最新閲覧日:

白い煙と黒い煙の成分であるとか、発生状況であるとか、いろいろなことを教えてください。よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

燃やすものが.石油とか石炭とかの話しについては.既に皆さんが書いているので。



工場によっては.
集塵機の排気を出していることがあります。この時には.場合によってはゴミが出てくる場合があり.黒い煙としてゴミがいろいろ出てきます。
ある工場では.隣の工場からでる重金属の影響を受けて.車を置いておくと.隣の工場の重金属の埃がたまって真っ黒になることもあります。

火山などでは.主に白い煙は水蒸気です。が.場所によっては硫黄の蒸気が冷えて固まって.白い煙になっている時があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えくださった、3人のみなさん、ちょっとパソコンを離れておりまして、お礼が遅くなってしまいました。申し訳ありません。そして、ありがとうございました。

edogawaranpo さん、補足情報もありがとうございます。

お礼日時:2001/11/06 10:14

白い煙は水、というか、湯気です。


有機物の多くは燃焼すると二酸化炭素と水になります。
水は、発生した時点では気体である水蒸気で、これは無色透明ですが、
外気に触れて冷却することにより、液体になります。細かな水滴が
空気中に浮いているのが白い煙です。
黒い煙は固形物です。燃焼が不完全であったり、不燃成分があったり
すると、固形物が空気中を漂います。これが黒い煙です。
なお、一酸化炭素は無色透明です。ただ、不完全燃焼時に発生しやすい
ので、その意味ではBPSTさんの回答もはずれてはいません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黒い煙が出るということは不完全燃焼なんですね。
不完全燃焼時に発生しやすい一酸化炭素が中毒の元なんですね。
でも、これは無色透明であると…。
よく、分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/06 10:11

こんにちは,


確か白と黒の違いは完全燃焼しているかいないかの違いです.
白い煙の方は主な成分が水蒸気と二酸化炭素,黒い煙のほうは一酸化炭素が多い.
ただ何が燃えてるかにもよると思うので自身はないです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます!
お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
白さは水蒸気と二酸化炭素の証なんですね。

お礼日時:2001/11/06 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報