この前実験でアセトフェノンの合成をやりました。
フリーデルクラフツのアシル化を学習するための実験でした。
フリーデルクラフツ反応装置で出来た反応液を分離し、
ベンゼン層(上層)にNaOHを加えまた分離してベンゼン層だけ残しました。
このときの反応式は 
Hcl+NaOH→Nacl+H2O 
Al(OH)3+NaOH→NaAlO2+2H2O
だと先生が教えてくれたのです。
このあと、常圧蒸留でアセトフェノンとベンゼンに留分しますが、上の反応式の塩化ナトリウムとアルミ二酸ナトリウムはベンゼンの方へいくんですよね?それはなぜですか?
あとアコ錯体について知ってることがあったら教えてください。
教えて頂けるならどちらかでもかいません。お願いします!

A 回答 (2件)

> ベンゼン層(上層)にNaOHを加えまた分離して


> ベンゼン層だけ残しました。
 この操作は何のために行なっているのでしょうか?NaCl や NaAlO2 は水とベンゼンのどちらに溶けやすいでしょうか?それを良く考えて下さい。


> ベンゼンの方へいくんですよね?
 「ベンゼンの方へ行く」とはどういう意味でしょうか?ベンゼンを留去した時に,ベンゼンと一緒に出てくるとの意味でしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりごめんなさい!!

どちらに溶け易いかを考えればすぐにわかる事でしたね!
っていうか、可笑しなことを聞いてましたね。(^^;)ゞ
質問自体が間違ってたことわかりました♪
意味不明な質問なのに、聞きたかったことを解ってくださり&答えてくださり、
ありがとうございました!!
またお世話になるときはよろしくお願いします!
もう少しまともな質問ができるようになりたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/30 03:06

>Nacl


このようには表記しないのでは・・・・????

学生実験でしょうから、少し有機化学の成書を調べてみてはどうでしょうか・・・?

補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなりごめんなさい!!
自分のパソコンが無くなかなか書き込む時間が取れませんでした。

一応図書館で調べたりして頑張ってるんですけどわかって無さ過ぎで
困ってました。
化学の知識がほとんど無いのに訳あって化学科にいるので、
質問の仕方から表記の仕方、至らない点が多すぎてすみませんでした!!
それなのに答えようとしてくださり、ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/10/30 02:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1M水酸化ナトリウム溶液

学生実験で、1M水酸化ナトリウムの調整という文章を読みました。
実際にはその操作はおこなっていないのですが、気になることがあります。文章は以下の通りです。

「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし、大気と接しないようにして、数日放置する。炭酸ナトリウムは溶けずに沈殿する。その上澄液を54mLを、二酸化炭素を含まない水に加えて1Lとする」というものです。

上澄液は水酸化ナトリウムの飽和水溶液になっていると考えると、上澄みの水酸化ナトリウムが27.3Mとなり、最終的な水酸化ナトリウム1.5Mとなります。なにか計算を間違えているのでしょうか?

潮解性があることや、水酸化ナトリウム水溶液が空気中の二酸化炭素を吸収することはわかったのですが、ここまで濃度がずれるとは考えられません。

アドバイスお願いしますm(..)m

Aベストアンサー

要するに、「水酸化ナトリウム165gを、二酸化炭素を含まない150mLに溶かし」ても、150mLにはならないということです。
実際にどれだけの体積になるかやってみなければ(あるいは調べなければ)わかりませんので、そういったデータがない限りは、その方法の妥当性はわかりません。
少なくとも、操作に関する記述から、その濃度が計算できるような方法ではありません。

おそらく、実際にそうすれば1M溶液が出来るということなんでしょうが、化学的な考え方としては釈然としませんね。いずれにせよ、精確に1.00Mの溶液が出来るはずがありませんので、滴定などによって濃度を決定する必要があるでしょう。深く考えるだけ無駄なような気もします。

Qフリーデルクラフツ反応アシル化

トルエン、無水酢酸、塩化アルミニウムをもちいたフリーデルクラフツ反応アシル化なんですけれども、無水酢酸と塩化アルミニウムの反応の時点でアセチルカチオンと他には何が生成するのでしょうか。


また塩化アルミニウムにトルエンを加えたものに、無水酢酸をゆっくり滴下した時、溶液の色が徐々に黄→オレンジ→茶色→黒色と変化していったのですが、どうしてこのようなことが起こったのでしょうか。

ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

着色について、確かに生成するp-メチルアセトフェノン自体は無色透明でしょう。ですがそれは単離した状態での話です。
反応が進むと液はトルエン、塩化アルミニウム、酢酸などの混合物となります。
またフリーデルクラフツアシル化反応では過剰量の塩化アルミを使うはずですが、塩化アルミは求電子性があり、アセチル基など、酸素原子を持つ置換基と配位しやすい性質があります。
つまり、p-メチルアセトフェノンが余った塩化アルミに配位し、ベンゼン環を含むπ軌道の安定化により吸収波長の長波長化がおき、着色したと考えられます。
また、酢酸などの極性溶媒はベンゼン環の吸収(π-π*遷移)を安定化させる働きもあるため、より長波長化に寄与していると思われます。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む

QNaOHaq、NaOH(aq)、NaOH+H2Oの表記の違い

NaOHaq、NaOH(aq)、NaOH+H2Oの表記の違い

 化学(高校2年です)を勉強しているうちに、
例えば、NaOHaq、NaOH(aq)、NaOH+H2Oの違いが曖昧に
なってきており、このサイトでも似たような質問を見掛けたのですが
その回答は少し求めているものと違っており、気になっています。
 NaOHaq:熱化学方程式で見かける表記
 NaOH+H2O:両性元素の反応式で見かける表記
のようですが、これらの表記の違いはどのようなことなのでしょうか。
 細かいことで申し訳御座いませんが教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

