これからの季節に親子でハイキング! >>

現在執行猶予3年の最中(残り2年強)です。海外旅行を控えており、アメリカに行くわけではないから大丈夫だとは思うものの、ちょっと心配しています。
質問1:限定旅券等の申請は新たに必要なのでしょうか?
質問2:出国はそもそも可能なのでしょうか?
質問3:下記該当国への入国は可能でしょうか?

考慮していただくポイント
□現在執行猶予を言い渡される以前に取得した有効なパスポートを持っている
□旅行先はフランスとドイツ、スペイン
□旅行期間は合わせて1週間
□麻薬所持や性犯罪等ではない

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

質問から年数が経過しているようですが、回答が非常に微妙なものだったので回答します。



まず、逮捕されてもパスポートの没収はされません。執行猶予ですが、保護観察がついていない執行猶予であればパスポートはもちろんそのまま継続してこれまでに所持していたものを使用できます。出国も問題なく出来ます。パスポートを持っていない場合は執行猶予期間中であれば判決謄本などを用意したうえでのパスポート申請になります。申請の結果、行き先や期間限定のパスポートになり、他の方と色が異なって見た目でわかってしまう場合もあります。また、保護観察が付いている方の場合は保護司さんへ相談の上での申請になります。出国は日本国のパスポートを持っていれば問題なく出来ます。(不安でしたら、パスポートセンターへ匿名で電話してみてください。同じ回答がきます。) 

重要なのはパスポートや出国ではなく、入国です。旅券を持っていれば出国は問題なく出来ますが、入国に関してはその行き先の国の入国管理官の判断となります。

この場合、フランスからとのことですが、フランスはVISA不要で書類も不要で入国が出来ますし、犯歴を問うような質問はありません。また、現在のパスポートにはICチップが埋め込まれていますが、憲法の人権保護上の理由から犯歴情報はICチップには入っていません。

フランスからの移動ですが、ヨーロッパにはシェルゲン協定というものがあり、加盟国の出入国は同一国内移動と同じで出入国審査、税関審査を行うことなく移動が出来ます。
その加盟国は以下の通りです。

イタリア/フランス/ノルウェー/ギリシャ/ルクセンブルク/スウェーデン/ドイツ/オランダ/フィンランド/オーストリア/ポルトガル/スロバキア/ベルギー/チェコ/マルタ/ポーランド/スロベニア/リストニア/ハンガリー/ラトビア/スイス/エストニア/デンマーク/スペイン/アイスランド

※パスポート携行は必要です。

こう考えたら、執行猶予中でもパスポートを持っていたら行ける国が沢山ありますね。

犯歴を入国カードで聞く国は少ないです。ドバイなんかはものすごく軽く入国出来ます。パスポートさえあれば執行猶予を気にせずに旅行出来る国が結構あります。また、執行猶予満了後は犯罪者名簿から名前が削除され、刑の言い渡しがなかったことになって事実上の名誉回復が出来ますので、実刑を重視するニュージーランドにはいけるようになります。また、パスポート申請も一般の方と同じように出来るようになります。
    • good
    • 16

執行猶予中の海外旅行は可能です。



旅券事務所で執行猶予中である申し出をすると、個別に対応してくれます。

渡航事情説明書というファーマットを貰えますので正直に記入して
外務省の許可がおりれば1年未満の渡航先指定の限定旅券が発行してもらえます。

ビザはパスポートの残存期間が影響しますので3ヶ月ですら取るのは
難しいと思います。

ノービザで2週間程度の滞在であれば海外に行くことはできると思います。
    • good
    • 4

 ちょっと聞きかじった情報ですが、、


質問1
 執行猶予などの判決にかかわらず、刑事告訴された時点でパスポートは没収されるのではなかったでしたっけ?執行猶予中はおそらく今もたれているパスポートは無効でしょうから、限定旅券の発行が必要だと思います。発行せず今の旅券を利用すれば出国できないどころか逮捕されるかもしれません。パスポートをなぜもたれているのかかが不思議です。

質問2
 限定旅券を取得できた場合は、もちろん出国は可能です。

質問3
 EU圏では各国によって入国の管理が少し違いますが、どこかに入国すればEU内の移動は自由です。現在イギリスのテロの影響で厳しくなっているようです。犯罪の種類や程度によって拒否される場合があるそうですから、最初に入国する国の大使館へ質問されるのがよいと思います。そして出来ればビザをとられたほうがよいと思います。

 ヨーロッパの何処に行くにしろ、出入国でいろいろ聞かれることは確実だと思います。アジアでさえ執行猶予期間なので入国を断られたかたがいましたので、期間中の旅行はあまりおすすめしません。
    • good
    • 6

パスポートを既に持ってても、起訴された時点で持ってるパスポートは無効になります。



ではどうしたらよいか。
渡航事情説明書と裁判の判決謄本を裁判所に提出し、
裁判所の許可をもらって、はじめてパスポートが申請できます。
有効期間は半年で有効なのは渡航事情許可書に書かれた国、1カ国だけです。
たとえば、フランスに行きたかったら、
半年有効の、フランスのみ行けるパスポート
が発行されるわけです。
    • good
    • 10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q執行猶予中の海外旅行について

執行猶予中の制限で、たとえば海外旅行などはやはり犯罪者中なので、国外に行くのは無理なのでしょうか?出国や入国の時に呼び止められたり、パスポートに犯罪暦が載ってしまったり。執行猶予中は反省の期間でもあり、海外へは行くのは。どなたかお知らせ願えればと思っています。

Aベストアンサー

 執行猶予とは刑の言い渡しはするが、その執行を一定期間猶予し、猶予期間を経過したときは刑罰を受けることがなくなる制度で、期間内に再犯をすれば刑を執行するという威嚇のもとに再犯を防止し、前科に伴なう不利益をなくし、更生に役立てる制度です。その間の生活は一般人と法律は差を設けてはいません。このため、海外旅行も自由ですし、パスポートに記載はありません。ただ、外国当局が麻薬事犯や一部の犯罪で、情報を仕入れ、外国地で入国を阻止することがあるかわかりませんが、ごくごく例外です。なお、執行猶予と同時に保護観察が付された場合には、1ヶ月以上の旅行には保護観察所所長に届け出ることが必要です(保護観察法5条)。

Q何かの犯罪で執行猶予中、交通違反だけでも執行されるのですか?

何かの犯罪で執行猶予中、交通違反だけでも執行されるのですか?
もし犯罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた場合、執行猶予期間中に交通違反でも起こしたら刑が執行されるのですか?

Aベストアンサー

こんにちは!
執行猶予期間中は,罰金以上の刑に処せられると猶予刑が執行になります。
交通違反の交通反則金は行政罰なので大丈夫ですが,交通違反で,例えば30km/以上の速度超過をしていまい,交通反則金で済まなくなり,罰金刑になると大変です。

Q懲役2年6月、執行猶予5年ってどうゆうこと?

懲役2年6月、執行猶予5年って判決の意味がわかりません。
これって、実際に2年6ケ月牢屋にはいらなければいけないのですか?
執行猶予5年の意味もわかりません。

Aベストアンサー

懲役(2年6月)=(最長で2年6ヶ月の間)刑務所に入って所定の労働をしろ、ということ。
執行猶予(5年)=刑罰を直ちには執行しないで、執行猶予期間中(の5年の間に)罪を犯さなければ執行猶予期間が満了(となる5年が経過)した時点から刑そのものを帳消しにして無かったことにする、ということ。

執行猶予期間中に新たに罪を犯したりすると執行猶予が取消になることがあります。執行猶予が取消になると刑罰を執行することになるので刑務所行きになります。しかし、執行猶予期間中に新たに罪を犯したとしても、条件は厳しいですが執行猶予が取消にならないこともあります。

Qアメリカへの入国について(犯罪歴があり)

6年ほど前に海外から違法な薬物を持ち帰ってしまい成田空港で逮捕された前科者です。
持ち帰ったものはマリファナやコカイン、覚せい剤のような有名なものではなくタイで買った
精力増強サプリメントが日本の麻薬取締法違法に該当する成分を含んでいるというもので、
麻薬成分が含まれているとはしりませんでした。
その後執行猶予3年の判決を受け現在は執行猶予期間も終わっております。

この度、転職活動を行っていてある会社から内定を頂きました。ただ、頻繁に海外
(特にアメリカ)に行くことが多いお仕事で、入社できてもアメリカに入国できなかったら
迷惑をかけてしまうので辞退するか否か悩んでおります。
そこでお聞きしたいのですが、私のような薬物犯罪の履歴があるとESTAでは当然
弾かれると思いますが、領事館でビザを申請すれば入国できる可能性はあるのでしょうか?
そもそもビザの発給を受けることもできるかどうか疑わしいですし、入国時に
指紋による照会を行うのでこれで引っかかったらアウトになってしまうと思います。

同じような経験のある方、お詳しい方から入国の可否について教えて頂ければと思います。
やはり内定を辞退して違うお仕事を探すほうが無難なのでしょうか?

6年ほど前に海外から違法な薬物を持ち帰ってしまい成田空港で逮捕された前科者です。
持ち帰ったものはマリファナやコカイン、覚せい剤のような有名なものではなくタイで買った
精力増強サプリメントが日本の麻薬取締法違法に該当する成分を含んでいるというもので、
麻薬成分が含まれているとはしりませんでした。
その後執行猶予3年の判決を受け現在は執行猶予期間も終わっております。

この度、転職活動を行っていてある会社から内定を頂きました。ただ、頻繁に海外
(特にアメリカ)に行くことが多...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。お礼ありがとうございます。一応法学部卒です(笑)

執行猶予、というのは「犯罪は行なって刑法上罰する必要はあるが(つまり有罪だが)、今まで善良な市民だったし、今後も善良な市民でいられるなら、罰するのをやめよう、だから○○年猶予して様子を見ます」ということです。執行猶予期間中に新しい犯罪を犯さなければ「罰することを辞める(罪に問われない)」ということです。ようするに、その時点で前科が消える、ということです。
執行猶予中も「前科がある」ということではなく「猶予されている状態」ということになります。

参考:http://www.courts.go.jp/saiban/qa_keizi/qa_keizi_28/(裁判所のホームページ)

この中
「執行猶予に付された人が再び罪を犯したりすることなく,その猶予の期間を無事に過ごしたときは,刑の言渡しそのものが効力を失い,将来まったくその刑の執行を受けることがなくなります。」
と書いてあります。つまり、猶予期間中になにもなければ「罪に問われない」ということで「無罪判決」と同じことになる、ということです。無罪ですから、犯罪記録にもなにも残りません。

これが日本政府の判断です。

しかし、具体的に言うとアメリカ政府の判断は別です。アメリカ(以下USgov)のビザ要件を見ると「逮捕歴のある場合は、有罪無罪に関わらずビザ免除はできず、必ずビザ申請をしなければならない、とかかれています。
参考:http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-visawaiverinfo.asp
下のほうの「ビザ免除プログラムを利用できない場合」にあります。

質問者様の逮捕歴は、日本の犯罪記録には一切残りませんが、USgovはそれを含めて申告することを求めています。
ですので、日本政府の法律運用とUSgovの法律運用は違うといえます。

お金をかけてもいいなら、こういうところもあります。
http://www.usavisa.jp/
私はここの回し者ではありませんが「アメリカビザ・永住権取得支援」などで検索してもココ以外出て来ないので、後はさがしてください。

現実問題としては、アメリカ政府がいくら情報にアクセスしても、日本政府は情報を抹消しているので、検索できるとは思えません。したがって、日本政府の判断に従えば「犯罪そのものが無かった」ことになっているので、無犯罪証明も出ますし、犯罪歴「無し」で堂々と申請ができるはずです。

#3です。お礼ありがとうございます。一応法学部卒です(笑)

執行猶予、というのは「犯罪は行なって刑法上罰する必要はあるが(つまり有罪だが)、今まで善良な市民だったし、今後も善良な市民でいられるなら、罰するのをやめよう、だから○○年猶予して様子を見ます」ということです。執行猶予期間中に新しい犯罪を犯さなければ「罰することを辞める(罪に問われない)」ということです。ようするに、その時点で前科が消える、ということです。
執行猶予中も「前科がある」ということではなく「猶予されている状...続きを読む

Q執行猶予中のパスポートの申請について

色々と似た内容を確認しましたが、いまいち理解できないので似た質問をする事をお許しください。

3年前に交通事故を起こし2年前に3年間の執行猶予月の判決を下されました。今年の10月頃に挙式と新婚旅行を兼ねてハワイへ行きたいと考えていますが、いけるのでしょうか?教えてください。わがままなお願いですが、わかる事はどんな事でも教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

保護観察期間中であれば、居住地を離れるときには届出をしておかなければなりません。
担当保護司さんに申し出てください、新婚旅行ですと100%許可がもらえます。

Q執行猶予中は、海外いけないのって本当ですか? ちなみにパスポートだけはつくれるのですか? 質問お願い

執行猶予中は、海外いけないのって本当ですか?
ちなみにパスポートだけはつくれるのですか?
質問お願いします

Aベストアンサー

執行猶予には2種類あります。保護観察のある場合とない場合。どちらも海外旅行にはいけます。
2つの違いは以下になります。
1.保護観察のある場合は、身元引受人や裁判所に申請して許可を貰う必要があります。
2.保護観察のない執行猶予の場合、原則的には普通の一般市民と同じ扱いです。したがってパスポートの申請も普通に出来るし、期限の残っている査証であれば、原則的にはどこの国にも行けます。

パスポートの作成については外務省のHPに下記のような記述があります。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_4.html#q23
Q23 申請書の刑罰等関係欄に該当(「はい」)がある場合、どのような書類を用意すればいいですか?
※執行猶予中の方は申請書類の【刑罰等関係】欄の3.現在日本国法令により、仮釈放、刑の執行停止又は執行猶予の処分を受けていますか。のところにチェックを入れて「はい」にしなければなりません。
A23.通常の一般旅券発給申請に必要な書類の他に、「渡航事情説明書」等をご用意願います。
通常の一般旅券発給申請に必要な書類の他に、各都道府県の申請窓口に備え付けの「渡航事情説明書」に所定事項をご記入の上、提出いただくとともに、刑罰等関係欄の該当項目に応じた書類(たとえば、執行猶予中の方は判決謄本1通)をあらかじめご用意ください

Q24. 刑罰等関係欄に該当(「はい」)がある場合、審査に時間がかかるのはなぜですか?
A24.慎重な審査を行う必要があるため、時間がかかります。
刑罰等関係欄の各事項のいずれかに該当する方については、ご本人より提出していただいた関係書類に基づき、パスポートの発給可否などにつき慎重に審査を行うため時間がかかります。

つまりパスポートの申請自体はできますが、審査の結果により渡航先や有効期限が制限された特別な旅券が発給される場合や、また、パスポートの発給を受けることができないこともあるといいます。特に保護観察のある執行猶予期間はハードルがかなり高くなるそうです。
刑法に触れているので、一般の人が申請するよりもハードルが高くなるのは致し方ないと理解するしかないのでは思います。


また、日本のパスポートが取得できたとして次は旅行する国に入国できるかどうかが問題になります。
ビザ免除でいける国でもアメリカやカナダのように入国前のビザ免除の為の申請を必要とする国では刑事罰を受けたことがあると申告した時点でまず申請が不許可になります。
観光にビザが必要な国、またイギリスなど入国審査がシビアな国に入国するのはまず不可能です。
ですから一番安心なのは、東南アジアへの旅行でしょう。

執行猶予には2種類あります。保護観察のある場合とない場合。どちらも海外旅行にはいけます。
2つの違いは以下になります。
1.保護観察のある場合は、身元引受人や裁判所に申請して許可を貰う必要があります。
2.保護観察のない執行猶予の場合、原則的には普通の一般市民と同じ扱いです。したがってパスポートの申請も普通に出来るし、期限の残っている査証であれば、原則的にはどこの国にも行けます。

パスポートの作成については外務省のHPに下記のような記述があります。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/...続きを読む

Q前科ありビザなしで行ける国は?

前科ありの友人と米国旅行を検討していますが、
ビザ取得が困難とのことで困っています。

ほかに、ビザ無しで行ける国、犯歴問われずに入国できる国は
どのような国がありますでしょうか?

普通の旅行で行くアジア・ヨーロッパあたりで
可能な国があれば是非おしえて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカ、オーストラリア等は犯罪歴について厳しそうですが
それ以外のアジア、ヨーロッパはそうでもなさそうです。

以下は、前科をお持ちの方の海外旅行に関するスレッドです。
ボリュームがありますが、ご友人にとって有益な情報が一杯あります。
前回の質問(ETAS)についても結構話題がでていますのでご参照下さい。

http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=00906151418
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=40702113419
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=70129235110
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=70906162805

査証の要否はここで確認できます。
http://www.jalpak.co.jp/visa/index.html

入国審査カードに犯罪歴を記入するような国は厳しいですね。
入国書類はここで確認できます
http://www.jalpak.co.jp/ed/index.html
フランス等は入国カードは不要になって上記のページでは出てきません。

アメリカ、オーストラリア等は犯罪歴について厳しそうですが
それ以外のアジア、ヨーロッパはそうでもなさそうです。

以下は、前科をお持ちの方の海外旅行に関するスレッドです。
ボリュームがありますが、ご友人にとって有益な情報が一杯あります。
前回の質問(ETAS)についても結構話題がでていますのでご参照下さい。

http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=00906151418
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/float.cgi?bbs=forum&thread=40702113419
http://www.ryokojin.co.jp/mfb/f...続きを読む

Q現在大麻で執行猶予中ですがアメリカに3週間ほど旅行に

現在大麻で執行猶予中ですがアメリカに3週間ほど旅行に
行きたいのですが、入国できるのでしょうか??
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

執行猶予は犯罪歴があるということになりますが、基本的にきちんと手順を踏めば海外旅行にはいけます。ただアメリカということになるとかなりハードルが高いのは事実です。以前は執行猶予の場合ビザ免除でハワイなどに行けたということもありましたが、現在はそれは無理です。なぜならESTAの申請をあらかじめしなければならないからです。もしESTAで「犯罪歴がありますか?」に「NO」と答えればそれは虚偽申告になりますし、「YES」の場合ほぼ100%「渡航拒否」となります。

なので、質問者様の場合は
1.パスポートを取る(これは誰でも必要です)
弁護士などに相談して必要書類など用意してください。判決謄本が必要になるかと思います。発行されても期間や渡航先が限定される場合があります。「3週間、アメリカ」というのが限定先に含まれていればOKです。もしパスポートが発行されなければその時点でアウトです。

パスポートが取れたら
2.アメリカ入国の為の観光ビザを取る(これが絶対必要)
これもたくさんの必要書類を用意しなければならないので、大使館もしくは領事館にきちんと確認しながら用意してください。ビザもパスポート同様、滞在期間を限定されたものが発行されるかもしれません。もし3週間より短ければその間だけしか滞在できません。もしビザが発行されなければ、アメリカへの旅行はアウトということになり、アメリカ以外で旅行できる場所を探すことになります。ビザが発行されれば晴れて航空券やホテルなど旅行の準備が出来ます。

最大の問題はアメリカ入国です。ビザを取っているから100%アメリカに入国できるという訳ではありません。入国を許可するかどうかは空港の入国審査官の判断によります。通常の旅行者と違い、質問者様は間違いなく別室につれていかれ、そこでかなり厳しい質問を受けます。その結果OKとなれば晴れて入国が出来、旅行を楽しむことが出来ます。ですがNOとなればそのまま日本へUターンとなります。

このように質問者様には3つの大きな山がありますがダメもとでひとつひとつ丁寧にクリアしていくしかないと考えます。

執行猶予は犯罪歴があるということになりますが、基本的にきちんと手順を踏めば海外旅行にはいけます。ただアメリカということになるとかなりハードルが高いのは事実です。以前は執行猶予の場合ビザ免除でハワイなどに行けたということもありましたが、現在はそれは無理です。なぜならESTAの申請をあらかじめしなければならないからです。もしESTAで「犯罪歴がありますか?」に「NO」と答えればそれは虚偽申告になりますし、「YES」の場合ほぼ100%「渡航拒否」となります。

なので、質問者様の場合は
1.パ...続きを読む

Q執行猶予中の制限について

特に保護観察などはない場合、一般的に執行猶予の
間の制限とはどんなものなんでしょうか。

例えば、一定の資格が取れないとか、信用情報などに
記録されてしまうとか・・・。

ある人は海外旅行に行けないのでは?と。
みなさんのお知りになっている事を教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

#1のririco77です。
補足させて下さい。

前科については、裁判所と市町村役場の犯罪人名簿に記載されており、資格制限に結びつくことがあります(例えば国家公務員になれないとか)。
無事に執行猶予期間が満了してしまえば、判決の言渡の効力は失われますから、判決がだされたという事実自体がないものとされます。
しかし、執行猶予付きの判決であっても有罪判決として出されたことには間違い有りませんね。
なので、現実の裁判では執行猶予期間を無事に満了している場合であっても、ほぼ「前科」と同様に裁判官は判断します。そのため「今度は実刑」という判断につながる材料となってしまうことがあるのです。
再犯として重い刑罰を科せられるなどの扱いもされます。

そのため、裁判において提出される前科照会においては、執行猶予付きの判決も当然記載されます。
そういった意味では、執行猶予が付いた場合であっても「前科」には変わりないのです。

Q保釈されたのに、実刑(執行猶予無し)の確率や判例は?

よく、保釈されれば、執行猶予が付くと聞きますし、
ネットや本で調べても
「保釈が通れば、執行猶予が付く確率が極めて高くなる」
といった事が書いてあるのが多いのですが、実際の判例では、どうなんでしょうか?

個人的には、刑法第25条(執行猶予)にあるように、
今まで禁固以上の罪に処されたことがない者が、
保釈中に社会復帰をしようと努力をし、
やっと職場などに復帰できたのに、裁判→判決→実刑○年
(執行猶予無し)になったら、保釈中に社会復帰できた職場に迷惑を
掛けると思いますし、保釈中の社会復帰の努力が全て無駄になって
しまいますよね。

だとしたら、執行猶予なしの実刑だったら、
始めから保釈を許可しないと思うのですが、
実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。何度も登場はちょと恥ずかしいですが、かなり深刻におなやみのようなので。
求刑が2年であれば執行猶予は確実とおもいます。
「裁判所」でウェブ検索すれば1番目にででくるところから最近の判例がみれます。もしかするとそっちをみたほうが安心できるかも。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング