痔になりやすい生活習慣とは?

不動産投資初心者です。
ワンルームマンション投資をしようと思い、物件の目星もつけたのですが
火災保険・地震保険をどうすればいいのか良くわからなくて困っています。
いろいろと検索はしてみたのですが、
投資用ワンルーム向けの保険というのが見つからなくて。。。

お勧めの保険を紹介して頂けないでしょうか。
なお、今回は融資は受けずに現金での購入を予定しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> 投資用ワンルーム向けの保険というのが見つからなくて。

。。
投資用としての火災保険を探しても見つからないと思います。
この場合は「建物」の火災保険+オプション地震などの自然災害を考慮していればよいと思います。

私の加入している火災保険は、あいおい損保の家庭総合保険で「建物」「家財」の保険金額に対して基本(火災保険)と地震(地震保険)の2種類の保険金が設定されているものです。
今回質問内容に当てはめると「建物」に対して基本+地震に加入することになります。


最後に火災保険に加入する際に、No1の価格協定以外で下記2点を確認することをおすすめします。
1.「建物」に対する保険金額
 →保険金額が所有物件の評価にあっているか(高すぎないか)、マンションの共有部分は管理組合で加入した保険との2重加入となっていないかを確認すること。
2.自然災害など保障範囲の確認
 →地震については意識が高いので確認漏れはないと思いますが、そのほか水害(保険により保障の割合に変動あり)、水漏れ・物体落下・飛らい・衝突など(マンションでは特に要確認)などをチェックすること。
    • good
    • 0

別にワンルーム向け商品というものはありません。



居住用にするのであれば「団地保険」が格安なのですが、必ず家財の契約をしなければなりません。

お近くの損害保険代理店で5年以下での契約を「価額協定」付きで加入するのが良いでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投資用マンションの家財保険、火災保険について

今年投資用マンションを購入しました。
ワンルームマンションで、入居者が入っている状態で購入しました。入居者自身は入居の際に不動産の契約時に火災保険、家財保険に強制的に入っているようです。
オーナーである私に関しては、その部屋に何か保険をかけていたほうがいいのでしょうか?教えてください。
私の考えでは、入居者が保険には行っているのであればその部屋に2重に保険に入る必要は無いように思えるのですが・・・。お知恵を貸してください。

Aベストアンサー

住宅の火災保険は、保険の目的(火災保険の対象物)が
建物と家財の2種類あります。

賃貸物件の入居者は、自分の財産である家財に火災保険をかけます。

賃貸マンションのオーナーは、区分所有分の建物に火災保険をかけます。
それと、共有部分にも火災保険をかける必要がありますが、一般的には管理組合が管理費の中から共有部分の火災保険に入ります。
それと、あなたの区分所有部分の水道管の破裂などにより水漏れし、階下の住宅に損害を与えた場合などに備えるために施設賠償責任保険などにも入られたほうがよいと思います。

Q実際に、新築ワンルームマンション投資をしている方に質問です。

できれば、実際に新築ワンルームマンション投資をやっている人、
アドバイスをお願いします!!

私は30代のサラリーマンです。

これから投資用の新築ワンルームマンションを買おうとしてます!

場所は田園調布で駅徒歩3分。
広さは23.20m2。価格は2270万円。家賃は91,500円。
管理手数料5% 管理費・修繕積立金8,380円
持ち出しが月々5千円台で、金利は2.775です。

営業マンは、
定年時の60歳で繰り上げ返済をすれば、(最低200万円)
定年後に収入が入ってくるし、団体信用生命保険料も含まれているので、
現在、毎月4万円払っている生命保険を解約して
このマンションを買った方がいいと言ってます。

営業マンの方はとてもいい感じの人なのですが、
正直、信用しきっていいのか迷っています。

ですので、
できれば、新築ワンルームマンション投資を実際にやっている人に
やってて感じたメリットやデメリット(具体的なトラブル)を
教えていただきたいです!!

そして、マンション持っている現在のお気持ち(感情)が聞きたいです。

年中ハラハラしているようでしたら、
あまり持ちたくないなぁと思ったので。

よろしくお願いいたします<(_ _)>

できれば、実際に新築ワンルームマンション投資をやっている人、
アドバイスをお願いします!!

私は30代のサラリーマンです。

これから投資用の新築ワンルームマンションを買おうとしてます!

場所は田園調布で駅徒歩3分。
広さは23.20m2。価格は2270万円。家賃は91,500円。
管理手数料5% 管理費・修繕積立金8,380円
持ち出しが月々5千円台で、金利は2.775です。

営業マンは、
定年時の60歳で繰り上げ返済をすれば、(最低200万円)
定年後に収入が入ってくるし、団体信用生命保険料も含...続きを読む

Aベストアンサー

新築ワンルームマンションを購入して、8年目となります。
あまり、購入者からの情報というものがないかと思いますので、
掲載させていただきます。

はじめに私の現在の運用状況ですが、
ローン残高<市場価格で推移し、
初期費用もほとんど回収しました。
家賃は、1割も下がっておりませんし、
借り手の方も3組目ですが、空室率0%で運用できております。


まず、ワンルームマンションは、大もうけできません。
それは、みなさんが回答しているとおりです。
生命保険の件、業者の利益、不動産営業マンの方がいうこと。
まさにおっしゃるとおりです。
大もうけができるのであれば、それこそ業者が所有すればよいわけだったり、
営業マンの方が購入すればよいと考えるのが通常です。
今は、不動産業界の方はローン審査が厳しいようですが・・・。


では、新築ワンルームマンションがよく言われているような、
あまりよい投資先ではないのかどうかですが、
これは、投資に対するスタイルにもよりますので、
答えはどちらともいえないのではないでしょうか。



以下のことを参考に検討してみてはいかがでしょうか。

1.現在の都内のワンルーム市場
現在、新築物件はほとんどありません。
土地の取得困難、ワンルームマンション規制等、需要と供給のバランスがかわりはじめました。

2.数年後の中古ワンルーム市場
1の理由から、中古市場が活性化してくることが予想されます。
大半の不動産デベは、この中古市場で生き残りをかけることになるのではないでしょうか。

3.20~30年前の物件、現在の物件、20~30年後の物件
よく30年後の価値等、話題になりますが、
1970年代の物件と2000年代の物件を比べれば、
建築基準やデザイン性などを考えるとだいぶ違いますが、
今後、20~30年経過したとき、今の物件が見劣りすることは、
考えにくいかと思います。
もしかしたら、太陽エネルギーなどが、もっと住宅に導入されているかもしれませんが・・・。

4.出口戦略
不動産投資をはじめると金利や経済情報を収集するようになります。
自分もそうです。それで、売却(出口戦略)を考えます。
私の場合、ローン残高と物件価格の下落スピートを考えた場合、
慌てて売却することはないかと考えています。
20年所有した場合や30年保有した場合などが、
よくシミュレーションされていますが、
新築でも、10年や15年で売却して利益を出すことは可能です。

5.中古と新築の違い【例 購入価格の場合】
新築は、売主が不動産会社なので、利益を上乗せして販売しますので、価格が高くなります。
中古は、売主がオーナーなので、オーナーの都合で金額が決まります。
他にもいろいろあります。


参考になればと思います。

新築ワンルームマンションを購入して、8年目となります。
あまり、購入者からの情報というものがないかと思いますので、
掲載させていただきます。

はじめに私の現在の運用状況ですが、
ローン残高<市場価格で推移し、
初期費用もほとんど回収しました。
家賃は、1割も下がっておりませんし、
借り手の方も3組目ですが、空室率0%で運用できております。


まず、ワンルームマンションは、大もうけできません。
それは、みなさんが回答しているとおりです。
生命保険の件、業者の利益、不動産...続きを読む

Q不動産取得税はいつ請求がきますか?

今年の1月に、土地(自宅の底地)を購入しました。
購入後に、不動産取得税がかかると言われており、請求がくるのを待っているのですが、
最近になって、調べてみたら「不動産取得申請書」というものを提出しなければならない(60日以内)と知りました。
もう3ヶ月くらいたちますが、申請書は出していませんし、税務署からも何も連絡がありません。

不動産取得税はいつ頃請求されるのでしょうか?

今からでも申請書は提出した方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

土地の売買などの不動産の登記情報は、市役所と県税事務所に通知がされますので、あなたが申告をしなくても課税されます。

課税の時期は、概ね4~6ヶ月後とのことですが、正確には断言できません。

課税は、県税事務所です。

Q建ぺい率、容積率オーバー物件を購入後に困ることは?

気になる物件が奇妙に格安なのですが「本物件は現況、建ぺい率、容積率を
超過しています」とありました。格安の理由はこれでしょうか?

建ぺい率、容積率を超過している=違法である、程度の認識はあるのですが、
一体どれくらいの不利益、罰則等があるのか調べてみると、過去ログに

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3299878.html
「建ぺい率がオーバーしている中古物件を購入する際には住宅ローンが組めず、
現金一括でしか購入できない。」

とありました。一般に困ることってそれだけでしょうか?
居住を始めて、「違法=肩身が狭い」「違法=売りにくい」は覚悟するとして、
それら以外に、税金面などにペナルティはあるのでしょうか?

そもそも、違法な建築を建てることを業者はよく認めたものだと
思いますけどね(建築後に法律が変わったかもしれませんけど)

Aベストアンサー

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行政機関は聞いた事もないので通常住む分には問題は特にはありませんが、入居後に何らかの増改築等で確認申請が必要になった場合には申請が通らなくなる可能性が極めて高い(自治体が違法物件と認識していた場合)ので注意が必要です。ただ質問者様が該当物件を購入するに当たって注意すべき点は(1)抵当解除されているか否か(2)欠陥住宅でないかのみですね。中古住宅(特に不動産競売で取引される物件)では民民売買でも不良物件が多いので注意が必要ですので売主が販売するにいたった背景を調べる事ができるなら知っておいた方が良いと思われます。因みに確認申請を受けずに住む方法(工事を床・壁で2期に分け、施工業者も分ける等)で増築をしたような事であれば施工に関しての心配は無用だと思われます。こういった事情を受注側が持っていれば施工に関してのトラブルは極力避ける(特殊な顧客である可能性が高い)ので施工自体の問題はないと思われます。

こういったケースは自治体によって判断がマチマチなのが実情なのですが、現状引渡しが中古物件での主流となっています。そういった事情から重要事項に該当するので建蔽・容積オーバーと業者は謳っていると思われます。こういった物件の場合での借り入れ判断は金融機関によりますので一概にローンが組めないと言う事はありません(返済負担率等の諸事情で蹴られる事の方が遥かに多いと思われます)。よって問題点としては余程常識外の増築でない限り低層住宅に行政代執行までして強制撤去というペナルティを課す行...続きを読む


人気Q&Aランキング