「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

中国語には北京語とか広東語や上海語などがありますが、
それぞれの違いは日本語の標準語を基準とした以下の例で言うとどの程度なのでしょうか?

1、日本語の標準語と大阪弁(同じ言語だが少し違う)
2、日本語の標準語と青森弁(同じ言語だがかなり違う)
3、日本語と韓国語(違う言語だが文法が似ている)
4、日本語と英語(まったくの別物)

また中国の標準語は北京語でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

深センからです。


ここは広東省の南で香港にも近いですが、経済特別区のため北方から働きに来ている人の割合のほうが多く、街中では普通話(フォートンファ)で文字も基本的に簡体字です。

わたしの感覚では、質問者様の3と4のあいだという感じがします。

日本の場合、何百年も昔から中央政府(たとえば京とか鎌倉幕府、江戸など)の意向を伺いながら政治を行ってきており、中央と地方間の情報収集や意思伝達のために、飛脚や早馬など普及してきた国柄でした。これは今でもその傾向性はあり、TVの時代になって標準語を皆がみにつけるようになったり、何十年も前に海外(ブラジルやハワイその他かなり遠隔地)に移住した日本人と会っても、東京と同じ発音に出会えます。

これに対して中国では、普通話の教育がはじまったのがたかだか3~40年前で、しかもTVやラジオの普及などもこの10年くらいでようやくひろまった感があり、中国人の同僚に聞くと出身地によって、普通話の捉え方は違います。
たとえば北方や中央部出身の人は、文章は同じでも発音がまったく違うといいますし、広東や香港の人は、言葉がまったく違うし同じ広東の中でもまた3つくらい言語の違いがあるといいます。

便宜上英語をここで使いますが、中国国内の言語の違いをlanguage=言語というくくりで考える以外に、dialect=方言、という言い方がありますが、この方言の意味は、同じ国内でも同じものを指して表現するときの呼び名が異なったり、文字や文の書き方が異なる場合に、dialectに当てはまります。また認識としては、別の(地域性も含めた)言語とされているようです(ネイティブのアメリカ人による説明)。
イントネーション、発音の違いはアクセントの違い程度になり質問者様の1よりもさらに同じ言語扱いになります。

中国語の、普通語、広東語、上海語は、違う言語という認識を中国人の人自身がもっており、一部文法が似ている部分はあったり(3である理由)、書き方や名詞や発音(普通語の声音は4声+1ですが、広東語は6声)の違いも大きく(4である理由)、を考えると3と4のあいだという感じになります。

…とここまでは質問者様の選択肢に沿って回答させていただきましたが、個人的には4のまったく別の言語という感じがこちらに住んでいて感じます。

ちなみに北京語は標準語である普通語とイコールではありません。北京語というと北京の言葉になり、たとえば東京の地元の言葉(下町で独特に育った言い回しや発音、名詞など)とテレビで使われる標準語が異なる、それと似た感じです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

遠方からの回答ありがとうございます。
中国人の方の様々な認識は貴重なご意見で、とても参考になります!
北京語と普通語の関係の例えはとても分かり易かったです。
やはり中国内の各語は別のものという感じなんですね。

こちらに代表して書かせてください。

皆様の回答大変参考になっておりますm(_ _)m
また、この質問は連休が終わったら締め切らせていただきたく思います。

お礼日時:2005/07/17 19:54

No.3 です。

追加です。
ベトナム語と中国南方言語が近いのは、漢語とあの周辺の現地語のどちらが先かわかりませんが、単語としては漢字文化が入り込んだ結果の言葉が多いですね。このあたりは
日本と同様なんでしょうね。
台湾語(ミンナン)などの漢字化も、古代の日本語の漢字化だとか、近世のアイヌ言語に対する漢字を当てたようなところはあるでしょうね。

まあ、北方と南方とでは言語として違うくらいの違いがあって、その中で北京、上海くらいは方言の範囲内といったところだと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

皆さんの回答が参考になり全てにポイントをつけたいくらいです。
今回は誠に申し訳ありませんが私の独断と偏見でつけさせて貰いました。

お礼日時:2005/07/20 01:06

No.2です。



確かに、「北京語」と「普通話」はちがいますね。
他の方の言われるとおりです。
訂正します。
    • good
    • 7

こんばんは。


当方、普通話は日常会話 + αレベル、上海語は片言 (簡単な挨拶ぐらい)レベルです。
広東語、台灣語の知識はゼロです。

広東語は字幕を見ないと何を言っているのかわかりませんので、音声的な相違という面では普通話と別言語と言えると思います。
上海語も音声的には普通話とまるで別物ですが、発音が似ている語句も一部あります。

例えば、上海語の"我是日本人"や"再会"、"先生"は普通話母語者には聴き取り不可能ですが、"当心走好了"や"地方"、"国家"の発音は普通話とかなり似ています。

音声的な相違では外国語と言ってよいほどの隔たりがあるのに、言語学的にはすべて「中国語」という大分類に括られるのは、下記の2つの理由によるものと思われます。

(1) 中国語の各方言には「漢字」という共通文字 ※ があり、書面語レベルでは類似しているので、同種の言語に分類できる。
(2) 政治的、社会的要因。中国全体が統一国家だから、音声的な相違に関わらず同一言語の方言と見るのが妥当。
  (ドイツ語とオランダ語、スペイン語とポルトガル語は、言語的には広東語と北京語よりはるかに近いが、国が違うので別の言語に分類される。
  また、言語学的には広東語はむしろベトナム語に近いとのこと)


※ 上海語、台灣語の漢字は「当て字」に過ぎないと言う見方もあります。
  (言語学界での定説がどうなのか・・・私にはわかりませんが・・・。)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
普通語の日常会話をマスターしても広東語が別言語と言えるくらいというのは驚きです。
上海語に似ているところがあるというのはやはり比較的両都市が近い(中国の感覚では)からですかね。
意外にも、書面レベルでは類似しているのですね!

お礼日時:2005/07/17 19:36

しいて日本語で例えると、北京語と広東語は、日本語では、標準語と沖縄言葉くらいは遠い関係と言えるかもしれません。


外国語でたとえると、イタリア語とスペイン語くらいの差といえるかもしれません。でも、スペイン語がわかると、ポルトガル語もだいたいわかるとか、ドイツ語がわかると近隣諸国の言語は何となくわかる、というレベルでは、けっしてないですね。北京語しか知らない人には広東語は、ちんぷんかんぷんです。
同じ系統の言語族の中の違う言語とみていいかもしれません。
上海語は、それに比べると、北京語に近いですが、発音は、結構異なります。基本的な文法構造は、ほとんど同じです。まあ、標準語と関西弁の関係に近いといえないこともないですかねぇ。

>また中国の標準語は北京語でいいのでしょうか?
北京語を中心とする北方方言をベースにした共通語である「普通話」は、「北京語」とも異なります。日本の標準語と東京言葉、江戸弁のような関係ですかね。
原則は、どこへ行っても通じます。つまり、あなたが、仕事や留学などで中国へ行った場合に必要なやり取りには、普通話ができないといけませんし、おおむね、それで足ります。
それに対して、自ら取材や調査、独自の交流を行おうとした場合には、その土地で話される言葉を知らないと、表面的なやり取りで終わってしまう可能性はあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
普通語というのがあるのですね。
中国語ができたら12億人と話せると思い込んでいました。
中国の広さを思い知らされた感じです。
また、ベトナム語と中国南方の言葉のつながりが日本と似ているというのいはおもしろいですね!

お礼日時:2005/07/17 19:27

No.1です。



>また中国の標準語は北京語でいいのでしょうか?

そのとおりですが、日本のように、標準語さえ覚えていればどこへ行っても通じる、
というわけではありません。
    • good
    • 1

2と3の中間くらいですかねえ?


つまり、日本語の標準語と琉球語(違う言語だが一致点もかなり多く、同系性が証明できる)

実際、AとBいう近縁の言語がある場合、別言語と見るか、方言と見るかはかなり難しく、
専門家でも意見は一致しないのですよ。
言語学的には方言でも、政治的に別言語として扱われる例さえあります。
(例:オランダ語とドイツ語)
だから世界にいくつ言語があるかという質問にも、多い人は8,000、少ない人は3,000と、
学者でもこれだけ差があります。
多数意見では、6,000くらいですが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早くのご回答ありがとうございます。
世界の言語がそんなにあるとは知りませんでした。
国の数+αぐらいかななんて思っていたのですが・・・
6000もあるなら中国の言語の多様さも納得できますね!

お礼日時:2005/07/17 19:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上海語と北京語の違い

上海語は方言で北京語が標準語と人から
聞いたのですが、もう少し詳細を知りたいと
思います。
上海人?というか上海語と北京語では会話には
ならないのでしょうか?
大阪弁と標準語では会話できると思うのですが
すごく地方の方言だと、通じないこともままある
と思いますが・・。上海語は第二の標準語?といえる
ほど中国で通じるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです。専門的なことは忘れましたが、北京語、上海語、福建語、広東語、客家語、湖南語、江西語と、特に揚子江より南側で、いろいろ細かく分かれているようです。

国境を気にしなければ、タイ・ベトナム語も類似の言語です。今もそうなのかは知りませんが、昔、タイ・ベトナム語を専攻する外国語大学生は、副専攻語として中国語(普通話)が必修でした。

乱暴なたとえになりますが、ヨーロッパ大陸で、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語と言語が分かれているようなものです。
上海人は「北京の人間は上海語が聞き取れない、でも、我々は北京語もちゃんとわかる」とよく得意気にいいます。

北京語は、普通話(共通語)として全国で教育がなされていますから、北京語以外の言葉をネイティブとする人たちは、ちゃんと教育を受けていれば、基本的に北京語とのバイリンガルなのです。

もちろん、訛りが出ますので、その人間のしゃべる普通話の訛りから、中国のどの辺の出身か、おおよその推測がつきます。広東語ネイティブは外国人の私などでもはっきり分かるほどの訛りがあることが多いです。
方言というレベルでは、大連に行ったときに、全然聞き取れないフレーズがあって、確かめたら、大連の「方言」だと説明されました。同じ北京語のなかでも、方言があるようです。

同じ言語のなかの方言なのか、それとも外国語なのかを区別するための定義は知りませんが、仮に「ネイティブ同志が、それぞれの自らの言葉で話をしたときに、相互に通じるのが方言で、通じないのが外国語だ」と定義したら、北京語と上海語は相互に外国語です。

それから、上海語は、上海とその周辺の華東地域の一部で通じる言葉に過ぎません。

向こうの人間に言わせると、上海から南京までの鉄路(300Kmくらいでしょうか)沿いの主な駅(蘇州、無錫、常州、丹陽など)のある土地ごとに、それぞれ言葉が違うのだとか。

また、上海から揚子江を渡っただけのすぐ北側(「江北(ガンポ)」と呼んで、上海人は蔑視していますが、江蘇省南通市方面のこと)でも、もう上海語は使いません。私の事務所に江北出身の女の子が働いていましたが、上海に来てから、上海語をしゃべれるように努力したと言ってました。

上海人は上海語がしゃべれない中国人を「外地人」(田舎者)と呼んで馬鹿にします。上海の市場で、北京語で買い物すると高く売りつけられたりします。まぁ、我々のような外国人は、必死で上海語を覚えたところで、カモにされるがままではありますが。

それだけ、上海語が通じるエリアは狭いものだと、ご理解いただければと思います。だから、学んでもツブシの利かない言葉ということで、私は7年上海に居ながら、全然上海語は勉強しませんでした。

上海に7年ほど住んでいたことがある者です。
日本から出張者が来て、ご質問のような話題になったときは、
「英語とドイツ語くらい違います、外国語ですよ」
と説明してました。

たとえば、「彼は不在です」と北京語でいうのを、
無理やりカナ表記すれば「ター プゥ ツァイ」ですが、
これを上海語でいうと「イッ バラヘェッ」となります。

発音や語感がまったく違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

一般に中国語と呼ばれる範疇には、大きく分けても7つぐらいの
言語があるようです...続きを読む

Q中国語の種類について

教えてください。


聞いた話によれば、中国語は

・北京語
・広東語
・etc.

に分かれていると聞いたことがあるのですが、
何種類ぐらいあるのでしょうか?。
また、それらはどれぐらい違いがあるのでしょうか?
(日本語の標準語と関西弁の違いぐらいしかないのでしょうか?それとも、全然違う言語なのでしょうか?。)

また、台湾は何語が話されているのでしょうか?。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何種類というのは、みなさんが書き込みしてらっしゃるので・・・。

台湾は、公用語は北京語、いわゆる私達が中国語といっているものです。
台湾では、國語といいます。
生活の中では、台湾語を使う人が多いです。
特に南部では、若い人でも台湾語を使うことが多いです。
小・中学校等教育機関では北京語で授業をしています。 

それぞれの、広東語、北京語、復建語、台湾語など、
日本語の標準語と関西弁くらいの違いではないです。
それぞれ、外国語どうしというくらいに違います。 

同じ北京語でも、中国大陸と台湾とでもちょっと違います。
話し方とか、発音とか。
中国では、よくアル化音といって、単語の最後の音を巻き舌をするのですが、
台湾では、絶対にしません。
もちろん、台湾の人達は聞いてわかります。

たぶん、これが「日本語の標準語と関西弁」の違いということではないでしょうか。  

わかりずらかったと思いますが、ご参考までに・・・・。
 

Q香港で北京語はどれくらい通じる?

香港の公用語が広東語、英語、北京語、というのは分かるのですが、実際のところは何語を話していて、北京語はどれくらい通じるのでしょうか?

来年、香港に行きたいなと考えています。あちらは広東語が主流のようではありますが、私は北京語しか分かりません。どれくらい通じるものでしょうか?

ちなみに英語はかなりカタコトです。香港だと観光地なら日本語も通じちゃうのかしら?とか淡い期待もしているのですが、言葉の壁の高さによって行動の範囲も変わってきますから、実際に行かれた事がある方がいらっしゃれば情報を頂ければと思います。

Aベストアンサー

今年の10月に香港へ行きました。街中はみなさん広東語を話していますが、観光客相手のお店でなくても、北京語はちゃんと通じました。

他の方の回答にもありますが、現地の人は大抵北京語を聞き取ることができます。なので、全て北京語で通しても問題ないと思いますよ。

そして、香港は英語ができる人が多いので、下手に英語で話しかけると、流暢な英語で答えられて聞き取れない。。という事態も考えられます。

ちなみに日本語を学んでいる人も多いので、道を尋ねたら「日本の方ですか?」なんて日本語で聞かれたこともありました。

Q上海での使用言語、ビジネス言語について

類似質問がヒットしなかったので教えて下さい♪

2-3年後に会社が上海支社を立ち上げる事となり、上海への異動希望を出しております。
上海には「上海語」、公用語は「北京語」という事なのですが、ビジネス用途メインで修得するとすればどちらを優先して修得すればいいのでしょうか?
もちろん両方を修得するのが一番いいとは思うのですが・・

また、上海や北京での仕事の注意事項なども添えていただけると助かります!
よろしくお願いいたします(^^)

Aベストアンサー

私は以前仕事で上海に何年か行っていました。

会議の場などでは一応普通語を話すようにと、向こうの方には言っておいたのですが、上海語が良く飛び交ってました.
向こうの人にしてみれば日常生活で使用している言語なので、仕方なかったのかもしれません.
どのような方と取引や商談をされるかにもよりますが、
上海以外の方も上海で仕事をしてる事例がかなりありますし、普通語は必須であることは間違いありません.
2,3年で上海語をマスターするのは技術的にも困難ですし、
普通語をマスターしていく、その後向こうで少しずつ上海語を覚えていくのがいいかと存じます.ビジネス用途メインならばなおさらですね.

注)全部の上海人がそうだとはいえませんが、上海の方はプライドが高い方が多く、上海語をちゃんと話せない人を田舎者的な見方をする人もいます.
日本人なら、そういう目では見られないですが・・・。

あと、大企業などでは結構英語を習得されている方がかなりいらっしゃいます.

仕事上での注意事項はかなり思いつくことはあるのですが、契約関係は特に注意してやっておかないと、口約束や法的効力のない書類契約はやらないことです.
特に信頼がおけると常日頃から思っている人に対してもそうですね。
信頼できる人はたくさんいますが、仕事上はきっちり分けると言う意味です.

頑張ってください.

私は以前仕事で上海に何年か行っていました。

会議の場などでは一応普通語を話すようにと、向こうの方には言っておいたのですが、上海語が良く飛び交ってました.
向こうの人にしてみれば日常生活で使用している言語なので、仕方なかったのかもしれません.
どのような方と取引や商談をされるかにもよりますが、
上海以外の方も上海で仕事をしてる事例がかなりありますし、普通語は必須であることは間違いありません.
2,3年で上海語をマスターするのは技術的にも困難ですし、
普通語をマスターしていく、そ...続きを読む

Q中国・香港・台湾の違い。

香港・台湾は中国の都市のひとつかと思っていたのですが
中華人民共和国の特別行政区が香港で
台湾は台湾は独立した国だと主張していて
中国が台湾は中国の一部だと主張して食い違っている状態なんですよね?
ではこれらの地域を行き来する場合、
パスポートなどはどうなっているのでしょうか?
また、文化にそこまで違いはないと思いますが
言語や人々の意識などはどう違うのでしょうか?
またシンガポール等は繋がりがあるんですか?
色々知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

台湾に何回か行ったことがあるので、台湾からの見方を中心に。

台湾は、中華民国って書かれたパスポートを使ってますよ。
中国のものとは違います。

飛行機は、現在は、香港を必ず経由するはずです。
少し前に、直行便が特別にあったのをニュースで聞いたような気がします。

言語は、中国・香港・台湾、すべて公用語(国語)は、北京語。
日本で、普通に学ぶ中国語は、北京語です。

香港や中国南部では、広東語。中国の方言ですね。
また、台湾の北京語は、発音や単語の意味に違いがあります。
あと、台湾の漢字は繁体字。中国の漢字は簡体字です。
簡体字は日本の漢字より、簡略化されています。
繁体字は、昔、日本でも使っていた難しい感じです。廣島(広島)とか。
あと、台湾語という台湾独自の言葉があります。
話し言葉だけで文字がありません。現在でも、話す人はいますが、若い人はあまり話せないと思います。

人の意識は、私が知る限り、
中国の人はほとんど、中国・香港・台湾は中国だと思っています。
香港の人は、返還で中国の一部になったことが嫌だった人が少なくないと思います。
台湾の人は、2つに割れていて、親中と反中の人がいます。
親中の人は、国民党(現在は野党)の人が多いです。
反中の人は、多いですが、反中の人でも、台湾が独立するべきだと思っている人だと、数が減ります。本当は独立したいけれど、中国との経済的な繋がりを失うことや、中国と戦争になることを恐れています。

文化は、中国は古い歴史がありますが、台湾の歴史はあまり古くありません。台湾にある中国の文化は、中国の清の時代に伝えられたものが多いです。あと、第二次大戦後に中華民国・国民党によって伝えられたものもあります。中国の古い芸術品が納められている一番有名な博物館は台湾にあります。

台湾は、中国・香港とは違い、50年ほど日本領だったので、日本の文化が残っています。

私が感じるのは、中国は歴史も古く、国の面積も大きく、人口も多く、大国なので、中国が1番だと思っています。周りの国(台湾、朝鮮、東南アジアなど)は小国なので、中国には逆らえないと思っています。
日本は、中国の言うことを聞かないので、中国は日本が嫌いです。

台湾は、1500年ぐらいまでは、原住民が住んでいるだけの島で、中国のような歴史・文化はありません。歴史的に、あまり国としてまとまることが少なく、独立心が少ないと思います。日本統治をあまり嫌っていなかったのも、中国の一部になっていいと思う人がいるのも、まだ独立できていないのも、そのような気質が理由だと思います。

私も20歳ぐらまで、中国と台湾、韓国と台湾の違いを気にしませんでしたね。どうでも良かったですね。

日本にとって、避けて通れない話しなので、多くの人によく知って欲しいです。

台湾に何回か行ったことがあるので、台湾からの見方を中心に。

台湾は、中華民国って書かれたパスポートを使ってますよ。
中国のものとは違います。

飛行機は、現在は、香港を必ず経由するはずです。
少し前に、直行便が特別にあったのをニュースで聞いたような気がします。

言語は、中国・香港・台湾、すべて公用語(国語)は、北京語。
日本で、普通に学ぶ中国語は、北京語です。

香港や中国南部では、広東語。中国の方言ですね。
また、台湾の北京語は、発音や単語の意味に違いがあります。
...続きを読む

Qマンダリンとは中国語のことですか?

マンダリンとは、中国語のことでしょうか?
中国語にも色々あると思うのですが、広東語など、どの地域の言語のことでしょうか?

Aベストアンサー

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。まさに、マンダリン(役人の言葉)です。

 北の方以外にも、南京や四川省まで官話方言の地域ですので、官話方言はさらにいくつかの方言に下位分類できます。しかし、明清時代より首都が「北京」でしたので、やはり「北京語」が最有力となります。

 ただし、日本語で東京弁と標準語が若干異なるように、
標準中国語(中国で普通話と呼ぶ)と北京語はやや異なります。標準中国語(普通話)は、音韻は北京語を元にし、官話方言のなかの標準的な語彙、近現代の文学者が標準に用いる語彙・文法を採用したものです。

 この普通話や、それに近い標準的な中国語は、世界中の華人の共通語になっています。

 華僑などでは、この標準中国語を「華語」、また単に「北京語」と呼ぶことが多く、台湾では、中華民国の公用語ですので、「国語」と呼んでいます。

 この標準中国語を、現在でも欧米人は「官話」すなわち「マンダリン」と呼んでいます。
 当然、この場合の官話(マンダリン)は、上記の説明の「官話方言」より狭い意味です。

 なお、マンダリン・オレンジうんぬんは、語原が逆です。中国官吏が赤茶色の服を着ていたので、西洋人が、アジア産のミカンの品種を「マンダリン・オレンジ」と呼んだものです。

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。ま...続きを読む

Q中国語(北京語)の習得に要した時間、期間は?

みなさんが北京語を習得するまでにかかった期間とその条件を教えて下さい。あくまで個人の場合でいいので。もちろんやる気や想いによって違いますが、参考として聞きたいので、宜しくお願いします。
もちろん、習得も見る書く聞く話すすべてが出来た場合ではなく、聞く場合だったら、いついつまで?話すまではいついつまで?って感じでいいので。

Aベストアンサー

修得するのにかかった期間は実質3ヶ月ですネ。
まったく知識ゼロに近い状態からはじめました。
ただし,その3ヶ月間は一日中勉強という感じでしたが。
勉強は一対一でのレッスンを受けました。
私の希望で,声調や個々の発音と同時に中級レベルの会話を並行して覚えるという方式でしたネ(入門編と初級編と中級編を同時に進行してもらいました)。
非常に効果的だったのは,「回来了」「観電視」といった三文字で意味をなす言葉の暗記。
それが済むと,次は四文字成語,五文字成語と語彙を増やしたものです。
漢詩の暗記も沢山しました。
というのも,多くの中国人は小学校から漢詩を沢山暗記してきているので,日常会話の中にも漢詩からの引用などがあったり,それをアレンジして使ったりということも想定したのです。
最終的には中国で実地に使って鍛えました。
また,せっせと映画を見ました。

聞き取りは非常に簡単でしたが,ネイティブと間違われるまでに話せるようになるまでは半年以上かかりましたネ。
個人的には,語学は3ヶ月で片付けるものと思っています。
3ヶ月間死に物狂いで勉強すれば,どの言語でも大丈夫なのではないかと思っています。
それができないのは,真剣でないか,向いていないかのどちらかではないかと思っています。
以上kawakawaでした

修得するのにかかった期間は実質3ヶ月ですネ。
まったく知識ゼロに近い状態からはじめました。
ただし,その3ヶ月間は一日中勉強という感じでしたが。
勉強は一対一でのレッスンを受けました。
私の希望で,声調や個々の発音と同時に中級レベルの会話を並行して覚えるという方式でしたネ(入門編と初級編と中級編を同時に進行してもらいました)。
非常に効果的だったのは,「回来了」「観電視」といった三文字で意味をなす言葉の暗記。
それが済むと,次は四文字成語,五文字成語と語彙を増やしたもので...続きを読む

Q中国語の普通話はどれくらい通じる?

中国語は普通話、広東語、上海語、北京語などがありますが、一般的に日本で学習の対象になっている普通話で、現代の中国でどのくらい通じるものなのでしょうか?
上海や北京に旅行する時、普通話だけで会話可能でしょうか?
また、日本に滞在している中国人(旅行者、労働者、不法滞在者etc...)は普通話で通じるのでしょうか?

中国語に詳しい方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

概ね、日本の教材で習う普通話で問題なく通じます。観光地や都市部でしたら、なおさら問題ありません。

ただ地方の人でも、日本のように標準の(放送のような)普通話にぴったりと合わせようとか、くせ(なまり)がないようにしようという意識は低く、地方出身の人でも自分のしゃべっている普通話は普通話という意識があるようです。2人の地方出身者が普通話で、お互いに何度も聞き返しながら会話しているのをみると、おもしろいものがあります。

私もテレビ普及以前の日本という見方に賛成ですし、実際そうおもいます。あと、地方の人が地元人以外、例えば地方人と都市部の人が面と面で交わって実際に会話するようになったのは、最近のことなのだと思います。
私は沖縄に遠い親戚がいますが、親戚が子どもであった私に話しかけても(本人は標準語で話かけているつもり)日本に返還された後何年かたっていたのにもかかわらず、私は理解できず、でも東京の私が話しかけると相手は理解している、そんな時期がありました。
会話を成立させるために、実際に話しながら、お互いの発音や単語の違いをたしかめながら会話していましたが、今の中国は、そんな光景とそっくりです。

地方出身の工場ではたらく小姐(女の子)で田舎から出てきたばかりの人は、まったく言葉が通じない人もいました(教育も放送も届かなかったのでしょう)。でもコミュニケーションは紙に書くとわかるようで、さすが漢字文化と感心します。
実際、地方は、日本の田舎とは比べ物のにならないくらい貧しいです。シンセンや上海でも、いまだに乞食やはだかで道路に寝ている人、からだ中病気だらけの人を見かけるように、貧富の差は極端ですので、リテラシー(読み書き能力)にも極端に差があります。

ところで、私はシンセンと香港に長く滞在していましたが、シンセンは約20年数年前に小平の1声で、田んぼだったところに人工的に経済特区をつくり、中国中の選ばれた人を集めて街をつくっていったので、シンセンのゲートの中は広東語+繁体字ではなく 普通話および簡体字です。
シンセン郊外はもろに広東省のはずですが、そこでさえも繁体字が少なくなっていました。
香港では中国返還の数年前より、普通話の普及のため、放送で普通話が使われたり、授業に取り込まれるなど教育の体制がつくられていったため(香港人談)、現在は日常会話は香港でも通じます。ただ年配の人は普通話はダメだったり、漢字は繁体字でしか書けない人も多いですが。

概ね、日本の教材で習う普通話で問題なく通じます。観光地や都市部でしたら、なおさら問題ありません。

ただ地方の人でも、日本のように標準の(放送のような)普通話にぴったりと合わせようとか、くせ(なまり)がないようにしようという意識は低く、地方出身の人でも自分のしゃべっている普通話は普通話という意識があるようです。2人の地方出身者が普通話で、お互いに何度も聞き返しながら会話しているのをみると、おもしろいものがあります。

私もテレビ普及以前の日本という見方に賛成ですし、実際そ...続きを読む

Q台湾で使う中国語は、簡体?繁体?

台湾で使う中国語は翻訳サイトでいうと簡体と繁体どちらでしょうか?
今後、グーグル翻訳を通して交信しようと思ってます。

また、よく使う台湾の言葉を教えてください。
ゲーム内で使うので、できたら以下の文も教えてください。

1thanks!
2sorry!
3nice!


※以下の文は、台湾でもいいけど英語でもいいです。

大学の時、台湾留学生がいました。
彼女とデートして、レストランにいきました。
グラタンを食べようとしてテーブルの上に落としました。
その時の照れてる表情が可愛かったです。
その後、いい雰囲気だったんですが違う子と付き合ってしまいました。日本人の女性。

その日から、気まずかったです。後悔。
でも、いい思い出になりました。
台湾人と日本人の精神は似ていると感じました。



最後に、ただの疑問なんですが現地では仲良くなったらごめんとか気を使ったりしないんですか?
あと、他人でも何でも話しかけるって本当ですか?
もしおっさんが10代の少女に話しかけても問題ありませんか?

Aベストアンサー

本土=普通話(一般的) 簡体字

香港=広東話 簡体字

台湾=普通話 繁体字

です。ややこしいですね。


1,谢谢! 非常感谢
2,对不起, 不好意思
3, 好! 太棒! 酷!

コナンやゲーム好きの女の子なら日本人と話すの大好きですよ。オヤジであっても。
QQ (中国版フェイスブック)を初めましょう。これは必須です。
友達100人できます。
QQインターナショナルはチャットの入力画面で翻訳ができます。

Q1元は日本円でいくら?

中国のお金の単位は元ですよね。
1元は日本円に直すといくらになるのでしょうか?

Aベストアンサー

中国のお金は「元(ユァン)」です。
1元=約15円。
ついでにどのくらいの価値なのかというと、タクシーの初乗りが10元、市内のバス代が0.5元、
屋台のおかゆや肉まんが2元、500mlのペットボトルが4元、露店の桃が1元、スイカが
0.5元、小さめの日中辞典が17元...などなど。
基本的には安いのですが、外人が多い店では日本くらいの値段の所が多いです。
屋台を食べ歩いて夕食10元だった翌日、ホテルの朝食で100元取られます。
また元より小さい単位として、1元=10角=100分というのもあります。
「¥1.25」=1元2角5分といった具合です。
お店の値段表示では、日本円と同じ「¥」を使っちゃうみたいです。


人気Q&Aランキング