マンガでよめる痔のこと・薬のこと

1atmのもとで1molのベンゼンが80.2℃で蒸発する時のGibbsエネルギーの変化が0になるのはなぜですか?エンタルピー変化は求めています。熱力学式の相互関係がうまくつかめず困っています。これは定圧条件下での反応と考えてよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

80.2℃はベンゼンの1atmでの沸点でしょうか.


それならば,沸点においてはNo.1の方が書いていらっしゃるように
平衡状態です.
ベンゼン分子は気化したり液化したりします.
それはエネルギーが同じだからそうなるのです.
もし一方の方がエネルギーが低いなら,その低い状態になります.
80.2℃を境にして,液体の方がエネルギーが低くなったり気体の方がエネルギーが低くなる訳です.
グラフ(縦軸はG,横軸はT)を描くと
T<80.2℃でG(液)<G(気)
T>80.2℃でG(液)>G(気)
となるわけです.

T<80.2℃ではG(液)<G(気)なのに気体状態のままの事が有ります.
これを過冷却状態といいます.たぶん.
    • good
    • 0

気液平衡状態だというだけのことです.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング