電子書籍の厳選無料作品が豊富!

突然の質問ですが失礼します。たとえば大気圏への突入時などはかなりの高熱になると思うのですが、スペースシャトルの外板や、できれば各部に使われている金属(合金?)について、名称や特徴などを教えていただきたいです。

A 回答 (4件)

NASAのセラミックスタイルの研究者(女性!)と数年前に話をしたことがあります。


シャトルの表は白く見えますが,この部分のタイルは,石英の繊維(シリカファイバー),酸化アルミニウム繊維(アルミナファイバー),酸化アルミニウムとホウ素と石英の化合物の繊維(アルミノボロシリケートファイバー)などのセラミックス繊維を板状に加工した複合材料が用いられています。色が白いのは,赤外線を反射するためです。耐熱温度は1600~2000℃程度のものです。
一方,シャトルの裏や,リーディングエッジ,先端のノーズコーンは黒いタイルが張られていますが,これは炭素繊維で強化した炭素材料が用いられています。この部分のタイルの色が黒いのはカーボン材質に由来するものですが,機体の高熱を放射したり,機体内側からの冷却を利用することにも役立っています。
この炭素材料は,空気が無ければ3000℃の温度まで持つのですが,高温の空気と反応して燃えてしまいます。したがって,シャトルは,機体の一部の場所を燃やしながら降りてくることになります。

機体の本体は,飛行機と同じように軽くするためのアルミ合金(ジュラルミン)や,チタンなどが用いられているようです。

参考URL:http://www.iae.kyoto-u.ac.jp/molecule/suzuki/106 …
    • good
    • 1

スペースシャトルに使用されている耐熱材です。


http://iss.sfo.jaxa.jp/iss_faq/faq_sts_26.html

場所により使用している耐熱材が違うようです。

参考URL:http://iss.sfo.jaxa.jp/iss_faq/faq_sts_26.html
    • good
    • 0

熱にさらされるところは内部をスポンジ状にして軽量化したセラミックスの耐熱タイルです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。セラミックスということは合金とかじゃなかったんですね…。
もしよければそのセラミックスの名前とかも分かれば教えていただけませんでしょうか

お礼日時:2005/07/28 00:55

金属の話ではないのですが、質問の内容からは、関係が深いと思い回答いたします。



スペースシャトルでは、外部金属に塗られている塗料に特徴があり、これが高度の断熱効果を持っていると聞いた事があります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!