書類のチェック項目によく「レ点」を使用しますが、正しくはカタカナの「レ」を使用するものなのですか?
それともチェック印がカタカナの「レ」の字に似ているから「レ点」というのですか?もしそれが正解なら「レ」の字を使用すること事態が誤りなのですか?
本当に暇なときでよろしいので教えてください。
なお、質問しておいてなんですが回答に対するお礼は月曜日までできませんが、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も皆さんと同意見です。


>「レ点」というのですか?
とのことですが,「レ点」を(漢文の返り点ではなく)チェックマークの意味で使っているのを聞いたことがないので,なんとも言えません。
一般的には,アルファベットのvの最後を右上に少し長くはねあげるような形で書くことが多いと思います。
フォントの指定できるWindowsアプリケーション(Wordなど)をお持ちでしたら,フォントをWingdingsに指定して,Altキーを押しっぱなしにしたまま,テンキーで0252と打つと,この記号が出ます。
また,Windowsアプリケーションの設定画面などでも,四角い欄(チェックボックス)をクリックすると,このマークがついたり消えたりするものがよくあります。
ただ,正式の書き方は決まっていない(たぶん…もっともJIS 0213(いわゆるユニコード)にはtickもレ点も含まれていますが)以上,一般的には仮に「レ」を使っても「誤り」とは言えないと思います。
社内規定で「文書のチェックにはこういう記号を使うこと」などと決まっていれば別ですが。

ちなみに,外国の選挙など見ていますと,さまざまな方法があるようですね。選びたい選択肢の□を塗りつぶしたり,チェックを入れたり,×を入れたり…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
前の方にも述べたのですが、事の発端は「JIS」でした。その関連書類を作成していましてその書類にチェック項目があるんですね。そのチェックの要領として「レ」となっているんですよ。
まえから不思議に思っていたのですが、この文書を作成している媒体がそういう文字しか使用できないから「レ」としているのかどうか分からなくて周りの人に質問したところ・・・・・・・収拾がつかなくなりました。
手書きだときっとpuni2さんもおっしゃってたような文字になるはずなのになんでEXCELやWORDを使用するときは「レ」なんだ?と、文字の右側の方が長くなるようなものを記入したいのに・・・とか色々感じてたわけです。
でもやっとすっきりしました。
やっぱりちゃんと存在していましたね、その記号が。
早速試してみたら私のPCでも出ました。
全ての書類にその記号を使用して書き直しました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 09:53

あの印は英語ではtickといいます。


ranxさんの仰るとおりvに近いです。
あれを「レ点」と呼ぶのは初めて聞きました。
私も「レ点」は漢文に使うものだと思っていました。
なので、日本から欧米へ伝わったわけではないと思います。

ちなみに選択肢の場合、日本では選んだものを○で囲んだりしますが、
欧米では選ばなかったものを線で消すそうです。
ご参考までに。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>あれを「レ点」と呼ぶのは初めて聞きました。
私がまだ某陸の上の自国の番人団体(分かりずらい表現だ・・・)に所属していた頃、各種点検表なるものがございまして、その表のチェック項目に印を付けていくのですがよく上官から『チェックは「レ点」だ!』と怒鳴られたものでした。
それ以来私は「レ点」と覚えていました。
共通語ではなかったのですね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 09:40

10年程前英国で初めてチェックマークを見た時は、「こっちでは、こんな書き方をするんだな」と


思いました。それまで日本では、(少なくとも私が知っていた限りでは)書類のチェックボックス
といえば○か×(時には△)を入れるものと決まっていましたから。
その後日本でも結構目にするようになったのは、この間の「グローバル化」の一環なのだろうと
勝手に思っています。。

というわけで、正しいも何もないでしょう。
英国で見たものは、レよりもVに近い感じだったと思います。

書きやすいのは「レ」ですが、見て分かりやすいのは「○」ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですか、10年前は○か×だったんですか。
そういえばまだ私は学生でしたが、何か表みたいなものに記入するときは○か×を書いていたような気がします。
前の方達もおっしゃっていたように、分かりやすければいいのかもしれませんね。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 09:33

 


  あの「チェック」マークは、アメリカで一般に使われていますし、西欧諸国でも使われているはずです。日本の「レ」文字が、アメリカや西欧に伝わって使われているのか、または、アメリカや西欧起源の「チェック」マークが日本に入って来て、その形が、カタカナの「レ」に似ているので、チェック・マークとして、日本で「レ」を使っているのかどちらかと考えますと、それは、日本から伝わったのではなく、日本に、ああいうペンなどで書きやすいチェック・マークが伝わったのでしょう。
 
  チェック・マークを例えば、JISなどで定義してもよいのですし(もう定義されているかも知れません)、わざわざ定義しなくとも、カタカナの「レ」をチェック・マークに代用して問題がなければ、それでよいのではないかと思います。(ルビというのは、ふりがななどに使う小さな文字ですが、あれは、イギリスの英語の ruby が元の言葉で、英語での活字の或る大きさの名前です。それが日本に入って来ているのですが、ルビーは英語起源だから、英語の活字の大きさだけに使え、とは言わないのと、同じように、「レ」点は、それでチェック・マークの代用にして、別に支障がなければ、それでよいということだと思います)。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そう、ことの発端はその「JIS規格」なんですよ。
その書類というのも「JIS」に関連している書類なもので結構規定があるんですよね。
そこで今回もし詳しい方がいらっしゃるならと思い質問させていただきました。
このように今回本当に参考になるものばかりでして大変嬉しく思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/12 09:29

 こんにちは。



 「レ点」って、本来は漢文の「返り点」のことですよね。
#例えば
読「レ」書(書ヲ読ム)
帰「レ」国(国ニ帰ル)

 ――みたいに。

 で、shu666さんもおっしゃっているように、チェックマークとカタカナの「レ」の字が似ているんで、チェックマークの代わりに「レ」の字を使っていて、しかも「チェックマーク」というよりも「レ点」と言った方が通じやすいので、結果的にチェックマークのことを「レ点」と呼ぶケースが多いのではないでしょうか。

 ということなので、厳密に言えば「レ」の字を使うのは誤りなんでしょうが、まぁ分かりさえすればどちらでも良いような気がします。

 いい加減で申し訳ありません。

 参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そういえば学生時代に習いましたよね。すっかり忘れていました。
>ということなので、厳密に言えば「レ」の字を使うのは誤りなんでしょうが、まぁ分かりさえすればどちらでも良いような気がします。
結果的にはそうなんですが、いつも物事を話し合っているうちにどんどん話って膨らんできますよね。しかもそれが人数が多くなるとあっちではこう言ってる、こっちではこう言ってるみたいな論争に発展しちゃって。
しまいに一度言い出したら引っ込みがつかなくなるのか自分の否を認めようとしない人が複数人いらっしゃるともう収集がつかなくなってしまいまして。
原点に返ればtenmayさんのおっしゃる通りなんですが。
今回の件で結構説得ある回答が多く見受けられましたので早速プリントアウトして皆に回覧させようと思います。
本当にありがとうございました。

 

お礼日時:2001/11/12 09:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石川啄木「ローマ字日記」翻字者について

石川啄木「ローマ字日記」を、筑摩書房1967年版の「啄木全集 第六巻 日記(二)」で見つけたのですが、翻訳(翻字)が誰の手なのかが書かれていません。
誰によるものかご存知または調べる方法をご存知なら、お教えいただけると有り難いです。

(岩波文庫にも同作があります(そちらは桑原武夫さんらしい)が、出版年代も10年離れているし、同じっぽくない気が。そちらを入手していないので比べられないのですが。)

Aベストアンサー

 今、私が見ているのは筑摩書房版全集第6巻、
昭和61年(1986)初版第6刷です。

いわゆる「ローマ字日記」は明治42年4月7日から始まりますが、
その前の「明治42年当用日記」の最終部分、
4月3日から6日まで、啄木はローマ字で日記を記しています。

全集の42ページ、4月3日の和文の部分に注釈があります。
[編集部翻字、以下同]

ちなみに、昭和36年版岩波版「啄木全集」も、
[編集部翻字、以下同]です。

Q日本文学で重要な変化点となった「言文一致運動」について2点質問です。

日本文学で重要な変化点となった「言文一致運動」について2点質問です。

明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?
2:口語体で書かれた文学と文語体で書かれた文学を共に読み比べてみると全くといっていいほど違う文章ですが,
やはり当時の口語と文語の違いは相当だったという考えでいいんでしょうか?

以上確認したくお願いいたします。

Aベストアンサー

>明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?

坪内逍遥をはじめ文学者から「言文一致運動」が唱えられています。坪内逍遥は東大の文学部英文学科卒業の文学士で、早稲田大学の教員ですから、英文学や海外の文学の影響を受けたのではないでしょうか。また、文語と口語の乖離を実感していただろうことや、明治という時代の雰囲気-今までを見直し、新規のことにチャレンジしてみるとの雰囲気。江戸時代は遅れており、改革せねばならないとの意識-の中にあったことも影響していると思います。坪内逍遥-二葉亭四迷のラインだけでなく、山田美妙などの言文一致運動もありますので、文語と口語の乖離を実感していた人は多かったのではないでしょうか。

2:口語体で書かれた文学と文語体で書かれた文学を共に読み比べてみると全くといっていいほど違う文章ですが,
やはり当時の口語と文語の違いは相当だったという考えでいいんでしょうか?

やはり相当違ったと思います。それを実感する人間がいたからこそ、言文一致運動が起こったのだと思います。ただ、評価はされていませんが、江戸後期の式亭三馬の「浮世床」などは、江戸弁という限定された言葉ではありますが、相当口語の江戸弁に近い表現を試みています。江戸時代でも、文語と口語の乖離について、感じていた人はいたのだと思います。

以上参考まで。

>明治時代に唱えられた「言文一致運動」で今まで文語体で書かれていた文学が口語体で書かれる様になりましたが,

1:どのような経緯から今までの文語体から口語体の文学になっていたのでしょうか?

坪内逍遥をはじめ文学者から「言文一致運動」が唱えられています。坪内逍遥は東大の文学部英文学科卒業の文学士で、早稲田大学の教員ですから、英文学や海外の文学の影響を受けたのではないでしょうか。また、文語と口語の乖離を実感していただろうことや、明治という時代の雰囲気-今までを見直し、新規のこと...続きを読む

Qカタカナ?ヒラガナ?

SF小説或いはSF漫画などで、人外のキャラクター(コンピューター、ロボット、エイリアン)といったキャラクターの台詞を表す時に本来、ひらがなで表す文をカタカナで書き、逆にカタカナで表す部分をひらがなで書くといった表現を見たことがあります、(例 高千穂遥のクラッシャージョーとか石ノ森章太郎の仮面ライダー)これらの表現には、何か文法上のルールとか、何かあるのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

カタカナはサウンドそのものを表すのに用いるという習慣があり、それは今でも引き継がれているように思います。ですから擬音語、外国語の原音をシミュレートした表記、音読みに使われることが多いわけでしょう。
昔は僧侶がお経の読みなどを書くのに使っていました。
あと誰かがしゃべった言葉をそのまま引用しているというのを表すために使われている例もあります。

人類以外の者にとって人類の言語は「外国語の原音」として聞こえるわけですからそちらをカタカナに、非人類の中の思考や言語は逆に平仮名で、などという使い分けをして、非人類の知性体という雰囲気を演出する方法にしているのでは。
表現上の工夫でもあるし、作者の遊びでもあるのかも。


明治のカタカナ教科書については諸説ありますが、当時の政府としては旧来の教育をスタイルからも改めて、西欧的な教科書を整備しようという動機の底流があった事を指摘しておきます。
またそれまでの平仮名は異体字(変体仮名)が多かったり、同じ字でも字形のゆらぎが大きいなど、印刷、活字化にあたっては苦労していたこともあると思います。

Qレ・ミゼラブル・・・?だったかなぁ?

いつもお世話になっております。
質問です。

たぶん、「レ・ミゼラブル」だったと思うんですが、
ある女性(奥様?)が男性(だんなさま?)にプレゼントをしたいんでだけれども、お金がなくて、自分の何かを売る・・・・という下りがあったと記憶しています。

自分の記憶では「前歯だったのでは?」と思っているのですが、「でも前歯なんて・・・ありえないか」という思いがあり、「髪の毛だったかも?」なんて思っています。

どなたか「何を売ったのか」おわかりの方、教えてください。

※レ・ミゼラブルじゃないけど、こんなん話しもあるよ、でも構いません!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

レ・ミゼラブルにあります。

ファンチィーヌという女性が、未婚の女性だったために旅の途中で、娘を(悪徳)宿屋に預けます。
しかし、その宿屋から頻繁に養育費を値上げされる上、失業してしまうという不幸が重なりました。
そのせいで、綺麗な金髪や美しい真珠のような歯まで売って送金したという話しです。

Q弘法も筆の誤りって・・・

弘法も筆の誤りって意味はわかるけどなんていう字を間違っちゃったんでしたっけ?聞いたことあるような気がするんですが・・・・
私のできる限り調べた結果、今昔物語の巻第11の第九話にあるらしいんですが、そこから先がどうもわからなくって・・・
おねがいしまーす

Aベストアンサー

参考URLにありました。

参考URL:http://www.union-net.or.jp/cu-cap/koubou.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報