抗体染色って何ですか?詳しく教えて下さい!また螢光染色法についても教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

抗体染色は、免疫染色(組織標本や染色体標本の染色、ウェスタンブロッティングでのバンドの染色も含め)のことです。



詳しいことをお知りになりたければ、組織染色法について書かれた本を参考にされるといいでしょう。

簡単に言えば、検出したい抗原に対する抗体を用いてその抗原の局在を検出する方法なのですが、その方法にも、原理的に「直接法」と「間接法」があります。

直接法は、抗原に対する抗体(一次抗体)に直接標識物質をくっつけたものをターゲットと反応させ、その標識物質を検出する方法。
間接法は、未標識の一次抗体をまずターゲットに反応させ、さらにその一次抗体に対する抗体(二次抗体)に標識物質をくっつけたものを一次抗体と反応させ、二次抗体にくっついている標識物質を検出する方法です。

標識物質にはいろいろあり、これに蛍光標識物質を用いれば、蛍光免疫染色と呼ぶわけです。他には、放射性標識物質を用いた方法やペルオキシダーゼ等の酵素とその基質を用いた酵素標識もあり、特に酵素を用いた方法は非常に容易で、保存性も良いために好んで用いられています。

また直接法よりは間接法が一般的に用いられています。
直接法では一次抗体に直接標識したものを使用するために、手技的には手間が省略されるものの、非特異的反応のリスクがあること、また検出方法が一種類に限られてしまうため、他の免疫染色との重染色において検出方法が選べない点が短所として挙げられます。
間接法では、一次抗体は非標識であるので、その検出方法は標識二次抗体により決定されます。従って、同じ一次抗体を用いても直接法に比べ、様々な検出方法が選べるので、応用が非常に利きます。しかし手技はより煩雑になることは否めません。

また、一次抗体を作製した動物と二次抗体を作製した動物は当然異なっていなければなりませんし、検出方法によっては、組織自体に存在する内因性の因子を除去するブロッキング処理も必要となってきます。
こうした諸々のことは、教科書等で図説を見ながらしっかり理解される方が良いかと思います。ですので教科書を図書館で一度探されて、改めてそれで不明な点等をこのサイトで質問される方が効率的だと思われます。
(結構過去の質問でこうした方面について触れられているものも多いので、一度検索してみてください)
    • good
    • 0

どのような意図からの質問でしょうか・・・?


具体的な記載があれば、回答し易いと思いますが・・・?

まず、ネットで検索されましたでしょうか・・・?

さらに以下の成書は参考になりますでしょうか(内容未確認!)?
======================================
新染色法のすべて/医歯薬出版/1999.4 
実践病理組織細胞診染色法カラー図鑑/三浦妙太[他]/近代出版/1999.3 
実践病理組織細胞染色法カラー図鑑/畠山重春∥責任編集/HBJ出版局/1993.6 
診断・研究のための病理技術詳解/2/藤田企画出版/1992.12 
染色法のすべて/医歯薬出版/1988.7 
======================================

ご参考まで。

専門家のフォローお願いします(^O^)!

補足お願いします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字検定 勉強法

漢字検定の勉強法についてですが・・・
おすすめの参考書って 
あるでしょうか?
それとも、
地道に、日本漢字能力検定の
”漢字学習ステップ”を
使うほうが良いでしょうか?
誰か教えてください!!!

Aベストアンサー

私は2級受験の際、日本漢字能力検定の黄色い本
「漢字学習ステップ」を使いました。
私は時間がなかったのでその本しか出来なかったのですが、
確か190点以上取れました。
点数を取ることを目標とするのなら、あの本だけでも充分だと思いますよ。
ちなみに「漢字学習ステップ」は頑張れば2日間で全て終わるくらいの量でしたので、
時間があれば他の本も試してみれば良いと思います。
きっとあなたの力になるはずです。

検定頑張ってくださいね。応援してます。

Q肝臓組織の染色法について(HE染色・AM染色)

肝臓組織の染色方法について。

肝臓組織を委託で染色していただいたのですが、その際にHE染色とAM(おそらくアザン・マロリー)染色という2種類の方法で染色していただきました。調べたところ、HE染色は一般的な染色方法のようですが、AM染色がよくわかりませんでした。

基本的なことをお聞きして申し訳ないのですが、
HE染色、AM染色の特徴、また2つの染色の相違点、これら2つの染色法で行った意義などがわかれば、教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.yodosha.co.jp/gastroent/pathology/vol4.html

http://jsp.umin.ac.jp/corepictures2007/10/c05/index.html

HE染色は、組織切片を見やすくするため組織細胞の核と細胞質を染め分ける。

アザン染色は線維組織を染める。線維化の具合によって肝硬変の進み具合が分かる。

Q漢字の勉強法 学習法

僕は高校一年生なのでですが、漢字が出来ません。
まぁ漢字の勉強というものをここ数年やってないので出来ないで当たり前なのですが・・・

で最近「漢字が出来ないとやっぱりかっこ悪いな」と思っって漢字勉強してみようと思ったのですが、何をやっていいのか解らないし、やるからには効率の良い勉強をしたいなと思い質問しました。

なので漢字の学習法や良い参考書などあれば教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

参考書は、漢検協会発行のものが最適だと思います。

まず、自分に合う級の参考書を購入しましょう。
その級の基準漢字が掲載されてますから、とにかくその漢字を何度も何度も繰り返し「書くこと」です。
「書くこと」以外に早く覚える方法はありません。

だれにでも、ふだん結構いい加減に不正確な漢字を使っていることがありますから、正確に書いて覚えることです。
「くっつける・はなす」、「はねる・はねない」、「点がある・ない」など注意しましょう。

そのとき並行して、その漢字の意味・音訓別の読み方・送りかななどを覚えるようにすれば、だんだん漢字への興味がわき、漢字の勉強が面白くなってくるはずですが~~

ともあれ、頑張ってください。

下記URLは漢検協会の公式サイトです。

参考URL:http://www.kanken.or.jp/

Q免疫染色時の1次抗体・2次抗体の濃度

免疫染色初心者です.よろしくお願いします.
血管内皮細胞,線維芽細胞,心筋細胞の特異的タンパクを染めるのに,Von Willbrand factor(rabbit),DDR2(rabbit),α-actinin,2次抗体としてgoat anti-rabbit IgG等の抗体を用います.こういう場合の1次・2次抗体の濃度はやはりある程度100倍,1000倍なり自分で希釈してみて決めるしかないのでしょうか?他の方の質問も拝見して,自分で調べるしかないのかなとは思いましたが,どの濃度で一番反応が出やすいというのはないのでしょうか.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

なにしろ製造ロットによっても力価がばらつくし、抗原の量や濃度
によっても見えやすかったり見え難かったりなので、ある程度は自
分で決めてくしかないと思います。まぁ、とりあえず100倍くらいで
染めてみて、不満がなければそのままGo!ってのもアリでしょうね。

それか、DAKOあたりの「順番にかけるだけで、医者でも染められ
る」と豪語しているヤツを使うんですね。あそこはカタログに、推
奨希釈率を載せています。第VIII因子なら、50倍くらいで使えって
親切に書いてありますよ。とりあえずそれに従ってれば、大コケは
しません。本当はもっと薄くても染まるんですが。

Q漢字検定のおすすめ勉強法

最近PCばかりで文章を書き、手書きするとき漢字を忘れてきていることを
感じるので常用漢字を中心に一通り復習しようと思っています。

どうせ勉強するなら、モチベーションにもなるのでついでに漢字検定2級の
勉強をしてとりたいと考えています。

お勧めの勉強法や、テキスト、問題集などがありましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

僕は漢検3級まで持っていますが、ひたすら過去問の問題集を買って、合格点に達するまで、何回も同じ問題を解くことです。それから四字熟語の意味を答える問題や、四字熟語の穴埋め問題もあるので、四字熟語をしっかり勉強すると良いと思います。

Q直接&関接蛍光抗体染色法について

タイトルの通りですが、二つの違いについて調べています。

そこで

問)抗体による蛍光染色の際に、抗体を二つ使うのが主流ですが、1つでもよい場合がある理由について
また、その二つのそれぞれの特徴や利点について
教えていただけたらうれしいです。
できればそれについて書かれているサイトなどもあれば・・・・

Aベストアンサー

>抗体を二つ使う

は,標的抗原に対する1次抗体+1次抗体に対する2次抗体(蛍光標識)を使う方式ということでしょうか?また,

>1つでもよい場合

は,蛍光標識した1次抗体を使う,という理解でよいでしょうか?

もしも,標的抗原に対する高い特異性とアフィニティを有する蛍光標識1次抗体をお持ちであれば,その1次抗体で直接蛍光染色するに越したことはありません.時間も手順も短くなりますし,おそらく感度もより高くなるでしょう.

ただし,一般的に,任意の標的抗原に対する蛍光標識1次抗体が市販されているとも限りません.そのような蛍光標識1次抗体が手元にない場合,(1次抗体に特異的に結合する)市販の蛍光標識2次抗体を使うことになるでしょう.
 最低限,精製品の1次抗体が入手可能であれば,それを蛍光標識することはそれほど難しくありません.一方,たとえばBSAと混合して出荷された1次抗体や,血清のまま出荷された1次抗体を使う場合,抗体のみを蛍光標識するのは,面倒な仕事です.このような場合は,やはり,蛍光標識2次抗体等を使う方がずっと便利だと思います.

>抗体を二つ使う

は,標的抗原に対する1次抗体+1次抗体に対する2次抗体(蛍光標識)を使う方式ということでしょうか?また,

>1つでもよい場合

は,蛍光標識した1次抗体を使う,という理解でよいでしょうか?

もしも,標的抗原に対する高い特異性とアフィニティを有する蛍光標識1次抗体をお持ちであれば,その1次抗体で直接蛍光染色するに越したことはありません.時間も手順も短くなりますし,おそらく感度もより高くなるでしょう.

ただし,一般的に,任意の標的抗原に対する蛍光標識1...続きを読む

Q漢字検定準1級の勉強法・おすすめ問題集

先日、テレビを見てたら芸能人が漢字検定に挑戦していました。見ててそこそこ問題がわかったので漢字検定準1級を受けてみようと思ったのですが、おすすめの勉強法や問題集がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

漢検準1級は、思うほど甘い検定では無いです。確かに「読み」はあ
る程度読めますが、「書く」のと「四字熟語」がかなり難しいので、
もし真剣にやるのであれば公式本の「完全征服」を殆ど覚えこむ位に
は最低しなくてはダメです。その上で、高橋書店の「頻出度別」や各
社の「出る順」問題集をやると、目に見える効果が出ると思います。

Q生物 染色分体 染色体 相同染色体 二価染色体 ?

生物の細胞分裂のところで分からなくなっていて悩んでいます。

  あるテキストで

  「体細胞では相同染色体が2本ずつ含まれていて この状態の細胞を 核相は複相(2n) 
   
   生殖細胞では相同染色体が1本しか含まれていない よって核相は単相(n)」
 
  と書いているのですが、 相同染色体が1本とはどういう状態ですか?
 
  (n)ということは相同染色体はないということではないのですか?

  1本=1セット??(;゜゜)

 
  では減数分裂のときに対合した相同染色体(=二価染色体)ができるのはなぜですか?


  減数分裂が起きるのは生殖細胞だけですよね?

  
?ばかりで申し訳ないですが 教えてもらえると助かります!

Aベストアンサー

そうです、1セットの意味です。

ニ価染色体はよくわかりませんが二価染色体にならければ正しく(機械的に)配分できないと思います(二等分二等分して最終的に過不足ない1セットにします。つまり第一減数分裂で間違いを起こさないためです)。

Q小3の漢字テスト不合格の勉強法

初めて利用します。

小学3年生の娘が、2学期末の漢字のまとめテストで不合格となり、
(50問ずつ5回の問題に90点以上を3回とったら合格)
北海道なので20日以上ある冬休み中、
毎日漢字ドリルのページ一枚にのっている10個の漢字を
ノートに書き写す宿題がだされました。
ドリルには
「漢字」
「音・訓」
「画数」
「部首」
「熟語」3~4種類
が載っていますが、
「熟語を3回ずつ書く」という指示以外
細かくどのようにやるか・・・という説明がなかったのか
娘は部首は書かずにドリルの形式を写し、熟語4種類を4回ずつ書いていました。
(自分なりに頑張ろうと量を増やしたようです)

それでは、大事な部分が抜けていると思い、

部首を明記
熟語の読みも書く
練習の回数は3回に減らす

と、量を減らして質をあげる工夫をアドバイスしました。


毎日一生懸命取り組んでいますが、所要時間は50分はかかり
全員にだされているプリント学習に手が回りません。

娘は、冬場のスポーツをやっているので休み中も毎日朝から夕方まで
練習に励んでおり、お正月明けからは大会もあり、
冬休みだからといって家でゴロゴロしている生活ではありません。
本人はその為に冬に備えて過ごしてきているので、
練習や大会を減らす事はできません。

それだけに、限られた時間で冬休み中は2月に受ける漢字検定の勉強や
通信教材のおくれ分をやる事にあてようと思っていましたが、
この漢字の宿題に時間と労力をとられてしまっています。

担任の先生は男性の新卒教員で、1学期の漢字テストの際も
間違えた漢字1文字をノート片面にびっしり書く
という課題をだし、親も子も大変な目にあっていました。

その時は、娘は2文字だけの間違えだったためになんとかやれましたが、
あまりのやり方に保護者からも意見がでたのですが・・・・。

漢字が苦手な娘と一緒に2学期頑張ってやってきたのですが、
なぜか最後のテストで失敗してしまい今回の結果となりました。

せっかく漢字が好きになってきて、イヤイヤだった漢字検定にも
意欲的に取りくみ始めた矢先の不毛に思える宿題の質と量に、
親として疑問を感じています。

私は漢字は部首と書き順をしっかり理解した上で、
読みと色々な熟語を知る事で、日常で使っていけると考えています。

先生のこの宿題の出し方は
我が子だけでなく、漢字が苦手な子が更に嫌いになるだけのような気がして
このやり方がとても心配です。
親がサポートできない(しない)家庭の子は、単なる罰ゲームになっているのではないかと。

今後の勉強法を工夫するためにも、
漢字が苦手な子への補習の勉強法を教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

初めて利用します。

小学3年生の娘が、2学期末の漢字のまとめテストで不合格となり、
(50問ずつ5回の問題に90点以上を3回とったら合格)
北海道なので20日以上ある冬休み中、
毎日漢字ドリルのページ一枚にのっている10個の漢字を
ノートに書き写す宿題がだされました。
ドリルには
「漢字」
「音・訓」
「画数」
「部首」
「熟語」3~4種類
が載っていますが、
「熟語を3回ずつ書く」という指示以外
細かくどのようにやるか・・・という説明がなかったのか
娘は部首は書かずにドリルの形式を写...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
ご丁寧なお礼の文を有難うございます。
宿題はおそらく、下記の様な図ではないかと思いますが、宜しいでしょうか?

熟語と合わせて覚えるというのは少し大変かもしれませんね。熟語は複数の文字の意味を理解できて初めて成り立つものなので(例外も多数ありますが)、1つ1つの文字の意味の理解が重要になります。
個人的には1文字ずつ取り上げていった方が良い気もしますが。

3回×4種類の熟語を書くという事ですね。メインの漢字は12回書く事になりますが、熟語として捉えると3回だけですから、反復回数としてはあまり多い方では無い様に思えます。故に理解・記憶させるには、かなり丁寧な説明が必要になりそうです。

時間は掛かると思いますが、その文字1つ1つの意味を理解しながら進めた方がいいんでしょうね。
でないと、ただの作業になり兼ねないので、宿題をする本人も苦痛しか感じないかもしれません。
今回の漢字に限らず、勉強が楽しいものと感じるようになれば、学習意欲が大きくなるので、お子さんの様子を見て、好みそうな学習プランを立ててあげるといいでしょう。

NO3の方の回答の様に遊びの要素があった方がいいかもしれません。
(具体的には雑誌で見かける漢字クロスワードパズルの様なもの)

まとめますと
・宿題は現状のまま進めていく。
・宿題とは別に勉強をして漢字の理解力を深める。
・本人が苦痛に思わないように、遊び(ご褒美)などの要素を加えた勉強法をする。

あまり具体的ではないですが、参考程度に読み流してください。

NO2です。
ご丁寧なお礼の文を有難うございます。
宿題はおそらく、下記の様な図ではないかと思いますが、宜しいでしょうか?

熟語と合わせて覚えるというのは少し大変かもしれませんね。熟語は複数の文字の意味を理解できて初めて成り立つものなので(例外も多数ありますが)、1つ1つの文字の意味の理解が重要になります。
個人的には1文字ずつ取り上げていった方が良い気もしますが。

3回×4種類の熟語を書くという事ですね。メインの漢字は12回書く事になりますが、熟語として捉えると3回だけですから、反...続きを読む

Q免疫組織染色.抗体タグは種類によって何が違う?

生物学初心者です.
抗体タグについていくつかわからないことがあります.
アドバイスをいただけると幸いです.

免疫組織染色に使用する抗体タグには,
6xHis,HA,c-Myc,FLAG,GFP
などを代表して,約30種類前後あると思います.

これらのタグの違いとして,
サイズ(アミノ酸残基数)が違うのは自明です.

わからないこと
- 具体的にどんな性質の違いがあるのでしょうか?
- 染色方法に寄って使い分けるのでしょうか?
- タグ間に良し悪しがあるんでしょうか?
- マウスやハエなど宿主によって適切なタグは変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

IPかWBか大量精製かの、目的によって使い分ける事が多いです。

FLAG、c-Mycといったペプチドタグは、その特異的な抗体を用いて精製しますが、 溶出時にそのペプチドが必要となるため、大量生成には向きません。しかし、抗原-抗体反応の特異性が高いため、WBやIPなどの実験にはよく用いられています。低分子の中でも、HisタグはNiカラムを用いて精製できるため、低分子タグを用いて大量精製したい場合にはHisタグを使うことが多いです。

挙げられた中にはありませんが、高分子タグとして代表的なものに、GSTやMBPがあります。これらは、酵素-基質の相互作用を利用して、吸着-分離させることができるため、大量精製に向いています。また、抗原-抗体反応も利用でき、IPやWBで使われる場合もあります。

GFPのようなマーカータグは、組織内の融合タンパクの挙動をダイレクトに追いかける事が出来ます。これにより、組織培養系で生きたまま目的のタンパクの性質を調べることもできます。

タグとタンパクの組み合わせによっては、タンパクが合成されない、されても封入体に行ってしまい、溶出されないなどといった問題があるため、自分の場合、いくつかのタグで作って、一番うまくいくコンストラクトを選択しています。また、タグによっては、抗体反応で内在性のタンパクとクロスリンクすることもあるため、事前に調べておくことはします。

IPかWBか大量精製かの、目的によって使い分ける事が多いです。

FLAG、c-Mycといったペプチドタグは、その特異的な抗体を用いて精製しますが、 溶出時にそのペプチドが必要となるため、大量生成には向きません。しかし、抗原-抗体反応の特異性が高いため、WBやIPなどの実験にはよく用いられています。低分子の中でも、HisタグはNiカラムを用いて精製できるため、低分子タグを用いて大量精製したい場合にはHisタグを使うことが多いです。

挙げられた中にはありませんが、高分子タグとして代表的なものに、GSTやMBP...続きを読む


人気Q&Aランキング