あるテキストで「学校臨床心理学は、……学校教育のテーマとしてまなざしていこうとする実践的学問領域である」という表現がありました。この場合の「まなざす」という動詞は「見つめる」とか「注目する」などの意味で用いられているようですが、広辞苑などの国語辞典には掲載されていないようです。おそらく「まなざし」という名詞からの転用だと思われるのですが、このような使い方をする人は多いのでしょうか。これからも広まる言葉なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まなざしていこう、という言い方はどう見ても変です。


めざす、の誤変換ないし脳内誤変換じゃないかと思います。めざすは、変換すると目指す、目差すあたりが出ますが、眼差(まなざし)とよくにていますので。
ちなみにうちのPCでまなざす、を変換すると真名座主(笑
もちろん辞書にもありません。
まあ言葉というものはよく使われれば一般化するものですから、言葉自身が正しい、正しくないというのは相対的かつ歴史的なものでしかないでしょう。
しかし、伝統的でしかも一般的に使われているとはまだ言い難い言葉なので、「教養の無い人だなあ」と思われるのは覚悟すべきでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:08

『差し』は、「まなざし」に使われる場合、表情とか様子とかいった意味になります。



・ま‐な‐ざし【▽眼差(し)・▽目指(し)】
 目つき。目の表情。視線。「熱い―を向ける」「疑わしい―」
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1739880 …
だそうです。
同じような言葉として、古語も含めて

・おも‐ざし【面差(し)】
 顔つき。顔だち。面だち。「母親に似た―」
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0258530 …

・いき‐ざし【息差(し)】
 1 息づかい。
 「奥二階の方に当たって、どうやら人の―が聞える」〈木下尚江・良人の自白〉
 2 ようす。気配。
 「さまざまに嘆く人々の―をきくも、あはれにもあり」〈かげろふ・下〉
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0077200 …

・いろ‐ざし【色差(し)】
《「いろさし」とも》
 1 色をつけること。彩色。着色。
 2 顔などの色つや。色のぐあい。
「御―まことにめでたく御心地よげに見えさせ給ひけるが」〈沙石集・一〉
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0124870 …

で、あるなら「学校教育のテーマとしてまなざしていこうとする実践的学問領域」は、
「学校教育のテーマとして目の表情を作っていこうとする実践的学問領域」という意味ですか?
意味がさっぱりわかりませ~ん。

だいたいどうやって活用するのでしょう?サ行五段活用でいいんですかね?
眼差さ/眼差そ・眼差し・眼差す、眼差す、眼差せ、眼差せ ?
教養が疑われますね。

いくら言葉は変わっていくとは言え、私はマッピラゴメンです。


あ、書いていて気がつきました。
これって、ほんとうは「学校教育のテーマとして目指していこうとする実践的学問領域」と書こうとして「学校教育のテーマとして眼差していこうとする実践的学問領域」
と変換に失敗しただけなんじゃないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ていねいなご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:07

直接的な回答ではないのですが、



「まなざし」は、「目の指し(差し)」ということですよね。(ま⇒目、な⇒の)

であれば、「まなざす」⇒「目の指す」

他に似たような構成の言葉・・・。

「私の走り」「猫の動き」「花の香り」
⇒「私の走る」「猫の動く」「花の香る」


こういうふうに見ていくと、
「まなざし」⇒「まなざす」という動詞化は妙なのですが

意味がなんとなくわかるので、いいのかな^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よい勉強になりました。

お礼日時:2005/08/07 23:06

初耳でした。

そうなるのかもしれませんね。
最近出現した「視野にする」という言葉も
ちょうど似たような意味の言葉だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:05

「gooウェブ検索」では、134件のヒットがありますね。



「予想以上に使われているんだなぁ」というのが実感です。
辞書を引いてもでてきませんしねぇ。

#1さんのおっしゃるとおり、
言語学で言う、「類推」「アナロジー」によって派生した言葉なのではないでしょうか。

私個人としては、「見つめる」「こころざす」をつかえばすむと思っているので、当分の間、「まなざす」を使うことはないと思いますが、
吉見俊哉さんの著書『博覧会の政治学 まなざしの近代』(中公新書)などにも、多く用いられているようで、
今後広まっていく可能性はかなり高いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今後広がる可能性は高いのですね。

お礼日時:2005/08/07 23:04

文書に使われているとは初めて目にしました。


というか、「まなざす」という字を目にして、「まなざし」から派生させた言葉だろうな、と推測しただけですが。
今のところ、その言葉の価値はわかりませんね。
自然に広まるとは思いませんが、「目力」などのように、日常、目にする言葉になるかもしれません。
太陽が日差す、とか言っちゃうのかなぁ。^^;)

