他県から東京に引っ越して来たら、プラスティック類も燃えないゴミとして出すことがわかりました。でもその量が一人で住んでいても 毎週結構あるので、これは全部埋め立てるのか、それとも特殊な施設で全部焼却してしまうのかが、気になって仕方がありません。また、燃えるゴミも燃やしたあとは灰になると思うのですが、それは埋め立てるのでしょうか?
誰か知っていたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>プラスティック類も燃えないゴミとして出すことがわかりました


容器包装リサイクル法が施行され、大部分のプラスチックは「燃えないゴミ」から「リサイクル」にまわるようになりました。(東京は違うのかな)
対象外のプラスチックは家庭内ではあまり見かけません。(調理用のラップぐらいでは)

>これは全部埋め立てるのか
リサイクル対象のプラスチックは、ほとんどが加工されて「燃料」や製鉄所で「コークス」のかわりに使われます。

>燃やしたあとは灰になると思うのですが
その通りです。燃やしても容積が減るだけで、消滅するわけではありません。
元の容積に対して、10%ぐらいが焼却灰として残ることもあります。
これは、現状ではほとんど埋め立てられています。
リサイクルは、研究の段階で、普及はしていません。

ダイオキシンの防止や最終処分場の有効容量を考えると、「溶融炉」ですべて燃やし尽くしてしまう手もありますが、コストの壁があります。
リサイクルと溶融炉の使い分けがこれからの課題となるのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

明快な回答ありがとうございます。ゴミ問題は個人的なレベルではあまり考えないですけど、将来の日本のためにも面倒くさがらずにきちんと分別し、ゴミはなるべく少なくしようと思います。溶融炉というのがあるのも初めて知りました。

お礼日時:2001/10/18 01:58

 燃えないゴミも焼却灰も最終処分場に運んで埋め立て処分することになります。


最近はわかりませんが、東京都の一部の区では、焼却場すら十分でなく「燃えるゴミ」として集めたものも一緒に埋め立てて問題になったことがあります。
 有明に夢の島がありますが、ここもゴミの埋め立て処分場でした。

 焼却灰をリサイクルする技術は、結構生み出されてきて、横浜市などは積極的に製品化に取り組んでいます。しかし、問題はコスト。煉瓦にしても通常の製品の方がやすく大量に出来るために、なかなか普及しないようです。
包装資材のリサイクルは法令で義務つけられるようになりましたが、再生製品化するのは、ペットボトルやトレー、牛乳パックなど一部でしかありませんが、これも供給に対して製品の需要が十分でなく、うまく回転していないのが実態です。
    • good
    • 1

各自治体によって呼び方は様々ですが、いわゆる「燃えないゴミ」というのは


「燃やさないゴミ」です。

昔は、プラスチック類でも、食材などで汚れていれば「燃えるゴミ」として処理
しているところが多かったのですが、最近は、食材などの汚れを落とした上で
「燃えないゴミ」として回収・処分するという自治体が増えています。

「燃えないゴミ」は、最終処分場(いわゆる「ゴミ埋め立て地」)に運ばれて、
埋め立て処理をされます。


燃えるゴミを焼却した後の灰の処理も自治体によって様々です。基本的には、
最終処分場に運んで埋め立て処理、というのが一番多いです。

ただ、処分場の用地確保問題などがあり、焼却灰の再利用もいろいろ考えられて
います。

例えば、焼却灰を高温で溶かしたもの(溶融スラグと言います)を、道路の埋め
立て材や煉瓦などのように建築材として使うようなことをやっている処分場もあります。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工場で働く者ですがゴミ分別で各工程に3連式で燃えるゴミ・燃えないゴミ・

工場で働く者ですがゴミ分別で各工程に3連式で燃えるゴミ・燃えないゴミ・その他のゴミで分けたゴミ箱を設置しました。分別が守れていないのが現状ですがどうすれば守ってくれるのでしょうか?200名の作業の意識を変えるには・・・

Aベストアンサー

燃えるごみ、燃えないごみ、その他のごみ。

きちんとした区分はわかりますか?

以下に各ゴミの種類を、貴方にお考えで分類してみてください。(答えを書き込む必要はありません。)

貝殻、弁当の容器、ペットボトル、ビニール

・貝殻なんて燃えませんが、自治体では、燃えるごみとして指定している所も有りますし、燃えないごみとして指定している地区もあります。
・弁当の容器は、燃えるごみとして指定しているところと、その他のごみ(資源ごみ)と指定しているところがあります。
・ペットボトルは最初は燃えるごみとして指定されていましたが、その他のごみ(資源)として多くの自治体で指定されています。
・ビニールは、燃えるごみとして指定しているところと、その他のごみ(資源ごみ)として指定しているところがあります。

ちょっと書いたこれだけでも、上の様に自治体によっても違う扱いをされていますので、単に燃えるごみ、燃えないごみ、その他のごみ。と書かれているだけでは判断の仕様がないと言う状態になってしまうんです。

ですので、そこ場所で出るごみの種類にあわせて、こういうごみは、ここの分類。と言う様に具体的な例を元に表示しないと、分別するほうは、分別しようがないんです。

上手く作れれば、簡単に分別されるようになったりします。

燃えるごみ、燃えないごみ、その他のごみ。

きちんとした区分はわかりますか?

以下に各ゴミの種類を、貴方にお考えで分類してみてください。(答えを書き込む必要はありません。)

貝殻、弁当の容器、ペットボトル、ビニール

・貝殻なんて燃えませんが、自治体では、燃えるごみとして指定している所も有りますし、燃えないごみとして指定している地区もあります。
・弁当の容器は、燃えるごみとして指定しているところと、その他のごみ(資源ごみ)と指定しているところがあります。
・ペットボトルは最初は燃え...続きを読む

Q廃棄物焼却灰と溶融固化物の成分について

一般可燃廃棄物(紙、木、各種ビニール等)を焼却処理した際に発生する焼却灰について質問です。

まず、焼却灰の中に塩素、炭素はどれぐらい含まれているのでしょうか。
もちろん、焼却する廃棄物によりますが、自分が文献を探した中では、
(1)塩素:HClのかたちで飛散する
(2)炭素:CO、CO2で飛散する
といった表現ばかりで、定量的な数値は見当たりません。
論文、書籍等を問わず、記載されているもの、または経験的に(測定を行った等)ご存知でしたらお教え下さい。

次に、それら焼却灰を溶融し、スラグ化させた場合の塩素、炭素の残存率についても、上記同様、具体的な数値を探しています。

以上、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ある地方公共団体ののゴミの焼却場で働いています。
焼却灰の分析結果等は、誰にでも公表していますのでゴミの焼却場に行けば教えてくれます。
私の工場では、建って十数年ですが聞きに来た人は、廃バス分析、焼却灰等でもほとんどいないようです。(笑)
私は、事務系ですのでお尋ねの項目を全部分析しているかどうかは、わかりませんが。
一見は百聞にしかず。一度聞いて見てください。

Qがれきを焼却や埋め立てしたら有害物質は出ますか?

東日本大震災で出た大量のがれき。。。。。

がれきには放射性物質が付着していますよね?
放射性物質以外にも、がれきの種類によってはその他の有害物質もありますよね?

なのに、がれきを焼却や埋め立てをして大丈夫なのですか?

Aベストアンサー

高温焼却しないとダイオキシンが出ます。

埋め立てた場合、有害物質が染み出せば土壌が汚染されますし、埋めるとメタンガス等が出てきます。

有害物質は

・PCB
古いトランスやコンデンサー、蛍光灯安定器など

・カドミウム
顔料、電池(ニッカド電池)など

・シアン化合物・有機リン化合物
農薬など

・鉛
バッテリーなど

・六価クロム
顔料など

・水銀
街路灯の水銀灯、温度計、圧力計、蛍光灯など

・その他

など。

色々な法律で40種類以上の物質が「有害物質」に指定されています。

量、濃度を考えると、放射性物質など気にしてられないような莫大な影響があると思われます。

Q焼却灰について

 埋め立て予定の焼却灰がもし埋め立てられない場合はどうするのでしょうか?
また、焼却灰を自治体外(県外など)に持っていくことは可能なのでしょうか?
もしよろしければこれらの関係法令などもあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは
事業活動によって生じた焼却灰は産業廃棄物に該当します。
従って、たとえ自分の土地であっても許可無く埋め立てることは法律で認められていません。
有害な廃棄物でなければ(溶出試験で有害物質の濃度が規制値を下回った場合)通常は管理型(水処理施設が付帯している設備)で埋め立て処分が出来ます。
処分はマニフェスト制度があるので、収集運搬、(中間処理)最終処分のそれぞれの許可業者でなければなりません。許可業者である限り県外であっても問題はないと思います。
有害物質が含まれている場合は遮断型処分地でなければ処分が出来ません。

Q木屑の焼却後の灰の処理

銭湯などで出た灰はどういうふに処理されていますか。

あと、先日偽銭湯を作って木屑を燃やしていたという
事をラジオで聞いたのですが、その後どうなったんでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

回答になるかどうか分りませんが、木屑などを燃やした後の焼却灰は、No.1さんが言われるとおり、処分する場合は廃棄物処理法に従って適正処理される必要があります。その場合は、普通処分場などに埋め立て処理されます。

リサイクルされる場合は、色々なケースがあると思いますが、焼却灰は普通、肥料の原料や土木工事用資材(人工骨材など)に再生利用されます。また、うろ覚えですがレンガなどにも再生利用されていたと思います。

以上です。参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報