秋になると葉っぱが赤くなったり黄色くなったりするのはなぜでしょう

A 回答 (4件)

kakiyama さん こんにちは!



<紅葉は どうやって 起きるか?>
 秋になると気温が下がります。木々は冬支度をはじめます。枝と葉っぱの間に離層ができ、水や養分を運ぶ管を閉ざしてしまいます。

<イチョウなど、黄葉編>
葉緑素が壊れ緑色が消えると、今まで目立たなかったカロチノイドという黄色い色素が浮き出して見えるので 黄色く見える。

<もみじ等 紅葉編> 
葉の中に残った糖分が使われて、アニトシアニンという赤い色素が細胞内に広がるので、赤く 見える。

以上です。
ではでは・・・・。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 とてもキレイなので、花のように何か呼び寄せるものなのかとも思ったのですが。黄葉などは、もともとの色なのですね

お礼日時:2001/11/07 00:37

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「紅葉の化学」

この中に記載のある「離層の形成」メカニズムも興味ありますね・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.sci-museum.kita.osaka.jp/news/text/20 …
    • good
    • 0

それが落葉し肥やしとなり冬の蓄えとなり春の新葉に備えるのだ、とラジオで聞きました。

冷え込みが早いほど(低いほど)赤みが強くなるらしいです。理にかなってますね。
    • good
    • 0

動物もそうですが、植物も寒い冬に耐えるために冬支度を始めます。



紅葉する植物は、枝と葉の継ぎ目を遮断して、余計な水分や養分を葉に送らなくなります。
その時に葉の中で、色素が発生したり色素が抜けることによって、色が変化するのです。

参考URL:http://www.e-machi.gr.jp/inpaku/tokusyu/09kouyou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のお答えありがとうございました。参考URLもいってきました。
 

お礼日時:2001/11/07 00:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★ 札幌 1人旅 観光 紅葉 情報 ★

初めての北海道旅行です。

飛行機とホテルがセットになったツアーで4日か5日で検討中です。
中2日のうち1日は、札幌観光、もう1日は、紅葉を楽しみたいと思っています。

紅葉を見るとなると10月から11月上旬になると思います。
できれば紅葉スポットを2箇所以上みたいです。
札幌滞在だと行ける紅葉スポットも限られト思いますが
おすすめの場所とその場所の紅葉の満開の時期(例えば10月の第一週目など)の
詳細情報を教えてください。

現在は、JRタワー夜景、札幌市役所、北海道庁の地下食堂、北海道大学構内の銀杏並木、
ススキノの夕食が候補にあがっています。

札幌の一日観光で、おすすめを教えてください。
自然が好きなので博物館、美術館などへは、行きません。

小樽へ電車で30分程度みたいなので小樽も検討していますが
まずは、札幌を一日にするか紅葉スポットの候補が多ければ
紅葉観光を2日にするか検討しています。

Aベストアンサー

定山渓など郊外なら10月中旬、市街地だったら10月下旬がモミジの紅葉のピークです。11月上旬でもイチョウの黄葉ならまだ残っています。年によって多少違いはあります。

徒歩範囲でお手軽にもみじ見物するなら、道庁の裏にある北大植物園。園内に北海道の自然の森を再現していますので、街中なのに深山幽谷の雰囲気があります。だだし11月4日から閉園になります。
http://www.hokudai.ac.jp/fsc/bg/

中島公園。北海道にあわない小堀遠州の茶室と日本庭園があります
http://d.hatena.ne.jp/eolith/20110903/1314994869

駅からバスで15分くらいですが、知事公館の庭も
http://baupauboo.exblog.jp/15373091/

わたくし的には大通公園の砂糖カエデの日本離れした紅葉がすきです。
http://blog.livedoor.jp/miyanomayu2/archives/50905966.html

Q赤や黄色に紅葉した葉が落葉した後になぜ、茶色になるのか?

 http://www.occn.zaq.ne.jp/denki-kisi/htm/kouyou.htm から紅葉する理由はわかりました。つまり、赤い色は『アントシアン』黄色は『カロチノイド』渇色は『プロバフエン』ていう物質がその正体。ということです。
 では、落葉して葉が茶色になるにはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?「色を出している物質が壊れるため」と推測できますが、これらの物質は壊れたりするのでしょうか?
 落葉した葉が茶色になるのは日常的に見受けられる当たり前の現象ですが、そのメカニズムを知りたいのです。どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アントシアンやカロチノイドは酸化されやすい物質です。いわゆる抗酸化性物質といえるでしょう。アントシアンはポリフェノールの一種でもあります。

抗酸化性物質としての作用は、それ自身が酸化されて別の化合物に変わるということで、その際にそれらの特有の色も消失するということです。

植物が生きているうちは、それらの物質が補充されるでしょうが、落葉すれば補充されなくなり、空気中の酸素や光の作用で分解されるということでしょう。

プロバフエンのことは知りませんが、タンニンの一種ということのようですので、アントシアンやカロチノイドよりも安定化だと思います。また、分解しても似たような色の物質になるということかも知れません。

Q紅葉の観光スポット

 11月の3連休に、紅葉を見に行きたいと思っています。名古屋~車で2時間~3時間ぐらいで、3連休に紅葉が見頃の観光地があれば教えてください。

Aベストアンサー

定番中の定番になりますが・・・
京都はやはりキレイだと思います。
紅葉の名所も多く、色々な紅葉が楽しめます。

私の一押しは常寂光寺です。
嵐山付近にある小さなお寺ですが、そこの紅葉は感動しました。

ただ、この時期の京都は超ウルトラ混雑ですので、
人ごみが苦手な人にはオススメできません。
朝早く(7時ぐらい)嵐山に入れれば、少しはゆっくりと見れるかもしれません。

Qトウモロコシの1つ1つの実(種子)の色が、黄色と白色さまざまになるのはなぜですか?

トウモロコシの1つ1つの実(種子)の色が、黄色と白色さまざまになるのはなぜですか?
できれば関連するホームページも教えてください!

Aベストアンサー

エンゲルの法則。
 優性の法則 優性遺伝子(A)と劣性遺伝子(a)がある。その親(AA)と(aa)から生まれるパターンは。(Aa)のみです。その子から生まれるパターンは。(AA)(Aa)(aa)です。割合は、1:2:1です。つまり、優性が個体に現れるのは3で、劣性は1です。つまり、純粋な優性も少なく、劣性も少ない。だから、雑種が多いんですよ。

 それを応用してみましょう。トウモロコシの色で黄色が優性で、白色が劣性。でも、黄色が優性だから黄色い粒が多い訳です。

日本科学協会(http://www.proto-ex.com/gentaiken/qa19toumorokosinohige.html)の質問も参考にしてください。

Q雨の日の大雪山紅葉観光について

9月の末に大雪山の紅葉観光に行く予定です。もし雨の日になれば、どうすればよいか考えています。レインコートなどは用意しましたが、雨が降った場合は、あきらめたほうがよいものでしょうか? 紅葉観光の為の3日間の旅行ですので、とても残念です。雨が降った場合、皆さんどうされているのでしょうか? もし、経験のある方がいらっしゃたら教えていただけませんか。雨の日でも紅葉観光に行かれる方はいらっしゃるのでしょうか? また、その場合はレインコート?傘ですか? 銀泉台、旭岳、高原温泉沼めぐりを予定しています。

Aベストアンサー

3箇所とも秋に行ったことがあります。
雨の時も行きましたが、それはそれで楽しめます。
雨が降る時は大抵、ガスにまかれますから、文字通り遭難の可能性があります。
もちろん、道がはっきりしている駅周辺だけならいいんですけど。
怪しさを感じたらすぐに引き返すことです。
まあ、高原温泉はルートがしっかり整備されているので迷うことはないと思いますが。

雨が降ったら風も出ますから、傘よりレインコートがいいです。
高原温泉は段差などもある登山道もどきのハイキングコースですから
両手はあけておいたほうがいいのです。

旭岳なら天人峡羽衣の滝を見に行くとか。余った時間を
潰すということでいいと思います。温泉巡りもいいですし。

Q童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。

童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。
鳥類の進化が今後も続くとすれば、南天やピラカンサの赤い実を好んで啄むヒヨドリも数千万年の後に、赤いヒヨドリに進化する可能性はあるのでしょうか?
年中、赤い実を食べていないと、その可能性はないですかね?
ふとそんな疑問を感じたので投稿します。
どなたか進化の可能性を教えてください。

Aベストアンサー

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作が必要です。(自然界の遺伝子操作とは、細胞分裂時等に何らかの原因で遺伝子のコピーミスが起きることです)。
↑人間が米になるには、米を食べるのではなく、人間の遺伝子を米の遺伝子に置き換えなければいけないのと同じです(実際はそんなことはあり得ませんが)。


フラミンゴは赤い色素を摂取することで「フラミンゴ色」に染まっていますが、食べなければ白いフラミンゴです。それは何万年経っても同じです。これは乱暴に言えば、体に色を塗っているようなもので、遺伝子とは何も関係がありません。

仮にその色素を摂取しなくても「フラミンゴ色」になるフラミンゴが出現したとしても、その原因は赤色色素を摂取したからではありません。遺伝子が偶然そのような突然変異を起こしただけのことです。

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作...続きを読む

Q紅葉の美しい観光地

紅葉の美しい観光地を教えて下さい。

Aベストアンサー

自然のありのままの美しい紅葉(周りの景観も含めて)という意味では、いろは坂などが挙げられます。人の手を加えて(つまり人工的に)美しさを仕立て上げた紅葉なら京都(の各神社仏閣の境内)がダントツです(とりわけ拝観料という名目の入場料を払って入って観る境内は、紅葉に手入れが行き届いてお勧めです)。数も見どころもたくさんあります。

Qなぜ白くなる? 虫さされやじんましんはなぜ周りの皮膚は赤くなるのに、膨れている所は白いのですか?

なぜ白くなる?

虫さされやじんましんはなぜ周りの皮膚は赤くなるのに、膨れている所は白いのですか?

Aベストアンサー

晴れていて血液が通っていないからではないでしょうか。

Q紅葉シーズンでの観光客数について

今年の紅葉シーズンの観光客数は国内外での不景気により去年より減るという予想ですか?

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=2008%E3%80%80%E7%B4%85%E8%91%89%E3%80%80%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%AE%A2%E3%80%80%E5%89%8D%E5%B9%B4%E6%AF%94&lr=

上記サイトの抜粋ですが、
●京都への11月のツアーのなかには、すでに予約が前年より1割増
●嵯峨野トロッコ列車は、11月22~24日の3連休の一般向け予約が、売り出しから5分足らずで完売
と出ています。

金融危機が9月半ばからなので、その前に予約したことと、
今年は台風が来ていないので、その分紅葉に対する期待も高いのだと
思います。

Qこの植物の名前は何ですか? 赤や黄色の花がついてます。マツヨイグサのなかまでしょうか。横にのびていま

この植物の名前は何ですか?
赤や黄色の花がついてます。マツヨイグサのなかまでしょうか。横にのびています。

Aベストアンサー

開いている花が黄色く、しぼんだものが赤みがかっているなら
マツヨイグサの仲間だと思います。
コマツヨイグサでしょうか…。
http://www.musashino-p.co.jp/plant/plant-oz/tpc0509tukimi.htm
http://matsue-hana.com/hana/komatuyoigusa.html


おすすめ情報