個人的には「まなざす」という表現を優しくまなざす気にはなれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も良い言葉づかいだと思えません。

お礼日時:2005/08/07 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QEncyclopedia Brown

現在高校生の者です。
学校の宿題で洋書「Encyclopedia Brown」を訳す宿題がでました。
学校からだされた2つのお話(The Case of Natty NatとThe Case of the Mysterious Tramp)を訳して、
犯人が誰か、どうして犯人といえるのか・・・など
書かなくてはなりません。

一応訳はなんとか完成させたのですが、
どうにも謎解きができません;
仕方ないので、本を買おうかどうか悩んでいます・・・。

色々検索すると、「Encyclopedia Brown Boy Detective」には
解説書がついているようなのですが、解説書を読めば
謎解きはできるのでしょうか?

また、同じシリーズの「Encyclopedia Brown Finds the Clues」にも
解説書はついていますか?

もしよければ回答お願い致します。

Aベストアンサー

せっかく訳までできたのですから、解説書などは買わず、謎解きに挑戦しましょう。誰が犯人かを考える楽しみが増えます。解説書など買うなら、実力向上のために、ちょっとイカした英英辞典でも買ってください。

Q足音を盗むの意味は

足音を盗むの意味を教えてください。

Aベストアンサー

 この言葉は私は知りませんでした。そこで「国語大辞典」(小学館)に当たってみました。
==========quote
足音[跫=あしおと]を窃(ぬす)む[=殺す] 足音をたてないようにする。そっと忍び寄るさまにいう。
==========unquote

 「跫」はキョウまたはコウという音から、人のあるく音であり、更には人の気配のするさまであり、一方「窃(ぬす)む」の方も「窃視」(密かに盗み見る)というように、そっと人知れず忍ぶという意味があるようです。

 ちなみに漢和辞典では、「盗」は人の物を取る、「窃」は人の見ぬ間にこっそりとぬすむ、「偸」は人の目をはずすこととあります。

 どうやら抜き足、差し足、忍び足といいますか「うかがいあし/窺足・伺足」(辺りの様子を窺いながら歩く)そんな怪しげな足取りなのでしょうね。

QIt is because~.という英文

お世話になります。becauseの使い方について質問させていただきます。

英語で、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」のように、最初に結論を述べ、次にその理由を述べる文をつくりたい場合、“I think~. It is because~.”とするのは、正しい英文法でしょうか?

英語圏在住経験の長い友人に聞くと、It is because~.のような文も違和感はないとのことでしたが、手元のどの辞書をみても、becauseをこのように、名詞節を導く接続詞として解説したものはありません。
(もちろん、It is because~that~.のような強調構文の場合は、このような使い方も許されると思いますが、私がお聞きしたいのは、単純にIt is because~.という形です。)

私は学校英語だけで英語を勉強してきた人間ですが、私なら、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」といいたい場合、“I think~. The reason is that~.”と書きますが、こちらの方が不自然でしょうか?

英語圏の在住経験が長い方、英文法を研究してらっしゃる方のご意見をうかがえれば幸いです。

お世話になります。becauseの使い方について質問させていただきます。

英語で、「~だと思う。なぜなら、~だからである。」のように、最初に結論を述べ、次にその理由を述べる文をつくりたい場合、“I think~. It is because~.”とするのは、正しい英文法でしょうか?

英語圏在住経験の長い友人に聞くと、It is because~.のような文も違和感はないとのことでしたが、手元のどの辞書をみても、becauseをこのように、名詞節を導く接続詞として解説したものはありません。
(もちろん、It is because~that~.の...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと前にも質問があったと記憶していますが,
This/That/It is の後だからといって,
because ~ が名詞節と考えなくてもいいと思います。

be 動詞は究極の copula であり,形容詞・名詞に限らず,
さまざまな表現を続けることができます。

ジーニアスには
前に文があって,
I think that is because ~.
研究社の英和大辞典には
That's because ~. がいくつも出てきます。

コウビルド英英辞典でも
This is principally because ~.
が出ています。

#1 で申し上げたように,this/that/it はすべて,前に書かれている内容です。
This is why ~. That's why ~. という表現がありますが,
これと因果関係が逆になるだけ。
why ~は名詞節としてわかりやすいのはあります。

副島氏も言ってましたが前の内容を表す this = that = it

でも it はちょっと弱いかな。


人気Q&Aランキング