給湯・暖房の2回路(ユーザー指定)。
施工業者もはじめて扱う機種ということで理解度が薄い。
厳冬期でもあり水温も限りなく0度に近くお風呂にお湯を張るということは相当のカロリーで同時に暖房用の不凍液も加熱され循環ポンプで送り出され室内の温度コントロラーの電磁弁で遮断されたとすればタンク付近は高温・高圧となり安全弁のゴムが癒着でもしていれば起こりうる可能性はありますね。
ちなみに厳冬期は2ヶ月近く床暖房のスイッチをいれっぱなしです。
とにかく知り合いの専門業者とボイラーメーカーに相談してみます。
心強いアドバイスありがとうございました。おかげでもう少し積極的に行動できそうです。

お礼日時:2001/10/10 01:40

タンク自体が凍結したとすると、内側から徐々に圧力が加わっていくので、音を伴うような破裂することはないと思います。



樹脂製のタンクは、暖房システム内部の圧力を吸収するためについている「膨張タンク」だと思います。このタンクが破裂するということは、システム内部の圧力がタンクの許容を越えているからだと思います。
暖房システム内の圧力は温度の上昇と共に上がります。普段は負荷(暖房に必要な能力)が少ないため、温度も低くて済みますが、寒くなると温度を高くするため膨張量が増えます。
膨張タンクは、暖房システムの中に入っている水や不凍液の量に応じて吸収できる容量を選びますが、この吸収量が足りなければ(すなわちタンクが小さければ)、内部の圧力が上がっていきます。

「減圧弁」は、ボイラーに入ってくる水の圧力を下げるだけで、一度入った水の圧力は下げることはできません。
「空気弁」は、恐らく空気抜き弁のことだと思いますが、水を沸かして発生する空気を配管から抜くための弁です。これも空気が抜けてしまえば、水が出て行くことはなく、圧力を下げることはできません。

業者の方に、まず暖房システム内の総水量を調べてもらい(機器の仕様書や、配管のサイズと長さでわかるはずです)、現在ついているタンクがそれに見合う容量かどうかを検討してもらった方がよいと思います。
また、タンクの近くに「安全弁」(一定の圧力を超えると中の圧力を安全に逃がしてくれる弁)を設けてもらうとよいかもしれません。最高温度にしたときに、この弁から水が出てくれば、タンクで圧力を吸収できないということになり、目で見て判断できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。実は凍結による破裂ではなく温度が上がりすぎての破裂で安全弁もついており不凍液補助タンクにもオーバーフロー用の安全弁がついているにもかかわらず何故そこから圧力が逃げないのかが疑問なんです。

お礼日時:2001/10/09 23:42

>寒冷地でもあり凍結


床暖房での経験がありませんが.同様なことは農機具の冷却用不凍液で経験しています。夜の10時頃は.不凍液の入っていない水が凍る時間帯です。

対応としては.
不凍液を使っている場合には.不凍液原液を足す(通常-15度程度で.地温の関係で-20度になるような場合).
不凍液を使っていない場合には.回路の距離を短くして.出口水の温度が5度を下回ったら水量を増やす。
減圧弁や空気弁(安全弁)の付近が凍結している可能性があるので.回路の戻り水をそのままボイラーに戻すのではなく.弁などボイラー室の暖房に使い.床付近の温度を5度以上にする(ボイラー室は凍らなければ良いので.5度以上にすれば凍りません。一般に自動制御用温度計の絶対使用公差は5度程度あるので.現実には0度になっているにもかかわらず.5度と温度を示す場合があるために.設定温度を5度にします)。
ボイラーを昼夜運転にして.回路の水が5度を下回らないように循環させる。

このような対応になります。水温を5度以下にしないこと.を守れば何とかなると思います。
    • good
    • 0

私は床暖房にあまり詳しくないので,何とも言えませんが,


床暖房に詳しい一級建築士さんの相談窓口があります.
そちらで御相談なさっては如何でしょうか?

参考URL:http://bbs249.goo.ne.jp/cgi/bbs?u=jun0617&n=1&p= …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速詳しい資料を取り寄せて相談したいと思います。

お礼日時:2001/10/09 23:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「密閉式」と「半密閉式」

石油暖房ボイラーの「密閉式」と「半密閉式」の違いをおしえてください。

Aベストアンサー

ボイラーは燃焼装置ですから、新鮮な空気を取り入れて、排気ガスを排気します。
「密閉式」は給気・排気ともに屋外から給排気管を通じて供給され排出される方式です。
自然通気力により給排気を行う「BF式」と送風機により強制的に給排気する「FF式」があります。

「半密閉式」は室内から吸気し排気は排気口を通じて屋外に排出される方式です。
自然通気力で排気させる「CF式」と、ファンで強制的に排気する「FE式」があります。排気が給気系統を経由して室内に繋がっているため、排気系統にトラブルが生じると逆流の恐れがあります。

