ドラマ「女王の教室」の中で、阿久津先生は「一人一人の人間が持つ家族や、愛や、夢や、希望や、思い出や、友情を奪う権利は誰にもありません。残される遺族に苦しみや、痛みや、悲しみを与える権利は誰にもありません。だから人を殺しちゃあいけないんです」と言っていました。
そこで疑問に思ったのですが、死刑となる犯罪者達にだって、家族や、周囲の人間との繋がりが何かしらあったのでは無いでしょうか?特に死刑受刑者の家族には、世間からの犯罪者の家族と言うレッテルと、大切な人を失うと言う2つの苦しみに苛まれるのでは無いでしょうか?
阿久津先生の意見を踏まえた上で、死刑制度についてどう思うかお聞かせ願います。
また、死刑制度を肯定される方は、何が阿久津先生の言う権利を持っているのだと思いますか?
皆様のご意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

難しい内容のアンケートだなぁ・・・と思って見ましたが、


No1さんの回答を見て激しく納得しちゃいました。人によって考え方は違うと思いますが、No1さんの考え方で納得しちゃっていいような。
なんかしっかり死刑制度について自分の考えをもっていてすごいなぁと思っちゃいました!
    • good
    • 0

死刑執行をする方の心的ストレスなどを考慮すれば、死刑制度には反対です。


が、肯定派です。
死刑判決を受けた人は何をした人たちか、わかって書いてますか?
「女王の教室」は見ていませんが、その台詞は「犯罪を犯したものは含まれていないように思います」、上記の台詞を侵害した人が大抵死刑判決を受けるのでは無いかと思います。殺人犯ってやつです。
小学校に入り込んで児童を数人殺した人がいます、病歴があるので自分は罪に問われないと言ったそうです。あなたはどのように思いますか?
また、犯罪者の家族というレッテルを貼るのは誰かを考えてください。
殺人と死刑とを人が死ぬという共通項でくくるのは間違いだと思います。
    • good
    • 0

どうなんでしょうかね。


私は無差別に人を殺すような人の人権をこの世で訴えるのは、やっぱりおかしいと思います。
人の大事な人生を奪って、犯人がのうのうと
しているのは納得できないですよね。誰だって。
そういう繋がりを大事にするようなら
あえて犯罪なんか起こさなきゃいいわけで。
日本の憲法からすれば、死刑まで行き着く人なんて
ほんの一握りですよ。
もうそれくらいひどいことをしても公判の間に
一生を過ごす犯人も少なくありません。
日本の罰則は世界的に見れば甘いほうですよ。
犯罪者にどちらかというと優しすぎます。
もし、質問者さんが死刑否定論をおもちなら
この質問はただの論議になる可能性があるので
やめましょうね。
ご遺族の気持ちを思えば、人権なんて何を言っているんだと思ってると思う。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
私は死刑制度に賛成も反対も出来ません(当事者達だけでなく、被害者・加害者それぞれの遺族のことを思うとどちらが正しいとも言えないと思うのです)。
ただ、最後の質問である「権利を持つものは何か」と言う疑問について皆様の意見を聞いてみたく、同時に、死刑制度について皆様がどのような考えをお持ちなのかを知りたく、質問をしました。
死刑制度につきましては、肯定・否定で議論をしても正しい答えが出る問題では無いと思っています。
ご忠告ありがとうございました。

補足日時:2005/09/20 09:52
    • good
    • 0

その部分こそが死刑制度のある国と無い国との違いでは?


罪を犯した人間を裁くことができるのは誰か…
人間が人間を裁いていいかどうか…
はっきりいって「どちらが正しい」とか答えは出ないと思います。

死刑制度については、私としては賛成です。
もちろん、私の知っている誰かが死刑になってしまったら、それは言葉では言えないほどの悲しい思いをするでしょう。
ですが、「死刑が無い」=「どんな思い罪を犯しても死ぬことはない」ということで、ますます犯罪がエスカレートすることが十分に考えられます。
「悪いことをしたら、最悪死刑になるよ」というのが犯罪抑止につながっていると考えられます。

例えば殺人を犯した犯人にも
「一人一人の夢や愛や希望や…」などと言えますか?
他人の夢や希望を奪っておいて、犯人の夢や希望だなんて…
と私は思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング