紙類付着した指紋は、何年くらい正しく検出されるでしょうか。
たとえば、ある人物が本に触ってページをめくります。
そのまま本を隔離していたとして、20年たってその指紋が読みとれるかどうか。
ぜひ、ご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

natu-8さん、こんばんわ。



ご質問の内容を拝見しました。
非常に興味深い内容だと思いますが、文面中の内容だけであれば、
その指紋の印出された状況によると思います。

natu-8さんのコメントを拝見させて頂くと、推理小説の題材にされ様と
なされていると思われますが、その指紋が印出された状況によると
考えられます。
例え、紙であっても、その印出された内容が、油脂や血痕、または
唾液による状況で、更に、それらの台紙となる紙が上質紙以外の紙で
あれば、(例えば、印画紙に近いものであれば)相当期間残るであろうと
思います。

但し、ご質問の内容が、ある個人を特定させる意味での指紋であれば
これは非常に難しい内容が存在します。
個人を特定する場合の指紋は、その指紋が一指あるいは、一指の部分
であれば非常に難しいと言わざるを得ません。
ある特定の個人を合致させる為には、その紋状とその隆起点の複数個所を
合致させる必要があります。
隆起点の合致が何箇所になるかは、ここに記載いたしませんが、法的に
一致と認められるにはある一定の合致数が必要です。
これが、既にその指紋が存在し、それとの重点合致が認められるので
あれば、この限りではないと思いますが‥。

指紋に及ばず個人の特定を表す内容については、数学的においては
確立統計論でしか論ぜられないのではないかと思います。

現在までにおいて、この世の中において、その全ての人間の指紋が
登録されている訳ではないのですから‥。
よく、犯罪捜査において、これらを特出した内容で、その証拠能力として
特出される理由は、上記の確立統計論からくる推論でしかないと思います。
その一定点(時間)において、その指紋が印出された可能性は、その指紋の
一致する合致点の内容により何億万分の一となるからだと私は理解して
おります。

この内容が参考になりますでしょうか。
よい推理小説をお書きになる事を祈っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございました。
「その指紋が印出された状況」そして、「ある個人を特定させる意味での指紋」
このあたりのご教授、とても参考になりました。
いただいたコメントは大切に保存し、私自身もまた資料を当たってみようと
思います。とっかかりができて、助かりました。
頑張って、面白い(と、読み手に思っていただけるような)小説をめざします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 18:05

鑑識にちらっと聞いた話によれば、約3ヶ月たっていると、家具・紙・布等の指紋は読み取ることはできないそうです。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

すぐにお返事いただき、とても嬉しかったです。
回答、参考にさせていただきます。私自身でも、また調べてみます。
ほんとうに、ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/17 17:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誓約書の指紋

夫婦間で将来に備えての誓約書を作成することになりました。もちろん単なる覚え書きではなく、いざという時に法的証拠となることを前提としています。書面には各自、自筆の署名と指紋を押捺することにしました。さて、その指紋ですが、印肉に人差し指をつけて押したのですが、自分の指が大きいため、人差し指の上の部分しかつきませんでした。中央の渦巻きのあたりは印肉につかず、含まれていないのです。これでは私の指紋であると特定するのは無理でしょうか?やはり誓約書に押捺する指紋は、指の腹の全体部分がついていないと有効性がないでしょうか?交通違反の反則キップなどは、人差し指の腹の全体をつけるので、あのようにしないといけないのかとも思いますが、腹の全部がついていなくても、要は本人特定できればいいのでしょうが、このへんのことをどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

No4です。

最近印鑑証明書とりましたが登録日って
印刷されないと思います。

Q紙に付着した指紋について

諸事情により鑑定してもらいたい紙幣と怪奇文(嫌がらせの手紙)があります。
その紙幣が三つ折りになっていたので、(自分の指紋が付かないように)ティッシュを使って折り目を延ばしたのですが、結果的にティッシュで犯人の指紋を拭き取ってしまったように思えます。このような紙幣からでも指紋採取が可能でしょうか?
素人の考えでは、指紋検出のモトとなる手の脂が紙に染み込んで、いくらティッシュなどで拭き取っても検出できそうな気がするのですが、どうでしょうか?
ちなみに怪奇文の方は、ビニールに入れて保存してあります。

Aベストアンサー

指紋に関しては、指紋検出と異同識別鑑定の二つの課題があります。まず、指紋検出については、質問の内容では全く問題がありません。一般に紙幣の指紋検出はニンヒドリンアセトン溶液を使います。検出原理は、人の分泌物のアミノ酸に反応させるものです。この分泌物は、紙幣に染み込みますからこすっても影響ありません。「素人の考え」のとおりです。検出可能期間は、保管が良ければ10年くらいまで大丈夫です。保管とは、乾燥、冷暗所がベストです。
次に、異同識別鑑定について、指紋鑑定基準は、警察庁が提唱する「12点法則」と私的鑑定機関の「齋藤法則」(3点~6点が合致状態、7点~12点が合致)があります。詳しくは、「齋藤指紋鑑定事務所」のHPで「鑑定方法」を見てください(同名検索で出現)。手続きとしては、事件として犯人の処罰を求めるなら警察に被害届を出せば、警察で指紋検出をしてくれます。私的に処理したい場合は、専門家に依頼しないと無理です。事案を見て今後に支障がなければ一笑に付して黙殺することです。但し、念のため、紙幣は、前の方法で保管をしておくことを勧めます。

Q交通事故の場合の指紋の採取

自転車事故で質問させていただいています。
お世話になっています。
yaki-sukiです。

先日自転車同士の事故に巻き込まれ、
その後、警察の方で、実況見分・調書の作成を行いました。

その際、私は、調書
警官曰く「こういった簡単な調書をとるから」といって差し出した紙
このようなものです。
「タイトル:供述調書
(1)――キロで走行中
(2)――状況で
(3)相手の落ち度は――
(4)自分の落ち度は――
            氏名――、ハンコ?捺印?――」
というものを作成されましたが、

この場合の最後の認印のところに
警官は「ハンコ持ってないでしょ。」といってましたが、
私はハンコを持参していたので、それで押しました。
それでOKだったようです。

私の場合、
指紋も写真もとられることはありませんでした。
みなさんにお聞きしたいのは、
こういう場合、

1、これは指紋を要求されていたというわけではないのですよね?
2、そもそも、交通事故では、
  指紋や写真を取ることはあるのでしょうか?
3、どういうときに、またはどういう犯罪の時に、
  指紋や写真は取られるのでしょうか?

正直、警察の裁定に納得できていませんが、
送検され、不起訴に終わりました。
ちょっと気になったので、
よろしくお願いします。

自転車事故で質問させていただいています。
お世話になっています。
yaki-sukiです。

先日自転車同士の事故に巻き込まれ、
その後、警察の方で、実況見分・調書の作成を行いました。

その際、私は、調書
警官曰く「こういった簡単な調書をとるから」といって差し出した紙
このようなものです。
「タイトル:供述調書
(1)――キロで走行中
(2)――状況で
(3)相手の落ち度は――
(4)自分の落ち度は――
            氏名――、ハンコ?捺印?――」
というものを作成されましたが、

...続きを読む

Aベストアンサー

1・あなたは指紋を採取されたわけではありません。
2&3 逮捕された場合、鑑識課で指掌紋や写真をとられます。子の場合の指掌紋は、特殊なスキャナで十指、手のひら、側面も採取します。逮捕されていない場合、法的には任意ですが、警察官は微罪処分や始末書、説諭レベルでも、資料集め、脅かし、自分の実績作りのため採取しようとします。この場合は実は任意なので、拒否することができます。

Q指紋の保存期間についてお伺いします。先日、盗難事件があり、犯人の指紋と

指紋の保存期間についてお伺いします。先日、盗難事件があり、犯人の指紋と区別するためと言う理由で、指紋をとることに協力しました。悪い事はしていませんし、するつもりもありませんが、この指紋は、もしかしたら永久に警察に保存されるのでしょうか?警察からは何の説明もありませんでした。今になって心配になりましたし、不快です。もし、永久保存されるなら保存を拒否する事はできますか?

Aベストアンサー

容疑者や犯罪者以外の指紋は記録として残しません。

指紋を記録保存するには理由とともに掲載しないといけないので何もしてない人の指紋は残せないのです。
犯罪者など正式に記録された指紋の保存期間は30年です。

Q指紋について

よく指紋によって人物を特定しますが例えば手の親指の場合、指紋の採取が完全ではない時、親指の面積何%ぐらい一致してれば特定されるのでしょうか?また採取したい指紋の上に別の人の指紋が付いていた時はどうなのでしょうか?また布や紙などから指紋の採取は出来るのでしょうか?他どんな事でもいいので指紋について教えてください。
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

指紋照合は、指紋中の線が時計回りに見て始まっている点「開始点」・止まっている点「終止点」・
線が分かれる点「分岐点」・線が交わる点「接合点」など特徴点と言われるもので照合します。
警察庁の判定基準は原則12点以上が合致する場合、同一人物とされるようですので、単純に何%
の面積があればOKというわけではありません。
例え80%とれたとしても、この特徴点が不鮮明であればNGですし、逆に10%でも特徴点が鮮
明であれば証拠能力を持ちます。
(他に目撃情報がある場合などは12点以下でも証拠能力があると判断される場合もあります)

>採取したい指紋の上に別の人の指紋が付いていた時はどうなのでしょうか?

基本的に照合は難しいでしょうね。
特徴点を照合する際に、どちらの指紋の特徴点なのかが分からなければ証拠としては採用されない
でしょうから。
(重なった指紋の人物が特定できていて、その特徴点を除く事で分析は可能になるかもしれませんが)

指紋は紙やテープ、布、皮革、ガラス、木製品、金属表面、石、皮膚などから検出する事が可能で
すが、形状や繊維などは難しい場合もあります。

指紋照合は、指紋中の線が時計回りに見て始まっている点「開始点」・止まっている点「終止点」・
線が分かれる点「分岐点」・線が交わる点「接合点」など特徴点と言われるもので照合します。
警察庁の判定基準は原則12点以上が合致する場合、同一人物とされるようですので、単純に何%
の面積があればOKというわけではありません。
例え80%とれたとしても、この特徴点が不鮮明であればNGですし、逆に10%でも特徴点が鮮
明であれば証拠能力を持ちます。
(他に目撃情報がある場合などは12点以...続きを読む

Q「何年か先」や「何年か前」の範囲

例えば「何年か継続してやってくれたら良いです」のように、
口約束でそういった表現を使った場合、法的には何年程度のことを指すのでしょうか?

少し似た表現に「数年」というのがありますが、それは辞書で調べたら
「2、3か5、6ぐらいの年数」とあり、数字がある程度決まっていました。

「何年か」という表現は具体的な数字がある程度決まっているものでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「何年か」は
法的には無効な表現です。

期限には「確定期限と「不確定期限」があって
「確定期限」とは3年後の元旦になど、いつ到来するか確実な期日です。
「不確定期日」とは「私が死んだときに、○円あげる」と言うように死ぬ日が来るのは
確実だけどいつくるか分からない期日です。

「何年か働けばボーナスを倍にしてやる」と言われても
何年かは期限がないものになります。
「何年かに売り上げが倍になればボーナスも倍にしてやる」といわれれば
売上が倍になったときという(停止)条件の達成で法律効果が生じることになります。

ものの貸し借りで「何年かPCを貸して」と言って借りた場合は
貸主から請求(催告)が来た時に返さないと遅滞となります。

何年かお金を貸してと言って借りた場合は
催告が無いときは相当期間経過したら履行遅滞ですし
催告があるときは催告から相当期間経過したら履行遅滞です。
消滅時効も履行遅滞時から計算されます。

相当期間とは2週間から1ヵ月程度でしょう。
相手が返さなかったら、催告から6ヵ月以内に裁判を起こさないと
催告は無かったことになりますから、最長でも6ヵ月以内と考えるべきでしょう。

「何年か」は
法的には無効な表現です。

期限には「確定期限と「不確定期限」があって
「確定期限」とは3年後の元旦になど、いつ到来するか確実な期日です。
「不確定期日」とは「私が死んだときに、○円あげる」と言うように死ぬ日が来るのは
確実だけどいつくるか分からない期日です。

「何年か働けばボーナスを倍にしてやる」と言われても
何年かは期限がないものになります。
「何年かに売り上げが倍になればボーナスも倍にしてやる」といわれれば
売上が倍になったときという(停止)条件の達成で法律効果が...続きを読む

Q指紋。

ちょっと前から、指紋テープなるものを指に貼り付け、
入国してくる外国人が居るようですね。
今日も新聞のニュースに載っています。
ちょっと思ったんですけど、
犯罪捜査にとって、指紋というのは絶対値が高いじゃないですか。
犯行現場に指紋があればその指紋の持ち主は間違いなく犯人でした。
そう判断されてきましたよね。
でも指紋テープなるものがあったら、
たとえば僕が他人の指紋データをつけた指紋テープで泥棒をして、
そのときにあっちこっちにべたべたその指紋が残るようにすると、
そのテープにつけてあるデータの人が犯人になっちゃうんじゃないですか。
たぶん今日もどこかで指紋が検出されたからという物的証拠で有罪になってる犯人の方々がいらっしゃると思うんですけど、
いいんですかね。
指紋は絶対だという基準。
見直すべきなんじゃないですか。
何年か何十年か経ってから、
またえん罪が出てくる可能性はありませんか。
DNAの時みたいに。

Aベストアンサー

 たぶん不自然な指紋になっていると思うよ。 それに指紋だけが証拠にならない。多くの証拠が必要となるでしょう。確実性は高い証拠の一つでしょうね。
 ちなみに指紋認証のチェックする技術も日々進化しています。偽物の指紋は駄目みたいになっているらしいです。
 
 それと、指紋を採るのにも結構大変らしいよ。テレビみたいに簡単に取れる物じゃないらしい。


 気にしすぎないことですね。

Q「口語民事訴訟法」という本の一番新しいのは何年何月発行版ですか

教えてください。
口語民事訴訟法 という本がありますが
追補版 とか、法律改正で
内容が多少変わっていると思いますが

もっとも新しい本は、何年発行版でしょうか。

図書館にあったのは、2004年発行のものだったので
おそらくその後に また改定版が出ていると思うのですが

Aベストアンサー

http://www.jiyu.co.jp/BookDB/books.cgi?kikaku=41615

Q指紋照合について教えてください

指紋照合について教えてください。
先日、空き巣に入られて犯人と区別するためと言われて指紋を取られました。
判断のためとは分かっていますがとても気分が悪かったです。
そこで質問なのですが、被害者の指紋はすぐに破棄されますか?
何も悪いことはしてないのに、何だかモヤモヤ、、、

あとこれは興味とイメージですが、被害者の指紋も今まで起こった事件の指紋照合をするのでしょうか?また指紋照合にはどれくらいの時間がかかるのですか?

Aベストアンサー

前の回答にもありますが
自分がなにも悪さをしなければ別に気にすることもないと思いますが・・。

しかしながらご不安なら回答いたしましょう。

警察で言うとおり、被害者の指紋は犯人と区別するためのものでです。
そこに偽りはありません。

犯人の指紋が出てくれば破棄されるのも間違いありません。

というのは、被害者あるいは被害者関係者の指紋を全部保存しておくだけの
記憶媒体の容量がありません。

考えても見てください。
では、ある会社の従業員20人の事務所で夜中に窃盗事件があったとしましょう。
まず、20人の指紋、それも10本指と両手のひらですよね?
足跡(靴底)も採取されます。

20人だけはありません。
ウィークデーならたまたまそこにきたヤクルトの配達のおばちゃん、
鑑識中に集荷に来たヤマト便のおにーちゃん、取引先のお客さん。

などプラスで3人5人と増えちゃいます。

そんな人たちのものをぜーんぶ取っておいたら膨大な量になってしまうし、
他の事件のためにその膨大な中を探す、という作業もほぼ不可能です。

今までニュースで聞いたことがありますか?
九州の事件で青森で起きた3年前の窃盗の被害者が指紋の一致で
逮捕された、なんてこと聞いたことないでしょ?

世の中広いから被害者になった人が今度は犯人になるってことだって
なくはないと思います。
なのに、そこから足がつくって事はないんです。
たとえ翌日だったとしても、前日の別の事件の被害者側の指紋や足跡
を調べるということはしないんです。

よほど近隣で事件がおき、同じ刑事、鑑識官が担当して、足跡が非常に特徴あるものだったら
「あれ?ちょっと待てよ、昨日そうい言えば同じような足跡をどこかで見たな・・」
でヒントになるかもしれませんが、
関連がない事件ならまず調べることはしません。

なので、被害者側で指紋取られても別の事件で、それを元に聞き込みに来るとか
調べられるということはありませんのでご安心ください。

警察は「お役所仕事」だということを覚えておきましょう。
つまり、余計なことはしないんです。
被害者で指紋取ったらあくまで被害者の指紋であって
別の事件の被疑者を探すためには使わないんです。

その時はその時でまた一から捜査するんです。

犯人の指紋は当然取っておきます。これは余計なことではなく
再犯もありうるだけでなく、事実、再犯もたくさんあるので取っておきます。

しかし、今時空き巣に入るのに指紋を残していく泥棒はいないですよね。

前の回答にもありますが
自分がなにも悪さをしなければ別に気にすることもないと思いますが・・。

しかしながらご不安なら回答いたしましょう。

警察で言うとおり、被害者の指紋は犯人と区別するためのものでです。
そこに偽りはありません。

犯人の指紋が出てくれば破棄されるのも間違いありません。

というのは、被害者あるいは被害者関係者の指紋を全部保存しておくだけの
記憶媒体の容量がありません。

考えても見てください。
では、ある会社の従業員20人の事務所で夜中に窃盗事件があっ...続きを読む

Q指紋採取

警察関係の方にお聞きします(或いはそれ以外の方でもお分かりになれば)
先日、交番の前を通りがかったら、警官の方が出てきて、いきなり「未解決の凶悪事件などがある関係で指紋をとらせて欲しい」と言ってきました。びっくりして何故ですかと聞くと「任意であるので強制ではない」とのことだったので断りました。職務質問なら何度か経験ありましたが、普通に歩いていただけで何をしたわけでなく、いきなり一般市民の指紋を採取するように警視庁は指示を出しているものなのですか?
.

Aベストアンサー

警察関係に少し詳しいものです。というか教え子が現職なのでに実際に警察署に電話して聞いてみました。

それは変ですね。
「偶然の通行人の指紋をとる」⇒凶悪事件ならかなり難航してる。⇒捜査範囲を広げているはず。⇒なのになぜその交番、なぜあなた。
どう考えてもおかしいです。

1.凶悪事件ならなおさら、交番の一警官が協力しない。(担当刑事が私服で捜査)
2.あなたが容疑者で有る確率な0に等しいのに、捜査をオープンにして、犯人に「いま、さがしてるよ~、にげないと捕まえるからね~」と宣言してるようなもの。百害あって一利なし。
3.指紋は容疑者(裁判所が決める)でなけえば基本的に取れない(だから任意)
  では、例え犯人でも、あなたのように、拒否できる。やはり効果なし。

凶悪であればあるほど、捜査は極秘が原則です、彼によれば、「実はもっと簡単な事件(交番の管轄内)で罪名をいうと警戒されるので、犯人情報から外見が近い人に聞いているのでは。と教えてくれました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング