親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

国産車に乗っています(日産キューブ)。
オイルの量をゲージで見るとHとLが有りますよね?その間にあれば良いことになっていますが、どのくらいがベストなのでしょうか?
一応HとLの真ん中あたりにしていますが皆さんはどのくらいにしていますか?どのくらいがベストと考えますか?ご意見をお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

こんにちは



まずはオイルの量が多いとき、少ないときにおこる不具合を・・・

オイルが少ない場合。
他の回答にもありますが、オイルが少なすぎる場合、ポンプがオイルを吸い上げることが出来ずに、
オイルがエンジンに供給されず、油幕切れを起こす危険があります。

オイルが多い場合。
こちらはオイルの油面が高くなりすぎて、クランクシャフトなどがエンジンオイルにつかってしまう
場合があります。この状態でエンジンを回すと、回転するクランクシャフトなどによってオイルパン
のエンジンオイルが攪拌し、泡立ててしまいます。こうなるとピストンへ多量のエンジンオイルが入
るなどの不具合が発生します。

つまり、大切なのはL~Hの間にあることです。
その中でも基本的にHぎりぎりまで入れるのは、他の回答にあるように、オイル漏れが発生した場合
の保険的な意味合いや、冷却・洗浄効果の容量アップが考えられます。
つまり、規定内であれば、極力多めにした方が、油温上昇や汚れは少なくなりますし、漏れた場合も
より長い時間規定量を保つことができます。
また、車の揺れにより、オイルの油面もゆれているわけですが、Lぎりぎりの場合など、稀にオイル
の偏りによりポンプの位置の油面が一時的に下がり、油幕切れを起こす場合もあります。

ただし、最適なのは、Hより少なめの範囲での多めであり、Hを超えて入れるよりは、Lより少し上
ぐらいの方が良いとお考え下さい。

以上、ご参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
Hより気持ち下くらいが良さげですね。

お礼日時:2005/10/15 06:39

基本的にはエンジンの冷えているときにHとLの中間より少し上です。



お店でオイル交換を頼むと交換直後(オイルがヘッドに溜まっている状態)でHレベルに合わせる事が多く、結果的にはHレベル以上に入っている事が多いのでチェックし酷すぎたら抜いておきましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
多すぎも心配ですよね。

お礼日時:2005/10/15 06:31

はじめまして。

車関係の仕事をしているものです。

日産キューブにお乗りだそうで。

(1)オイルの量をゲージで見るとHとLが有りますよね?

…まずはオイルレベルゲージのH(ハイレベル)とL(ローレベル)について説明します。
Hはオイルを入れる上限で、これ以上オイルを入れてしまうと、油面がエンジンの回転するクランクシャフトに接触し、泡立て器でサラダ油をかき混ぜた様にオイルが泡立ち、気泡で体積が増大しオイル漏れ・オイルポンプで吸い込めなくなる事による潤滑不良・多量の気泡によるオイルの酸化促進、等の不具合が起きてしまいます。
Lはオイルを入れなくても良い下限で、これ以上オイルが少ないと車の傾きや高回転運転時(エンジンの回転数に比例してオイルポンプの回転数も上昇する為)にオイルポンプの吸込口より油面が下がり、吸込めなくなる事による潤滑不良・オーバーヒート・焼付き等の起こる可能性が出てきます。

(2)その間にあれば良いことになっていますが、どのくらいがベストなのでしょうか?

…Hレベルです。
Lレベル付近だと、走行を重ねる内にそれ以下になってしまう可能性があるからです。

(3)一応HとLの真ん中あたりにしていますが皆さんはどのくらいにしていますか?

…私は高回転頻繁使用する軽自動車の為、Hレベルより少し(5mm程)上にしています。

(4)No.10のbathbadyaさんの返答の

「L」より下。

オイル警告ランプがつかなきゃ大丈夫って考えです。
(あまり少ないとカーブで点灯するので足すけど)
交換する量も少なくて安上がりだし・・・
とりあえず、いままでトラブルなしです。

…この様な考えは大変危険ですので、絶対に真似しないで下さい。
オイル警告ランプが点灯する状態は、このまま走行すると危険です!というシグナルであり、オイル警告ランプ点灯=オイル補充時期や交換時期などでは決してありません。
エンジンオイルの使用限界を過ぎ、潤滑・冷却・密閉・洗浄等の作用が全て失われている場合や、エンジンが最低限必要とするオイル量にも達していないという危機的状況なのです。

交換する量も少なくて安上がりだし・・・
とりあえず、いままでトラブルなしです。

…必要な費用をケチると、今はトラブルは起きなくともいつか必ず不具合が起き、その何十倍ものお金が必要となってしまうでしょう。
少なくとも、その車の寿命が短くなるのは間違いありません。

(5)オイル類は極力純正品を使用しましょう。

社外品を使用すると、洗浄力が強力過ぎてオイルシール(ゴム部品)を溶かしたりして、オイルも漏れを起こす場合も無いとは言えません。
各メーカー共、耐久試験はそのメーカーの純正オイルを使用して行っており、エンジンとの相性もいいですし、純正品の信頼度が一番高いといえます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
H付近にしてみます。

お礼日時:2005/10/15 06:33

#11です。

度々すいません。

訂正部があります。

>安全率を考慮すればやはりL側の方に合わせるのが良いのかも知れません。

上文のL側→H側です。

訂正してお詫びします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2005/10/15 06:34

Hレベルです。



量の余裕によってパン上のクーリング効果が期待できる。
OILクーラーの無い普通の車はここでしか冷やせません。OILの事を考えると最適だと思います。

ショップは寿命のきた「オイル食いの激しいエンジン」の事が有るのでHまで入れる事は当然です。
整備士はそう習います。

自分で整備・始業点検出来る人はH~Lの好きなところで十分です。

メンテのインターバルが稼げる事でユーザーの負担軽減がHレベルが基本だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>ショップは寿命のきた「オイル食いの激しいエンジン」の事が有るのでHまで入れる事は当然です。
なるほど、納得しました。

お礼日時:2005/10/15 06:35

#2です。

だいぶシビアにオイルの量をお考えのようすですね。
ところで自分の車のLとHの間にどの位の量のオイルが入るか知ってますか?私の車は約700ccです。

オイルの総量が4200ccなので4L缶一つで交換するとゲージのLとHの3分の2、H側になります。

Lギリギリで約3500ccのオイルは入っている事になります。

さてそこでどちらに合わせるかですが、何時も4L缶で交換するのでHにはなりません。(必ず追加しますか?と聞かれる)
オマジナイに添加剤を入れる時もあるので其れで良いと思っています。

もっとシビアに考えると夏場は油温の上昇を抑える為多目にH側、冬場は油温の上昇を早くする為少な目にL側という事も考えられますが、安全率を考慮すればやはりL側の方に合わせるのが良いのかも知れません。

でも基本的にはLとHの間で良いと思うことは変わりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに4L缶1つで済ませたいですよね。

お礼日時:2005/10/15 06:37

>皆さんはどのくらいにしていますか?



「L」より下。

オイル警告ランプがつかなきゃ大丈夫って考えです。
(あまり少ないとカーブで点灯するので足すけど)
交換する量も少なくて安上がりだし・・・
とりあえず、いままでトラブルなしです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
かなりリスクを感じます。Lよりは上にしておきますね。

お礼日時:2005/10/15 06:38

NO.1です。



オイルレベルを気にされていますようですけれど、それよりもオイルの質の方が大切だと思います。

今の時代は、粗悪品はあまり見かけなくなりました。

有る程度の高品質オイルですと、オイル交換の頻度を減らせます。
高品質オイルは汚れも早いですけれど、それだけエンジン内の汚れを取ってくれますので、エンジンには良いです。

多少距離を多めに乗りましても、交換サイクルを減らせる分、楽だと思いますし、エンジンへのダメージも少なくて済みます。

安いオイルは汚れない分、エンジン内の汚れの落ちも悪いです。
長い目で見ますと、高品質オイルはエンジンに良いです。

特に、ターボ車の場合はエンジンへの影響が、てきめんに表れます。

参考までの、個人的な意見でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
安かろう悪かろうはイヤですね。同感です。

お礼日時:2005/10/15 06:40

カー用品店などでも、基本的にHぎりぎりにするようになっているそうです。


悪く解釈すれば「継ぎ足しのオイルを売りたいだけ?」という考えもできますが、オイルも減ることはあっても増えることはないのですから、妥当な判断ではないでしょうか。

ただし、きちんと水平な場所に駐車した状態で、停止してから十分に時間が経っている(周囲の壁などにオイルが付着していない)ことが必要です。また、温度によってオイルの硬さが変わるので、ギヤ部などに残るオイルの量も季節によって変化します。
これらを考慮すると、素人が確認するレベルではHのちょっと下あたりで妥協しておくべきかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
Hやや下くらいですね。参考にします。

お礼日時:2005/09/16 14:16

H~Lの間にあればよい事になっていますが



万が一 オイル漏れを起こした場合
L近くだと直ぐに オイル量不足になりますよねー

Hギリギリいっぱいまで入れておけば オイル不足になるまで 時間が稼げますので 異常発見と修理に間に合う可能性が高くなります

Hレベルいっぱい(ギリギリ)までの充填が基本です。 登録5年(5万km)以上なら 絶対です!
マメに週一回とか レベルチェックするのなら L-Hの中間でもかまわないでしょう


キューブでは必要無いですが
高回転多用する車などは オイルポンプ供給と
潤滑され下(オイルパン)に落ちてくるオイル量が不足気味になるので 少し多め(Hレベルより200~300ccUP)に入れたりします 
AE86なんで まさにコレ!
但し 町乗りやアイドリング時は オイル量多目は良くないです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ほぼ町乗りだけです。H以上は怖くて入れられません。H付近が無難でしょうか。

お礼日時:2005/09/16 14:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイルって、入れ過ぎると、どうなる?

主に、エンジンオイルの交換時、規定量以上のオイルを入れてしまい、そのまま
運転した場合、どうなるのでしょうか?

エンジンに、何か不具合が生じるのか、それとも、規定量を超えたオイルが、どこ
からか漏れるのか、どうなるのでしょうか?

私の場合は、エンジンオイルの交換時、次いでに、市販のエンジンオイル添加剤
を入れているのですが、その添加剤の説明書きにて、「油量が規定量内であること
を確認して下さい」との趣旨の注意書きを、よく目にします。
実際、そこで、オイルゲージを使って、規定量内かどうかを量ることはしないのです
が、超えていたとしたら、どうなるのか疑問に思い、質問をさせて頂きます。
今まで、それで何か不具合が出たことはないので、特に問題はないような気はしま
すが、教えて下さい。

Aベストアンサー

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ過ぎると動いてる部分(クランクシャフト)がオイルを叩くような事になって大きくパワーロスをします。
http://www.gulf-japan.com/faq09.htm#qa48
でもだいたいの自動車は相当悠長な作りになっていますから少し超えたぐらいでは何ともないはずです。50CCとかでは油断できませんよね。
多すぎるよりは少なめのほうがマシというのが今日の基本です。


ウェットサンプと言っても、デフのようにオイル溜めの中に潤滑部分が漬かっているような原始的な物ではなくてちゃんとポンプで汲み上げて各部に送るような仕組みになっていますので安心してください。

二輪と違ってだいたいの自動車のエンジンはドライサンプではないですよ。フェラーリとかポルシェは別ですけど。
オイル交換の時、エンジン底部にあるドレンボルトのみを抜いていますよね(ゲージ穴からも吸えますが)。オイル量を量るオイルゲージをエンジンに差し込んでいますよね。
けっこうな容量のオイルタンクがエンジンとは別に装備されていませんよね?
http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=40
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%B5%A5%F3%A5%D7

ですのでオイルを入れ...続きを読む

Qエンジンオイル規定量の1.7倍入っていた車

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回オイル交換した人が、エンジンを回し、漏れチェックなどをしたのちに、
オイル量が少ないと勘違いし(オイルパンまでオイルが落ちてきていなかった)
規定量以上、補充したものと推察しますが、知り合いはは半年乗っていても、不具合を感じなかった様子です。


疑問に思ったのですが、
○1,7倍のオイルを入れても、走行に「目立った変化」はないのでしょうか?

自分で交換するときは、ゲージの上限より5ミリでも入れすぎると、気になって、わざわざオーバーしていた分を抜いていました。

オイル量を規定より入れすぎるのは当然車に良くはないとは思いますが、
例えば、ゲージの上限より1センチくらい上でも(大体500CCくらい?) 走行に「支障」は出ないのでしょうか? (たぶん今回 アリストのゲージは 上限より1,5センチくらい上だったと思います、それ以上だったかもしれません)   

ここでの支障とは、長期的にエンジンにダメージが出るという物ではなく、短期的な支障、
車がノッキングする とか オイルが噴く とか そうした 走行に支障が出る症状や、
車に対する知識が「普通の人」が「オイル交換してから 何か調子がおかしい」 と感じるほどの 違いが出てくるものでしょうか?

知人(男性)は 車に対する知識が無いので、1,7倍も多くのオイルが入っていても、車の変化に気づかなかったのでしょうか? もし 車好きな人ならば、変化に気づいていたのでしょうか?
それとも、目立った変化は車には現れないものなのでしょうか?

○エンジンオイルを入れすぎた場合(500CC位大目に入れている場合)長期的に見てエンジンにどんな不具合が出てくるものなのでしょうか?

ご存じの方お教えください

先日、知り合いのオイル交換をしたところ、(アリスト エンジン形式2JZGTE)
メンテナンスデーターによると、エンジンオイル交換時、5,3リットルが規定量のところ
9リットル以上入っていました。

間違えて他のオイルを抜いたのかと思いましたが、間違いなくエンジンオイルでした。

前回はいつもの工場ではない所で交換しています。

1,7倍も入っていた理由として、アリストはエンジンオイルを交換し、エンジンを回すと、オイルパンにオイルが落ちてくるまで、かなり時間がかかったので、もしかしたら、前回...続きを読む

Aベストアンサー

中古車屋の整備士です。

エンジンオイルは2倍以下ぐらいまでなら何とか問題ありません。
それを超えると白煙が出るとか、エアクリーナーにオイルが入るとか・・・・

しかし、上限以上入れると
クランクシャフト等の回転部分がオイルに浸かるためパワーロスになります。
また、オイルを撹拌するためにオイルがあわ立ちます。
あわ立ったオイルで潤滑不良や冷却不良を起こすことが有ります。

問題のないエンジンなら上限を超えて入れないほうが得策です。
また下限以下でもすぐに支障が出ることはありません。(余裕があるため)
ですので、入れすぎよりも下限のラインに合わせるぐらいがちょうど良いと言えます。
オイル消費がひどい物は多少多めに入れることもあります。


それから・・・
エンジンオイルだと思ってATオイルを抜いていませんか?
一度ATオイルの確認をしてください。

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Qメーカー指定粘度オイル(0W-20)を入れる理由は

先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの...続きを読む

Q初歩的な質問ですが【オイルの適正量の量り方】

 親切な回答にいつも感謝しています。

 オイル量の測り方は、「オイルレベルゲージ」で調べれば良いというのは分かっています(教習所で昔習った程度ですが)。

 ゲージを抜いて、ついているオイルをふき取り、
オイル量を測るために再度入れると、ゲージの先端(ペロペロしていて)が周りに触れて、実際見てみると
ゲージの先端がオイルべっとりという感じなんです。
 結局、Low-High 間よりも(Highのさらに)上の感じなんです。

 量り方が間違っているのでしょうか?
(それとも、実際にオイル量が多いのでしょうか?)

※季節が今、冬なので、20分程走って車とオイルを温めた方が、正確に量れると思っています。
 ひょっとして、オイルを量るタイミングが誤りなのでしょうか?
 

Aベストアンサー

朝一のエンジン始動前に計ってください。

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Qエンジンオイルのレベルゲージの見方は?

今朝、エンジンオイルのレベルを見たら… L側寄りですが1/4ぐらいでした。
その後、ガソリンスタンドでチェックしてくれたら(勝手に)… L以下でオイルが無いと言われました。
エンジンオイルの見方は、エンジンが完全に冷えてオイルが下に下がっている時か
一度エンジンを回してからなのかどちらが正しいのでしょうか?
 
ダイハツムーヴ(L900S)です

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

チェック方法

・エンジン停止後、5分以上経過してから、レベルゲージでチェックする。
・GSでの場合、エンジン停止直後に見るため、間違いが非常に多い。
逆にオイルを入れすぎて不調になるケースがあります。
また、エンジン停止直後は、オイル不足の表示は正しいのです。

この辺の手順は、取り扱い説明書に記載されていますよ。
教習所でも基礎技術として勉強しているハズです。

Q燃料添加剤のワコーズF1は、オイルを汚しますか?

F1は、使用するとカーボンやスラッジが分解されて、オイルに溶け込み、オイルが汚れる。使用後はオイル交換もした方が良い。
と言うのは本当ですか?

ガソリン添加剤は、オイルとはあまり関係なく、いつでも投入可能と考えていました。上記の内容を考えて投入する場合は、オイル交換の少し前に入れる事になります。
F1の投入は、オイル交換前が良いか、いつでも良いか教えて下さい。

今1台の車に入れないで、入れる時期を待っています。

Aベストアンサー

スロロットルバルブ、インジェクターに付着した汚れを溶かし落とし 燃焼させるので オイルが汚れる訳です。
酷く汚れるかと言えば 汚れ具合次第 10万km何も洗浄剤を入れてないなどならかなり汚れの付着が酷く F1一回投入程度では、汚れが取りきれないものです。

F1投入で 少なからず汚れるので オイル交換前に入れるのが望ましく
投入して 3千km5千km走行しても問題は起きないでしょう オイルエレメントが汚れは、ろ過します しかし 気分的に 気にする人神経質な人には、早めのオイル交換が安心できるといった所かな
投入し3千kmはまず大丈夫 しかし個人的には、5千kmを超える走行は、避けたい気分です。

Qオイル量がゲージの上限を超えているのですが

H17年式のエアウェイブに乗っている者ですが、先日オイルチェックをしてみたところ、
レベルゲージの上限の目印よりも2~3mm程上のところまでオイルが付着しておりました。
(一度ゲージをウエスで拭き取った後にチェックしております)

オイルの入れすぎは良くないと聞いた事がありますので、オイル交換作業をしたディーラー
に確認したところ、
「交換作業はオイルがエンジン内部にまだ残留している状態で作業する。交換時には上限
までオイルを注入するので、2~3日エンジンをかけずに駐車しているとエンジン内部に
残留していたオイルがオイルパンに落ちてくるので、若干上限を超えるようになる。2~3mm
程度のオーバーであれば全く問題無い」
との回答でした。

私としては、後に残留オイルが落ちてくるのがわかっているなら、その分差し引いて作業を
するべきでは無いのか?と思いますし、それ以前にディーラーの回答が「普通に作業したら
上限値など通常超えるもんだ」と言っているように思えるのですが、本当にそういうもの
なのでしょうか?

ご存知の方、教えて頂ければと思います。宜しくお願い致します。

H17年式のエアウェイブに乗っている者ですが、先日オイルチェックをしてみたところ、
レベルゲージの上限の目印よりも2~3mm程上のところまでオイルが付着しておりました。
(一度ゲージをウエスで拭き取った後にチェックしております)

オイルの入れすぎは良くないと聞いた事がありますので、オイル交換作業をしたディーラー
に確認したところ、
「交換作業はオイルがエンジン内部にまだ残留している状態で作業する。交換時には上限
までオイルを注入するので、2~3日エンジンをかけずに駐車しているとエ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、今回のお答えディラーの説明どおりですよ。

>分差し引いて作業をするべきでは無いのか?と思いますし

それもまた真なりですね。
でもオイル量はあなたが気にするほどシビアなものではありません、
大体○リットル、ゲージのここら辺あたりまで・・・という感じで捉えてください。
またこんなことも言えます、あなたがオイルをゲージで点検した場所は完全に水平でしたか?車に人や荷物は積んでませんでしたか?水平は完全に保たれた状態で点検したと言い切れますか?
こんなシビアなことをしなくていいように、いい意味で「おおよそ」でいいのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング