安室奈美恵、DA PUMP!!ユーロビート最強曲!!

はじめまして。今、法科大学院の過去問にチャレンジしているのですが、限界があります。。以下に問題を記しますので憲法に詳しい方、この問題に取り組んだことのある方、いらっしゃいましたら教えてください。

問題:
ミステリー作家のみならず、政治問題についても独自の意見を発表して人気の作家Xは、2ヶ月後の知事選に立候補すべく準備を進めていたが、Y出版社が月刊誌でXを誹謗中傷する記事を掲載する予定であることを知り、名誉毀損を防ぐため、右雑誌発行の差し止めを命ずる仮処分を求めて裁判所に出訴した。この事例に含まれる憲法上の問題点について論ぜよ。

↑です。問題点は、表現の自由とプライバシー権の対立でいいのでしょうか?だとしたら、どのような判断が妥当なのでしょうか?また、論じるにあたってのテクニックなども教えていただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

北海道大学法科大学院だから、こういう問題を出したのでしょうか?直球の問題とみていいです。



書き込みがないので、受験現役ではない者から。

>問題点は、表現の自由とプライバシー権の対立でいいのでしょうか?

違います。出版(表現)の自由対公職の候補者の名誉権との対立です。

憲法の論文は、一番難しいです。

21条1項と2項の解釈との関係で、2項検閲禁止を絶対とみるか、事前抑制禁止の原則(1項から必然的に出る)との関係。

検閲禁止を絶対として、事前抑制禁止の原則について、例外は認められるか。司法権による差し止め仮処分が認められるとした場合、その要件如何。北方ジャーナル事件最判にふれるのとその3要件を使うのは必須です。

さかのぼれば表現の自由と民主主義という抽象的な問題に筆を割きたくなるでしょうが、そういうところにページを割いてはだめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。本当に助かりました。さすが、「専門家」さんです。私も「専門家」になれるようがんばります!名誉権とプライバシー権が分かっていないくらいではまだまだですが。。

お礼日時:2005/07/11 20:28

こんにちは。

現行司法試験の論文受験生です。

問題点は、プライバシーではなく、名誉権です(もちろん、誹謗の内容が明確に書いてない以上プライバシーの可能性も残りますが、問題文に「名誉毀損を防ぐため」と書いてあるので、政策的に名誉にしぼります)。

その際、表現の自由を制約するわけですから、その対立利益をしっかり論証することです。今回は、名誉権の重要性を13条から掘り起こすことが大切なのかなと思います。

あと、テクニックというほどではないのですが、人権処理手順をご紹介します。(ご存知かもしれません)

人権の問題は「だれの、どんな人権が、どんな根拠で制約されていて、それが許されるか」の順番で書きます。

今回は


差し止め仮処分は違憲か

Yの記事を掲載する自由は表現の自由として21条1項で保障される。

とすれば、検閲は許されない。
でも、検閲じゃない。

事前抑制は許されるか。
北方ジャーナルの要件。
(候補者であることに留意してあてはめる)
許される
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えくださいましてありがとうございました。現役の司法浪人の方のお答えはとても参考になりましたが、お答えくださった順番にお礼ポイントの発行をさせて頂きました。
司法試験、がんばってください!また質問するかもしれませんので、そのときもまたぜひお願い致します。

お礼日時:2005/07/11 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東大法科大学院

東大法科大学院について質問します。司法試験合格者数および合格率がもっとも高い大学院の一つですが、東大卒でも必ずしも東大の法科大学院に行かず私立の法科大学院に進学する方もいるようですね。なぜですか?

Aベストアンサー

端的に言えば、東大の法科大学院の入学者数の人員が、東大の法学部の
定員より少ないためです。全入制ではないからですね。全員いけるわけ
ではないのですから、いけないひとは、選択を迫られます。
1) 浪人して来年受け直すか。
2) 私学を含めた他大学に入るかです。

この点には、もちろん1)を選択しても、来年東大に入れるわけではない
という理由とともに、いわゆる「新卒至上主義」という価値原理が左右
しているものと思われます。経歴に穴をあけることをいやがるとでもい
うのでしょうか。ストレート万能主義かもしれません。

Q中堅大学から難関法科大学院への受験について

以前質問をして、良回答を頂いたものです。
角度が違う質問なので、新たに投稿しました。

自分でいうのも変なんですが、私立難関大学の学力を有しながら、経済的理由から、地元の中堅国公立大学を受験せざるを得ない状況ですが、カリキュラムのレベルや内容からみて、中堅校から難関法科大学院への受験は無理があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 法科大学院入試では
「学部の成績表」「適性試験」「本番の試験」
などが大きな意味を持つのはご存知だと思います。
 従って、どこの大学出身かということは、ほとんどの場合関係なく、ただただ自分の提出する書類や成績の中身です。

 ただ、東大生や京大生のほうが、他の学生に比べてなぜか適性試験も得意なようなので、そういった大学や地方国立大学を受ける場合には当然高レベルの適性試験が要求されます。

 基本的に、自分の出身大学ということは一度忘れてしまって、自分自身の持っている能力及び知識が、人と張り合えるのかという、極めてシンプルな事のみに焦点をあてられるのがいいかと思います。

参考URL:http://laws.sub.jp

Q東大文(1)の定員減と法科大学院の関係

今年の大学入試で、東大文Iの定員が減って難化、それにつれて文(2)、文(3)も難化したと聞きます。

東大文Iの定員減は法科大学院と関係あるらしいのですが、大学院の設置と大学の定員減の関係がわかりません。
どうして法科大学院を設置したら大学の定員を減らすのでしょうか?

Aベストアンサー

受験生の立場から(笑
定員が減りますと、だいたい受験生の平均レベルが高くなり、門前払いのレベルもそれにつれて高くなるので、定員削減→入試の難化と直接は繋がりません。

私の地元の国公立大もロースクールを設置しました。法学部法学科の定員は削減されました。新しい学科もできたんですけどね。
これは、割とありそうなケースなんですが、ロースクールには内部進学、つまり法学部の学生が進学するのと、それ以外の学部や大学からくる二つの進学タイプがあるはずです。だから、できるだけ幅広い人材を入れようとするならば、内部進学の人数は減らそうとするのは当たり前です。内部進学の率や、人数枠は決まっていると思いましたよ。(少なくとも地元の大学では)
地方ではそうでもないですが、やはり東大の法学部系になりますと、ほぼ全員がその専門の道(公務員含め)へ進みますからね。東大の場合はそれが大きいのでは。
もちろん、教授陣が減るというのも関係あると思います。教える人数が足りなかったおかげで、大学院を設置できなかったところもありましたしね。

Q法科大学院進学希望者の大学の選択

高校2年生で、将来は弁護士志望です。
出来れば地元の静大法学科に行きたいと思っていますが、現在法科大学院がありません。
もし他の大学の法科大学院を受験するとしたら、はじめからその大学に行ったほうが、学部内優先があって有利なのでしょうか?

Aベストアンサー

あなたが、真剣に目指しているものとしてアドバイスします。少し厳しい言い方になるかもしれませんが、ゆるしてください。
私の友人の多くが今チャレンジしているので、ある程度状況がわかるのですが、ほとんど内部優先はないようです。
ただ、あなたが法科大学院を受験するころには、競争が熾烈になるでしょう。というのも、現行の司法試験
は終了してしまうので、受験生が全員入学をめざすからです。
正直、静岡大学のレベルでは難しいかもしれませんし、何より刺激しあえる優秀なライバルに静岡にいては、なかなか出会えないのでは。
あなたが行けるより優秀な大学を目指すことが先決だと思いますよ。大学受験で磨く能力も、法科大学院入試、司法試験に役に立ちますし。
今、法科大学院を受けてる人(既習コース)は、東大や早稲田慶応を卒業後何年も勉強してきた人がゴロゴロいます。入試は大学名ではないですが、優秀な人もそれだけ勉強している世界であることは間違いないですよ。
あなたに、それだけ戦い、キャンパスライフを犠牲にする覚悟があるなら、チャレンジしてください。頑張って。

Q今自分は高校三年生で今年度から大学生になります。大学受験終了と同時に法科大学院適性試験に備えて勉強し

今自分は高校三年生で今年度から大学生になります。大学受験終了と同時に法科大学院適性試験に備えて勉強しているのですが、どのような参考書を使えば宜しいのでしょうか?
自分の勉強の進行具合は憲法の全文暗記と刑法を少しかじった位です。

Aベストアンサー

これから法学部で、法科大学院適性試験に備える必要は、
ありません。
もともと、適性試験は、法律学の知識は聞かれないし、
再来年くらいから、法科大学院受験に適性試験は任意化(事実上廃止)されるから。
普通に、法学検定など勉強すればいいと思う。

なお、憲法全文暗記、自慢していいですが、憲法の能力高いこととイコールでないですよね。

Q法科大学院って大学教授連中の就職先を確保するため?

法科大学院って、大学教授連中の就職先を確保するために設立したのですか?
旧試験では一発勝負になり記憶偏重による弊害が・・・なんとかかんとか。ローの理念(笑)

その結果は、予備試験組の合格率はロー組の3倍近くで圧倒的大差で、最上位ローよりも高いわけで。
確かに旧試験の問題は、記憶偏重型の問題だったのかもしれないが、そうであれば現在の新試験のように長文・実務型の問題で1発試験を行えばいいんじゃないの。
抜け道となる予備試験ルートを設けておいて、しかもその予備試験組のほうが圧倒的に合格率が高いのだから、ローの理念(笑)とか言ってみても全く説得力がないのでは。
昔のように、受験制限を設けずに、工夫を凝らした問題による1発試験にして、合格者を対象にみっちりと実務研修を行ったほうが、
受験者・社会・税金の有効活用すべての観点から見て有益だと思うけど。(反対するとしたら前述の教授連中だけじゃないだろうか)

それと、受験回数が3回までに制限している点も全く合理性が見いだせない。回数が増えるごとに下駄を履かせよと言っているのではなく、全く同じ土俵・採点基準で競争するのだから、何回目の受験かどうかが合格者の適正に関係あるのだろうか?
国が、3回で合格できなければ諦めよというのであれば余計なお世話だろうし、新たにローを卒業すれば再び受験資格が得られるのだから、受験生や社会全体にとって損失でしかないと思うのだが。(やはり教授連中の就職先かな?)

皆さんは、どう思いますか?

法科大学院って、大学教授連中の就職先を確保するために設立したのですか?
旧試験では一発勝負になり記憶偏重による弊害が・・・なんとかかんとか。ローの理念(笑)

その結果は、予備試験組の合格率はロー組の3倍近くで圧倒的大差で、最上位ローよりも高いわけで。
確かに旧試験の問題は、記憶偏重型の問題だったのかもしれないが、そうであれば現在の新試験のように長文・実務型の問題で1発試験を行えばいいんじゃないの。
抜け道となる予備試験ルートを設けておいて、しかもその予備試験組のほうが圧倒的に合...続きを読む

Aベストアンサー

私の記憶に齟齬がある場合、ご容赦下さいませ。

法化大学院設立の経緯というのは、旧司法試験では基礎六法、憲法、民法(家族法は殆ど出ない)、刑法、商法(現行の会社法、及び手形小切手法)、民事訴訟法、刑事訴訟法が対象でした。

しかしニュースなどをご覧になるとお分かりかと思いますが、労働関係での訴訟や行政関係の訴訟、独禁法などの経済法分野など、紛争自体が多様化してきた事
また、僻地の弁護士不足解消の為、いわゆる司法修習の研修所の収容人員以上の法曹資格所持者の増加などを目的に、アメリカのロースクール制度を導入したのがキッカケです。

当初は司法試験合格者数が多い大学数校に限って設置を認可する方向であった経緯もありましたが、某創●大学が設立申請をしました。
これにより政権与党としても不認可とすることが難しくなり、結果、各大学が申請設立と言う事態となり乱立してしまったと言う実情もあったありです。

受験回数制限は、司法試験浪人生を過度に生み出さないようにとの配慮でもあったのですが、救済措置が無ければ社会人受験希望者などへの配慮が足りなくなる。また社労士や司法書士など実務に携わっている方への門戸が閉ざされ、多様化する紛争に対応すると言う本来の目的が達成出来なくなるとの事情より、司法試験予科試験という現在の予備試験の導入となりました。

司法試験予科試験の難易度は旧司法試験並であることから、法科大学院入学時に問われる「法律の専門知識」より遥かに高いレベルが合格には要求されます。

なので、司法試験予科試験合格レベルの方は、基礎六法での知識量は本試験合格レベル程度の高さであります。
現在の司法試験本試験では基礎六法以外の法律試験がありますので、その知識量が合格レベルに達していなくて不合格になるケースは多いと私自身聞いております。

他方、法科大学院の入学では、法律の専門知識より、事務処理能力や読解力、思考力、一般的な論文試験などが重視されている所があります。(法学既習者入学を除く)

このような背景から、法科大学院設立当時から、予科試験合格者と法科大学院卒業者との本試験合格率は確実に大差が生じるであろう事は、言われていた事でもあります。


大学としては法科大学院の本試験合格者を伸ばし、生き残りを図る為に既存の大学の実績のあるスタッフ(教授や准教授)を法科大学院専任スタッフとして登用し、非常勤講師や常勤講師をを大学スタッフにスライドさせる、教授や准教授として囲い込むといった事が起こりました。
私がよく質疑をしていたりした講師の先生も、今では准教授になっている方がかなり多いです

また、大学の教授、准教授は、「研究者」でもありますので、法科大学院、大学院、大学のそれぞれの講義を受け持ち、かつゼミを受け持つと言う事は、時間的に研究している余裕がなくなりますし、法科大学院設立当初は、何人かの教授から愚痴を聞かされたりしていましたw

なお、法科大学院の学費も年間100~300万超と非常に高く、これに加えて専門書の購入も考えると、「3回限りの受験資格取得」に1000万超の資金をかける というかなりのリスクを含んでの入学となります。

これらの事情を考えると、法科大学院の選択が非常に厳しい状況から、予科試験合格者の本試験合格者率が高くなるのも自然な流れとも思えます。

ちなみに・・・

司法修習を行っている「司法研修所」は許容出来る人員のキャパが1000人から1500人程度と言われています。
法曹資格取得者を増加させる為に、この司法研修所の役割を法科大学院に求めた所も、制度設立の背景にはありますが・・・
実際には本試験合格のための受験養成所みたいになってしまった所も、前述、乱立の背景から生じてしまったのです。

医師養成の為に医学部を持っている大学は、それぞれ付属病院を持っているように、司法試験も医師養成の制度を模範したかったと言うのは、最初の制度設計時での考えだったのですが・・・
結果的に医師だって僻地では不足しており、それは法曹人口が増えても解消されるかと言われれば難しいと思いますし・・・

まぁ法科大学院制度の設計時点で色々ありすぎて、結果として制度の機能不全が起きているという現状はあると思いますし、法科大学院がスタートした時点から既に懸念されていた事が現実となっただけですね。

ご質問にあるように実務試験を・・・と考えても、司法試験は本来は「裁判官養成」の制度であって弁護士養成が主目的ではないという事もあり、例えば、1票格差裁判で判決が分かれている事からも分かる様に、実務試験の基準が作り難いという難題があります。
また、実務経験を積ませる為の、合格後の養成所は・・・前述、収容可能人数の関係でスタッフや施設まで含めて、そうそう増やせない現実もありますので、結局は法科大学院も淘汰され、合格率の高い数校が残り、現行の予科試験からの本試験受験という形に落ち着くのではないでしょうか・・・

私の記憶に齟齬がある場合、ご容赦下さいませ。

法化大学院設立の経緯というのは、旧司法試験では基礎六法、憲法、民法(家族法は殆ど出ない)、刑法、商法(現行の会社法、及び手形小切手法)、民事訴訟法、刑事訴訟法が対象でした。

しかしニュースなどをご覧になるとお分かりかと思いますが、労働関係での訴訟や行政関係の訴訟、独禁法などの経済法分野など、紛争自体が多様化してきた事
また、僻地の弁護士不足解消の為、いわゆる司法修習の研修所の収容人員以上の法曹資格所持者の増加などを目的に、アメリ...続きを読む

Q法科大学院のついている簡単な大学と、ついていない難しい大学

少し質問がにているようなきもするのですが、
法科大学院のついていない偏差値60くらいの法学部
と法科大学院のついている偏差値50くらいの法学部
いくとしたらどっちが良いのでしょうか?もし法科大学院に、行きたいなら法科大学院付きのほうがお得なんでしょうか?
お得とかいうと変な感じですが、あまりよくわかってなくてすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No4です。
基本的に現行司法試験の大学合別格率は偏差値に正比例しています。
実際の弁護士実務業界については存じませんが、通常の企業と同様と考えれば、やはり出身大学ごとの派閥なり協力関係なりが存在すると思われます。
とすれば、偏差値の高い大学をでた方が、弁護士としての活動がやりやすくなるのではないかと思います。
さらに、どの法科大学院も通常優秀な生徒をとりたいと思ってるでしょうから、母校優先ということはないにしても、偏差値の高い大学の生徒には、適正な範囲内で下駄を履かせているということも考えられます。

また、在学中に何らかの理由で進路変更する可能性もありますから、就職に有利な偏差値の高い大学のほうがいいと思いますよ。

Q法科大学院

科大学院のセンター試験や日弁連の試験はそれぞれ何部構成なのでしょうか?

またそれそれの試験で各部の問われている内容は何なのでしょうか?
例えば一部は推論・分析など・・。

出来れば詳しく載っているサイト情報も下さい!

Aベストアンサー

大学入試センターや、日弁連法務研究財団の公式ページはご覧になった上でのご質問でしょうか?

大学入試センター
http://www.dnc.ac.jp/houka/houka_index.htm

日弁連法務研究財団
http://www.jlf.or.jp/tekisei/index.shtml

試験の構成や過去問も公開されていますよ。

Q法科大学院受験のための予備校講座選び

こんにちは。
私は春から大学3年生になる者です。
現在、LECの入門講座(柴田クラス)を通信で受講しています。
申し込んだ時は、現行か法科かまだ決めきれていなかったため、コースではなく単品で申し込みました。
テープはもう全て送られてきたのですが、私の計画力の無さゆえか……テープはかなりたまってしまっています。5月から始めて、まだ民法の債権までしか進んでいません。復習もあまりできていません。

以上が私の現状です。
以下、本題に入ります。

私は現在、法科大学院を目指すつもりです。
4月から予備校(LEC)の新しい講座を取ろうと思っています。春からは通学にするつもりです。

そこで、司法試験用の講座(論文基礎力完成講座など)と、法科大学院用の講座(法学基礎答練など)と、どちらを受講するのがいいでしょうか?

司法試験用の講座はレベルが高いですが、法科大学院卒業後に新司法試験を受けることを考えると、今からレベルの高い講座を取っておいた方がいいのかな……とも思います。
しかし、入門講座のテープをためてしまっていることから考えて、とりあえず今は法科大学院に入るために法科大学院用の講座を取った方がいいのだろうか、とも考えています。

法科大学院の合格体験記を読むと、法科大学院用の講座を取っていた人はいなくて、ほぼ皆さん司法試験用の講座を取っていた人ばかりなのも気になります。
法科大学院用の講座は、そんなに役に立たないのでしょうか……?

長文ですみません。
質問をまとめると、

・法科大学院合格のために、司法試験用講座と法科大学院用の講座、どちらを受講した方がいいのか。
・法科大学院用の講座を受講して合格した人は少ないようだが、法科大学院用の講座は役に立つのか。

以上2点です。
よろしくお願いします。

こんにちは。
私は春から大学3年生になる者です。
現在、LECの入門講座(柴田クラス)を通信で受講しています。
申し込んだ時は、現行か法科かまだ決めきれていなかったため、コースではなく単品で申し込みました。
テープはもう全て送られてきたのですが、私の計画力の無さゆえか……テープはかなりたまってしまっています。5月から始めて、まだ民法の債権までしか進んでいません。復習もあまりできていません。

以上が私の現状です。
以下、本題に入ります。

私は現在、法科大学院を目指すつもりで...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。今現在、大学3年生で、法科大学院対策の講座をとっています(入門講座は柴田クラスです)。僕自身も3年生から受講を始めたのですが、通学ですが、はっきり言ってスケジュールをこなすので精一杯です。
 下の質問は自分を否定してしまうので中立な意見を答えられませんが、上の質問に関しては、結論から言うと、法科大学院用の講座をとった方が賢明だと思います。
 というのも、あなたと同じように迷って現行司法試験の講座をとって適性試験対策を別にやろうとした友人がいますがスケジュール管理ができずに四苦八苦しています。なにより、自分は「既習者パーフェクトサポートコース」なのですが、3年生からでは、とてつもなく大変です。講座は必要最低限のモノだと思うのですが大変です。3月からもっと講座が増えると思うと・・・。LEC内で知り合った3年生たちも最近はVBで補講の日々らしくて授業日ではほとんど見かけません。そんなわけで受かるのに必要なことを効率よくやった方が良いと思います。
 また、適性試験対策は必ず受講しておいた方がよいと思います。なにせ今、これで困っているのですから・・・。
 以上が個人的な意見ですが、いずれの講座もとても高額なので一度決めたら後悔の無いようにお互い頑張りましょう。それと、質問とは関係ありませんが、柴田先生のホームページは面白いですよね。 

 こんにちは。今現在、大学3年生で、法科大学院対策の講座をとっています(入門講座は柴田クラスです)。僕自身も3年生から受講を始めたのですが、通学ですが、はっきり言ってスケジュールをこなすので精一杯です。
 下の質問は自分を否定してしまうので中立な意見を答えられませんが、上の質問に関しては、結論から言うと、法科大学院用の講座をとった方が賢明だと思います。
 というのも、あなたと同じように迷って現行司法試験の講座をとって適性試験対策を別にやろうとした友人がいますがスケジュール管...続きを読む

Q法科大学院

法科大学院に進みたいと思っている者なんですが、法学部に在籍中に大学院に入ることは可能なんでしょうか?
ダブルスクールとはこういう事なんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法科大学院に行って弁護士になった人間からお答えいたします。

>法学部に在籍中に大学院に入ることは可能なんでしょうか?

行きたい法科大学院が飛び級を認めているかによります。認めていないなら、卒業と同時に法科大学院に入るのが普通だと思います。

>ダブルスクールとはこういう事なんでしょうか?

ダブルスクールは、法学部又は法科大学院に行きながら伊藤塾や辰巳法律研究所、早稲田セミナーなど塾に行く事を言います。在学中にロースクールに行くことではありません。要は在学中に塾に行くことをダブルスクールといいます。

法科大学院構想も今はかなり厳しい状況ですし、今後統廃合も予想されます。頑張ってください!


人気Q&Aランキング