いよいよアメリカの報復戦争が始まりましたが、昨夜アフガンに打ち込まれたトマホークは米英合わせて50発だそうです。今回使われたのはC型だと思いますが、1発の価格はいくらぐらいなのでしょうか?

A 回答 (2件)

下記オフィシャルサイトにちょっと載っています$600.0000だそうですね。



参考URL:http://www.chinfo.navy.mil/navpalib/factfile/mis …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。公式サイトは参考になりました。
いずれにせよ、トマホークだけでも一晩で凄い消費をしたものですね。総額でどのぐらい使ったのでしょう?これならビンラディン氏の懸賞金など安いものですね。

お礼日時:2001/10/09 00:38

99年の産経新聞には、


トマホークが一基二百万ドル(約二億四千万円相当)
(円換算は当時の円/ドル相場)
とのことです。

ですので、今回100億以上・・・。^^;;

参考URL:http://www.sankei.co.jp/databox/paper/9905/11/pa …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
いずれにせよ、トマホークだけでも一晩で凄い消費をしたものですね。総額でどのぐらい使ったのでしょう?戦争とは、凄い浪費をするものですね。これならビンラディン氏の懸賞金など安いものです。

お礼日時:2001/10/09 00:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【山口組全面戦争・代理戦争】いよいよ神戸山口組と6代目山口組と全面戦争になった場合、どこが戦場と化し

【山口組全面戦争・代理戦争】いよいよ神戸山口組と6代目山口組と全面戦争になった場合、どこが戦場と化しますか?どことどこの代理戦争になってどこが決戦場の最初の場所になりますか?


東京ですか?名古屋ですか?神戸ですか?

Aベストアンサー

ならないと思いますけど・・・

一時期は歌舞伎町って言われてました。

Q米英はどうして仲がいい?

最近のイラク情勢にしても、その他の事柄にしても、
どうして、イギリスとアメリカは共同歩調を取るのでしょうか?
特に、イギリスは、ヨーロッパ側に距離を置いてでも、アメリカに同調するのはどうしてなんでしょうか。

もともとアメリカはイギリスから独立したという歴史的な経緯はあると思いますが、そのほかの事情について教えてください。

Aベストアンサー

参考まで

第二次世界大戦中、イギリスはドイツに占領されそうになりましたね。その時、フランスはあっというまにドイツに破れ占領されていました。スペイン、イタリアはドイツに右へならえになり、ソ連さえドイツと不可侵条約を結んだのです。イギリスは孤立状態でしたね。ヨーロッパ中がドイツ帝国に対してひれ伏していたのですね。あのヒットラーにですよ。(日本も影響されて,三国同盟を結んでいましたね。)フランスのドゴール将軍、戦後の大統領なんかは国を失い亡命先のイギリスで相変わらず大口をたたいていましたがね。イギリスのチャーチル首相は踏ん張りましたがいかんせん孤立国の頑張りでは占領されるのは時間の問題だったのです。その時、援軍をよこしたのがアメリカだったのですね。アメリカはイギリスと独立戦争をして独立した国ですね。しかし母親の国は見捨てなったのですね。だからイギリスは何があっても裏切れませんね。
高々50年前の歴史的事実ですよ。歴史的にはフランスやヨーロッパの国々やロシアさえもアメリカには足を向けて寝られないというのが本当の話ですね。それが50年で相変わらずの大口ですか、フランスは何を考えているのやら。
ということですかね。

参考まで

第二次世界大戦中、イギリスはドイツに占領されそうになりましたね。その時、フランスはあっというまにドイツに破れ占領されていました。スペイン、イタリアはドイツに右へならえになり、ソ連さえドイツと不可侵条約を結んだのです。イギリスは孤立状態でしたね。ヨーロッパ中がドイツ帝国に対してひれ伏していたのですね。あのヒットラーにですよ。(日本も影響されて,三国同盟を結んでいましたね。)フランスのドゴール将軍、戦後の大統領なんかは国を失い亡命先のイギリスで相変わらず大口をたた...続きを読む

Q旧ソのアフガン侵攻

旧ソ連軍がアフガニスタンに侵攻した際、世界各国はどのような態度をとったか知りたいです。
ソ連にたいして軍事攻撃があったのかどうか等。

Aベストアンサー

 冷戦中ですから、直接攻撃などできるはずもありません。 西側がやったことは大まかにいって3つ。
1 口で非難した
2 イヤガラセをした
3 ゲリラに援助して邪魔した

 1は、非難決議とかそういうもので、まああんまり意味はありませんでした。
 2は、輸出入や交流の制限が主で、ハイテク品の禁輸とかモスクワオリンピックのボイコットがあります。 とはいえやったのは実質的にアメリカとその属国である西ドイツ・日本だけであり、アメリカが最大の同盟国と宣うイギリスさえ気にせず参加しています。
 3は、パキスタンを通じてアフガンゲリラに武器を与え、軍事顧問を派遣して訓練を施しました。 この時パキスタンでブットを倒して政権を奪ったムシャラフが援助先として選んだのが、かのタリバンや、マスードやヘクマチアルといった部族の頭目でした。 ちなみにこの時、アラブからの闇援助をゲリラに取り次いだ一大フィクサーがウサマ・ビンラディンです。 この時の活躍により彼はアフガンの恩人となり、子供にウサマと名付ける親が続出したと言われています。

 かくして紛争は泥沼となったわけですが、一気に戦局を変えたのがかの有名なスティンガーミサイルです。 アメリカが新兵器地対空ミサイルをゲリラに渡して以来、ソ連の戦闘ヘリがガンガン墜とされはじめ、耐えきれなくなったソ連は撤退、数年の内紛の後カブールはヘクマチアル達が制圧します。 先日暗殺されたマスードは英雄となり、国防相になります。

 ところがしばらくするとゲリラ同士の内紛が起きタリバンが首都を制圧、マスード達は下野します。 この時タリバンに逐われたゲリラ達が、生き残りを賭けてマスードの勇名の元に寄り集まったのが今の北部同盟です。

 おっと、いつのまにかアフガンの歴史にまで脱線してしまいましたね。(^o^;) まあ、そういうことです。
 冷静に考えると、実にえげつない悪魔の所行を繰り返しているのは明らかにアメリカなんですが、まあそのへんはバランス・オブ・パワーというやつですね。

 そういうわけで、強者であるソ連側からアフガンに対する補償や謝罪なんぞは当然あるはずもありません。 ましてやロシアになって今度はアルメニア他で同じことを繰り返しているのですから、まあ当然といえます。

 冷戦中ですから、直接攻撃などできるはずもありません。 西側がやったことは大まかにいって3つ。
1 口で非難した
2 イヤガラセをした
3 ゲリラに援助して邪魔した

 1は、非難決議とかそういうもので、まああんまり意味はありませんでした。
 2は、輸出入や交流の制限が主で、ハイテク品の禁輸とかモスクワオリンピックのボイコットがあります。 とはいえやったのは実質的にアメリカとその属国である西ドイツ・日本だけであり、アメリカが最大の同盟国と宣うイギリスさえ気にせず参加してい...続きを読む

Q今回の安倍首相とプーチン大統領の対談について。 今回の対談についてネットでは、失敗だ。無能。安倍は国

今回の安倍首相とプーチン大統領の対談について。
今回の対談についてネットでは、失敗だ。無能。安倍は国を売った。などの意見もあれば、安倍首相はよく頑張った等の意見もありますが実際、今回の対談はどうだったのでしょうか?
右側、左側ではなくあくまでも冷静な中立的な意見でどなたか詳しく解説して頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

報道されていることが全てではないと言うこと。
領土問題に関して少しでも前進があったとしても、それは表には出せない。
表に出せばロシアの国民が反発しますからね。
どういうことがあったかは、報道では知り得ない。

Qインド洋の海自補給鑑の給油対象船舶は、アフガンでの対テロ戦の艦船だけなのでしょうか

こんにちは。

鹿児島市在住です。
昨年 12/17付の地元紙:南日本新聞社説(海上自衛隊のインド洋での給油活動延長に関するもの)に、以下のくだりがありました。
「また改正対テロ新法については、そのまま継続していいのか疑問がある。というのも給油量はピーク時の1割程度まで減少し、必要性は限られてきた。過去にイラク戦争への転用疑惑が浮上したように、現在はソマリア沖の海賊対策への転用が疑われる。そこらも論議したかった。」
当方 インド洋の海自補給艦は、・アフガンでの対テロ戦争
・ソマリア沖の海賊対策で展開している米英等の軍艦
以上の両方に給油してると思っていたのですが、この社説のごとく
アフガンでの対テロ戦の艦船だけが給油対象なのでしょうか。
お詳しい方 ご教示下さいませんか。

Aベストアンサー

給油対象はアフガン戦争に付随する海上阻止活動に従事する艦船のみです。
しかし、日本は他国の給油艦に補給を行っていますが、その給油艦が元々積んでいた燃料と自衛隊が給油した燃料を分けるのは事実上不可能です。
これを分けろというのは、水の入っているコップに水を足して、注ぐ前の水と足した分の水を正確に分けろと言うようなものです。
無理ですね。
よって帳簿による給油量・使用量の管理となる訳ですが、この帳簿上では、全て海上阻止活動に使用されているようです。

というか、自衛隊が給油する事によって阻止活動に使う燃料量は減る訳で、その浮いた燃料を他の活動に回すこともできるのですから、
帳簿以上の事に目くじらを立てても意味がないと思います。

ちなみに、アフガンでの戦争は、テロ組織による国家への挑戦への回答でもあります。
だからこそ、この行為自体を批判する国は殆ど居ません。
ここで失敗して世界各地に存在するテロ組織を勢い付かせるのは、どこの国にとっても拙いですから。
また、インド洋は世界最大の産油国であるサウジアラビアを含む中東の玄関口ですから、
ついこの間の原油高に不満を唱えていた人には、この海域の安定確保の重要性を理解していただけると思います。
そういう意味では、ソマリア沖の海賊対策も急務ですね。
あそこはカオスと化しているソマリア自体をどうにかしないと抜本的な解決にはならないと思いますが、
アメリカですら一度は匙を投げた国ですからねぇ。

話が逸れましたが、インド洋の海賊対策における日本の対応については、別に議論がされていると思います。

給油対象はアフガン戦争に付随する海上阻止活動に従事する艦船のみです。
しかし、日本は他国の給油艦に補給を行っていますが、その給油艦が元々積んでいた燃料と自衛隊が給油した燃料を分けるのは事実上不可能です。
これを分けろというのは、水の入っているコップに水を足して、注ぐ前の水と足した分の水を正確に分けろと言うようなものです。
無理ですね。
よって帳簿による給油量・使用量の管理となる訳ですが、この帳簿上では、全て海上阻止活動に使用されているようです。

というか、自衛隊が給油す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報