Qセントラルヒーティングの不凍液の減り方

平成17年秋にリフォームをして、一部の部屋の床暖房とパネルヒーターを新しくしました。以前もセントラルヒーティングでしたが、すべて配管も新しくしました。ボイラーは以前のボイラーですが、不凍液はボイラーから見えていたのを床下に収納してあるようです。
不凍液の減りが早く、リフォームした当初は一ヶ月ごとに業者さんに来てもらったりしてました。日が経つにつれ、三ヶ月に一度になったりしましたが、一昨年12月に不凍液を入れてから、昨年11月まで持ちましたが、またここにきて不凍液が無くなりました。
天井や床下に不凍液が漏れているとは考えられないと業者は言うのですが、不凍液が頻繁に減ると言う事はありえるのでしょうか?
以前の質問では2年ぐらいは頻繁に減るような事が書いてありましたが
何部屋にもヒーターがあると減りが激しいのでしょうか?

Aベストアンサー

BS-12AFF の仕様書が入手できなかったので「BS-12BFF」の仕様書を確認しながらの回答になります。

機器の上部中央に100□位の点検蓋があり、中に大気開放弁があります。基本的に、この部分から極少量の水分が逃げるかも知れませんが1ヶ月や3ヶ月では補充の必要はないと思います。
それから、何ゆえに床下に設置したのか分かりませんので、設備屋さんではなく、メーカーのサービスに点検の依頼をした方が良いでしょう。施工方法が間違っている場合も考えられますし・・・

「天井や床下に不凍液が漏れているとは考えられない」
明らかに、設備屋さんは何らかの異常に気付いているようですが・・・

Q床暖房 節約

灯油式の温水床暖房の効率的な使い方を教えてください。
日中は留守になります。これまで夕方帰ってからスイッチを入れ、寝る前に消す、という方法で使っていたのですが、昼間いない間も低い温度で点けっ放しのほうが効率が良いし、かえって節約にもつながるという話を聞きました。ボイラーの設定温度と床暖設備の設定温度、両方を低めに設定して使うということでいいのでしょうか。それともボイラーは普通で床暖の設定を低くするということでしょうか。ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

当方も灯油温水式床暖房を使用しております。
結論から言うと、ボイラーの設定温度を低くし(50℃位)、
床暖の設定温度を体感で程よい設定にする(程よい温度に足りない場合は、ボイラー設定を上げるしかありませんが)。
稼動は、必要時の1時間前にタイマーオンする。
これが一番安いです。

昨今、ヒートポンプ式温水床暖房が流行しておりまして、
ランニングコストのデータを取ると、驚きの結果が出ます。

なんと、昼間10時間稼動と24時間連続稼動でコスト差が殆ど無い家が結構あります。
これは、立上時(無暖房状態)に最も電気を使用しますが、立上ってしまえば、消費電力は半分以下になってしまうインバーターのお陰です。
それに加えて、深夜時間帯は電気料金そのものが1/3になるので朝の立上げを考えると、消さない方がお得という事もあります。

灯油ボイラーは、いつも燃料代は同じ。ボイラーに出力制御はありません(ロータリーバーナーってのはありますが)ので、火が入れば100%運転。
って事は、必要最小限温度で、最小限時間の稼動が最安だろうと思います。

ただ、2~3時間の外出程度なら、3~5℃程設定を下げて出た方が効率は良いと思います。

当方も灯油温水式床暖房を使用しております。
結論から言うと、ボイラーの設定温度を低くし(50℃位)、
床暖の設定温度を体感で程よい設定にする(程よい温度に足りない場合は、ボイラー設定を上げるしかありませんが)。
稼動は、必要時の1時間前にタイマーオンする。
これが一番安いです。

昨今、ヒートポンプ式温水床暖房が流行しておりまして、
ランニングコストのデータを取ると、驚きの結果が出ます。

なんと、昼間10時間稼動と24時間連続稼動でコスト差が殆ど無い家が結構あります。
これは、...続きを読む

Qパネルヒーターの灯油代

灯油代が高くて困っています。使ってから8年経つのですが、最初の数年は全館暖房で使っていましたが、約400Lタンクに満タンにしても1ヶ月も持ちませんでした。ちなみに建坪は65坪(2階建て)程度です。
その後、2Fのパネルは設定を0にし、1Fだけを使うことにしました。更にボイラー設定を最低の1にし、個々のパネルも1~9のうち1,2程度に設定しました。それだけだと流石に寒いので通常は灯油の温風ヒーターと併用で使っています。ベースになる部分はパネルヒーターで温度をキープし、足りない部分を温風ヒーターで補うという考えで。パネルを触るとほとんどの時間は冷たく、余り動いていないようですが、夜中は時々動いている音が聞こえます。
なのに・・・・多少持ちは良くなりましたが、それでも1ヶ月程度しか持ちません。温風ヒーターで使っている灯油も考えるとほとんど同じかも。
どんな使い方が一番良いのでしょうか?1Fだけ使っていると言うことがかえって悪いのでしょうか?
詳しい方、アドバイスをいただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーは違いますが、自宅やお施主さんでご予算が合えばパネルヒーターを導入しています。
パネルヒーターの暖房のシステムですが、これは空気を暖めて暖房する類ではありません。壁や天井、開口部などから熱を逃がさない様な設置で、熱損出を押さえ、少ないエネルギーで家全体を暖房するものです。例えば60坪の家で個室や廊下トイレや洗面所まですべて、個別のファンヒーターの類で暖房したら、月400Lじゃとても足りないですよね。
燃費は、住宅の断熱性能によります。
当方は東北の南部で、最近ですと外気温はマイナス5度~プラス5度の間ぐらい。
この時期になりますと、40坪程度の家でも300L以上は消費します。(フラット35でいう省エネ断熱程度の断熱性能・エコポイントが30万もらえるる程度のものです)
また、今時期に成れば点けっぱなしになりますからねぇ。
私も色々試しましたが、ボイラーを点けるか消すか?で燃費は変わりますが、ボイラーの出力を1か2かではそう極端に燃費は変わらない。(そういっても1日3L程度変わりますから月に100L近くなりますが)
60坪の家で使用しない部屋が沢山あり、空室までいつも暖房しているならば確かにもったいないことです。
しかし、2階を消したりすれば、そちらは冷えているので1階の天井やどこかしからか熱は逃げて、非常に効率が悪くなってしまいます。
室内にいて、寒くないと感じるのは人により様々ですが、22~23度ぐらい。20度を割ると寒く感じると思います。
外出する時は消して、帰ったら点けてという暖房ではありませんから、正直燃費は仕方ない部分があると思います。
本来、設置時に「これぐらいは、灯油使いますが大丈夫ですか?」という施工側とのやりとりがあれば、最初からわかっていたことでしょうが・・・・・
1階の数部屋だけ暖かければ良いという事であれば、もったいないですがパネルはそのままにしても使用しないで、温水ルームヒーターなどを新たに導入(3箇所ぐらいの設置)したほうが灯油は食いません。
尚、ボイラーの熱源を電気に変えても(ヒートポンプ)、現在の状況でしたら逆に電気代の方が高くなるでしょうから、これは選択肢から外してください。(北海道並みの断熱性能でなければ電気では無理ですから)
確かに灯油が上がると頭痛いですよね。昨年は60円台ぐらいだったのが今は80円越してますし・・・私はそのぐらい食うのは2ヶ月(1、2月)なので、(それ以外はタイマーで点けたり消したりでも十分暖かい)家全体の暖かさをを考えると、あきらめてます。
良い案がご提示できていませんね・・・・

メーカーは違いますが、自宅やお施主さんでご予算が合えばパネルヒーターを導入しています。
パネルヒーターの暖房のシステムですが、これは空気を暖めて暖房する類ではありません。壁や天井、開口部などから熱を逃がさない様な設置で、熱損出を押さえ、少ないエネルギーで家全体を暖房するものです。例えば60坪の家で個室や廊下トイレや洗面所まですべて、個別のファンヒーターの類で暖房したら、月400Lじゃとても足りないですよね。
燃費は、住宅の断熱性能によります。
当方は東北の南部で、最近ですと外気温...続きを読む

Qセントラルヒーティングの不凍液が減ってきた

築13年の中古住宅を4年前に購入しました。
4LDKでリビングの一部が床暖房になっています。
ボイラーは密閉式膨張タンクです。(2006年に前の方が交換しています)
1年使って気づいたのは、水の流れるような音、パネルの半分が冷たい部屋があると言うこと。
ボイラーの知識がないのでネットでいろいろ調べた所、
圧がかかっていないとダメだとわかったので
業者に頼み不凍液交換をしてもらいました。
それから2年、圧は下がり現在は、0~0.2の間です。
(夏の時点では0.4ありました。)

今年、不凍液の補充をお願いしようと思っているのですが・・

どこかに穴が開いて漏れているのでしょうか?

穴が開いているのか見つけてもらうのに費用はかかりますか?
場所によっては大工事になるような気がするのですが、直して使うのが賢明でしょうか?

業者の方が膨大な費用をふっかけてきたらどうしようと考えてしまって・・

住まいは北海道 道央です。

わかりづらいとは思いますが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく水漏れかとおもいますね。

密閉式=減るはずがないので、接続部・パネル等で漏れている物と思われます。
床パネルと言う事なので床下にもぐり探すなどになるでしょう。
(パネルの種類では床材にはさまれているタイプもありますので床を剥がす事になる可能性も・・・)

ヘッダー等で各回路に分かれていると思われますが、1つずつ閉めて圧力が下がるか確認して、どの回路が漏れているのかおおよそ特定してからの作業でしょうね。
パネルではなく配管等であれば修理も特定も簡単でしょう。


費用に関しては業者次第なので何とも言えませんが、かなりの費用は覚悟していた方が良いかもしれませんね。
(大工工事なども可能性はあるでしょう)

漏れている回路が特定出来て、使用しなくても支障がない所であれば、直さずそのまま回路を閉じて使用する。などもありかもしれませんね・・・出来れば修理して使用またはすべての回路を交換などが良いとは思いますが・・・


人気Q&Aランキング