本日、ホームセンターに物置の見積依頼してきました。
住居新築に伴ない、1.4坪程の物置(ヨド等の鉄製)を2台と、1.0坪程の物置を1台設置する計画です。
基礎はなく、1台の物置の下にブロックを9個位置いて設置する予定です。

基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが、ホームセンターの販売員から、「資産税課の担当者によっては、資産扱いにする人もいるので、検査が終わってからの設置が無難です」と言われました。

本当に課税の対象にされる場合があるのでしょうか?
詳しい方、アドバイスを宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

非常にファジーな問題ですね。


課税担当者は、以下のような点で判断しているようです。
(1)面積で判断する。
10m2以下は無視するとか。わが町はこのパターンだと聞きました。(10m2は例で、面積はマチマチ。)
(2)固定度で判断する。
ブロックの上に置いてあるだけならOK。アンカーなりで固定されていればアウト。
(3)任意に移動できるかで判断する。
かなり厳しい基準の場合で、吊り上げるなりして、動かせる状況ならOK。その他はアウト。ユニットハウスと言われる物はOKですが、ヨド物置とかは総じてアウト。
(4)金額で判断する。
評価額が30万円を超えるようならアウト。評価しても手間ばかりで税額が小さすぎるものは無視、というようなパターン。(30万円は例で、金額はバラバラ。)
などでしょうか。

要するに、バラバラです。どのような状態でも、評価されてしまう可能性は残ります。

市町村により、担当者まかせの場合もあれば、何らかの統一的な見解は持っている場合も有るようです。統一的な見解があるとしても、それを教えてくれるかはわかりません。ダメ元で聞いてみますか?誰か、役所に顔見知りでも居れば、その人を通せば、情報を得られるかもしれませんが。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
本当にファジーで困りますね。税収も厳しいのでしょうか?
タイミングをみて、資産税課に確認してみます。

お礼日時:2005/06/28 18:34

基本的に実例として、小さな物置は固定資産税の課税の対象になっていません。

単に地面の上にただ置いただけですぐに移動ができるものには家屋として扱われません。しかし、規模が大きい場合は固定資産税の対象となる場合もありますので個別に確認することが有効です。
    • good
    • 1

専門家紹介

専門家プロファイル_大長伸吉

職業:不動産投資アドバイザー

アパート経営では相談が出来ることが少なく、虎の子の自己資金を使い、住宅ローン以上の融資を負い、不安が多いものです。小さな心配事を一つ一つ解決することが大事で、何事も気軽に確認し、入居者が快適に生活できるアパート経営を目指します

詳しくはこちら

専門家

>アンカーのみ後付けできるか、検討してみます。


いえそれだと単なる課税のがれと思われて課税される可能性がありますよ。

というより、そもそも課税対象なのであれば自ら申告するものであり、課税のがれ=脱税ですから、この場では不適当な話しになりますよ。

購入価格10万程度の物置であれば、課税されるといっても、年間1000円程度のものでしかないのですから、お住まいの地域で課税対象としているのであれば、申告して納税するのか本来と思いますけど。

ちなみにたまーにパトロールして見つけたら課税するという活動をしている地域もあります。

もともと固定資産税は市町村税なので、自治体により判断基準は異なります。一応国の基準をベースとするようには変わりましたが。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
思い切って、役所に問い合わせてみました。

回答:アンカー止め程度は、課税対象にしていない。
   市町村によって、取扱いはまちまちですが、こちらでは…

とのことでした。課税のがれにもならず、ホッとしました。
みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/29 09:07

固定資産税の課税の対象となる家屋は、不動産登記法における建物と同じ意義で、「屋根および周壁またはこれに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるもの」とされています



ここで言う定着とは安易に動かせない。を意味します
1坪と1.4坪2台でしょ?例え置いてあるだけでもこの部類に入るでしょうね(私の勘では80%)
ただこれは自治体によっても違うし担当者によっても変ってくるのが現状です、今までの慣習や前任者、上司によって左右されます

これは最初に確認することができません
なぜなら「いいですか?」と聞くと「だめです」としか言えないからです
担当者が算出に来た時に「このぐらいならいいですよ~」と言ってくれる可能性もあるでしょうが「課税対象です」と言われれば従うか、撤去するしかありません

そのホームセンターの販売員はえらい
もうけよりお客さんの安全を選んだのですから
税計算後、そこで買ってあげてくださいっ
    • good
    • 21
この回答へのお礼

回答をありがとうございます。
結局は担当者次第ということですね。
実は、先に物置がないと現物置内の引越しが出来なくて…
大変困りました。
私の感覚では、1.4坪は、「安易に動かせる」なのですが…
何か、良い方法はないものでしょうか?

お礼日時:2005/06/28 08:36

>基礎がないので、固定資産税の対象にはならないと思っていたのですが


これは違います。

まずそもそも基礎にはコンクリートブロックで作る物があるので基礎がないと言い切ることも出来ませんが、それ以前に基準は基礎の有無ではなく「その土地に固定されているかどうか」です。

で、物置を単にブロックの上に置いただけであれば固定されているとは言えませんが、ブロックを置くときにはその下部分をつき固めて、更に物置は普通転倒防止の為に、アンカーで固定します。
これがその土地にに固定されていると解釈する可能性があると言うことです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
アンカー固定が問題なのですね。
アンカーのみ後付けできるか、検討してみます。

お礼日時:2005/06/27 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産所得の租税公課の固定資産税の計算が複雑

青色申告ですが。

不動産収入申告で租税公課の「固定資産税」の計算ですが、固定資産税の年間の支払は4回で1回目は前年度の第4期分になりますよね。

1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で終わりです。

払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが、不動産所得用分を割り出さなければなりません。

このように、前年度分と今年度分の合計から、今年度申告する不動産所得分の固定資産税を割り出すには、大変細かい計算になってややこしいのですが、

きちんと計算しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で…

それは、
「前年度 4期 + 当年度 1期~3期」
を今年の申告対象にしても、
「当年度 1期~4期」
としても、どちらでもかまいません。

特に、複式簿記で記帳しているなら、当年度 4期分が年末にはまだ払っていなくても、「未払金」として租税公課に計上してしまってかまいません。

ただし、毎年同じように繰り返すことが必要で、今年は都合 3期分、来年は計 5期分なんてのはだめです。

『手引き』の 3ページです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/36.pdf

>払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが…

非事業用部分はきちんと抜き出さないといけません。

Q固定資産税を安くするために外部組み立て物置を設置するタイミングと壁面との空き

新築で今年夏完成予定ですが、裏手に微妙は空き空間ができるので、後で物置を設置しようとおもっています。

それで気になるのが、家完成後、市役所?の人が家を見にきて評価額を算定するそうですが、やはり物置があると評価額がアップするものですか?

やはり翌年以降に物置を組み立てたほうがいいんでしょうか?
あと物置は家の壁ピッタリに設置しようかと思うのですがやはり10cmくらい開けたほうがいいんでしょうか?それとももっと開けるべきでしょうか?

Aベストアンサー

ヨド物置(市販の物置及び車庫等)であっても、基礎で土地に定着させると課税される場合があります。
よって、基礎なしで置くだけであれば課税されることはありません。
しかしながら、10m2以下の物置であっても建物は土地に定着させないと建築基準法違反になります。

建物との空寸法は物置が基礎ありであれば、住宅の外壁修理を考えれば50センチは空けといたほうがいいでしょう。

Q固定資産税の計算期間

固定資産税の計算期間
固定資産税(建物)に関して、法人として支払を行うのですが
固定資産税を支払う期間っていつの分になるのでしょうか?


下記の文脈からだと、今年支払分は2012年4/1-3/31を
前払している形になるのでしょうか?

固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが、どちらが正しいのでしょうか?





Q: 今年の7月1日に土地家屋を購入し、所有権移転の登記も済ませましたが、今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いています。
 私が負担すべき税金の納税義務は今年7月1日~今年12月31日分と考えればよろしいのでしょうか?

A: 固定資産税は毎年1月1日を賦課期日とし、固定資産を所有している人にその年の4月1日から始まる年度分の税として課税されます。このことからその税の負担がいつからいつまでの期間に対応するものであるということは言うことができません。




http://www.city.kitsuki.lg.jp/modules/itemmanager/index.php?like=0&level=4&genreid=5&itemid=64&storyid=966

固定資産税の計算期間
固定資産税(建物)に関して、法人として支払を行うのですが
固定資産税を支払う期間っていつの分になるのでしょうか?


下記の文脈からだと、今年支払分は2012年4/1-3/31を
前払している形になるのでしょうか?

固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが、どちらが正しいのでしょうか?





Q: 今年の7月1日に土地家屋を購入し、所有権移転の登記も済ませましたが、今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いています。
 私が負...続きを読む

Aベストアンサー

>今年の固定資産税について売買契約書に明渡日以降買主負担と書いて…

それは、法律等で決められたことではなく、あくまでも当事者同士の問題です。
法律上は、年の途中に売却した場合でも前持ち主に 1年分の納付義務があります。

>固定資産税は1月1日~12月31日分を支払っている認識でいたのですが…

それは違います。
1月1日の所有者に対し、4/1~ 翌 3/31 の 1年間の税金として課されています。

>私が負担すべき税金の納税義務は…

あなたに納税義務はありません。
あるのは、固定資産税相当額を売買代金の一部として、売り主に支払う義務だけです。

>今年7月1日~今年12月31日分と考えれば…

あくまでも売買代金ですから、売り主にご確認ください。
関東と関西で違うようなことも聞きますので、よそ者の言うことを鵜呑みにはしないようにしましょう。

Q《エアコン》横長LDKへの設置・1台or2台?

QNo.2998322からの追加質問です。
4.2mx8mの長方形のLDに、梁を介して約7畳のキッチンがついている
LDKへのエアコン設置についての質問です。

北側は全て室内で、それ以外は室外に面しています。

 ※高高のプレキャストコンクリート構造で
  気密測定の結果は、”1.1cm2/m2です。
  
xxxxxxxxxxxxxxxxxx--ドア----------
xxxxxxxxxxxxxxxxxx----キッチン----
xxxxxxxxxxxxxxxxxx----------------
-------------ドア-梁400mm下がり-
--------------------------------
- TV----------------------------
- *2---------*1---------------
----========------==========----

 ※ ---はLDK,xxxは他の部屋、===は窓です

結局、*1の位置に北方向に向けて設置しようと考えているのですが、
この場合に、横長の部屋ですので、左右に向けての気流が得意な機種が
良いと思うのですが、何か良い機種があれば教えてください。右奥の
IHキッチンも1台で賄いたいのでロング気流もあればと考えています。

なお、その後に大成建設と相談したところ、南西角の西面にも
取り付け可能と分かったので、+1に加えて*2から東向きに1基と
いう2台体制もどうかな!と考えているのですが、如何でしょうか?
※暖房は床暖の補助程度で、冷房・除湿用途が中心です。

QNo.2998322からの追加質問です。
4.2mx8mの長方形のLDに、梁を介して約7畳のキッチンがついている
LDKへのエアコン設置についての質問です。

北側は全て室内で、それ以外は室外に面しています。

 ※高高のプレキャストコンクリート構造で
  気密測定の結果は、”1.1cm2/m2です。
  
xxxxxxxxxxxxxxxxxx--ドア----------
xxxxxxxxxxxxxxxxxx----キッチン----
xxxxxxxxxxxxxxxxxx----------------
-------------ドア-梁400mm下がり-
--------------------------------
- TV---------...続きを読む

Aベストアンサー

三菱はロング気流ありましたね。
しかし最近の機種は気流よりも風除けを重視している傾向があるような?
上位機種だと左右のフラップも機械任せで動くと思います。
NO.2さんの書かれている三菱のムーブアイは人感センサー付なのでお勧めかもしれません
後は量販などで全メーカーのカタログ取ってきて検討でしょうか?
必然的に売れているメーカーになると思いますので
大きいクラスで頻繁に出るメーカーは、ダイキン、三菱、東芝、ナショナルぐらいでしょうか?
しかしダイキンの省エネ上位機種になると暖房時の加湿機能がついているため
室外機は大きくなり、外部配管もかなり太くなります。
東芝、ナショナルは、掃除レスです。ほぼメーカー上位は換気付です
冷房は問題なさそうですが、こればっかりは設置されて使用してみないとわからないと思います。
とりあえずは当初どおり1台で試して見られては?
それでキッチンも冷えれば問題ないでしょうし、あまりにも冷えないようなら、2台目購入でどうでしょう?
料理中のみ冷えないのであれば、1さんが書かれているように一時的な問題なんで
扇風機かサーキュレーター使用でどうでしょう?
逆に料理中は、人によっては意外と冷気を感じない場合もありますよ。熱気の方が強いため。
油や蒸気による結露、湿気で寿命も心配です
どっちにしろ建築会社がつけれるといっているのであれば
専用コンセントだけは設けてもらいましょう
1台で冷えたのにあらかじめ2台つけるともったいないような気もします。
後は予算的な問題ですね。2台同時購入のほうが値引率が高いなどの。

三菱はロング気流ありましたね。
しかし最近の機種は気流よりも風除けを重視している傾向があるような?
上位機種だと左右のフラップも機械任せで動くと思います。
NO.2さんの書かれている三菱のムーブアイは人感センサー付なのでお勧めかもしれません
後は量販などで全メーカーのカタログ取ってきて検討でしょうか?
必然的に売れているメーカーになると思いますので
大きいクラスで頻繁に出るメーカーは、ダイキン、三菱、東芝、ナショナルぐらいでしょうか?
しかしダイキンの省エネ上位機種になると暖...続きを読む

Q一戸建て、マンションの固定資産税計算方法

マンション所有、戸建て所有の場合の固定資産税の概算を求めようと思っています。
そこで下記計算方法で合ってますでしょうか。
ご指摘をお願いいたします。

※土地評価額を売買価格の37%として。
建物について
戸建ては評価額を売買価格の25%、
マンションは評価額を売買価格の30%として。
住宅敷地面積はどちらも200m2以内として。

■木造一戸建て
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~3年間
建物売買価格×25%×1.4%×1/2
 4年目~
建物売買価格×25%×1.4%

■耐火構造マンション
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~5年間
建物売買価格×30%×1.4%×1/2
 6年目~
建物売買価格×30%×1.4%



また、下記の内容についてもお分かりになる方、教えてください。
1.固定資産税というものはさらに消費税もかかるのでしょうか。
2.木造一戸建てではなく、鉄筋コンクリート造りの一戸建ての場合、上記軽減率の適用期間等、変わってくるのでしょうか。
3.例えば一戸建て購入の場合、30年後くらいに全く新しい家に建て替えをすると、建物に対する固定資産税額はあがりますか。

マンション所有、戸建て所有の場合の固定資産税の概算を求めようと思っています。
そこで下記計算方法で合ってますでしょうか。
ご指摘をお願いいたします。

※土地評価額を売買価格の37%として。
建物について
戸建ては評価額を売買価格の25%、
マンションは評価額を売買価格の30%として。
住宅敷地面積はどちらも200m2以内として。

■木造一戸建て
<土地に対する固定資産税>
土地売買価格×37%×1.4%×1/6
<建物に対する固定資産税>
 ~3年間
建物売買価格×25%×1.4%×1/2
 4年目~
建物売買価格×25%×1.4%

■耐火構...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産税は固定資産税の評価額を基礎に算出されます。
土地の固定資産税評価額は路線価等とも関係性があり、市場取引額と全く関係が無いとは言えませんが、
直接関係性があるものではありません。市場価格の4割は低すぎると思います。

家屋については再建築価格評価が行われており、市場取引価格と関係性は薄いと思われます。

いわゆる「マンション」の土地固定資産税については、家屋1戸当たりの敷地面積は1戸建てに比較して
面積は少なく、かなり土地に固定資産税は少額になるでしょう。

固定資産税に消費税はかかりませんが、都市計画区域の不動産には1,4%の固定資産背に加えて、都市計画税が
課税されます、多くの場合0,3%です。

1戸建ての立替時には、その新築された建物の評価額が新たに決まり、それに応じて課税されます。

Q物置の設置について

 先ほど違うカテゴリーで質問しましたが、こちらにカテゴリー移ってきました。建築にあまり詳しくなく、ご教授していただきたくこちらの会員になり投稿させていただいています。ご質問させてください。
 
 実は中古物件を購入し余っているスペースに物置を設置しようと思っていました。ところが思っていたより購入金額が高いので、リフォーム屋さんに相談したところ、大体同じような値段で制作していただく事になりました。
・建物からブロック塀迄1800mmあります。
・軒が700mmでイヌバシリも700mmです。
・軒先から1100mm屋根を付け、ブロック塀まで逆L路の形で屋根をかける計画です。
・地面は土のむき出しのところにコンクリートを敷くようです。
・入り口にシャッターを、奥には扉を付けるとの事です。
 そこで大きさの考え方ですが、作る部分は幅1100X長さ7000mm(高さは軒の高さまで)のものなのですが、イヌバシリをふくめた見た目は、床面積1800X7000になると思います。
 
 このような場合、作った部分を物置と考えるのか、出来上がったものを新たな物置と考えるのか困っています。リフォーム屋さんは特に建築申請する気はないようですので軒下分は軒下として、制作した物置とくっついているだけという考えなのでしょうか。確かに作る部分が10平米達していなく、約三分の一は建物の一部だとは思いますが、このような考えで進めていってよろしいでしょうか。
 ご教授よろしくお願い致します

 先ほど違うカテゴリーで質問しましたが、こちらにカテゴリー移ってきました。建築にあまり詳しくなく、ご教授していただきたくこちらの会員になり投稿させていただいています。ご質問させてください。
 
 実は中古物件を購入し余っているスペースに物置を設置しようと思っていました。ところが思っていたより購入金額が高いので、リフォーム屋さんに相談したところ、大体同じような値段で制作していただく事になりました。
・建物からブロック塀迄1800mmあります。
・軒が700mmでイヌバシリも700mmです。
...続きを読む

Aベストアンサー

>イヌバシリをふくめた見た目は、床面積1800X7000になると思います。
犬走り部分は今まで屋外であって「床」ではなかったのが、今回の工事で物置の「床」となるのですから、増築部分の面積に算入されます。
(「作る部分が10平米達していなく」は関係ありません。「作る部分」ではなく、新たに床(屋内)になる部分の面積が問題です)
すると増築面積は1.8x7=12.6平米 となり、10平米を超過します。ですから法的にはあくまでも確認申請が必要な案件となります。

Q固定資産税の計算

固定資産税の計算上使用する額は、固定資産税評価額と固定資産課税標準額のどちらをしようするのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>もうひとつ質問なんですが、土地の軽減措置を適用するときに調べてみると、「評価額×1/6」となっていますが、このときの評価額もの課税標準額を基に計算してよろしいのでしょうか?


そのとおりです。200平方メートル以下の住宅用地の場合、課税標準額は評価額の6分の1とする特例措置があります。

ただし、評価額×1/6が、課税標準額の限度額と考えてください。
課税標準額を決めるのは、前年の課税標準額とこの限度額を比較することから始めます。

A 前年の課税標準額が限度額を上回っているとき
 課税標準額を限度額に引き下げます。
 つまり、限度額がそのまま課税標準額になります。

B 前年の課税標準額が限度額の80~100%のとき
  (この割合を負担水準といいます。)
 前年の課税標準額を据え置きます。

C 負担水準が80%未満のとき
 負担水準の段階に応じて前年の課税標準額を引き上げます。
 前年の課税標準額×負担調整率=課税標準額になります。

    負担水準  負担調整率
    0.4~0.8   1.025
    0.3~0.4   1.05
    0.2~0.3   1.075
    0.1~0.2   1.1
      ~0.1   1.15

この仕組みだと、地価が大きく上昇したとしても、課税標準額の上げ幅は緩やかになります。
逆に最近のように地価が下落しても、課税標準額が限度額に追いついていなければ、税額に直結する課税標準額は下がらないため、地価が下がってるのに税額は下がらないという結果になってしまいます。

とてもわかりにくい制度で、なかなか理解できないかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。

>もうひとつ質問なんですが、土地の軽減措置を適用するときに調べてみると、「評価額×1/6」となっていますが、このときの評価額もの課税標準額を基に計算してよろしいのでしょうか?


そのとおりです。200平方メートル以下の住宅用地の場合、課税標準額は評価額の6分の1とする特例措置があります。

ただし、評価額×1/6が、課税標準額の限度額と考えてください。
課税標準額を決めるのは、前年の課税標準額とこの限度額を比較することから始めます。

A 前年の課税標準額が限度額を上回っているとき
...続きを読む

Q設置可能な物置の奥行き

物置の購入を検討しています。

候補の設置場所にどれくらいの奥行きの物置が
置けるのかをお聞きしたいです。
今のところ、幅は180cmくらいを予定しています。

設置予定の場所は
勝手口を出たところでして

私の家の壁と、後ろの家のフェンスまでの奥行きが235cm
ただ、勝手口を出たところはコンクリートになっており高さが30cmくらいあります。
そのコンクリートの部分の奥行きは85cmです。
つまり、コンクリートの部分を含まない、
地面の部分(コンクリートがなくなる所~裏の家のフェンスまで)の奥行きは150cmです。

こうゆう状況なのですが、奥行き何cmくらいの物置なら置けるでしょうか?

設置個所の奥行きを150cmで考えると、235cmで考えるのとでは
置ける物置の奥行きも大きく違ってくると思うので、質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

我が家も勝手口を出たところに物置を置いています。
裏の家には板塀があり、物置自体はその板塀から10cmも離れていないほぼ密着状態です。
板塀の高さが物置とほぼ同じ高さなのでほとんど裏の家から見えない状況で、10年来問題になっていません。(物置のサイズの回答にはなっていませんが)
なお今年が築10年で外壁塗装をやり直しました。一時は塗装工事の足場の邪魔になるということで移動を要求されましたが、なんとか移動せずにすみました。自宅との間隔も配慮しておく必要がありますね。

Q住まない家の固定資産税の計算。

現在住んでいる家の土地の固定資産税は、年11万円強です。この家をそのままにして、別の家を購入して移り住み、前の家を他人に貸した場合についてお尋ねします。居住しない家の土地の固定資産税は、居住している家の土地の6倍だと聞きました。前の家にすまない場合は、土地の固定資産税は単純計算で110000x6=660000円です。この金額を役所から請求されるにのでしょうか?お解りになる方教えてください。よろしく、お願いいたします。

Aベストアンサー

居住用の建物が立っている場合に、土地の面積のうち200m2以下の部分の土地にかかる固定資産税が6分の1に軽減されています。
200m2を超える部分については、3分1になります。

この土地に立っている建物を他人に貸しても、居住用に使用している場合は、この軽減措置は継続されますから、固定資産税の額に変更はありません。

Qビルトインガレージ内への物置設置について

.・ゴルフバッグやベビーカーを収納するために、新築戸建住宅のビルトインガレージ内にイナバ物置の物置(タイプ:シンプリーMJN-155E 幅152cm:奥行51cm:高さ193cm)の設置を検討しています。
・ビルドインガレージにシャッター等はついておらず、正面道路から中が覗ける状態です。
・場所は、ガレージ内一番奥に、物置の正面を道路に向けて設置しようと考えています。(駐車した場合、車のすぐ後ろになる場所です。)
・土台はコンクリートで、水溜まりができないように道路に向かって少し傾斜しています。
・転倒が心配ですが、転倒防止工事は業者に依頼しなければならず、また、将来、設置場所を変える可能性もあるため、できれば避けたいと考えています。
・物置にはアジャスター機能が付いているため、後ろの壁側に傾けて設置すれば、転倒防止工事は不要ではないかと考えていますが、いかがでしょうか?
・また、転倒防止工事の代わりに家具用の突っ張り棒は有効でしょうか?
・そのほか、ビルトインガレージ内に物置を設置する際の留意点等ありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

>転倒が心配ですが、転倒防止工事は業者に依頼しなければならず、
物置の構造によりますが、ホールインアンカーで止める程度でよいのでは?
ホールインアンカーは、コンクリート用ドリルがあれば素人でも施工可能です。

>・・・後ろの壁側に傾けて設置すれば、転倒防止工事は不要ではないかと
逆効果です。地震時にタンス等が倒れるメカニズムは、まず後ろの壁にぶつかって、その反動で倒れることが知られています。
後ろの壁が丈夫なら、壁に固定することを考えたほうがよいです。

>・また、転倒防止工事の代わりに家具用の突っ張り棒は有効でしょうか?
気休め程度にはなるでしょう。弱い地震なら、突っ張り棒があれば、そこまでは耐えることになります。
TV等で突っ張り棒の効果を宣伝していますが、すべて、この原理・・・倒れないぎりぎりの大きさで揺って見せているだけです。少しでもこれを超えれば、あってもなくても同じことになります。

後ろの壁が丈夫なら、そこにがっちり固定するのが一番確実でしょう。固定は1Gの水平力を想定して、物置本体を吊り下げられるだけの強度を持たせます。(この場合は物置の中の物についてはあまり考えなくてもよいです。)
壁が弱そうなら床に固定することになります。後ろの壁にぶつからないよう隙間をとれば、0.5G程度の想定でよいです。(この理屈、ちょっと難しいのですが)
つまり、物置の揺れる部分の重さをW[kg]、揺れる部分の重心高さをH[m]、固定ボルトの間隔をL[m]とすると、
ボルトにかかる引っ張り力T[kgf]は
T=0.5*W*H/L
です。揺れる部分というのは、物置本体と地震時に一緒に揺れそうな中の物を含めた部分です。

>転倒が心配ですが、転倒防止工事は業者に依頼しなければならず、
物置の構造によりますが、ホールインアンカーで止める程度でよいのでは?
ホールインアンカーは、コンクリート用ドリルがあれば素人でも施工可能です。

>・・・後ろの壁側に傾けて設置すれば、転倒防止工事は不要ではないかと
逆効果です。地震時にタンス等が倒れるメカニズムは、まず後ろの壁にぶつかって、その反動で倒れることが知られています。
後ろの壁が丈夫なら、壁に固定することを考えたほうがよいです。

>・また、転倒防止工事の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング