熱力学の宿題でエントロピーとエンタルピーとは何か調べてこいといわれたのですが、調べてもいまいちよく分かりません。ぜんぜん違うらしいのですが、分かりやすく説明していただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

厳密な回答ではありませんが、



エントロピーは、その系のもつ不規則性を示し、バラバラな程エントロピーは高いとされます。
エントロピーは増大するというのが、熱力学の第二法則です。
整理整頓しても放っておくと乱雑になるということです。

エンタルピーは、その系の持っているエネルギー量(熱量)と考えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/01 16:20

日本語での言い方は似ていますが語源をたどれば全然違うことが分かりますよ。


いずれもギリシア語で
エントロピー(entropy)はen(内部の)+trope(変化)
エンタルピー(enthalpy)はen(内部の)+thalp(熱)
が語源となっています。
命名した人の気持ちを考えれば違いもちょっとは分かりやすいんじゃないかと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ギリシャ語が語源なんですか!!
語源をたどると全然違いますね(>_<)
とても、勉強になりました。

お礼日時:2005/09/01 16:24

実際仕事で使ってても、「習うより慣れろ」的概念です(笑。

特にエントロピ。

↓以外にも、過去質問にいくつかあったような・・?

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=11423
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の質問にも似たようなのがあったんですね・・・
気づきませんでした。

お礼日時:2005/09/01 16:22

Enthalpyは系のエネルギーと関係ある量。


Entropyは系の乱雑さと関係ある量。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/09/01 16:19

「体積と面積はどう違うのですか」とか「速さと時間はどう違うのですか」とか聞かれても困るでしょう?エンタルピーとエントロピーはそれぐらい全然違うもので、名前が似ているだけです。



ということで、エンタルピーとはこれこれですよ、エントロピーとはこれこれですよと(教科書に載っている)定義を書いて、だから全然違うんですよと結論を出すぐらいしかできないと思います。

次元(単位といってもいいです)も異なるので、それにも触れておけばいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

解答ありがとうございました。名前が似てても全然違うのですね(笑)

お礼日時:2005/09/01 16:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比エンタルピー値を湿り空気線図から読み取る方法を教えて下さい。 エンタルピー値とは エンタルピー[k

比エンタルピー値を湿り空気線図から読み取る方法を教えて下さい。

エンタルピー値とは
エンタルピー[kJ]= 内部エネルギー[kJ]+ 圧力[kPa]× 体積[m3]
だと思います。

比エンタルピー値とは
乾き空気1kgに対して
だと思います。

湿り空気線図を見ると
赤く○で囲んだ値が比エンタルピー値になると思います。
青く○で囲んだ値が乾球温度になると思います。
黄色線で表を追ってみると比エンタルピー値と乾球温度が同じ数値に読み取れます。

これは比エンタルピー値は表から一発で読み取る事ができず公式に代入して計算するという事ですか?

Aベストアンサー

表の見方が間違っています。
乾球温度は垂直線で表現されています。
質問に添付されている図では、黄色い線は等エンタルピー線です。
ある状態点での湿球温度は、等エンタルピー線上にあるので、赤で囲んだ部分の下側に湿球温度が記載されています。
質問文の添付図では、黄色い線が比エンタルピー12kJ/kgDA、湿球温度がその下の1℃を示しています。
乾球温度は、等エンタルピー線上にありますが、湿度がわからないので、何℃かはわかりません。
湿度100%ならば、乾球温度は湿球温度と同じですから、1℃ですね。(飽和線上から垂線を下におろすと1℃になります)
なお、等エンタルピー線が乾球温度表示線と交差する点は、湿度が0ですから、比エンタルピーは、空気の比熱=1.005kJ/kgより、0℃の乾燥空気の比エンタルピー=0kJ/kgDAとすれば、乾球温度の℃表示とほぼ等しくなります。

Qエンタルピーとエントロピー

エントロピーの値から、エンタルピーの値を導出するにはどうすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

エントロピーの値だけでエンタルピーの値を決めることはできません。

エンタルピーHの全微分は
dH=TdS+Vdp T:温度,S:エントロピー,V:体積,p:圧力

等エントロピー(dS=0)であってもdp≠0であればdH≠0であるため、エントロピーが等しい状態でもエンタルピーが変化することがあるということです。

S,Hともに状態変数ですから、状態を決定できれば値は定まります。
たとえば理想気体の状態は物質量と体積だけがわかっても決まりません。
この他に圧力または温度が決まらないと状態を決定できないのです。
これと同様でエントロピーだけで状態を決定することはできないのです。

Q水のp-h線図

各種冷媒ガス(アンモニア、R22,R410Aなどの代替フロンガス)の
p-h線図(モリエル線図とも呼ばれるらしい)はよく目にしますが、
水を冷媒として使った場合、水のp-h線図なるものはあるのでしょうか?
どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こちらにありました。

http://www.x-eng.com/Download_XSteam.htm
ページの下のほうにpdfがあります。

Q情報エントロピーと最大エントロピー法

情報エントロピーというものがあるらしいのですが、なんでしょうか。熱力学などででてくるエントロピーは知っていますが、情報エントロピーはイメージできません。
長期的に時間変化する量(天文学や地質学などの観測データ)の数学的解析法である最大エントロピー法(MEM)を理解する上で必要な概念なのですが、分かりません。
そもそもこの概念がどの分野に属するのかすら分かりません。
誰かご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 エントロピーは熱力学等の物理分野において,あるシステムに許容される位相の量や状態の数の対数として定められ、不規則性または無秩序さの度合いを示すものでした。これより,情報理論では未知であることの度合い表すものとして導入されました。
 ある事象がとり得る状態がn個あり,各々の事象の生じ得る確率をpk(k=1,2,・・・,n)とすると,この中の事象kが生じたときの情報量Ikは

Ik=log(1/pk)  (対数の底は2)

となります。事象kが起こりやすいほど(pkが1に近いほど)情報量は0に近くなり,逆に起こりにくいほど大きくなります。情報エントロピーは「一回の試行により得られであろう情報量の期待値」として

H=Σpk・Ik=Σpk・log(1/pk)=-Σpk・log(pk)

で定義されます。すべての事象が起こる確率が同様に確からしく,1/nならば
H=lognとなり,確率に偏りがある場合のエントロピーよりも大きくなります。

MEM法はこの情報エントロピーの概念に基づき解析法で,実質的には赤池による「自己回帰式によるスペクトル推定法」と同一です。自己回帰式によるスペクトル推定法は理解が容易で計算もし易いのでこちらから勉強するのがいいと思います。次の文献を紹介します。

日野幹生:「スペクトル解析」,朝倉書店,1977, ISBN 4-254-12511-9

 MEM法は短い時系列データからも分解能の高いスペクトル推定が可能といわれており,私の経験からもそうですが,データの質によって落とし穴があることが次の文献に出でいます。この本はいくつかのMEMのアルゴリズムに関してそれぞれBASICのプログラムが添付されていて,アルゴリズムを理解するのに最適です。

青木由直:「BASIC数値計算法(改訂版)」,コロナ社,1984
ISBN 4-339-02321-3

以上参考になれば幸いです。

 エントロピーは熱力学等の物理分野において,あるシステムに許容される位相の量や状態の数の対数として定められ、不規則性または無秩序さの度合いを示すものでした。これより,情報理論では未知であることの度合い表すものとして導入されました。
 ある事象がとり得る状態がn個あり,各々の事象の生じ得る確率をpk(k=1,2,・・・,n)とすると,この中の事象kが生じたときの情報量Ikは

Ik=log(1/pk)  (対数の底は2)

となります。事象kが起こりやすいほど(pkが1に近いほど)情報量は...続きを読む

Q1次遅れ要素のボード線図の描き方。

1次遅れ要素のボード線図の描き方。

ステップ応答の測定より導いた無駄時間と時定数を用いてボード線図を描きたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
また、参考になる本やウェブサイトなどがありましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

たとえば

演習で学ぶ基礎制御工学 森北出版

なんていかがでしょうか.
1次遅れ要素のボード線図なら
古典制御理論の教科書(例えば制御工学Iとか)
ならたいてい書いてあると思いますよ.

QFactSage(熱力学計算ソフト)の価格について…

こちらのソフト「FactSage」の価格は幾らくらいでしょうか?
http://www.rccm.co.jp/factsage/fs-order.html
価格については、問い合わせとなっており、知る事ができません。
当方は、ただ熱力学に興味のある個人であり、コンタクトフォームに、
住所氏名…などの個人情報をさらすのには気が引けます。
所属会社や研究機関を書く欄もありますが、私は研究者ではなく、
ただの物理愛好家なので、書くことができません。
こういう数理ソフトって幾らなのかなぁ~と、疑問に思ったのです。
どなたか知っておりますでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

全くの素人ですが回答が無いようですので......
公衆電話から問い合わされたらいかがですか。
多分数10万円以上はするのではと思われます。

Q鋼材の圧縮での応力-ひずみ線図はどんな図?

鋼材の応力-ひずみ線図ですが、通常この図は引張試験での図ですよね?
鋼材の引張りと圧縮の降伏点はほぼ同じと解釈していますが
圧縮での応力-ひずみ線図はどのような図になるのでしょうか?
引張と同じように上下降伏点や降伏棚など存在するのでしょうか?
鋼材はプレス加工を考えると圧縮側での破断はなさそうに思えます。
鋼材の圧縮での応力-ひずみ線図が出ているサイトはありませんか?

Aベストアンサー

>引張と同じように上下降伏点や降伏棚など存在するのでしょうか?
鋼の圧縮側は、引張り側を原点中心で対称図化したものと考えて差し支えないと思います。従って引張り側と同じ様に降伏点が存在します。

確かに圧縮で破断はありませんが、塑性変形してヒステリシスカーブを描きます。弾性範囲であれば原点を通り右肩上がりの直線を行ったりきたりするだけです。

Q熱力学ですが至急、教えてください!

液・液界面が形成される時とされない時の違いを熱力学的な説明で教えていただきたいのですが・・・お願いします。

Aベストアンサー

結局のところ、液・液界面が形成される時とされない時とで、
どちらが自由エネルギーが小さいかということでしょう。
例えば、水と油が分離しますが、これはその方が自由エネルギーが
小さいからです。水と油が混ざった方がエントロピーは大きく
なりますが、水の分子同士は結合が強いため、分離した方が
エネルギーは下がり、これがエントロピーの効果に打ち勝って、
自由エネルギーが小さくなるのでしょう。

Qばねの疲れ強さ線図

JIS B2704にばねの疲れ強さ線図がありますが、
あの線図はどのようにして書かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

 すでにご存知で、参考にはならないかもしれませんが、一般的な疲労曲線は、沢山の現場経験と実験に基づき、けっこう「エイヤー」で決められている気がします。ただし適用条件をはっきりさせるために、疲労曲線の測定方法は、厳密に企画化されていると思います。まさにJIS規格です。
 JISコードがわかっているなら、何かのハンドブックに解説など存在するはずです。少なくとも、土木業界ではそうなっています。

Q熱力学の質問です(ATDとLTDとは?)

確か熱力学もしくは移動現象論で学んだのですが、Aという液体または気体を、それに接する管にBという液体(水)を流して間接的に冷やす時、

・Aが温度変化する場合の指標(ATD)・・・Aの出口温度とBの入口温度の温度差
・Aが温度変化しない(相変化する)場合の指標(LTD)・・・Aの温度とBの出口温度の温度差

という指標を習ったように思うのですが、詳しいことを書いたサイトをご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。ヤフー、グーグルではヒットしませんでした。
また、サイトでなくても書物で良いものをご存知でしたら併せて教えて下さい。

Aベストアンサー

ココ↓が参考になるも知れませんね。

http://www.f.waseda.jp/katsuta/dennetsu.ppt

参考URL:http://www.f.waseda.jp/katsuta/dennetsu.ppt


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング