はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

銀行の振込手数料差額についての質問です。

たとえば、買掛金10万円を他行あて電信振込する場合

振込手数料は
窓口なら840円 ATMなら525円とします。

振込手数料が受取人負担ということで
100,000円―840円=99,160円を窓口で送金することにしました。

ところが、行員さんが早くて安いATMを薦められるので
ATMで99,160円を降り込みました。

ATMの振込手数料は窓口より315円安く、確かに得したのですが・・・

帳簿仕訳上 315円の買掛金が残ってしまいます。

これは「雑益」として処理するのでしょか?

<窓口での振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    840円


<ATMでの振込>
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                ???    315円 ⇒「雑益」なの?

以上、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

FBサービスは振込人が専用端末機やパソコンを使った場合ですね。


それなら、支払い側で、一括して手数料が発生しますね。
最初の回答は、個々にATMを使った場合を想定したので、振り込み側では手数料が発生しないと書いたのです。

そうなると、ご質問の通り。 
買掛金 100,000円  現金  99,160円
                手数料    525円
                雑収入   315円と、なります。
    • good
    • 1

こんにちは。


ちょっと素朴な疑問。。。

どうして、ATMで振込まれるときに
100,000円-525円の99,475円を送金されなか
ったのでしょうか。。。(・_・?)

受取人の方は「振込手数料」を負担すると言ってるのであって、
「840円」負担とは言ってないのでは…。(^^)
受取方としてはなるべくATMをご利用頂きたいのが本音だっ
たもので。。。って、私だったらの場合ですけどね。(^^ゞ

すみません。m(__)m ご質問に関係ないことで。。。
もし、気を悪くされたらごめんなさい。お許し下さい。(^∧^)


あ、処理は先の方の回答の通り雑収入で良いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

おっしゃる通りATMの振込手数料を差し引けば雑収入は発生しません。

今回の質問の本意をお話します。
銀行のサービスに10年ぐらい前から、専用端末機やパソコンを使って
残高照会や振込・振替が行なえる「FBサービス」とか「EBサービス」と
いうものがあります。
本当はこのFBサービスと窓口扱いの振込手数料差額のことを
質問したかったのですが、ATMを使った事例にしたほうが分かりやすいと
思ったからです。

FBサービスは振込人が専用端末機やパソコンを使うため、
窓口料金より安くなります。
当然、その差額はFBサービスの利用者(振込人)のメリットであり、
これを享受できるものだと思います。

そこで、今回の質問に至ったというわけです。

お礼日時:2001/10/25 13:31

おっしゃるとおり、通常は雑収入で処理します。



その場合は
買掛金 100.000 現金 99.685
            雑収入  315
現金は、支払分と手数料で99,685円払っています。
手数料が相手の負担ですから、こちらで手数料は発生しません。

もう一つの方法は、安くなった分を相手に返すなら、そのまま、買掛金を残しておいて、次回の支払い時に、その分も含めて振り込む方法も有ります。

今回はこのようにします。
買掛金  99.685円   現金 99.685円

これで、買掛金が315円残ります。
これを、次回の支払いの時に払います。
                            
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々に、ご回答ありがとうございます。

kyaezawaの仕訳が正解だと思うのですが
少し疑問が残るのです。

支払先(つまり振込の受取人)の仕訳は
現金   99,160円  売掛金  100,000円
手数料    840円
でしょうから、kyaezawaの仕訳の根拠となります。

ところで、銀行の振込領収書(利用明細書)には
送金額 99,160円
手数料   525円
と表示されます。

銀行取引からすると
手数料を支払ったのは、私側にあります。
この取引は仕訳には現われないでよいのでしょうか?

お礼日時:2001/10/25 13:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振込手数料の差額を雑益計上

当社は銀行との取り決めで、EB利用の振込手数料を通常より安くしてもらっています。
(通常420円のところ315円になっています)

手数料は翌月一括引落で、先方負担の振込の場合、
例えば買掛金50,000円を支払うときの仕訳は

(1)
[買掛金]50,000/[当座預金]49,685
        [未払金] 315

となりますが、EBの設定で
『実際の手数料は315円だけど先方負担分を420円』とすることが可能であるということがわかりました。
つまり(2)のような仕訳になります。

(2)当社仕訳
[買掛金]50,000/[当座預金]49,580
        [未払金] 315
        [雑益]  105

(2)’仕入先仕訳
[当座預金]49,580/[売掛金]50,000
[支払手数料] 420

銀行に問い合わせたところ
「先方負担分をいくらに設定するかはお客様の判断になりますが、
先方負担分を窓口手続と同じ金額にしているというお客様もいらっしゃいます」
とのことでした。

つまり、実際には420円だったものをこちらの判断で例えば840円にしたり
ということもできるわけです。

当社では実際の手数料と先方負担分は同額としていますので、(1)のように処理していますが、
(2)のような処理を行うことは頻繁にあるものなのでしょうか?

銀行のシステム上設定できるということは法律上(金額の上限はあるかもしれませんが)は問題ないのかもしれませんが、
実際どの程度行われているものなのかなと疑問に思ったので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

当社は銀行との取り決めで、EB利用の振込手数料を通常より安くしてもらっています。
(通常420円のところ315円になっています)

手数料は翌月一括引落で、先方負担の振込の場合、
例えば買掛金50,000円を支払うときの仕訳は

(1)
[買掛金]50,000/[当座預金]49,685
        [未払金] 315

となりますが、EBの設定で
『実際の手数料は315円だけど先方負担分を420円』とすることが可能であるということがわかりました。
つまり(2)のような仕訳になります。

(2)当社仕訳
[買掛金]50,000...続きを読む

Aベストアンサー

法律上、取引上の問題はありません。
しかし、振込銀行が相手にわかっている場合。
「あそこの会社はせこいよね。」
「単価を下げろ。支払の振込料は負担させられる上に、振込料まで搾取して儲けようっていうんだから。」
仕入れ先からはあまりいい噂は聞かないですよね。

痛くない注射針で有名になった岡野工業の岡野さんなら、「支払をきっちりしない所とは取引するか。」で取引終了でしょう。
多くの所は我慢するでしょうが、いい気持ちは持ちません。
経理を担当する人の性格にもよるでしょうが、
私はそんな事を徹底するけちな会社が嫌で、その会社を辞めた人間です
周りから聞こえる嫌みを聞き流せるのであれば、どんどんされたら良い。
と思います。

Q振込手数料について

現在、会社で買掛金等を振込みするのに先方負担に関して600円(税抜き)引いて振り込んでいます。今回、インターネット等よりの振込みにして手数料を安くしようとしています。仮に手数料が400円になるとします。
通常なら1万円振り込み時の仕分けは、
相手には9400円の振込みになる。
買掛金 10000  /  普通預金 9400
             振込手数料 600  としていたのが
買掛金 10000  /  普通預金 9600
             振込手数料 400  となると思います。
しかし、私の上司が下記のような仕分けをしようと言い出しました。
買掛金 10000 /  普通預金  9400
            振込手数料  400
                雑収入 200
上記のようにすると先方には同じ金額です。しかし差額を自分の会社の取り分とするのはいいのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨とは、ちょっと違いますが、
振込手数料は、先方に分かります。バレバレです。
私は、大手都市銀行のネットバンキングを利用していますが、
摘要欄に何銀行の何支店からと、ちゃんと表示されます。
ですので、調べればすぐに金額は分かってしまいます。

