現在、あるハウスメーカーで40坪の2F建て木造住宅を建築予定です。
そのメーカーはベタ基礎が標準で基礎の高さは43cmです。
建築建築予定地は100坪の畑で、GLから-10cmで、個人的には最終的にGL+20cmにしたいと思っています。
その為、GL+20cmとなるよう盛り土をし、転圧をかける話をメーカーにしたところ、「盛り土をしても家の重さでGL±0くらいまで沈む。どうせならベタ基礎等での建設残土の費用が発生しないように、まずはGL±0となるように、盛り土と転圧をし、その上に家を建て、余った残土+足りない土は購入し、これを建物の周りにまいてGL+20cmにしたほうが良い」と言われました。
という事は、地面から出てる基礎の高さは23cmのみで、残りの20cmは地面にもぐっている事になります。
これで問題無いのでしょうか?また建築が済んでから土をまいて、転圧をかける事に問題は無いのでしょうか?アドバイスお願いします(ToT)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

■最終的には基礎の床面(べた基礎の床面)がGLよりも上になっていないと基礎内部が水溜り状態になります。



■GL+20cmの基礎面(床の高さは更に+43cm=GL+63cm)としたいのであれば、GL±0から20cmの砕石や捨てコン、その上に43cmのべた基礎とするのがよいわけです。+20cm分盛り土をするのはいくら転圧をしても沈下しますので×です。

■いずれにしてもGLの下に基礎が埋まっている状態はよくありません。でも、GLや基礎面を上げるのには想像以上にお金がかかりますよ。それは覚悟してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
やっぱり基礎の床面より高くないとダメなのですね。
基礎内部が水溜り状態だなんて、とても怖いですものね。
GLの上げ方についても、詳しく書いていただきありがとうございました。

お礼日時:2005/09/21 11:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国土交通省告示第566号の基礎の補強は必要??

木造2Fに増築を検討中です。建令137の2-1ロに該当するのですが、既存部の基礎は現在、・地盤30kN・布基礎立上りH300厚120・底盤厚150
・配筋ok なのですがそれでも基礎の補強は必要と読み取れるのですが補強は必要になりますか??
また既存部と増築部の繋ぎ目の規定はありますか??

Aベストアンサー

NO.3です
先日、検査機関で確認を取り増築を致しましたので参考になればと思います。
添付の図解の考え方ですが、
繋ぎ部分には少なからず、柱が存在して抱き合わせの施工をすると思います。柱の下には土台が必要で、土台の下に基礎の立ち上がりがあります。既存部分に平行もしくは直角に土台が突き当たる施工をしなくてはなりません。
鉛直荷重は地盤に直接伝わるように・・・といいながら、既存基礎とアンカーで繋ぐのは、平面的なズレを起こさないように補強するのだと・・・
図のような施工方法(平行)の方が、接する部分が多く水平に対する耐力は大きいと思いますが、立ち上がりの無い方向(直角)で接するとしたら、ベース部分にアンカーがあれば良い訳です。
と・・・教えていただきました。
一度、検査機関の担当者と打ち合わせをされてはいかがでしょうか?

Q3M盛り土がしてある土地の基礎工事代金

市が安く販売している『保留地』で、3メートルの盛り土がしてある土地の購入を視野に入れています。ふと心配になったのですが3メートルの盛り土だと基礎工事に何百万とかかったりする事ってあるのでしょうか?勉強不足で本当にすみません。一概には何とも言えないかもしれませんが分かる方ぜひ教えて下さい‥。

Aベストアンサー

一般住宅の話ですよね。一般住宅の基礎にかかる力はそんなに大きいものではなく、よほどの軟弱地盤でない限り、ベタ基礎、または布基礎でじゅうぶんな場合が殆どです。まして市が造成した宅地ならそんなに粗悪な工事が行われたということはないと思われます。
 ただ一つ、その土地が斜面に造成されたもので、斜面を削って階段状にしたものは大丈夫ですが、盛土をして階段状にしたものはやめた方がいいですよ。地震が来たときには元の斜面に戻ってしまうケースが多いのです。

Q排煙の緩和 告示1436号について

31m以上の建築物の2階に店舗を計画する場合に、告示1436号4号ハは適用できますか? 
それとも告示1436号4号ニの緩和が適用ということになるのでしょうか?(31m未満の階も含め建物すべてに告示1436号4号ニを適用する)

Aベストアンサー

建築物の防火避難規定の解説
によれば
告示1436号4号ハは
見込みの通り31m超の建物の31m以下の部分も含む
と解釈してますね
告示1436号4号ニは
31mを超える部分のみ対象と解釈してます。

解説本によればですが。。

確かに条文だけだとややこしいですね
高さ三十一メートル以下の建築物の部分

Q盛り土をしてある土地の基礎について質問です

盛り土をしてある土地の基礎について質問です
新築を予定している土地の一部に擁壁があり道路面とは2m弱の高低差があります。
同じ造成地で別の物件を建てている大工(親の知人)の情報では、
私の土地は部分的に盛り土になっているので強い基礎にする必要があるとのことです。
親はこの話を聞いてから基礎をダブル配筋(知人大工のアドバイス)で作れとうるさいです。
工務店に相談したところ、地盤調査がまだなので確定ではないが、おそらくダブル配筋の必要はないとのこと。
また基礎はベタ基礎でコンクリートは30Nを使うそうです。

予定地は高さ30m程度の丘の上にある住宅地の中にあり造成後4年程度です。
盛り土の件は擁壁設置時に当然掘り起こして埋め戻ししているとは思いますが、
木造2階建て延床31坪の家の場合、大工のアドバイス通り基礎をダブル配筋にする必要があるのでしょうか?
その場合、シングル配筋との価格差はでの程度になるのでしょうか?
他にも擁壁がある土地への建設にあたって気をつける点などありましたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.お父さんの指摘されている根拠は、添付図のような(当方の勝手な推測?)元地形(点線)を工事を行い、断面図の下から道路、A区画、B区画、道路の順に造成された土地であると思いますね。

2.貴方の土地は、A区画で、2mの擁壁があり、その背面土地は、元地形(点線)より上を盛土して造成されていると推定されます。隣B区画は、切土(点線より上)して、敷地と道路を造成したものと推定されます。

3.お父さんの心配は、切土であれば地山が敷地の地盤であり工事で乱れていない(B区画)、方や盛土の土地(A区画)は工事の段階で、乱した土を盛って締め固め造成したものであるから、見かけは同じに見えるが、A区画の地山より、地盤強度が引くのでないかとのことだと思いますね。

4.問題は、盛土施工時の使用した材料・転圧の程度の良し悪し(土工規定遵守)、地盤の強度の試験(竣工時の検査記録)実施されていることが確認できるかどうか。
A区画の地盤の品質について疑ってかかればきりがないことですね。施工時や竣工時の資料で確認できればいいのですが4年を過ぎていることで困難をきたすと思います。

5.別の物件を建てている大工(親の知人)の情報は地元の方であれば信頼できる情報ですね。盛土になっている事まで把握されていることは、技術者として非常に優秀な方であり、技術者倫理を実践されている方ですね。
『大工さんは、大工さんがもし貴方の立場になってA区画に新築する場合はを考えて、真実を知らせてくれていますね。本来は、これが出来る専門家が真のプロフェショナル技術者です。素人に対して説明責任義務を遂行(社会との約束)して、社会は成立しています。ごまかしは成立しません。解っていて説明しないこと(言わないこと、PRしないこと)は、技術者として義務を果たしていませんね。』

6.地盤強度確認
先ず、地盤の強度の確認(地質調査、載荷試験)を何らかの方法で実施し、説明し納得できるよう(説明責任)に工務店(設計者、一級建築士)に指示、協議してください。試験によらなくても確認が出来れば、納得できる根拠を書類で提示していただきたいと指示することです。

7.地盤の補強
地盤強度が不足の場合は、盛土地盤のみ、又は地山部分も含め固化材等で地盤(深さを設計)を補強する工事が必要になりますね。通常はべた既存場合はこの工法で地盤の補強を行います(地盤強度不足時の場合)場合によっては、杭基礎構造、基礎コンクリート形状を変更する場合もあります。

8.べた基礎ダブル配筋
お父さんの提案であるリスクを考慮した場合(大工さんの提案、長年の知恵)は、ダブル配筋にすることが取りえる最善の策だと思います。ただ、工務店の発現のシングルの件は確定の意見ではないですね。本来技術者である工務店(専門企業)は、素人(公衆に対し)、確実な証拠によって説明する責任が義務としてあります。(インフォームドコンセント)私であれば、ダブル配筋を強力に指示しますね。私の近くで地盤自体は強度の高い地盤ですがやはり、道路から2mくらい高く盛土になった場所に新築中です。基礎はダブル配筋ですね。段差の2mを利用して地下車庫となっています。

9.シングル、ダブル価格差、基礎コン
シングルとダブルでの差額は微々たる金額ですね。エヤコン12畳が2台程度ですね。(20万)これでは新築の1%にもなりませんね。基礎コン30Nは、300kg/平方センチでありいいですね。

10.擁壁がある土地への建設
特別に擁壁あるなしで、建築の品質確保が左右されることはありません。切土(B区画)の場合でも地盤の強度を確認し、不足時は対策をするわけです。
壁自体の良し悪しについて、擁壁構造が設計図により適正に施工されているか(裏込めコン、栗石、排水パイプ)を検査する必要があります。(背面を試験掘りする1mくらい、専門家立会い、確認)敷地内の排水は確実に施工し、排水管の水漏れなどが無いように確実に施工、検査することが重要です。

1.お父さんの指摘されている根拠は、添付図のような(当方の勝手な推測?)元地形(点線)を工事を行い、断面図の下から道路、A区画、B区画、道路の順に造成された土地であると思いますね。

2.貴方の土地は、A区画で、2mの擁壁があり、その背面土地は、元地形(点線)より上を盛土して造成されていると推定されます。隣B区画は、切土(点線より上)して、敷地と道路を造成したものと推定されます。

3.お父さんの心配は、切土であれば地山が敷地の地盤であり工事で乱れていない(B区画)、方や盛土の土地...続きを読む

Q緊急告示病院の定義

病院のHPなどを見ていると
「救急告示」や「緊急告示」を受けていたりする
病院があります。

自分なりに調べたところ
「救急告示」については、ようするに救急車で搬送される患者を受け入れられる
病院であるようだということがわかりました。
(「救急病院等を定める省令」って法律?をみました)

でも、「緊急告示」についてはわかりませんでした。
どなたか定義を教えてください。

また、これらの告示を受けていることで
その病院が信頼できる病院であると判断してもよいものなのでしょうか。
(たとえば、施設が充実している、医療スタッフが充実しているなど)

Aベストアンサー

 「緊急告示」は「救急告示」の誤用であろうと思われます。
(例)
http://www.kawasaki.kanagawa.med.or.jp/content4-1.html
「救急告示」は、まず、保険所に申請し、申請を受けた都道府県が次の4つの条件を満たしているか否かを審査し、承認するかどうかを決定します。
1.相当の知識及び経験のある医師が常時診療に従事していること。
2.手術室、麻酔器、エックス線装置、輸血及び輸液のための設備、その他事故の負傷者の医療を行うために必要な施設、設備があること。
3.救急車が入りやすいこと。
4 空きベッドがあること。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/4651/syoukai.htm

Q基礎の盛り土

先日HMとの打ち合わせで、事前購入した土地についてGL面の引き上げ約25cmが必要だと言われました。
理由は、宅内に配置されている枡のほうが、水回りの土地より+5cmの位置であり、GLを上げないと枡まで水が流れないとの事です。(水周りが枡より3cm程低くなっている)

1 HMの話では、根切り土を使えば通常、枡の高さより10cm位はGLがUPするらしいのですが、+10cmで水が流れないものなのでしょうか?

2 25cmGL面を上げる場合、費用は幾ら位が適正なのでしょうか?(1階床面積は20.6坪、土地の面積は約55坪)

 また、私の土地の3方向(北・南・西側)には住宅が建築済みであり、そのうち北側と西側には境界線にブロック塀があり、北側と南側のGLは私の土地よりGLが25cm~30cm高い状態、西側は16センチ低い状態です。
 HMは、土盛りしてGL25cmUPの場合、3方向に土留め工事が必要となると話していましたが、

3 GL25cmUPの場合、北と南側はGL面がほぼ同じ高さとなるのに土留め工事が必要なのでしょうか?

4 西側の家との境界線には高さ130cm位のブロック塀がありますが、高低差が約+40cm(内、新たな土盛り25cm)となった場合に私の土地側からも土留めが必要となるでしょうか?(もちろん、お隣には許可を得ますが・・)

5 3方向に土留め工事を行った場合、費用はどのくらいかかるものなのでしょうか?(合計約40m)

 当初HMの見積では、土地は地盤改良等もなく現状のままで建築可能と言われていましたのでGL引き上げの話は寝耳に水で、具体的に追加費用が幾らかも提示されず不安です。皆様のお知恵を教授して頂けたら幸いです。

先日HMとの打ち合わせで、事前購入した土地についてGL面の引き上げ約25cmが必要だと言われました。
理由は、宅内に配置されている枡のほうが、水回りの土地より+5cmの位置であり、GLを上げないと枡まで水が流れないとの事です。(水周りが枡より3cm程低くなっている)

1 HMの話では、根切り土を使えば通常、枡の高さより10cm位はGLがUPするらしいのですが、+10cmで水が流れないものなのでしょうか?

2 25cmGL面を上げる場合、費用は幾ら位が適正なのでしょうか...続きを読む

Aベストアンサー

1 質問を読む限りHMは高さ関係を把握しているでしょうから、10cmでの計算をしてもらえばいいと思います。(営業さんはできないが、設計屋はできますのでお願いしましょう。)
 推測するに質問者様は、現場内の発生土でなんとか対処できないかを考えているのだと思いますが、排水についてはここで何度も質問がありますが、既に質問の時期が遅く、難しい場合が多いようです。勾配はきっちりと確保できるようにすべきですので、ここでの質問よりHMに直接ぶつけてみましょう。

2 0.25×55×3.3×1.2/0.9≒60m3必要となります。
購入土60×2,500=15万円
施工費60×1,000=6万円
(15+6)×1.7≒36万円
※あくまでも参考価格です。

3 構造力学的には必要ないことになるでしょうが、モラル?あるいは・・・の問題です。

4 土留めは必要でしょうが土留めだけでなく、安定勾配をつけて法面を緑化する方法もあります。この場合は法肩(法面最上部)に高木の植栽はお勧めできません。理由は台風などの強い風で庭木が揺れて根を揺さぶり、法肩を崩壊させる危険があるためです。

5 とりあえず、HMに見積をお願いしてはいかがでしょうか。たぶん高額なので地元の土木工事を営む建設会社に見積をお願いしてみてはいかがでしょう。
参考に現場打ちの場合
40m×0.2m×1.0m=8m3
8×3万=24万円(コンクリート等)
40×1×2=80m2
80×0.5万=40万(型枠)
(24+40)×1.7≒100万円
概ね100万程度というところでしょうか。

1 質問を読む限りHMは高さ関係を把握しているでしょうから、10cmでの計算をしてもらえばいいと思います。(営業さんはできないが、設計屋はできますのでお願いしましょう。)
 推測するに質問者様は、現場内の発生土でなんとか対処できないかを考えているのだと思いますが、排水についてはここで何度も質問がありますが、既に質問の時期が遅く、難しい場合が多いようです。勾配はきっちりと確保できるようにすべきですので、ここでの質問よりHMに直接ぶつけてみましょう。

2 0.25×55×3....続きを読む

Q国土交通省告示

平成17年国土交通省告示第503号に記載されている告示文章を調べたいのですが・・・教えてください

Aベストアンサー

平成17年国土交通省告示第503号で検索したらでてきました。
http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/dat/tutatu/kh170221.pdf

Q基礎の染みと盛り土の関係

基礎の染みが消えません。モルタル仕上げで西側のみです。砂利をどかして土を掘り、数週間経ちましたが消えません。陽は当たる場所です。新築で盛り土をして建て、前に下までいってませんが陥没している場所がありました。他にも若干沈んでいる場所があります。基礎の染みは盛り土が関係あるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

正直なところ、現場を実際に拝見しないと解りませんが、何度か質問をされ、
ご心配のご様子なので、書かせて頂きます。

1)モルタルのシミについて
  現実的には、大きな問題には発生しないのではないか、と思います。
  シミが発生する、と言うのは、水分の供給があるから、だと思いますが、その
  原因が雨水なのか、地下水なのか、コンクリート基礎立ち上がりなのか、は
  ここでは解りません。

  盛り土をされた、との事で、この部位にも盛り土をされたのであれば、地下水位
  の可能性は低いと思いますが、たまに、建物の基礎の為に、地下水の「水みち」が
  変わっている可能性も若干あるかも知れません。
  (盛り土前の土壌が粘土質や以前田んぼで、水はけの悪い土地であった場合は
   地下水位の問題も検討する必要があります。)

  雨水が原因の場合(やはりこれが一番かも知れません。)
  雨水を毛細管現象でモルタルが吸い上げます。理屈上、雨が止んで、日が当たれば
  その水分が蒸発しそうなものですが、新築の場合、そうもいきません。

  基礎コンクリートには非常に多くの水分が含まれて居り、実は、それが本当に
  乾燥した状態になるのには何年も時間がかかります。
  今現在、基礎の中にはまだ十分すぎる水分が含まれているため、モルタルに
  吸収された水分のシミが蒸発するのに時間を要している可能性があります。

  このシミが強度上、耐力上、問題になる可能性は低いと思います。
  ただし、白いシミとして残る可能性はあります。「白華」と呼ばれる現象です。
  今のうちに一度、建物を作った業者に見せて、状況を把握させ、来年にでも
  建物のコンクリートが落ち着いた状態で、もう一度モルタルのうす塗を掛ける
  よう要求したら、と思います。

2)沈下について
  シミと地盤沈下の相関関係は無い、と思います。
  盛り土は本来、充分な時間を掛けたり、転圧を実施するべきものですが、 
  軽微なものでは、充分な時間を掛けずに、転圧も十分に行われないで施工する
  ケースが散見され、そのような場合、沈下や陥没が発生する可能性があります。

  盛り土が50センチ程度であれば、なんとでもなりますが、1メートル近いと
  十分な転圧を何度かに分けて実施する必要があります。
 
  沈下や陥没が発生したのであれば、業者を呼び、現状を確認させ、是正させる
  必要があります。

沈下に付いては、却って、心配の種をまいた気がしますが、それでもこちらの
方が、重要かも知れません。

一人で悩まず、業者に相談して解決される方が良いと思います。  

正直なところ、現場を実際に拝見しないと解りませんが、何度か質問をされ、
ご心配のご様子なので、書かせて頂きます。

1)モルタルのシミについて
  現実的には、大きな問題には発生しないのではないか、と思います。
  シミが発生する、と言うのは、水分の供給があるから、だと思いますが、その
  原因が雨水なのか、地下水なのか、コンクリート基礎立ち上がりなのか、は
  ここでは解りません。

  盛り土をされた、との事で、この部位にも盛り土をされたのであれば、地下水位
  の可能性は低い...続きを読む

Q排煙に関わる告示

現在 既存不適格建築物の法規チェックをしております。
そこで、排煙に関する告示の改正について、疑問があります。
昭和47年告示33号3のイ~ニ が
平成12年告示1436号の四のハの(一)~(四) にあたる
ということがわかったのですが、イ~ニのそれぞれが(一)~(四)のどれにあたるのかがわかりません。
古い告示が閲覧できるWEBページも検索したのですが、検索のしかたが悪いのかヒットできません。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのまま、
「昭和47年告示33号3のイ」が「平成12年告示1436号の四のハの(一)」に
「ロ」が「(二)」に
「ハ」が「(三)」に
「ニ」が「(四)」に当たります。
甲種防火戸・乙種防火戸が防火設備に変更などはありますが、同じ規定です。

Q住宅基礎の砕石規格と転圧について

住宅の基礎の下に砕石を入れますが、C-40 厚さ150MMが一般的のようです。
1、C-40 は多分大きさの事を言うと思うのですが、どういう規格ですか。
2、C-40が適正と考えられている理由は
3、上に目潰し砂利を敷いて、もう一度転圧する理由は
4、転圧が完了したことを素人が確認する方法はありますか。

以上、教えて下さいますようお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
地盤の支持力を補強して支える部分を「地業(じぎょう)」と言います。
その種類は割栗地業・砂利地業・杭地業・地盤改良などがあります。
貴殿住宅の場合「砂利地業」と思いますが、割栗地業でのご質問なのでしょうか?

一般住宅では「軽微な地業」としてクラッシャーラン(C-40)を使うのが通常と思います。
砂利地業であるのに割栗地業の施工を要望する事は仕様を変更する必要があります。

1.3.の補足
クラッシャーラン(C-40)は一定範囲の粒度分布が有りますが、許容範囲内でゼロの部分が少ない事があります。
その場合は例外的に目潰し材を入れる事は考えられるでしょう。
2.の補足
割栗・砂利が適正となります。
C-40が施工性・経済施工から選ばれる事が多いと言う事でしょう。
4.の補足
転圧状況を目視するのが現実的な確認方法でしょう。
転圧機械は規格を確認して下さい。
適切な締固め度の確認は現場密度試験など実施する必要があります。
これは素人が確認する事は事実上無理です。

ご質問の主旨にそぐわなければ補足して下さい。

No.2です。
地盤の支持力を補強して支える部分を「地業(じぎょう)」と言います。
その種類は割栗地業・砂利地業・杭地業・地盤改良などがあります。
貴殿住宅の場合「砂利地業」と思いますが、割栗地業でのご質問なのでしょうか?

一般住宅では「軽微な地業」としてクラッシャーラン(C-40)を使うのが通常と思います。
砂利地業であるのに割栗地業の施工を要望する事は仕様を変更する必要があります。

1.3.の補足
クラッシャーラン(C-40)は一定範囲の粒度分布が有りますが、許容範囲内でゼロの部...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報