平成9年式のボンゴディーゼルに乗っています。
最近、クーラーをかけて少し山道を走ると水温計の針が赤線近くまで上がる(以前はこんなことはなかったのですが最近は頻繁にあります)ので8月1日にサーモスタットを交換しました。

今日も少し遠乗りをしたところ同じ症状が出たので、ラジエターの目詰まりを疑っています。

(1)冷却水が茶色に変色をしているのでラジエターの洗浄を考えているのですが、この場合、水だけではなく洗浄液も使ったほうがいいのでしょうか?

(2)洗浄液を使った後に穴を埋めるような補修剤も入れておいたほうがいいのでしょうか?

(3)穴を埋めるような補修剤って効果もあるものなのでしょうか?

他に原因は考えられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#2です。



>洗浄液でウォーターポンプもきれいにはならいのでしょうか?

冷却系統内部にあるものは、完全にとは言えませんが綺麗になります。もちろんウォーターポンプのインペラ(羽)も、冷却系統内部にありますので綺麗にはなります。

>ラジエターの取り外しの自信はないので外部からブラシと水道での洗浄ではだめでしょうか?

それでも構いませんが、1BOXタイプの車ならば、外部からはアクセスし難いハズでは?

この際ですので、フロントのシートを外してエンジンカバーを外して見る事をお勧めしますが・・。そうする事によって作業し易くなりますよ。(ムリにとは言いませんが・・・。)

>水温計が異常に上がる原因は考えられませんか?

私の仕事柄の経験上から言いますと、水温計が上がる原因は、冷却水の劣化によるサビの発生で回路閉塞やウォーターポンプのインペラー部が腐食によって無くなる、冷却水の泡立ち、ラジエターの外部フィンの虫や埃の詰まり、サーモスタットの作動不良、ヘッドガスケット抜け、ラジエターキャップの劣化が上げられますね。
ただあなたの場合、クーラーを掛けると水温が上がると言う事ですので、前回の返答に書き込みしたように、ラジエターのフィン詰まりと冷却水の劣化が主な原因と思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切な回答をありがとうございます。

洗浄液でウオーターポンプも綺麗になるのなら洗浄液での洗浄もしようと思います。

ラジエターの取り外しも挑戦してみることにします。

これで水温上昇のストレスから開放されればありがたいです。

お礼日時:2005/08/04 16:41

>冷却水が茶色に変色をしているのでラジエターの洗浄を考えているのですが、この場合、水だけではなく洗浄液も使ったほうがいいのでしょうか?


水だけでOK。 本当は、サーモスタットを外して元に戻します。ラジエターの上から水道の蛇口からホースを引いてきて突っ込みます。水があふれる様にしながらアイドリングさせると、エンジン内部も綺麗になります。(ホースが外れない様に注意)綺麗になったらサーモスタットを付けて、LLCを注入する。

>洗浄液を使った後に穴を埋めるような補修剤も入れておいたほうがいいのでしょうか?
補修剤は一時的と考えて下さい。

>他に原因は考えられますか?
ウォーターポンプが駄目になっているとか、ヘッドガスケットが抜けかかっているとかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

今、サーモスタットを外して水のみで洗浄をしました。
見た目はすごくきれいになりました。

他の方の回答にある洗浄液も使ってみたいと思います。

お礼日時:2005/08/04 16:35

ラジエータの洗浄については過去ログ及び検索でやり方は出ているので参考にしてください。



補修剤については、信用していません。
必要な水路も塞いでしまう可能性があるからです。

トラクタ(農耕用の)のラジエータを洗浄したら、引導を渡してしまいました。(^o^)
穴が開きそうなところがあったのを洗浄したらホントに穴が開いて・・・
農機具屋に連絡して修理(コアの交換)をして貰いました。2万円ほどです。

そのた、ポンプであったり、ファンであったりと関係している部位があるので、腰を据えて点検修理が必要だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

補修剤の使用はどなたも止めた方がいいというご意見なので、使用は控えたいと思います。

ラジエターも外見からでは錆等も見られないので思い切って洗浄液を使用することにします。

洗浄後、漏れが出たときには最悪、コアの交換も考えたいと思います。(車の買い替えは当分出来そうにないので・・)

お礼日時:2005/08/04 15:25

1)そうですね、冷却水が相当劣化していますので、洗浄液を使用して冷却系統内部清掃した方が良いですね。


また、年数も相当経過していますので、おそらく外部のフィンも虫や埃が溜まって冷却効率を下げている可能性(クーラー使用していると水温計が上がるのは詰まりの原因)が高いので、可能であればラジエターを外して清掃(内外とも)した方が宜しいですね。

2)補修剤を入れる事は余り好ましい物ではありませんね。この補修剤は隙間を塞ぐ作用があるので、ラジエターの内部やヒーターコア内部通路を詰まらせ悪さをする可能性がありますのでお勧めはしません。(使用するのは、応急処置程度に留めて置くべきです)

3)小さな穴程度ならば一時的には効果はありますが、通常「穴が開く」と言うのは、腐食によって穴が開きますのでそのまま使用していると腐食が進みます。なのではっきり言って効果は無いと言った方が良いでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事をありがとうございます。

NO.1の方も言われるように洗浄液を使用したほうがいいのですね。
ラジエターの取り外しの自信はないので外部からブラシと水道での洗浄ではだめでしょうか?

補修剤の使用は少し見送ることにします。
今のところ漏れている様子はないので漏れを確認できた時に使用することにします。

その他、水温計が異常に上がる原因は考えられませんか?

お礼日時:2005/08/04 15:18

水だけでなく洗浄液も使った方がいいと思います。

クーラント液が減っていて漏れているか確認してから補修剤は入れた方がいいです。小さい穴なら補修剤が利くと思います。大きい穴なら補修剤は利きません。サブタンクも確認した方がいいですよ。ラジエーターじゃなければウォーターポンプが詰まっているかもしれません。10万から15万はかかると思います。早めにディーラーに行ったほうがいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の返事をありがとうございます。

洗浄液は使用したほうがいいのですね。
余分な錆まで取り除くのではないかと心配だったので躊躇していました。
洗浄液でウォーターポンプもきれいにはならいのでしょうか?

お礼日時:2005/08/04 15:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラジエーターが詰まっているかを判断したいのですが・・

ラジエーターのドレンとアッパーを塞ぎ、
クーラント入口からホースを差し込み、水道水を仮に10の水量で入れ続けたとします。
(蛇口を半分より少し多くひねったくらいの水圧です)
ロアから出てくる水量は6くらいなのですが、正常ですか?
残りの4は、クーラント入口から吹き返してきます。
(クーラント入口の差し込んだホースの隙間はタオルで巻いて手で抑え込んでいても吹き返してきます。)

10入れたら10出ていくものとばかり思っていたのですが、
水路が狭いため、出る量は、入る量より少ないのが普通ですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
自動車の冷却ラインは基本的にウオーターポンプによる循環系となります。
*ラジエーターはロアーホース側から吸引と同時にアッパーホース側から注入。(サーモスタットが閉じているときはエンジン側だけで循環)

ご質問者さんの方法ですと、ラジエーターキャップ部分からの圧送注入だけで、ロアーホース取り付け口側からは自然流失ということになりますよね。
実際にエンジンを掛けた状態ではロアーホース側はウオーターポンプにより吸引される形となりますので、それが無いご質問者さんの方法では、水圧にもよるでしょうが、基本的にはそういうことになるものだ(上から吹き返す)と考えます。

ロアーホースを外してクーラントを抜いたときの色(錆の発生状況)などは、どうたったのでしょうか?
それともなにかクーラントに混ぜ物をしたのでしょうか?
もしラジエーターの詰まり状況をご自分で確認したいのであれば、完全暖機後(サーモが全開後)にラジエーター表面全面の温度分布を点検し(手でさわっていくか、デジタルの温度計などを使用するか)、温度が低いスポットを探す。(そこが詰まっている可能性が高い)・・・現役時代の点検方法でした。
もし、そういうところがあるようならラジエーター屋さんに頼んでラジエーターのオーバーホールを依頼するしかないと思います。

こんにちは。
自動車の冷却ラインは基本的にウオーターポンプによる循環系となります。
*ラジエーターはロアーホース側から吸引と同時にアッパーホース側から注入。(サーモスタットが閉じているときはエンジン側だけで循環)

ご質問者さんの方法ですと、ラジエーターキャップ部分からの圧送注入だけで、ロアーホース取り付け口側からは自然流失ということになりますよね。
実際にエンジンを掛けた状態ではロアーホース側はウオーターポンプにより吸引される形となりますので、それが無いご質問者さんの方法では...続きを読む

Qラジエター洗浄剤

先日ラジエター洗浄剤を使いました。
数回ラジエターの水を入れ替えて洗浄剤を抜いたのですがこれでいいのか不安です。

Yahooの知恵袋の投稿の回答には、サーモスタットを壊す、腐食する、高温用には出来ていないので泡が出来て目詰まりをするなどがあったのですが、僕が入れた洗浄剤の説明には20分以上のアイドリングか、100~200キロ(最高4日間)の走行後(この場合、かなりの高温になると思うのですが)にきれいに抜き取ってくださいとありました。

ラジエターに洗浄剤が残っていたらどのような障害が起きるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

洗浄剤は汚れを溶かして浮かす作用があるので
残っていたら金属部分への腐食や
ホースなどのゴム部分の劣化が早まります
特にラジエーターのアッパータンクと本体
更にロアタンクと本体の溶接部分が弱いので
その辺に不具合が出る可能性はあります

サーモスタットを壊すというのは
汚れが詰まるからです

余程ちゃんんと抜き取り作業をしないと
洗浄剤の成分が残ります
特にヒーターを開けたままにしておけば
室内配管にまで洗浄剤が廻るので
2~3回の清水でのフラッシングは必要でしょう

基本的にラジエーターのケミカル品で
洗浄剤や漏れ止め(緊急時は仕方ないけど)や
さび止めなどは使わない方が得策です

Qラジエーターの洗浄

ラジエーターの液が錆びた色になっていて、内部を洗浄液などで、洗浄したいと考えています。修理屋に頼むとどれくらいかかりますか?自分でやるとするとエアー抜きなどが大変と聞きますが、実際にのところどうですか?

Aベストアンサー

今までラジエーター液交換時に、ラジエーター本体に入っている水を交換しただけで、エンジン本体に残っている汚れた液を放置していたのが原因です。ラジエーター本体に入っている液と、エンジン本体に入っている液は同量だと思います。それを知らずにLLC交換をしていると、徐々にLLC濃度が高くなり、汚れはそのままです。自分でするのは簡単ですが、少し時間がかかります。用意する物は、原液LLC、厚手のゴム手、ウエス、水道水。
ラジエーターの下に有るドレンプラグを外して水を出してから、ドレンプラグを締めて水道水を満たします。それからエンジンをかけて、水温計を見て十分温度が上がるまで走り回ります。ラジエーターの水と、エンジンに入っている水を混ぜ合わせるのです。再びドレンプラグを外して水を出して水道水を満たします。再び走行。それを何度も繰り返して、ドレンプラグから綺麗な水が出てくるまで繰り返すのです。出てくる水が綺麗なになったら、原液LLCを買ってきて、車の説明書に書いてあるラジエーターの容量に合わせたLLCを注入し、あとは水道水で満たして完了です。予備タンクも外して綺麗にしておきましょう。エンジン本体横に有る、冷却水を出すドレンプラグからも水を抜けば作業が早くなりますが、見つけるのは困難かもしれません。ドレンプラグから出てくる水は熱いので、厚手のゴム手を付けて行って下さい。ドレンプラグから水を抜けば、ラジエーターキャップは安全に外せます。完了後は、走行してみてラジエーター水が減っていたら水を足して、エアー抜きも完了です。

今までラジエーター液交換時に、ラジエーター本体に入っている水を交換しただけで、エンジン本体に残っている汚れた液を放置していたのが原因です。ラジエーター本体に入っている液と、エンジン本体に入っている液は同量だと思います。それを知らずにLLC交換をしていると、徐々にLLC濃度が高くなり、汚れはそのままです。自分でするのは簡単ですが、少し時間がかかります。用意する物は、原液LLC、厚手のゴム手、ウエス、水道水。
ラジエーターの下に有るドレンプラグを外して水を出してから、ドレンプラグを締め...続きを読む

Qラジエターの泥を落とす簡単な方法は?

ジムニー(JA11)で、泥水の溜まっているところを走ったところ、ラジエターに泥が付いてしまいました。
それ以降、オーバーヒート気味です。ラジエターを綺麗にしたいのですが、ラジエターとエアコンのコンデンサ(?)の間の隙間がせまく、手が入りません。
ラジエターを外したりしないで掃除したいのですが、簡単な方法があったら教えてください。

Aベストアンサー

前二人に補足

斜めに当てないでね。前から真っ直ぐに当てましょう。
コンデンサのフィンをへし曲げて使用不能にしてしまいます。

Qリザーブタンクから冷却水が戻らない

ラジエター、リザーブタンクとも規定量の冷却水を入れて、10分ほど走ってから、しばらく停車をしていたらリザーブタンクから道路に溜まるほどあふれていました。

その後、そのままの状態で5分くらい走ったところで水温計の針がレッドゾーンまで上がったので車を止めてしばらくしてからラジエターキャップをはずしたところラジエター内の水が減っていて、リザーブタンクは一杯でした。

どんな原因が考えられますか?

Aベストアンサー

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、ターボでインテークマニホールドが1気圧以上にならないように運転してやれば冷却水を温存させながら修理工場までたどり着ける可能性があります。)。


とりあえず、原理だけ。

エンジン内部は、燃焼室やエンジンオイルが入っている空間があります。その外側の空間には、冷却水が満たされる空間が作られております(実際は入り組んだ構造ですが。)。

エンジンは、もともとバラバラの本体を組み立てて1つのエンジンになっているのですが、そのつなぎ目部分はガスケット(パッキンの役目と同じ)というのもで密閉させます。ガスケットの形状は、薄い金属板をやわらかい石に包んだもの、耐熱高圧水道ガスのパッキンと同じ材質のものや、接着剤状のものなどあり、使う部位によって使い分けられているのですが、それらパッキンが劣化や、膨張熱によるエンジン本体の変形が原因で、漏れ始めてしまうのです。

上記、燃焼室から、その外側の空間 冷却水が満たされる空間に、ターボで高気圧になった吸気や、排気ガスが入り込んできてしまっている現象です。


これが原因ですと、エンジンが完全に冷めても、冷却水はいっこうにラジエーター本体には戻って行きません。


Holtsワンダーウェルド(http://www.holts.co.jp/b1/MH311.html)をはじめ、
(http://www.holts.co.jp/b1/MH303.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH315.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH301.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH314.html)
(http://www.holts.co.jp/b1/MH309.html)

などで試してみても直らない場合は、

見積もり後に修理となります。


もし、Holtsワンダーウェルドなどで修理した場合は、LLCを水で薄めたものを常に車に積んでおきたいですね。
.

どこかのガスケットが漏れているのだと思います。

しかし、この状況(症状)は、実際にお車を専門家が見てみませんと、電話やこのサイトのようなお話だけの段階ですと、たとえメカニックであっても原因場所の特定は難しい、ということになります。

まず、運転方法ですが、当然、普通の運転方法で起きるということですね?(激しくオーバーヒートするような運転ではない。ということ。)

お車はターボ車でしょうか?  ターボ車ですとNA車より起きやすいのですが、NAでも起きます(ターボ車の場合、...続きを読む

QDIYでできるラジエーター修理・交換

ご覧になっていただきましてありがとうございます。

平成12年式ホンダS-MXノーマル走行14万キロに乗っています。

先日ガソリンスタンドでラジエーターのヘッドから冷却水が漏れてると言われました。
リザーブタンクは空になっており、とりあえず水を入れてもらいました。

そこで今後の事ですが、自分でラジエーターの修理もしくは交換を試みたいと思います。

質問1
同僚の元整備士に聞くと冷却水に混ぜる添加剤がカー用品店に売ってあり、それを使うと漏れてる隙間を埋めてくれるとの事でした。
聞いていてなんだか応急的なものに感じました。あと5万キロ(2~3年)は乗り続けたいと思っていますのですが大丈夫なんでしょうか?

質問2
いっそ、ラジエーターを交換してみようかとも思っています。
ヤフオクで純正互換タイプが送料込み約2万円で売っていますので自分で容易に可能であれば交換してみたいと思っています。
どなたか、経験談や参考になりますご意見がございましたら教えていただきたく思います。
いろいろとググってみましたがいまいち良く分かりませんでした。

過去に経験のある整備作業は
マフラー交換・サス交換・シート交換・オーディオ交換などの内外装ばかりで、エンジンルームはオイル交換・エアクリーナー交換くらいしかしたことがありません。

どなたかご教授宜しくお願い致します。

ご覧になっていただきましてありがとうございます。

平成12年式ホンダS-MXノーマル走行14万キロに乗っています。

先日ガソリンスタンドでラジエーターのヘッドから冷却水が漏れてると言われました。
リザーブタンクは空になっており、とりあえず水を入れてもらいました。

そこで今後の事ですが、自分でラジエーターの修理もしくは交換を試みたいと思います。

質問1
同僚の元整備士に聞くと冷却水に混ぜる添加剤がカー用品店に売ってあり、それを使うと漏れてる隙間を埋めてくれるとの事でした...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんはm(__)m

まずラジエーターの修理は素人では絶対に出来ません
それだけは御理解下さい

補修剤は余計な所を詰まらせます
応急処置で使う分には良いですが
修理という事では絶対に使うべきではありません

さて交換は順序さえ守れば簡単です
水温は下がっている時に作業をして下さいね
ラジエーターを覆っているカバーがあれば外します
電動ファンを外します
LLCを抜いて各ホースを外します
ラジエーターを固定しているネジを外し
ぶつけないように抜き取ります
(車種によってエンジン下部のカバーを外した方が作業性が言い場合があります)

後は取り外しと逆に取り付けていきます
出来る事ならサーモスタットとラジエーターキャップも交換した方が良いですね
サーモスタットはアッパーホースかロアーホースのエンジン側に取り付けてあります
パッキンが必要なので純正が良いですね
それとドレンボルトも新品が良いです

ラジエーターを外したらサーモスタットなどの
交換も楽になります
リザーブタンクも洗いましょう

さて全てを元通りに取り付けた後は
LLCの注入です
混入量はディーラーに聞けば教えてくれます
(7リッターとか8リッターとか指定されています)
今は既に70&とか割ってある商品があるので
必要な数量をラジエーターに注いでいきますが
サーモスタットや室内のヒーターなどの部分に
LLCが廻らないので最初はラジエーターの口までで良いです

エンジンを回して水温を上げます
アクセルを吹かすと水圧が上がりますので
それだけは止めて下さい

サーモスタットが解放されますと
ぼこぼこぼこって言ってLLCが減りますから
減った分追加して下さい
決して真上まら覗かないようにして下さい
熱いクーラントが噴き出す可能性がありますから
室内のヒーターは温度を最高にしておいて下さい

1時間もあれば大体エアは抜けますので
最後はリザーバータンクに適量のLLCを入れて
キャップを閉めて終了です

ただ完全にエアが抜けていない場合はあるので
1週間程度はペットボトルに水を入れて持ち歩いて下さい
運転前の水量の確認は怠らないで下さいね
エンジンにもエア抜きのドレンがあるのですが
現物を見ないと判らないので
一応間違い無い方法を書きました

こんばんはm(__)m

まずラジエーターの修理は素人では絶対に出来ません
それだけは御理解下さい

補修剤は余計な所を詰まらせます
応急処置で使う分には良いですが
修理という事では絶対に使うべきではありません

さて交換は順序さえ守れば簡単です
水温は下がっている時に作業をして下さいね
ラジエーターを覆っているカバーがあれば外します
電動ファンを外します
LLCを抜いて各ホースを外します
ラジエーターを固定しているネジを外し
ぶつけないように抜き取ります
(車種によってエンジン下...続きを読む

Qラジエーターキャップの交換

カーショップであれこれ見ているとラジエーターキャップが売られているのを見ました。「何でこんなこのが売っているのやら」と思い見てみると、「1年に1回の交換が理想的」だと書いてありました。

ただ注意書きに「交換したことでホースが損傷しても一切責任は負いません」とも書いてありました。

購入して1・2年なら迷わず交換していたことでしょうが、なにせ購入して7・8年経つ自動車ですので気になるものです。

質問なのですが、7・8年経つ自動車のラジエーターキャップのみ交換しても問題ないのでしょうか?それとも7・8も経つ自動車のラジエーターキャップだけの交換は危険でしょうか?

そもそもキャップの交換は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また、「ホース損傷・・」ですが、これはホースもゴムで出来ている為、同じように経年変化で劣化しますが(よってキャップと共に全体的なラジエターライン内の圧力が少し低下している)、ここでキャップだけ交換して新品と同じような圧力がかかると、劣化で弱っていたホース部分に負担が生じ、損傷が起こり得るという事です。

 結論から言いますと、エンジンが冷えている時に、キャップを外してゴムが劣化しているようであれば交換した方が良いでしょう。オーバーヒートの原因がラジエターキャップという事も少なからずありますので。ちなみに私は2~3年で交換しています。

 7、8年経過している車との事なので、社外品の圧力の高いキャップ(純正より沸点を上げる作用がある)を取りつける事はお勧めできませんが、純正と同様(圧0.9)の物であれば社外品でも問題ないと思います。

 また、万が一、純正圧キャップを交換しただけでホースが損傷するようであれば、それは元々危険な状態であったと認識した方が良いでしょう。

 以上参考まで。

 以前自動車の販売等に関わっていた者です。

 ラジエターキャップの役割は「蓋」としての役割と「圧力をかける」役割があります。通常水の沸点は100℃弱ですが、圧力をかけることによって沸点を上げる事ができます。(例えば110℃まで沸騰しないようにする)
これは冷却効果を上げる為の作用です。

 キャップに使われているゴムの部分は経年変化で劣化しますので、上の2点、特に後者の役割が低下します。
ですので、交換を推奨しています。(個人的には1年に1度までは必要ないと思いますが)

 また...続きを読む

Qオーバーヒート 40km程度走行時には水温計がH上限

平成9年デミオ1300ccで2年半乗っています。

オーバーヒートだと思います原因はわかりますでしようか
・サーモスタット、ウォータポンプ、あるいはそれ以外 
・おおよその修理費用はわかりますでしょうか


状況
・40km程度走行時走り始めて約5分から10分程度で水温計がH上限まであがります。 それ以上になりそうですが怖くて車を止めています。
・そのときに室内ヒータから温風はでます。
・室内ヒータから温風を最強で出すと水温計はHの上限から少し下がります。
・水温計が真ん中付近より上になるとラジエターの冷却ファンが回り始めます。
・水温計がH上限まであがってもラジエターキャップはあまり熱くなりません。
・水温計がH上限まであがったときにエンジンを止めラジエターキャップを緩めるとやや熱い風呂程度の湯があふれてきます。
・冷却水はリザーブタンクのLOW位置から2cm程度の位置までありました
 現在は追加してFULLになっています。
・2、3日前にエンジンルームからがりがりという音がしました。
 音は今はしていません

Aベストアンサー

>ウォーターポンプも怪しいように思うのですがウォーターポンプが壊れていてても暖房用のヒーターから温風はでるのでしょうか ?
ヒーターから温風の暖かさはいつもと変わりないようです。
確かにそうですね。ウォーターポンプの故障であれば、ヒーターコアまで熱は回らない可能性は高いです。サーモの可能性が高いのですが、エンジンのがりがり音の方は?なんだったんでしょう?

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む

Qカーエアコンのオイル補充は効果あるのでしょうか?

以前エアコン(冷房使用時)の効きが悪くなったため、ガソリンスタンドへ行ったところオイル補充で良くなると言われました。
言われるがままにオイルを補充したのですが、違いは分かりませんでした。
そもそもこのオイルはどのような効果をもたらすのでしょうか?ガスと一緒に回っているという話を聞いたこともありますが、本当にガスを補充することで冷えに貢献するのでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低下やコンプレッサーの破損にもつながります。ガソリンスタンドでそこまで区別して補充しているかどうか極めて疑問です。

ガスの補充については、サイトグラスのあるものではサイトグラスで確認し、泡が見えるようであれば補充の必要がある可能性が大きいです。サイトグラスのない物ではガス量の点検が少々厄介なので、専門家(スタンドには専門家はいないでしょう)に任せたほうが良いでしょう。ガスについても少なくても多すぎても場合冷えが悪くなる原因になります。特に多すぎる場合はごく短時間で破損にいたる場合もあるので要注意ですし、少ない場合でもほとんど冷えないほど、少ない場合はコンプレッサーの焼きつきにつながる場合があります。

エアコンの効きが悪きなる原因には、その他にも色々な要因が考えられますので、一度ディーラーや電装整備工場などへ持ち込み、点検を受けることをお勧めします。ガス漏れの点検や制御系統の点検を含めて、しっかりとした点検整備を行うのは、ガソリンスタンドでは無理です。また、ガスを補充する際に、代替フロン(フロン12の代替品)の使用はお勧めできません。

基本的に冷凍機油(オイル)の補充は必要ありません。エアコンではガスと一緒に、サイクル内をオイルが流れています(コンプレッサー内部の潤滑が主な目的)が、ガス漏れなどがない限りオイルが減ることは有りませんし、コンプレッサーに異常がないかかぎり、汚れることもめったに有りません。また、単にエアコンといっても使用するコンプレッサーのタイプ(レシプロ式・ベーンローターリー式・スクロール式など)や冷媒(ガス)の種類によってオイルの種類が異なりますので、適正なオイルを使用しないと圧縮の低...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング