食品ではないのですが、メーカーが厚生労働省認可を取っている商品の販売は何か免許や資格がいるのでしょうか?
具体的には、ピアスのコーティング剤や、シリコンカバーなんですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

naokobutaさん、こんにちは。



ご質問のピアスのコーティング剤やシリコンカバー等がどのような物品
なのか不明ですが、メーカー側が厚生労働省の認可を取得しているので
あれば、それらの物品は、薬事法適用の物品ではないかと思います。

薬事法上の物品となると、それらを販売を行う為には、それなりの許認可が
必要となってきます。
それらの手続きのご相談であれば、各都道府県の保健福祉部或いは
薬務課等でご相談された方が宜しいのではないかと思います。
法的には、食品でなければ、
○薬事法
○訪問販売法
○栄養改善法 の制約(許認可)のもとになるかと考えます。

naokobutaさんの仰っている物品そのものの内容がよく分からない為、
ご回答がズレているかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弥生会計07 税区分の追加

お世話になります。

固定資産売却益(会社の車の売却)の税区分で「課税売上簡易四種」、を使いたいのですがありませんでした。
この税区分を追加したいのですがどのようにすればよろしいでしょうか?

また、追加することが無理なのであれば別の税区分でどういったものが適切でしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計では消費税設定が本則課税になっていると、税区分に「課税売上簡易四種」などの消費税の簡易課税に関する税区分が表示されません。
そのため、設定を「簡易課税」に設定する必要があります。

まず、「設定」-「消費税設定」-「消費税設定」を選択してください。そこで出てくる消費税設定画面で[課税方式]を[簡易課税]に変更してください。
以上で簡易課税の税区分が追加されるはずです。

Q通販を利用して食品や食材を購入したことがありますか。

いつもお世話になっております。

ご質問は、タイトルどおり、食品の通販についてです。
近年、食品に関する品質問題や表記偽造問題等が相次いで発覚しており、“食の安全性”が強く求められる時代となりました。

これまでは、カタログが主流だった通販ビジネスも、インターネットが普及することによって、オンラインで商品を注文することができるようになり、また配送に関しても近日中に完了するなど、非常に便利な世の中になった思います。

ただ、便利な世の中になったとはいえ、自分の目で食品や食材を確認しているわけではないので、ホームページやカタログなどで“安全・安心”を謳っていたとしても、にわかに信用できないのではないかと思います。
また注文した商品は、郵送されるため、腐敗防止のための添加物などが大量に使用されているではとの疑念を強く抱いている自分自身がいます。

そこで質問なのですが、
(1)食品や食材を近隣のスーパーやコンビにではなく、通販を利用して購入された経験がありますでしょうか。
(質問における食品や食材は、ギフトなどの贈答品を除いて、各家庭や個人的に食するための購入に限定させていただきます。)

(2)通販で食材や食品を購入する際、どういった食品や食材を購入したのでしょうか。
例えば、惣菜系・酒類・ドリンク・デザート(ケーキ・菓子・アイス等)・パン・米類・麺類・調味料・海産物他

(3)何故、店頭ではなく、通販で購入したのでしょうか。

(4)購入した食品や食材は安全でしたか。

(5)可能でしたら、利用された通販をお教え下さい。

いつもお世話になっております。

ご質問は、タイトルどおり、食品の通販についてです。
近年、食品に関する品質問題や表記偽造問題等が相次いで発覚しており、“食の安全性”が強く求められる時代となりました。

これまでは、カタログが主流だった通販ビジネスも、インターネットが普及することによって、オンラインで商品を注文することができるようになり、また配送に関しても近日中に完了するなど、非常に便利な世の中になった思います。

ただ、便利な世の中になったとはいえ、自分の目で食品や食材を...続きを読む

Aベストアンサー

(1)あります
(2)特定できない
(3)好奇心が起こったから
(4)腹壊さなかったからOK?
(5)食品はこだわりがなければ探すのが楽な楽天ですね

ただ、それ程うまいと思ったことなくリピーターになった食品はありません。
買った理由が好奇心だけですしこだわりも何も無く食材や種類(なべなら何でもいいなど)で
選んでいるからだと思います。
楽天の場合はあまりこだわりっていう面ではモールの特性上、説明が限られているので
期待していないからだと思います。信頼面もいろいろ楽天などモールでは
怪しいところ以前から知ってますので信用していません。
私の場合はあくまで安全面よりも好奇心がメインですね。

ちなみに安全などこだわるのならネット巡回してホームページ内の
文章をよく読んで判断します。店主が正直なショップならホームページも
説明などしっかりご自分の言葉で書かれていますから結構わかりますよ
怪しいショップほどでっかく安心とか単語だけ使って自分の言葉で説明の
ないページになってますからね

ただ、ケーキとか製造した生ものはしっかりと密閉されていないと怖いですね
食材は魚とか生肉はクールなどで送られてくればそれ程気にしません
野菜は常温でも気にしません。

だから私は商品によります。
腹壊さなかったらOKっていう考えですからネットとか関係ありませんね

(1)あります
(2)特定できない
(3)好奇心が起こったから
(4)腹壊さなかったからOK?
(5)食品はこだわりがなければ探すのが楽な楽天ですね

ただ、それ程うまいと思ったことなくリピーターになった食品はありません。
買った理由が好奇心だけですしこだわりも何も無く食材や種類(なべなら何でもいいなど)で
選んでいるからだと思います。
楽天の場合はあまりこだわりっていう面ではモールの特性上、説明が限られているので
期待していないからだと思います。信頼面もいろいろ楽天などモールでは
怪しいと...続きを読む

Q税区分の意味

只今勉強中ですので教えて下さい。
かなり初歩的なことでお恥ずかしいのですが・・・

1.弥生の税区分の売上5%一とは売上の1%を納税するって意味ですか?
売上5%五とは売上の5%納税?
納税%が違う理由は何ですか?

2.税区分と相手税区分の違いは何ですか?

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.売上5%一:漢数字の「一」の部分が、消費税の簡易課税制度を採用している場合の「第一種事業(卸売業)に区分される課税売上」ということを意味しています。「5%」は今の消費税率のもの(かつては3%の時代があったため、その時期のものではないということ)を示しています。売上5%五なら第五種事業(サービス業)に区分される課税売上高ということです。

売上5%一なら売上の0.5%、売上5%五なら売上の2.5%を納税すると思っておけばよいです。
率が違うのは、ごく簡単にいえば、業種によってその売上を上げるためにかかる経費の率が違うためです。

2.「税区分」は自分方の消費税区分で「相手税区分」は仕訳の相手方の消費税区分です。

Q認可、許可、資格について

以下の商品をインターネットオークション、またはインターネット販売で取り扱う場合、なんらかの認可、許可、資格が必要となるのでしょうか?

1、宝石、貴金属などの宝飾品
2、食品
3、書籍(古本)

教えてください。

Aベストアンサー

宝石類に関しては小包などの紛失などの保険料限度から考えると
通販は不適当ですね。実際問題として行っているところもあるので
どういう認可や規定、配送方法をとっているのかわかりませんが
正直いって宝石類の販売については詳しくありません。

食品ですがこれは実際のモノによるんじゃないでしょうか。特定地産物
や米なんかは流通させる事自体、規定や法があると思います。米も
農家から直接買い上げて売るのは違法ですしね。

古本に関しては最寄りの警察署で実際にお聞きになった方がよいと
思います。登録書に販売形態の記載欄があったはずですので。

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q木型にシリコンを流し込む際の剥離剤

今、木型に直接シリコンを流しているのですが、木との相性がわるいらしく、固まってからシリコンを取り出すと、シリコンがガサガサになってしまいます。

この結果から剥離剤の必要性を感じましたが、市販の物で専用の物があるのでしょうか?
また、日常の製品で使えそうなものはあるのでしょうか?
(石鹸を使うときれいに剥がれると聞きましたが、まだ試していません)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木型の表面を塗装するのは勿論ですが、
やはり離型剤の使用をオススメします。
綺麗にはがれますよ。

Q税区分について教えてください!

税区分で売上、仕入、仮払い消費税などありますが、どれがどう違うのかわかりません。
現在、『旅費交通費』についてどの税区分を選んだらいいのか迷っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅費交通費は課税仕入となります。ただ、宿泊代金のうち、入湯税などの税金は非課税扱いとなりますので注意が必要です。

Q一般第二種電気通信事業者の認可を取得する方法

一般第二種電気通信事業者は郵政省の管轄のようですが
認可をとるには具体的にどのような手続きが必要になるのでしょうか?
また取得にかかる時間や審査の基準なども詳しく教えてください。

Aベストアンサー

北海道総合通信局 http://www.hokkaido-bt.go.jp/
東北総合通信局  http://www.ttb.go.jp/
関東総合通信局  http://www.k-denkan.go.jp/
信越総合通信局  http://www.shinetsu-bt.go.jp/
北陸総合通信局  http://www.hokuriku-bt.go.jp/
東海総合通信局  http://www.tokai-bt.soumu.go.jp/
近畿総合通信局  http://www.ktab.go.jp/
中国総合通信局  http://www.cbt.go.jp/
四国総合通信局  http://www.shikoku-bt.go.jp/
九州総合通信局  http://www.kbt.go.jp/
沖縄総合通信事務所 http://www.okinawa.mpt.go.jp/PT-Okinawa/

他の方と同じような感じです。
以上のHPから書類をダウンロードしましょう。ワードか一太郎がひつようです。
自分の所在地の通信局に書類をもっていきましょう。
その場で、手続きが終了します。10分ぐらいでおわります。
紙切れを発行してくれます。
郵送の場合は、しばらくかかります。
わからないことや不備があれば、その場でこたえてもらえるので、持参がおすすめですが、遠い等の事情がある場合は、郵送しましょう。

北海道総合通信局 http://www.hokkaido-bt.go.jp/
東北総合通信局  http://www.ttb.go.jp/
関東総合通信局  http://www.k-denkan.go.jp/
信越総合通信局  http://www.shinetsu-bt.go.jp/
北陸総合通信局  http://www.hokuriku-bt.go.jp/
東海総合通信局  http://www.tokai-bt.soumu.go.jp/
近畿総合通信局  http://www.ktab.go.jp/
中国総合通信局  http://www.cbt.go.jp/
四国総合通信局  http://www.shikoku-bt.go.jp/
九州総合通信局  http://www.kbt.go.jp/
沖縄総合通信事務所...続きを読む

Q<消費税区分>対象外・非課税は消費税や法人税の申告に関係しますか?

 以前勤めていた会社で税理士による消費税に関する指導を受けていたため、
消費税区分について不明なときは本や国税のHPで確認したり、
相手先での消費税処理の有無を聞くなどして仕分け伝票を起こしていました。

 現在の勤務先では消費税区分について曖昧でとまどうばかりです。

 課税については消費税の申告納付に関係するので正確に記載するべきだと思いますが、
非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

 徹底して調べていたことがあるだけに税区分は重要だと思っているのですが、
実務ではなあなあにされているものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>>非課税と対象外は消費税や法人税の申告にどのように関わるのですか?

説明を始めると膨大な量の説明が必要です。本当に理解したいのであれば、消費税法の専門書を読んでください。

ポイントだけいいますと、非課税と対象外を明確に区分する必要があるのは収益に関する取引のみです。つまり、売上や受取利息や雑収入などです。これは課税売上割合というものに影響するため、明確に区分する必要があります。

一方、費用に関する取引(仕入や支払利息や諸経費等)は非課税と対象外を区分する必要はありません。課税取引のみが消費税に影響する(仕入税額控除に影響する)ものですので、課税取引だけ集中して抽出します。

こういうことですので、費用に関する取引に関しては非課税と対象外の区分は結構なあなあです。

Q総務省は民間に業務を委託するの?インターネットモニターに関して

インターネット・モニター募集というチラシがポストに入っており、次のようなことが書かれていました。

「本年度から、総務省より、2010年までの光ファバー普及2000万回線目標に下方修正が入り、1000万回線の目標に変わりました。予定よりも普及が進まない日本の市場調査と、実際にインターネットを利用している方・これからする方の使用頻度を計る為。」「ご協力いただけますと報酬として現金2万円、またはノートPCをプレゼントしております。」

チラシの会社名は「ソーシャルコミュニケーションズ株式会社」と書いてありました。当方、こうした業界の会社には詳しくないので、もしかしたらいわゆる「モニター詐欺」ではないかと疑っています。

(1)チラシには総務省が市場調査を行っているという趣旨が書かれていますが、総務省が民間に業務を委託することはあるのでしょうか?

(2)また「ソーシャルコミュニケーションズ」という会社は安心ですか?知っていたら教えてください。

どちらか一方の質問の回答で構いませんので回答お願いします。

Aベストアンサー

(1)総務省など、公共のお役所がモニターを募集することはあります。その際、集計等を民間に委託することはあります。(あくまで、集計を委託するレベルだと思います。募集そのものは担当官庁などであるはず。)
こうしたモニターはあくまでもボランティアに近いもので、年間で数千円程度のもののはずです。(何年か前にどれくらいの報酬があるのかをチェックしていたので確かです。ほとんどの場合、万はいきません。アンケート一回1000~2000円程度です。)

また、こうしたモニターの募集は担当官庁のWebでかかるものだと思います。(市町村の場合、市政報告の小冊子などで募集がでることもあります。)

相場、募集方法から判断すると、「モニター詐欺」の可能性が高いように思います。総務省に確認の連絡をいれてみてはいかがでしょうか。


(2)もし、モニター詐欺だとすると、この「ソーシャルコミュニケーションズ」という会社は総務省の名を勝手に借りるような不審な会社ということになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報