そんな、せこい不正をしてまで小銭を稼ぐような所は、
その分、心持ち値上げしたりしています。
他のお得意さまに対してもフェアじゃないですからね。

参考URL:http://www.ufjbank.co.jp/

Q支払いの際、振り込み手数料を差し引いた場合の仕訳

ある工場で仕事をしてもらい、月末に代金を支払うことになりました。

もらっている請求書は、税込みで合計:20,000円でした。

支払いの際、銀行振り込みで振り込み手数料は工場さん負担で支払いました。

振り込み手数料は300円で、工場に支払った額は、19,700円でした。


仕訳的には、、

外注工賃 19,700 普通預金 19,700
支払手数料 300 普通預金 300

になると思いますが、
こうすると請求書の金額20,000円と一致しません。

こういう場合は、普通はどのように仕訳るのでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕未払金300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕未払金300/〔貸方〕普通預金300


さらに別の方法

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕受取手数料300

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕支払手数料300/〔貸方〕普通預金300

この方法の考え方は次の通り。
(1)受取手数料:
本来、工場が当社へ集金に来るべきです。そのとき当社は現金を払います。しかし振り込んであげる場合は、先方は交通費が掛からない一方、当社には振込み事務の手間が掛かります。だから手数料300円を受取っても良いでしょう。
(2)支払手数料:
当社が銀行に振込を依頼するので当社が銀行へ支払う手数料です。

#4です。

回答を書き直します。詳しく書きます。


◆工事代金を振り込む日と同じ日に、振込手数料が引き落とされる場合。

〔借方〕外注工賃20,000/〔貸方〕普通預金19,700
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕普通預金300



◆工事代金を振り込む日よりも後の日に、振込手数料が引き落とされる場合。

・工事代金を振り込む日:
〔借方〕外注工賃19,700/〔貸方〕普通預金19,700

・振込手数料が引き落とされる日:
〔借方〕外注工賃300/〔貸方〕普通預金300


別の方法

・工...続きを読む

Q振込手数料先方負担の仕訳について

TKCの1伝票型で仕訳をする際に
買掛金が180,000円あって420円を先方負担で179,580円支払いました。
(420円は銀行側が先方手数料として自動で引かれます)買掛金は180,000円で前月計上してあります。
実際に支払った時どういう仕訳になるのでしょうか?

Aベストアンサー

買掛金180,000/現金179,580(相手受取り分)
       現金420(銀行受取分)
となるはずです。
当方の減る現金は180,000のはずです。

相手方では
現金179,580
支払手数料420/売掛金180,000

となります。

つまり当方では手数料はなんら関係しません。

Q振込手数料差額返還の仕訳

前年度分の売上金の振込手数料の差額が返還され、普通預金に入金されました。
この場合の仕訳は、
普通預金/雑収入の仕訳で良いのでしょうか?
この場合の雑収入は、課税対象となるのでしょうか?

今回初めて消費税の申告を行います。
簡易課税制度を選択しており、事業区分は第5種事業です。
この振込手数料が課税対象の場合、
消費税の対象事業は、第5種事業で良いのでしょうか?

素人の質問で申し訳ありませんが、よろしくお願います。

Aベストアンサー

・振込手数料相当を何の科目で仕訳していましたか。

・例えば雑費であれば

  普通預金 / 雑費  摘要:振込手数料戻り

 で良いでしょう。

・いずれにしても課税取引なので、課税売上が増えるか、課税仕入れが減るかの違いで納税額は変わりませんが、厳密に言えば、簡易課税の方や、免税点の1000万円の判定などで、影響がある場合があります。

Q先方負担 振込手数料の消費税

どなたか、会社で以下のような会計処理をしている方へ質問です。

買掛金の支払時に、振込手数料を差し引いて振込時に、例えば手数料税込648円に対して600円だけを買掛金合計から引いて振込をした場合、実際、銀行の手数料を計上する時は48円分の消費税は
仮払消費税に計上計上しているのでしょうか? また、この方法だと、実際は、手数料としては発生していな部分を手数料として貸方課税対象外?に600円計上して相殺し、仮払消費税だけ48円計上しているのでしょうか? それか、他の仕訳方法をしているのでしょうか?
正しい方法をご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

金融機関から徴収される振込手数料よりも先方負担として差し引く手数料のほうが安い場合、その差額は一般に、支払手数料として計上される。48円が税込の課税仕入になるということだ。

実際の振込手数料に関わらず一定額を差し引くのは、事務処理を簡単にするためだ。振込先により異なる手数料をいちいち把握しデータに反映させるよりも、一律処理するほうが事務コストが低減される。特に、実際の振込手数料がそれよりも安ければ、その会社の実質的な利益となる。高くても、差額が小さければ事務コスト低減などで吸収される範囲といえる。

なお、代金の支払いは決済取引であって仕入取引ではないのだから、仕入値引を用いるのは簿記会計上誤りだ。また、仕入値引は仕入の控除科目であって営業外収益区分の科目ではない。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q仕訳についての質問です。受取手数料、雑収入、売上高のどれにするべきか悩んでいます。

経理初心者です。ピアノの買取依頼を受けることがあるのですが、自社では買い取れないので業者を紹介をしています。その際に業者から手数料が支払われるのですが、勘定科目で悩んでいます。弥生会計を使っていて、問合せをたところ、以下のような回答を頂戴しました。

●「売上高」に含めても問題がない場合 … 「売上高」で処理

●「売上高」に含めたくはないが、
 「雑収入」に含めても問題がない場合 … 「雑収入」で処理

●「売上高」にも「雑収入」にも、
 含めたくない場合          … 「受取手数料」などで処理

売上高、雑収入、受取手数料のどれを選ぶかによって、何かが変わるのでしょうか?
売上高や雑収入に含めて問題がある、ない、ということは選ぶ科目によってデメリットが生じる可能性があるということでしょうか?無知ですみません・・・会社に取ってベストな選択をしたいです。どなたか分かる方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

営業利益の金額が変わってきます。税務調査の調査対象などになりやすいかどうかも変わってきます。また、消費税の納税額に影響する場合もあります。

まず、売上高にするか否かで、営業利益の金額が変わってきます。弥生会計でしたら、受取手数料は雑収入と同じ営業外収益区分に設定されているかと思いますので、売上高にするかどうかが営業利益の金額に影響するはずです。

また、雑収入は税務調査の調査対象などになりやすい科目です。雑多なものが集められる結果、間違った計上がなされる可能性がそれだけ高くなるからです。

加えて、売上高の中に消費税の課税される取引と課税されない取引とが混じっている場合には、売上高にするかどうかで消費税の納税額に影響する場合があります。

なお、業者の紹介が事業の一環で発生するものでしたら、売上高に含めるのが適切と思います。現在の簿記の考え方が、売上高を広くとる傾向にあるためです。

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q総合振込の資金引落し 仕訳方法について

先月から、インターネットバンキングを導入し、それにより、月末や給与の一括総合振込をしているのですが、例えば月末の31日指定で振込依頼をすると、30日に一括振込資金を銀行から引き落とされます。その場合、30日に引落をされたので、以下のように30日に振込資金が引落をされたということを仕訳するのですが、適当な勘定科目が分かりません。先月は前払金で処理をしたのですが、どうもしっくりきません。

30日【前払金/普通預金】
31日【○○○/前払金】

この様な場合、どのような仕訳をすればよいのでしょうか。教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一括振込の利用が多い場合、次のように処理すると便利かと思います。ただしこれはパソコン等で会計ソフトを利用している場合です。
現金預金の区分の中に「一括振込勘定」という仮勘定を設定します。
一括振込勘定/普通預金
これで、実際に振込がなされたときに
給与 / 一括振込勘定
買掛金
家賃
こうして、一括振込勘定に残高がなくなれば、この振込に関しては正しく処理されたということになります。
通常の総合振込でも同様に処理しています。
当然のことながら、一括振込勘定に残高があったとしても2,3日のことであり、月をまたいで残高があることはないはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング