人気雑誌が読み放題♪

スキーの検定なのですが、同じ級でも受けるスキー場によってかなりの難易度の差がありますよね。
例えば最難関の八方や浦佐などでしたら、そこで2級受かる人なら受かりやすいと言われるマイナーなスキー場の検定では1級に受かるレベルとまで言いますし。
今は、一級は不整地もあるんでしたっけ?
ですから一概には言えないかもしれませんけど・・・
私が某スキー場のスキー教室で同じクラスだった一級の方は、
「ハァ?本当に一級??」
みたいな感じの方もおられましたし…
どうもそこのスキー教室や合宿に頻繁に参加していると温情(サービス?)で採点が甘くなるようですね。

で、どこのスキー場の検定が易しいでしょうか?
有名どころのスキー場は難しそうですよね。
できれば具体的なスキー場名をお教えください。

情報お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

苗場で見られたのは、柏木義之選手ではないでしょうか?



八方、戸隠、苗場が難しいと聞きます。
あと北海道ですね。
木島平に戸狩、関西のスキー場が優しいと聞いたことがありますが。

この回答への補足

あんまり情報集まらなかったのでまたシーズン近くなったら聞きます。

補足日時:2005/09/24 18:51
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やっと具体的な易しいスキー場名が出てきました。
参考にさせていただきます。
戸隠、苗場、浦佐、五竜、八方、栂池、岩岳…
この中のどこかで2級は合格しました。
難しかったです。
平気で合格者0なんて出しますからね^^;

>柏木選手
そうです!
たぶん柏木さんです。
背も小さいのに圧倒的な存在感でした。
荒れた午後の斜面をものともせず、鋭いターンの連続でした。
苗場は何人か、非常にうまいイントラがいるのですが、彼らすら凌駕してましたね。
なんかスクールみたいなのの講師をされてました。

PS.菅平で講習を受けた時なんですが、一日目に上級者コースはかなりうまい教え方の上手な講師がレッスンしていたので(盗み見、盗み聞きしてました)、その講師のレッスンを是非受けたいと思い翌日、友人と参加したのですが、その日はその講師はお休み^^;
代わりの講師はレッスン中に数回こけるような最悪なレベルの講師でした。
レッスン料返して欲しかったです。

お礼日時:2005/09/12 19:22

私は、白馬に住んでいて小学校の頃からスキーをしています。

おととし(高校1年)で1級に挑戦しました。一回では合格せず3、4回チャレンジしました。シーズン終わりに五竜で受けた所、みごと合格することが出来ました。高校2年の冬に五竜、八方、栂池、岩岳でテクニカルに挑戦しましたが、どれも落ちてしまいました(笑)けれど、一緒に講習を受けた人やコーチに「他県に行ったら絶対に受かるよ」と言われ思い切って新潟で受けてみようかと思いましたが、プライドが許さず来シーズンもう一度挑戦しようと思っています(笑)  長野県内のスキー場(特に白馬)は難関だと思われます。新潟の妙高辺りに行ってみてはどうでしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり白馬が地元だけあってすごいですね。
テクニカルですか…^^;

やはり白馬系は難しいですね。
特に八方は最難関ですね。
以前、「八方で合格?」とやらの検定攻略ビデオを見ましたが、他の検定攻略ビデオ(場所どこだったかな?)と比べ実際の検定の様子の合格者の質がその二つのビデオで明らかに違いましたね。
八方の方が明らかに厳しいです。
逆に八方なら100%落ちていそうな受験者もそこでは受かっていました^^;
場所によって全くレベルが違いますね。

お礼日時:2005/09/12 18:52

地方もイロイロあると思いますが基本的には受験者の多いスキー場がいいのではないでしょうか。

その点ではやはり八方は受験者も多く僕が受けていた頃にはその種目ごとで滑ってすぐに点が出たので正直な点数が分かると思います。
実際僕が居候している時部屋を掃除していたらクラブ内検定の点数の改ざんをしたメモを発見し幻滅しました。
八方の合格率が低いのは言い方が悪いですが勘違いして受けている人も実際には多いからだと思います。
時期でいえばシーズンはじめと最後が受かりやすいと昔から言います。
もし今年受けるのならとりあえず早い段階で一度受けて今年の評価基準を確認するのがいいのではないでしょうか。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

実は八方に嫌な思い出があります。
2級受験の時、異なる2つの某スキー場のイントラに「2級なら絶対受かるよ」と太鼓判を捺され、それならばと調子に乗り最難関の八方で受けようと思い、見事に僅差で落ちました。
今はどうか知りませんが当時の八方は深夜に圧雪するので圧雪後は朝までに積もった新雪は圧雪されません。
その日は大雪で受験会場は40cm程度の新雪が積もったままの最悪の条件でした。
整地には自信があったのですが新雪嫌いの私には最悪でした。
その2週間後、すぐ別の某有名スキー場で受けなおしたところ無事合格できましたが…
そこも難関スキー場で40名ほど受験して合格者は5名ほどでした。
1級は一人も合格者がいませんでしたし^^;

もう難関スキー場は遠慮したいです。

>クラブ内検定の点数の改ざんをした
これもよく聞きますね。
団体専用の検定が一番受かりやすいようですね。
身内が採点しますからね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2005/09/11 00:37

 有名どころ意外は大差ないように思います。

(具体的なスキー場名はちょっといえません。すみません。)本当にいろんな人がいますよね。
 私は楽して(?)1級、そして準指導員までとりました。そのお陰で、「ハァ?本当に1級?。」という滑りを今でもするし、まわりからも言われます。みじめです。最近、もぐりで八方のスクールに行ったりしてます。基礎からやり直したいです(泣)。点数がでる滑りと、うまいすべりもまた違いますしね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

う~ん…だれも具体的なスキー場教えてくれませんね・・・
知ってるなら教えてくれれば良いのに・・・

八方は確かにかなり厳しいですね。

そう言えば何年か前に某有名プロを苗場で見たんですけど、ショートターンのキレが半端じゃなかった。
そこらのインストラクターとレベルが全く違うのが私からでもよくわかった。
名前なんだったかな・・・?
確か、3本の指に入るような有名プロだったんだけど・・・

お礼日時:2005/09/06 18:56

八方尾根、八海山、浦佐が良いと思います。


弱点とその克服方法を丁寧に教えてくれるので、あなたが望む1級を最短かつ楽にとれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

答えになってませんよ・・・
それは、八方とかで鍛えれば脚前はあがるでしょうけど。
理想論はけっこうですから私の質問に対する現実論をお願いします。
質問の主旨から外れています。

お礼日時:2005/09/04 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSAJの1・2級に受かるために適したスキー板とは?

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した板はフリースタイル用パーク向け・ツインチップ板です。
(サイドカット110-80-103・R15)
またビンディングをメーカー指定のセンター寄りに取り付けています。
それと、ブーツは2バックル・フレックス90のものです。

そこで質問なのですが、
SAJ1・2級を目指す上で、この板では練習のはかどりが悪い・支障が出るといったことはありますか?
また向かないようでしたらどのようなタイプ(オールマウンテンスキー・デモ・柔らかめ・硬め・Rの値)を購入したいいでしょうか?
具体的に板の名前を上げて頂きますと助かります。

自分のスキー経験は、生まれてこの方10回程度です。
またきちんと習ったのも、初心者向けの講習を学校のスキー旅行で行った程度です。

今シーズン、ジブやキッカーなどで遊びたいと思いスキー一式を購入しました。
いざゲレンデで滑ると初・中級者向けの斜面では普通に滑れますが、
中上級者レベル・30度弱の斜面のスピードで板を上手く操れないと強く感じ、危ないと思いました。
そこでスキーの操作を上手くするために、SAJの1・2級を目標に練習やスクールなどに参加しようと考えています。

しかし、購入した...続きを読む

Aベストアンサー

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そんなに早くどのコースもスイスイ滑れるようになったら、逆に飽きるのも早いですよ。
ツインチップも関係ないです。ノルディカのファイヤーアローなどはツインチップでもバリバリです。
ただし、基礎板に比べれば軽くて不安定な面はあるでしょう。

買い足すなら、普通の中級板で良いです。
基礎用と書いてあってもなくても良いです。基礎板なんて、海外メーカーはそれっぽい板を寄せ集めて「デモ」と書いてあるだけですから。
むしろ「デモ」と書いてないが故に安く処分されている板もあります。
センター76mmくらいまでのオールラウンドでも良いです。

カービングターンを覚えるまではサイドカット15m以下くらいの方が基本技術をマスターするのに都合が良いです。最初から大回り板を買うと遠回りになります。

例:アトミックの中級レジャー用「バリオカーボン」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/1001shopping/at-11-vario-c.html?ccode=ofv&pos=2&model=

日本では基礎板扱いの中級モデル「VF-Light」
http://item.rakuten.co.jp/sports-bazaar/s-sk100159/
海外では「ゲレンデ用スキー」ジャンルで「VF73」という名前になります。

ズッシリ重いのをいとわなければ「VF2」もボチボチ安いのをみかけます。
http://item.rakuten.co.jp/himaraya/0000000212388/
初級から1級の上まで幅広く使えます。
これも海外では「VF75」というモデルになります。

アトミックを例に挙げましたが、安売りメーカーを除けば各社それぞれ良いところがあります。

基本技術を身につけるのは良いのですが、「基礎スキー」はちょっと宗教じみた面があって、最終的にフリースタイル目指すなら客観的な視点を忘れない方が良いです。

2バックルというのは、アトミックのLiveFit系かサロモンのフォーカス系でしょうか?
ビンゴなら、足型に合ってさえいれば1級も充分受かります。
ただし足型に合っていなければ細かい操作で不利になります。これは2バックルだからではなく足型に合っているかいないかです。
このブーツ、バカにできませんよ。

板に関しても、2級までなら充分に使えます。
フリースタイルの中ではサイドカットがきついですから、そう極端な板ではないと思います。
スキー経験10日程度で上級コースで上手く扱えないのは当然です。
そ...続きを読む

Qスキー SAJバッジテストの点数について

先日、SAJの2級検定に合格しました。
質問ですが、受けた級によって、与えられる点数の上限って決まっているものなのでしょうか?
2級、全て66点で合格でした。が、当日の2級受験者20人中(4人合格)では 各種目66点が最高だったので、2級でエントリーすれば一番上がこの点数と決められているのかな、と感じた次第です。
というのも、同じバーンで行った 1級受験者の方々、転倒とか暴走気味とかの致命的に見える失敗されても、最低点が67点とかだったので(発表は1・2級同時でした)。
続いて1級にもチャレンジしたいと思うのですが、もし検定が絶対評価であれば、66点だとまだまだなのでもっと精進してから、と思うのですが、1級でエントリーしたらもっと高めの点をもともと期待できるのであれば、だめもとで申し込んでみようか、と考えている状況です。

Aベストアンサー

合格おめでとうございます。うらやましい。

かつてインストラクターをやってる人から聞いたのですが
1級は5種目×100ポイント=満点500ポイント
350ポイント以上合格(70%)
2級は4種目×100ポイント=満点が400ポイント
260ポイント以上合格(65%以上)

ってことになってます。
ここで、ぶっちゃけですが、
1級の場合は
・転倒暴走=67
・まだまだ=68
・あとちょい=69
・まあ合格=70
・合格!=71
・うまい!=72
2級の場合は
・転倒暴走=62
・まだまだ=63
・あとちょい=64
・まあ合格=65
・合格!=66
・うまい!=67

と、とどのつまり合格点(1級は70、2級は65)を中心に6段階評価やってるようなものなのですね。
だから1級と2級の間に点数の関係はありません。
1級を受験されたら、70点を基準に、超えてるか、まだかを大体6段階で評価されます。

と、2級を大回り以外64点で落とされた私がえらそうに答えてみました。(笑)

Qシニアのスキー1級検定について

現在65歳です。
20年前に2級を取得し、15年前に1級の検定を受け、不合格でした。
その後、仕事の都合で受験チャンスがなく、未だ、検定に未練があります。
しかし、受験者の年代を考えると、自分の年ではいかにも無謀のような気がします。

上手な友人と比べると、自分はそれほど運動神経が良いわけでもなく、
子供のころに父親に教えてもらったおかげで、年期だけは入ってます。

しばらく遠ざかっていた教程も買って読んでみようかと思っていますが、この歳で検定は
無理でしょうか?

合格するとは思っていませんが、1級バッチは憧れです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず1級はそんなに甘いものではありません。
失礼ながら質問者様のご年齢を考慮しますと、年間40~50日くらいの滑走をしないと1級のレベルを維持できません。
スクールや、指導員資格を持たれた方に指導を受けられていれば滑走日数は多少少なくなってもいいでしょう。

滑走不足でも検定挑戦するためには、オフシーズンは膝や腰を中心に強化トレーニングを実行してください。ランニング、軽いダッシュ、スクワット、背筋トレなどもしてください。


●まず、基礎小回りと横滑りは年齢的のも問題ありません。
●問題は大回りと、不整地種目です。

●大回りはスピードと切れ、ターンの質も求められます。

●一番問題なのが不整地小回りです。これは、スキー場、当日の天候、検定の都合によってゲレンデ環境が日々変わります。なるべく硬いコブ斜面を滑らされることが少ない検定会場の選択が必要です。下見が必要です。実際の検定も見るといいでしょう。日曜日の検定が比較的多いと思います。

●厳しい斜面を滑らされることが少ないスキー場が見つかったら、そのスキー場に連続して通いインストラクターから1級検定コースの指導を受けることです。

質問者様がコブ斜面を得意としているかどうか分りませんが、検定当日のゲレンデコンディションで硬いコブや深いコブを滑らされなければラッキーです。
八方尾根などの検定は厳しく、50人~80人受けても1人受かるかどうかのレベルですから会場選びは慎重におこなってください。

検定当日のゼッケンですが、3番から10番くらいのゼッケンが有利です。1~2番はフォアランナー(前走)の滑りと比較され不利です。
10番以降はみんな同じラインを滑るので荒れてしまい不利です。当日の検定申し込みは3~10番目までに並んでください。

まず1級はそんなに甘いものではありません。
失礼ながら質問者様のご年齢を考慮しますと、年間40~50日くらいの滑走をしないと1級のレベルを維持できません。
スクールや、指導員資格を持たれた方に指導を受けられていれば滑走日数は多少少なくなってもいいでしょう。

滑走不足でも検定挑戦するためには、オフシーズンは膝や腰を中心に強化トレーニングを実行してください。ランニング、軽いダッシュ、スクワット、背筋トレなどもしてください。


●まず、基礎小回りと横滑りは年齢的のも問題ありません。
...続きを読む

QSAJテクニカルプライズテストに合格するために

50歳のおやじです。
スキー歴は30年と長く、1級は25年前に取得しました。昨シーズンから励みとしてテクニカルをめざしていますが、整地大回りや整地小回りは75点位が出せますが、不整地がまったくダメです。特に不整地小回りは70点位です。コブのレーンにそって2~3ターンはできますが、だんだんターン弧が合わなくなり、スピードが上がり、ポジションが遅れ、レーンをはずしてしまい、逃げてしまいます。とくにバーンが硬い状況では、てきめん滑れず2級程度になってしまいます。
私は、昔から、ポジションが後ろ気味なのか、プロペラターンができません。また、スキーの早い操作(回転数の多い小回り)が苦手です。克服するためにはどのような練習をしたらいいでしょうか。シーズンオフのトレーニングも含めてお願いします。

Aベストアンサー

イントラです。
本当に整地小回りの技術に自信がありますか?

不整地が滑れないスキーヤーは、30°を超えるような急斜面整地でのトレーニング不足が原因です。
不整地種目は「慣れ」が重要ですが、闇雲に不整地で練習し続ければ克服できるかと言えばそうではありません。
多くの場合、内手(内腰)が引けてしまい、ターン後半にローテーションして失敗します。
次に多いパターンが、重心を谷方向に落とし込めないためにターン前半の雪面コンタクトが不足し、ターン後半に圧が集中して失敗することです。
つまり急斜面整地における基本トレーニング不足が原因です。
自分自身が得意と思っている部分にこそ、問題があるのです。
これはスキーに限ったことではありませんよね。

私、そして私の顧客も急斜面整地トレーニングをこなしている内に、徐々に不整地が滑れるようになりました。
まずは急斜面整地をご自分のリズムで滑り切れるようになるまでトレーニングを積んでください。
ちょっとしたきっかけで不整地を滑れるようになれば、あとは「慣れ」と自己研鑽により上達していきますよ。

目標をもってご自身の好きなスポーツに打ち込めることは素晴らしいことです。
かげながら応援しております。

イントラです。
本当に整地小回りの技術に自信がありますか?

不整地が滑れないスキーヤーは、30°を超えるような急斜面整地でのトレーニング不足が原因です。
不整地種目は「慣れ」が重要ですが、闇雲に不整地で練習し続ければ克服できるかと言えばそうではありません。
多くの場合、内手(内腰)が引けてしまい、ターン後半にローテーションして失敗します。
次に多いパターンが、重心を谷方向に落とし込めないためにターン前半の雪面コンタクトが不足し、ターン後半に圧が集中して失敗することです。
つ...続きを読む

Qスキー ジュニアバッチテスト

初めて質問させていただきます。

今シーズンからSAJの検定の改定があり、制限滑走から大人と同じ技術系に変更されましたが、
ジュニアバッジテスト1級の合格レベルは、実際のところ、どの程度に設定されるのでしょうか?
(SAJのHPの記載では具体的に良く分かりません)

大人の2級はおおよそイメージできるのですが、それと比較して運用上、どの程度の難易度になるのでしょうか?
(スクールによる違いがあることは知っておりますが…)

ちなみに受検する予定の子供は、2シーズン前にJr2級 昨シーズンにSIAのJrゴールドは取得しました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遅レスで申し訳ありませんが、小2の次男にJr1級受けさせてみましたので(当然、撃沈しましたが)感想を述べさせていただきます。ちなみに、年間滑走日数は25日程度、但し遊びでやっているのでレッスンはシーズンに2~3回しか入れてません。

スキー場は、セントレジャー舞子です。Jr1級は、斜面設定が甘い(斜度が緩い)点を除き、概ね大人の2級レベルの滑りが求められているような感じがします。その緩い斜面で、大人の2級の検定用斜面で大人の2級の合格者がするような滑りと同じくらいの滑りができていないと、合格点は出ないのかな、という感じです。(ちょっと分かりにくい表現かもしれません。すみません。)

関係者に聞いた話ですが、スキー学校の先生もかなり困っているみたいです。事前講習で、小学校低学年程度の語彙力の子供に、どうやって説明するんだ、とか。

親としても困るんですよね。何で落ちたのか、どうすれば受かるのか、と聞かれても。以前のようにポールだったら「お前が遅いから」の一言ですんだのに。対策だって、ライン取りこうしろとか、意味も無くずらすなとか、子供にわかるような説明ができたのに。

いわゆる基礎スキーにかなり真剣に取り組んでいる子供じゃないと合格しないように思えました。小2の子供には「スキーに行く度に毎回レッスン受けるつもりがある?無いなら時間と金の無駄だからやめたら。」と言って考えさせているところです。

遅レスで申し訳ありませんが、小2の次男にJr1級受けさせてみましたので(当然、撃沈しましたが)感想を述べさせていただきます。ちなみに、年間滑走日数は25日程度、但し遊びでやっているのでレッスンはシーズンに2~3回しか入れてません。

スキー場は、セントレジャー舞子です。Jr1級は、斜面設定が甘い(斜度が緩い)点を除き、概ね大人の2級レベルの滑りが求められているような感じがします。その緩い斜面で、大人の2級の検定用斜面で大人の2級の合格者がするような滑りと同じくらいの滑りができ...続きを読む

Q1級検定におすすめのスキー板は?

先シーズンの検定では、不整地小回りで2点足りず、合計1点の
不足に泣きました。 
来シーズンこそは雪辱をはらすべく、苦手種目の技術不足を新調板
に助けてもらおうと思っています。
アトミックのメトロンならば! と思いましたが、店員さんからは
 『検定には不向きな板』 と断言され、オガサカの板を何種類か
すすめられました。

“メトロン9”ってどうなんでしょうか?
ぜひ、皆さんのご意見をお聞かせください。 
どうぞ宜しくお願いします。

・ホームゲレンデの不整地はコブ斜面というより未圧雪コースです。
・当方、中肉、中背、おまけに中年仲間入り 1級以上は望み無し。

Aベストアンサー

メトロンB5に乗る前はアトミックの「arc-a」というSLベースの基礎板(157cmR=12mくらい)と、フォルクルの「ファンカーバーF5」という「スーパースポーツ4☆」の基になった板(158cmR=14mくらい)を、どちらも高下駄噛ませて乗ってました。
(どうでも良いんですが、フォルクルもファンカーバー時代はパッとしなかったのに、名前を変えて「基礎ラインですよ」と言った年からメジャーになりましたね)

メトロンに乗り変えてから、確かにパウダーとボコボコに荒らされた非圧雪斜面はムチャクチャ楽になりましたよ。ちょうどカービングスキーが出始めた頃と同じく「それはズルだろう」と思うほどです。
整地ではSLベースと比べれば穏やかな分、切り替えで遅れた時に「発射」コケする恐れが少なくなったと思います。サイドカーブ10mの割に融通がきいて大回りやクルージングもできますが、肘すりに興じるとちょっと忙しいかな。
B5は片側3.6kgと激重ですが、滑る分には1日で慣れました。見た目は派手ですが、乗り慣れてしまえば普通のカービングスキーですよ。「パウダーも滑れる9.10(arc-c)」と聞いた時に「なるほどな」と思いました。
まぁトップ幅130mmもあるのでコブでピッチリ足を揃える滑り方には適さないと思いますが…。

でも持ち運びがしんどいので、お金があったらm:9も欲しいなぁと思うわけです。まぁ、これからしばらくは子供の相手でMIDスキーの出番が増えると思うので、折れるかヘタるまで買いませんが。

試乗してませんが、m:11-B5Cという板があります。
無印B5に比べるとちょっとだけ軽く、トップ幅が狭くてサイドカーブもショートターン用としては緩め、164cmで14m。これならどうでしょう?
ちなみにメトロンシリーズは日本からの発案で製品化されたそうですが、欧米でヒットしてほとんどのメーカーから似たような板が出たのに、日本ではいまひとつ。遂に今期は無印B5の輸入を中止して(海外では継続販売なのに…)m:11-B5Cとm:9以下に絞るそうです。

今期から出る「ノマド」ってのもあり、ミドルモデルに試乗しましたが、こちらは大回り向き。サイドカーブが緩い割に踏めば深回り自在なカービング特性はアトミックらしく、これまた「余裕があれば欲しい1本」でも不整地小回りはメトロンほどオートマチックじゃないでしょうね。(試乗したのは良くも悪くも雪質が良い時。大回り肘すりが気持ちよかった)
あと、エランの「マグファイア12」ってのに春のザクザク荒れ雪で試乗。これは大回りで大爆走できる重戦車ですが、小回りはパワーがいりそうだと感じました。
ヘッドの「ゼノン9.0」とマグファイアの10はm:9そっくりのプロポーションですが、ヘビー級の私では深回りするとズレてくる印象。軽い人や女性だと操作しやすいかもしれません。(短時間の試乗ではそれぞれのメーカーのツボを見つけられなかっただけかもしれませんが)

海外ではこれだけヒットしたのに。ねぇ…。

まぁ、イントラで食べるために級が必要という人以外、結局は趣味ですので、楽しいと思う選択が一番だと思いますが。

メトロンB5に乗る前はアトミックの「arc-a」というSLベースの基礎板(157cmR=12mくらい)と、フォルクルの「ファンカーバーF5」という「スーパースポーツ4☆」の基になった板(158cmR=14mくらい)を、どちらも高下駄噛ませて乗ってました。
(どうでも良いんですが、フォルクルもファンカーバー時代はパッとしなかったのに、名前を変えて「基礎ラインですよ」と言った年からメジャーになりましたね)

メトロンに乗り変えてから、確かにパウダーとボコボコに荒らされた非圧雪斜面はムチャクチャ楽になりました...続きを読む

QSIAとSIAの差とバッチテストについて

スキーの連盟ってSIAとSIJの2つあるじゃないですか?この二つの差っていったいなんなのでしょうか。

それとスキーバッチテストのことなのですがSIAは検定の判定が曖昧でSIAの1級はSIJの2級に相当すると聞いたのですがほんとうなのでしょうか。わかる方おしえてください。

Aベストアンサー

YGucchiYさんに色々誤解があるようなのでまず日本のスキーに関する団体について説明しましょう。

スキー検定を実施している団体は以下になります。
(1) 財団法人全日本スキー連盟(SAJ)
(2) 社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)
(3) 日本テレマークスキー協会(TAJ)

その他の団体としては、日本プロスキー連盟があります。

日本プロスキー連盟と、日本テレマークスキー協会(TAJ)(テレマークスキーの団体)は、今回の質問に関係ないようなので省略します。

さてSAJとSIAの大きな違いは、アマチュアの競技団体と、プロの教師集団です。

(1)の全日本スキー連盟(SAJ)は、アマチュアの競技団体で、JOCと国際スキー連盟(FIS)に加盟していますので、オリンピックや、ワールドカップへの選手派遣なども行っています。

スキーの検定は、指導者検定と、スキーバッヂテスト、ジュニアバッヂテスト、クロスカントリー検定(説明省略します)があります。

スキーバッヂテストは、5級から1級までのハッヂテストと、プライズテスト(テクニカルプライズ・クラウンプライズ)に分かれます。

指導員検定は、準指導員(各県連主催)、指導員検定(全日本主催)

指導者資格と、テクニカルを受検するには、1級取得している必要があります。(年齢も関係あり)

詳しくは、取りあえずSAJのこのページみてください。
http://www.saj-edu.ne.jp/education/license.html

(2)の社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)は、スキーだけでなくスノースポーツの技術指導を目的とした専門家、プロの教師集団という事になります。
国際職業スキー教師連盟(ISIA)に加盟しています。
詳しくは、SIAのページをみてください。
http://www.sia-japan.or.jp/profile/rinen.html

SAJのバッヂテストにあたるのが、インターナショナルテスト(IT)です。
ISIAでは、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階の国際レベルの検定です。
日本だけ、セミブロンズ、セミシルバー、セミゴールド、スーパーゴールドを合わせた7段階になっています。

SAJの検定は、国内限定であるのに対して、ITの3段階はISIAの国際基準でジャッヂされます。

とはいっても、人間の目で判断しますからバラつきはあります。


さて検定のレベルの話ですが、種目が違うので一概に言えないのですが大体こんなところです。
SAJの2級受かる人は、SIAのITシルバー(逆はちょっと??)
SAJの1級受かる人は、SIAのITセミゴールド(逆はちょっと??)
SAJのテクニカルプライズギリギリ落ちるレベルで、SIAのITゴールドは、大体受かります。(逆はちょっと??ただしゴールド合格レベルがあれば1級は受かります)
SAJのクラウンプライズでもよっぽどうまくないと、SIAのスーパーゴールドは受からないと思います。。
理由としては、検定の演技の要素がデモンストレーション能力重視であるからだと思います。
スーパーゴールドは、06/07シーズンに初めてSIAフェスティバルで実施されましたが、30数人が受検して2名しか合格しませんでした。07/08シーズンは、何名合格したかはわかりませんが、そのくらい難しいようです。

YGucchiYさんに色々誤解があるようなのでまず日本のスキーに関する団体について説明しましょう。

スキー検定を実施している団体は以下になります。
(1) 財団法人全日本スキー連盟(SAJ)
(2) 社団法人日本職業スキー教師連盟(SIA)
(3) 日本テレマークスキー協会(TAJ)

その他の団体としては、日本プロスキー連盟があります。

日本プロスキー連盟と、日本テレマークスキー協会(TAJ)(テレマークスキーの団体)は、今回の質問に関係ないようなので省略します。

さてSAJとSIAの大きな違いは、...続きを読む

Qコブ練習に適したスキー場

スキー中級者です。今までコブを避けていたのですが、今シーズンから何とかコブに挑戦してみようと思っています。
まずは連続したコブの衝撃吸収に慣れる事から始めようと考えています。
そこで、緩斜面にある程度長さのある人工の小さなウエーブが作ってあり、ヒザ曲げのばしの感覚の練習ができるスキー場を、できれば関越道方面でご存知の方がいらっしゃったら教えてください。当方東京在住です。3~4時間程度で行けるスキー場であれば長野道方面でも行けるかな、とも思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

岩鞍も悪くないですよ、休日のお昼過ぎた頃に女子国に出来はじめるコブであれば・・・ですが。

コブ初心者であればエア台のあるようなモーグルバーンより自然コブの方が良いです、玉原のコブはかなり斜度が緩いのでコブが滑れなくとも中級(2級)程度の技術が有れば恐怖感無く練習できると思います。
さもなければ斑尾のように毎日キチンと整備するモーグル練習用バーンのあるスキー場か、ですね(練習用のコブ斜面としては国内随一のクオリティーです)。

4月5月になって雪が腐ってくるとコブの季節になります(その前に整地でのショートターンとポジショニングをキッチリ練習しておく必要がありますが)。
スピードが出ないので吸収さえ出来れば直滑降でもある程度滑れてしまうのですが、ここでコブの中でのターンとエッジングの練習をしないと次のシーズンに思い切り後悔することになります。

Q4月上旬でも雪質いいゲレンデと安い宿

4月の上旬(4日~8日の間)にボードに行こうと思っています。4月上旬でも比較的雪質がよく、初心者も上級者も楽しめるゲレンデをWEBなどで調べて検討したところ、
  かぐら・奥只見丸山・ASAMA2000
に絞られました。しかしこの3つは行ったことがないので、どこに行こうか決めかねています。もしこの中で、ここがいいよ というのをご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えてください!
また、この3つよりもこっちの方がいいよ という方もいらっしゃったらぜひ教えてください!
出発地は東京で、車で行きます。
おすすめの際、考慮していただきたい条件としては、
・4月上旬でも雪質がいい(初心者がいるので、アイスバーンやこぶが多いと楽しめないと思うから)
・初心者用コースも上級者用コースもある
です。
重ねてお願いしてしまって申し訳ないのですが、1泊2日で行く予定なので、おすすめされるゲレンデの近くに安いホテルがあれば教えてください。
ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部は
まあまあです。
私も4月に行きましたが、周りはまだ雪に埋もれていて、それがすごいと感じました。

 かぐらは近いので春スキーでも何度も行っていますが、4月にいると晴天率も上がって気持ちが
いいです。ただ雪質は、春スキーで動く最上部のリフトのところ以外は、あまりよくなく、雪面も荒れ
ていて初級者にはまったく向いていません。

 ASAMA2000は、(1)の標高は高いのですが晴天率が非常に高いため、下部はシャーベット状態
になります。但し、このスキー場はコンパクトなので、非常に整地がゆきとどいて、滑りやすく、初級者
・中級者には向いています。

 私が上記3つのスキー場よりいいと感じるのは、(2)の緯度は高くありませんが、志賀高原の熊の湯
&横手山です。宿も熊の湯の温泉ホテルは、どこもそこそこ良いかと思います。

 (1)~(3)を満たしていて、1泊2日で行けて、雪質、コースアレンジが良くてオールラウンドに気持ち
よく滑れるところというと、私なら蔵王に行きますが、友人は裏磐梯猫魔スキー場をあげました。
私も3月末と4月上旬に2回行ったことがありますが、とにもかくにも北斜面ということもあり、雪質は
この時期でも非常にいいです。新潟の雪質とは違います。関東近辺では丸沼高原も標高が高く、
北斜面ですが積雪量、雪質ともに猫魔よりかなり劣ります。
コース取りも初級者から上級者までオールラウンドで滑れます。
確かに行ったことがないのでしたら、奥只見丸山なんかよりお勧めです。ちょっと遠いのが難点です
が、私はいずれも1泊2日で行きました。そこで泊まった「裏磐梯猫魔ホテル」は温泉がすばらしく、
なかなか良かったです。
 

4月以降の春スキーで雪質を第一優先に考えるのであれば、次のことを考慮する必要があります。
  (1)標高が高い。
  (2)緯度が高い。
  (3)北斜面である。
(2)を考えると東北以北になるため、条件として外しがちですが、けっこう重要です。1泊2日であれば
会津、蔵王ぐらいまでなら対象になるのではないでしょうか。
あげられた、スキー場ですが、まず奥只見丸山は、春スキーでオープンということで積雪量はすごい
のですが、やはり新潟の雪だからでしょうか、雪質はそれほどでもなく重いです。それでも上部...続きを読む

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報