熱力学の宿題でエントロピーとエンタルピーとは何か調べてこいといわれたのですが、調べてもいまいちよく分かりません。ぜんぜん違うらしいのですが、分かりやすく説明していただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

厳密な回答ではありませんが、



エントロピーは、その系のもつ不規則性を示し、バラバラな程エントロピーは高いとされます。
エントロピーは増大するというのが、熱力学の第二法則です。
整理整頓しても放っておくと乱雑になるということです。

エンタルピーは、その系の持っているエネルギー量(熱量)と考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/01 16:20

日本語での言い方は似ていますが語源をたどれば全然違うことが分かりますよ。


いずれもギリシア語で
エントロピー(entropy)はen(内部の)+trope(変化)
エンタルピー(enthalpy)はen(内部の)+thalp(熱)
が語源となっています。
命名した人の気持ちを考えれば違いもちょっとは分かりやすいんじゃないかと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ギリシャ語が語源なんですか!!
語源をたどると全然違いますね(>_<)
とても、勉強になりました。

お礼日時:2005/09/01 16:24

実際仕事で使ってても、「習うより慣れろ」的概念です(笑。

特にエントロピ。

↓以外にも、過去質問にいくつかあったような・・?

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=11423
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の質問にも似たようなのがあったんですね・・・
気づきませんでした。

お礼日時:2005/09/01 16:22

Enthalpyは系のエネルギーと関係ある量。


Entropyは系の乱雑さと関係ある量。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/01 16:19

「体積と面積はどう違うのですか」とか「速さと時間はどう違うのですか」とか聞かれても困るでしょう?エンタルピーとエントロピーはそれぐらい全然違うもので、名前が似ているだけです。



ということで、エンタルピーとはこれこれですよ、エントロピーとはこれこれですよと(教科書に載っている)定義を書いて、だから全然違うんですよと結論を出すぐらいしかできないと思います。

次元(単位といってもいいです)も異なるので、それにも触れておけばいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。名前が似てても全然違うのですね(笑)

お礼日時:2005/09/01 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンタルピーとエントロピー

エントロピーの値から、エンタルピーの値を導出するにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

エントロピーの値だけでエンタルピーの値を決めることはできません。

エンタルピーHの全微分は
dH=TdS+Vdp T:温度,S:エントロピー,V:体積,p:圧力

等エントロピー(dS=0)であってもdp≠0であればdH≠0であるため、エントロピーが等しい状態でもエンタルピーが変化することがあるということです。

S,Hともに状態変数ですから、状態を決定できれば値は定まります。
たとえば理想気体の状態は物質量と体積だけがわかっても決まりません。
この他に圧力または温度が決まらないと状態を決定できないのです。
これと同様でエントロピーだけで状態を決定することはできないのです。

Q情報エントロピーと最大エントロピー法

情報エントロピーというものがあるらしいのですが、なんでしょうか。熱力学などででてくるエントロピーは知っていますが、情報エントロピーはイメージできません。
長期的に時間変化する量(天文学や地質学などの観測データ)の数学的解析法である最大エントロピー法(MEM)を理解する上で必要な概念なのですが、分かりません。
そもそもこの概念がどの分野に属するのかすら分かりません。
誰かご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 エントロピーは熱力学等の物理分野において,あるシステムに許容される位相の量や状態の数の対数として定められ、不規則性または無秩序さの度合いを示すものでした。これより,情報理論では未知であることの度合い表すものとして導入されました。
 ある事象がとり得る状態がn個あり,各々の事象の生じ得る確率をpk(k=1,2,・・・,n)とすると,この中の事象kが生じたときの情報量Ikは

Ik=log(1/pk)  (対数の底は2)

となります。事象kが起こりやすいほど(pkが1に近いほど)情報量は0に近くなり,逆に起こりにくいほど大きくなります。情報エントロピーは「一回の試行により得られであろう情報量の期待値」として

H=Σpk・Ik=Σpk・log(1/pk)=-Σpk・log(pk)

で定義されます。すべての事象が起こる確率が同様に確からしく,1/nならば
H=lognとなり,確率に偏りがある場合のエントロピーよりも大きくなります。

MEM法はこの情報エントロピーの概念に基づき解析法で,実質的には赤池による「自己回帰式によるスペクトル推定法」と同一です。自己回帰式によるスペクトル推定法は理解が容易で計算もし易いのでこちらから勉強するのがいいと思います。次の文献を紹介します。

日野幹生:「スペクトル解析」,朝倉書店,1977, ISBN 4-254-12511-9

 MEM法は短い時系列データからも分解能の高いスペクトル推定が可能といわれており,私の経験からもそうですが,データの質によって落とし穴があることが次の文献に出でいます。この本はいくつかのMEMのアルゴリズムに関してそれぞれBASICのプログラムが添付されていて,アルゴリズムを理解するのに最適です。

青木由直:「BASIC数値計算法(改訂版)」,コロナ社,1984
ISBN 4-339-02321-3

以上参考になれば幸いです。

 エントロピーは熱力学等の物理分野において,あるシステムに許容される位相の量や状態の数の対数として定められ、不規則性または無秩序さの度合いを示すものでした。これより,情報理論では未知であることの度合い表すものとして導入されました。
 ある事象がとり得る状態がn個あり,各々の事象の生じ得る確率をpk(k=1,2,・・・,n)とすると,この中の事象kが生じたときの情報量Ikは

Ik=log(1/pk)  (対数の底は2)

となります。事象kが起こりやすいほど(pkが1に近いほど)情報量は...続きを読む

Q熱力学の質問です(ATDとLTDとは?)

確か熱力学もしくは移動現象論で学んだのですが、Aという液体または気体を、それに接する管にBという液体(水)を流して間接的に冷やす時、

・Aが温度変化する場合の指標(ATD)・・・Aの出口温度とBの入口温度の温度差
・Aが温度変化しない(相変化する)場合の指標(LTD)・・・Aの温度とBの出口温度の温度差

という指標を習ったように思うのですが、詳しいことを書いたサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。ヤフー、グーグルではヒットしませんでした。
また、サイトでなくても書物で良いものをご存知でしたら併せて教えて下さい。

Aベストアンサー

ココ↓が参考になるも知れませんね。

http://www.f.waseda.jp/katsuta/dennetsu.ppt

参考URL:http://www.f.waseda.jp/katsuta/dennetsu.ppt

Q自然の風とエアコンの風の違いは熱力学や流体力学などで解明されているのでしょうか

この季節職場で働いているといつも感じるのですがエアコンでの冷房はなぜか涼しい自然の場所にいるのと違う気がします。他の人もそう感じる人は多いようです。同じ温度なのになぜか咳がでたり手足がジーンとしたり感じるのは私だけではないようです。扇風機など併用して温度のどよみが無いようにしているのですが効果はいまいちです。とても自然の涼しさにはかないません。これは単に気持ちの問題なのかあるいは空気の性質が科学的にも異なっているのでしょうか。お調べになった方がおられたらぜひ教えて頂きたいと思っています。エアコンが無ければとても仕事になりませんがよく体調崩す傾向にあるので良い知恵ご教授願えれば幸せです。

Aベストアンサー

エアコンの風にはやさしさが無いですよね。
おそらく、ファンで作られた風と、自然の風とでは色々違うのでしょう?
(1)人口の風では自然の風のような揺らぎは再現しずらいのではないでしょうか? 
(2)ファンからの風そのものも、自然の風とは違うとおもいます。
ファンの風は空気を物理的に動かしているのにたいし、自然の風は
自然の気圧の変化に連動したもの
(3)温度もエアコンの風は自然ではありえない温度差の冷却フィンを通過してくる空気、自然の風は、こちらに到達するまでに大地とか、草とか木の中を通過する過程で冷やされたもの。

たぶんね。ただ風ってだけじゃダメなんですよ。人間も風を通して
自然と会話しているのです。クーラーの風が心地よくないのは
話相手がクーラーだからです。

Qエンタルピーと内部エネルギーの違いがうまくイメージできません。

エンタルピーと内部エネルギーの違いがうまくイメージできません。
定圧状態のおけるエネルギー変化量がエンタルピーなのは分かるのですが、内部エネルギーは定圧じゃない状況でのエネルギー変化でしょうか?
詳しい方ご教授ください。

Aベストアンサー

#1お答え通りなんですが、参考HPを示しておきます。↓
http://homepage2.nifty.com/eman/thermo/contents.html
好評につき、本として出版されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報