あるテキストで「学校臨床心理学は、……学校教育のテーマとしてまなざしていこうとする実践的学問領域である」という表現がありました。この場合の「まなざす」という動詞は「見つめる」とか「注目する」などの意味で用いられているようですが、広辞苑などの国語辞典には掲載されていないようです。おそらく「まなざし」という名詞からの転用だと思われるのですが、このような使い方をする人は多いのでしょうか。これからも広まる言葉なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まなざしていこう、という言い方はどう見ても変です。


めざす、の誤変換ないし脳内誤変換じゃないかと思います。めざすは、変換すると目指す、目差すあたりが出ますが、眼差(まなざし)とよくにていますので。
ちなみにうちのPCでまなざす、を変換すると真名座主(笑
もちろん辞書にもありません。
まあ言葉というものはよく使われれば一般化するものですから、言葉自身が正しい、正しくないというのは相対的かつ歴史的なものでしかないでしょう。
しかし、伝統的でしかも一般的に使われているとはまだ言い難い言葉なので、「教養の無い人だなあ」と思われるのは覚悟すべきでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:08

『差し』は、「まなざし」に使われる場合、表情とか様子とかいった意味になります。



・ま‐な‐ざし【▽眼差(し)・▽目指(し)】
 目つき。目の表情。視線。「熱い―を向ける」「疑わしい―」
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=1739880 …
だそうです。
同じような言葉として、古語も含めて

・おも‐ざし【面差(し)】
 顔つき。顔だち。面だち。「母親に似た―」
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0258530 …

・いき‐ざし【息差(し)】
 1 息づかい。
 「奥二階の方に当たって、どうやら人の―が聞える」〈木下尚江・良人の自白〉
 2 ようす。気配。
 「さまざまに嘆く人々の―をきくも、あはれにもあり」〈かげろふ・下〉
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0077200 …

・いろ‐ざし【色差(し)】
《「いろさし」とも》
 1 色をつけること。彩色。着色。
 2 顔などの色つや。色のぐあい。
「御―まことにめでたく御心地よげに見えさせ給ひけるが」〈沙石集・一〉
 http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0124870 …

で、あるなら「学校教育のテーマとしてまなざしていこうとする実践的学問領域」は、
「学校教育のテーマとして目の表情を作っていこうとする実践的学問領域」という意味ですか?
意味がさっぱりわかりませ~ん。

だいたいどうやって活用するのでしょう?サ行五段活用でいいんですかね?
眼差さ/眼差そ・眼差し・眼差す、眼差す、眼差せ、眼差せ ?
教養が疑われますね。

いくら言葉は変わっていくとは言え、私はマッピラゴメンです。


あ、書いていて気がつきました。
これって、ほんとうは「学校教育のテーマとして目指していこうとする実践的学問領域」と書こうとして「学校教育のテーマとして眼差していこうとする実践的学問領域」
と変換に失敗しただけなんじゃないですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ていねいなご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:07

直接的な回答ではないのですが、



「まなざし」は、「目の指し(差し)」ということですよね。(ま⇒目、な⇒の)

であれば、「まなざす」⇒「目の指す」

他に似たような構成の言葉・・・。

「私の走り」「猫の動き」「花の香り」
⇒「私の走る」「猫の動く」「花の香る」


こういうふうに見ていくと、
「まなざし」⇒「まなざす」という動詞化は妙なのですが

意味がなんとなくわかるので、いいのかな^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よい勉強になりました。

お礼日時:2005/08/07 23:06

初耳でした。

そうなるのかもしれませんね。
最近出現した「視野にする」という言葉も
ちょうど似たような意味の言葉だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2005/08/07 23:05

「gooウェブ検索」では、134件のヒットがありますね。



「予想以上に使われているんだなぁ」というのが実感です。
辞書を引いてもでてきませんしねぇ。

#1さんのおっしゃるとおり、
言語学で言う、「類推」「アナロジー」によって派生した言葉なのではないでしょうか。

私個人としては、「見つめる」「こころざす」をつかえばすむと思っているので、当分の間、「まなざす」を使うことはないと思いますが、
吉見俊哉さんの著書『博覧会の政治学 まなざしの近代』(中公新書)などにも、多く用いられているようで、
今後広まっていく可能性はかなり高いように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。今後広がる可能性は高いのですね。

お礼日時:2005/08/07 23:04

文書に使われているとは初めて目にしました。


というか、「まなざす」という字を目にして、「まなざし」から派生させた言葉だろうな、と推測しただけですが。
今のところ、その言葉の価値はわかりませんね。
自然に広まるとは思いませんが、「目力」などのように、日常、目にする言葉になるかもしれません。
太陽が日差す、とか言っちゃうのかなぁ。^^;)

個人的には「まなざす」という表現を優しくまなざす気にはなれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も良い言葉づかいだと思えません。

お礼日時:2005/08/07 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「見つめ合う、見つめる」のは何か違いますか?

「見つめ合う、見つめる」のは何か違いますか?

Aベストアンサー

もっと正確に言うと

見つめ合う
→お互いに見つめる
見つめる
→ある対象に視点を定めてじっと見ている。お互いとか誰がといったことには言及していない

見つめあっていても、その片方だけに注目すれば「見つめる」と言えます。「あそこに見つめ合っている男女がいますが、彼が彼女を見つめるのは好きだからで、彼女が彼を見つめるのは軽蔑しているからです」など。


これに限らず、「~しあう」は、「複数がお互いに対し、同じ何かをする」という意味でよく使われる言い方です。励ましあう、言いあう、殺しあう・・・等。

Qなぜ漢和辞典・国語辞典というのか?

バカな質問ですみません。
読めない漢字を調べる辞典が、何で漢と和という字が当てはまった漢和辞典というのか、
書けない漢字を調べる辞典が、何で国語辞典というのか、
子どもに説明したいので、分かるように教えてください。

Aベストアンサー

「漢和辞典」=「漢字」や「漢語」の意味を、「日本語」で解説したもの。
「漢」=中国から入ってきた「漢字」という文字や、漢字で構成された熟語(漢語)のこと。
「和」=日本語の言葉。特に漢語に対して、古くからある日本本来の言葉。

「国語辞典」=和語や漢語、外来語を含む「日本語」を、「日本語」で説明したもの。
「国語」=日本語の別称。

先の回答にもありますが、

漢字があって、読み方が分からないときには漢和辞典を使いましょう。
=「漢和辞典」は漢字の成り立ちや画数から漢字を導き出せる辞典。

読み方は分かるがを漢字が分からないときは国語辞典を使いましょう。
=「国語辞典」は読み方から漢字や意味を導き出せる辞典。

と説明することも可能ではありますが、それはそういう場面にのみ当てはまるのであって、国語辞典や漢和辞典の使い方として、正確ではないと思います。

読めない漢字でも当たりをつけて調べれば「国語辞典」でも調べることができる場合もありますし、「漢和辞典」で読める漢字を調べることも、ごく普通のことです。

Q英英辞典を翻訳して英和辞典にした辞書

英英辞典の見出し語以外を日本語に翻訳して、英和辞典にした辞書、なんてものは世間にありませんでしょうか。もしあったら教えて戴きたいのです。

Aベストアンサー

ワードパワー英英和辞典という辞書は英英辞典の英語による語の解釈とその和訳もついるユニークな辞書です。

Q広辞苑のようなしっかりした国語辞典をPCからソフトとして使いたいのです

広辞苑のようなしっかりした国語辞典をPCからソフトとして使いたいのですが、例えば↓のようなものを買ったらPCのHDにうつすことは可能なのでしょうか?それとも、DVDからしか動かせないのでしょうか?

http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/1301610/

Aベストアンサー

私は使用者ではありませんが、お示しのページを見たところ、「Windows 環境での『広辞苑 第六版 DVD-ROM版』インストールエラーに関するご案内」というのがあって、その中に「『広辞苑 第六版 DVD-ROM版』の内容をハードディスクにインストールしてお使いになる場合は・・・」という記述がありました。
ということは、当然「ハードディスクにインストールしてお使いになる場合」も想定されているということでしょう。

Q広辞苑 第5版の「俺」

興味本位な質問です。

一人称、私・僕・拙者・吾輩・朕・・・これらは広辞苑に出ます。

なぜか「俺」がでて来ない。結構使われている、差別用語とか
放送禁止用語でもない(と思う)のに。
(六版からとある放送禁止用語が出たけど・・・それよりははるかに「俺」にインパクトない
 とは思うのですけど。)

確認したのは有名なC社100辞書入った電子辞書。
広辞苑からの転用ミスでもないとは思いますけど、なぜなのですかね?

Aベストアンサー

書籍の方の第5版を引いてみました。
「俺」の項はありませんが、「己(おれ)」の項に

『(2)(一人称)男女ともに、また目上にも目下にも用いたが、
 現代では主として男が同輩以下の者に対して用いる、
 荒っぽい言い方。「俺」「乃公」とも書く』

とあります。
この項に含まれていると見なされているので「俺」の項はないのでは。
よろしければ「己」を引いてみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報