>NaOHaq、NaOH(aq)
どちらでも構いません、ただ同じ文章の中では統一して下さい。アメリカ英語と英国英語みたいなもの。
基本的にaq(aqo-、水の-のラテン語から来ています)は理想的には「無限希釈」を意味するものですが、水溶液で構いません。

>NaOH+H2O
こっちは一分子の水酸化ナトリウムと一分子の水を反応させるという意味になります。できるものは多分水酸化ナトリウム水和物です。

Q食酢と水酸化ナトリウムの中和滴定について

食酢10mlに蒸留水30mlを加えたものを、水酸化ナトリウム(0.1mol/L)で中和滴定すると、中和するのに必要な水酸化ナトリウムは7.5mlだった。
1)うすめた食酢のモル濃度
2)もとの食酢のモル濃度
3)食酢の質量パーセント濃度(食酢の密度は1g/cm^3)
を求めるのですが、1)の解き方がわかりません;
あと、食酢は10ml→40mlになったので
4倍に薄まったのでしょうか?
教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この中和滴定で起きているのは下記の反応です。
CH3COOH + NaOH → CH3COONa + H2O
ここから判ることは、酢酸と水酸化ナトリウムが1:1(モル比)で反応するということです。

0.1mol/Lの水酸化ナトリウム水溶液7.5mLに含まれる水酸化ナトリウムの量(モル数)はどれだけでしょう?

上記から、酢酸と水酸化ナトリウムのモル数は同じです。これだけの酢酸が(1)の場合は40ml中、(2)の場合は10ml中に含まれているので、それぞれのモル濃度はどれだけでしょう?

上記から、モル数が判ったので酢酸の質量もわかるはずです。それが10ml(密度が1g/cm3なので10g)中に含まれているので質量%濃度も出ますよね?

Qエチルベンゼンと塩化プロパノイルのフリーデルクラフツ反応

エチルベンゼンに塩化プロパノイルをフリーデルクラフツ反応させると1-エチル-4-プロパノイル ベンゼンを収率よく生成することが出来ないそうなのですが、なぜなのでしょうか?
どうしてもこれが分かりません。どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

量的なことはよくわかりませんが、エチル基による立体障害はさほど大きいものではないと思います。また、立体障害の重要性は、反応の種類によって違います。例えば、ニトロ化とアシル化では2置換体の生成比は異なるはずです。

それと、オルト位は2カ所あるのに対して、パラ位は1カ所であるということは、当たり前ではありますが、極めて重要です。
つまり、パラ位とオルト位の反応性が同等であったとすれば、パラ:オルトは1:2になるということです。
つまり、パラ2置換体が主生成物になるためには、オルト位の2倍以上の反応性を有する必要があります。
パラ2置換体の合成にあたって、上述のハンディは結構重要です。一般に、反応が激しいほど、統計的な比率、すなわち、パラ:オルト=1:2に近づくはずです。

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q化学反応式について:AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g)

AlN_s + 3/4O_(2g) = 1/2Al_2O_(3s) + 1/2N_(2g) equals -ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/mol
という式について質問です。

1.下添え字の、s, 2g, 3s, 2g, 298とは何を表してるのでしょうか。

2.-ΔH_298 というのは反応により吸熱したということでいいでしょうか。つまり、124.6 ± 0.0370 cal/molのエネルギーを与えることによってAlNが酸化されアルミナと窒素になるということでしょうか。

3.ΔH_298のように反応熱や吸収熱(?)は実験的にはどのように求めるのでしょうか。

4.実験データを使わずに、理論的に左辺から右辺の反応の差が-ΔH_298 = 124.6 ± 0.0370 kcal/molと求めることはできますか。電子のポテンシャル計算か何かから求めるのでしょうか。

Aベストアンサー

式から判断すると
s:solid
g:gas
の意味です。
だから引用されている化学式が間違っています。
AlN(s)+3/4O2(g)=1/2Al2O3(s)+1/2N2(g)
です。

equalsが何かはわかりません。でも反応式とequalsとの間で切れているように思います。

298は温度です。298K=15℃です。

両辺のエネルギーを比較する場合の熱化学方程式では量の比較ですから「=」をっつかいますが反応式だけの時は→です。

○+○→○+○   △H=・・・

Q水酸化ナトリウムについて

水酸化ナトリウムを使い、食酢内の酢酸の濃度を滴定法で調べる実験をしました。しかしその前にシュウ酸を用いて、水酸化ナトリウムで滴定を行いました。なぜ、シュウ酸と水酸化ナトリウムで滴定する必要があるのですか?教えてください。

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムに潮解性があるのはご存知ですよね。では正確に水酸化ナトリウムの重量が測れるでしょうか?それで正確な濃度の液が作れますか?
それに空気中には二酸化炭素が存在しています。しばらく空気中にさらした二酸化炭素はどうなりますか?

それが答えです

Q化学反応式の価数計算方法を教えてもらえないでしょうか? xNO+yNH3+zO2→αN2+βH2O

化学反応式の価数計算方法を教えてもらえないでしょうか?

xNO+yNH3+zO2→αN2+βH2O

の、x,y,z,α,β の値をもとめる方法です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Nについて x+y=2α
Oについて x+2z=β
Hについて 3y=2β
連立方程式で解くのですが変数4つに対して式が3つです。
これを元にテキトーに数字を入れて調整してみました。

2NO+2NH3+1/2O2→2N2+3H2O
4NO+4NH3+O2→4N2+6H2O


人気Q&Aランキング

おすすめ情報