以前にもこちらのカテゴリーでアドバイスを受けたものです。

27歳の元派遣社員です。
9月末で契約終了ということで退職する予定でした。しかし9月中旬にケガの為出社できなくなりそのまま退職しました。
現在職業安定所に雇用保険受給期間延長の手続きの書類を揃えている最中なのですが、病院に診断書の書類に記入をお願いしたところ

就労不能と(医師が)認める期間
イ・なし
ロ・あり 平成 年 月 日 ~ 現在も就労不能
ハ・あり 平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日で
                  翌日より就労可能

という記入欄で医師が書くのをためらいました。
職業安定所では私の話を聞く分にはロ・であろうとあらかじめロ・に○印が鉛筆で記されていましたが、医師は「ロ・に証明を書くと○○さん(私)が雇用保険が貰えなくなってしまうのでは?ケガの状態は条件付で就労可能・もしくは就労不可能という微妙な所なので職業安定所にロ・ハ・(条件付でなら)どちらが確実に受給してもらえるのか電話で確認してからまた書類をお持ち下さい」との事でした。
職業安定所に電話しましたが「申請されないとなんとも言えない」との返事で、雇用保険の仕組みがイマイチわかりづらくとても困っています。
私は働く気はありますし、医師からも「軽労働なら」といわれていますが、なるべく雇用保険をすぐ支給して頂いてケガを完治するまで直したいです。
この場合ロ・ハどちらで医師に証明して頂くが良いのでしょうか?
アドバイスをお願いします。

わかりづらい文章ですみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。


現在手元にある書類では、

イ と ロ では雇用保険の受給申請は出来ず、
受給期間延長手続をすることになります
とりあえず、病気を完治させないと、次の仕事を探せないことも
考えて、それを従来どおりすることになりますが、

しかし、失業中ですから、収入についても困ってきます。
在職時の健康保険(社会保険)をそのまま「任意継続」されていれば
社会保険事務所から「傷病給付金手当」が当面の間支給される可能性が
強いのでぜひ、それを利用してください。
また、残念ながら、ご両親の扶養に入る(保険料は不要)か
国民健康保険に切り替えをされたなら、傷病手当金はありませんので
よくないことですが、見た目に分からないようであれば、伏せて
雇用保険の手続きをするしかありません。
    • good
    • 0

こんばんは。



よくわからないのですが、「雇用保険をすぐ支給して」ほしい、のに、「現在職業安定所に雇用保険受給期間延長の手続きの書類を揃えている」のですか?
「受給期間延長」とは、受給日数が長くなるのではなく、「先送り」ですよね?

**********

ちょっと整理してみましょう。
失業給付の期限は、誰でも1年間と決まっています。
仮に、yomoさんの離職が01年9月15日、受給できる日数が90日だとします。

yomoさんは90日分の失業給付を、02年9月14日までに貰いきらなかった場合、残りの日数分の権利は消えてしまいます。
ただしその間に、身体をこわした、アルバイトをした、家族の看護をしたなど「理由があって受給しなかった」期間が仮に60日あったとすると、「02年9月14日まで」という期限が「02年11月14日まで」に延びるのです。これが「受給期間延長」です。「失業給付90日」は変わりません。

**********

雇用保険とは、1.働く意志があり 2.働くための条件が整っている 3.求職活動をしている
のに、働き口が見つからない人に一定期間生活保障するためのものです。

したがって、「現在も就労不能」な身体状態だという診断が出れば、失業給付は行われず、「受給期間延長」という処理になります。

むしろ「ケガ」の原因によっては、a.労災保険 b.健康保険の傷病手当 の対象になります。
「雇用保険をすぐ支給して頂いて」と希望されるなら、ケガのことはふせておいて通常に求職=受給した方がいいのでは?

以上のことは、あくまでも原則です。
聞いた話では、かなりの部分が各安定所(係官)に任されているらしく、原則どおりでないこともしばしばあるとのことです。

あせらず、まずはケガを治しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピリチュアルについて

スピリチュアルブームの影響でしょうか、自称?「スピリチュアルカウンセラー」の方増えましたよね。
一昔前は占い師とか祈祷師とかもっとサブカルなイメージが強かったと思うのですが、「スピリチュアルカウンセラー」とはそういう方々とどう違うのでしょうか。
また、スピリチュアルカウンセラーはそうでない人と比べて何が優れているのでしょうか。

TVで有名になった占い師や風水師や祈祷師やスピリチュアルカウンセラーについて人間性の面でマスコミに叩かれたりしていますが、そういう噂などを耳にするとその人が提唱していることも信じられなくなってしまいます。
不平・不満・人の悪口をいつも言っていて、ネガティブなオーラだしまくりでもスピリチュアルカウンセラーになれるのでしょうか。

占いや風水は好きなのですが、「スピリチュアル」って何なのかよくわかりません。

Aベストアンサー

風水が、およそ風水とは無縁の占(せん)に至るまで勝手に「風水」を冠につければ売れるのと同じように、スピリチュアルもやたらと冠に付けられてしまって、定義とか特徴、優劣などを論ずることが出来なくなってしまっています。
元々は、医学的な仮説や物理的なアプローチと異なり、霊的な、より精神的な部分から、相談者の精神的悩みを解決したり、抑圧から開放する事を目的とされていたようです。
しかし、その過程で出てくる「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などの言葉が重視され過ぎてしまい、例えば江原さんなどは次第に個人相談を減らし、全体的な、社会が持っている精神的問題の解決へと、活動の方向を変えて行きつつあります。

スピリチュアルという言葉自体「霊的な」と言う意味から、広い意味での「精神的な」と言う意味まで含まれているので、「スピリチュアルカウンセリング」と言う言葉も、今では「カウンセリング」の一手法程度の意味しか持ちません。
多くのカウンセラーは「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などを以ってカウンセリングしているようですが、科学的要素を含ませようとしているのか、様々な心理学的分析や色彩などを取り入れている人も居るようです。

江原さんについて言えば、本来カウンセリングと霊媒的な、或いは除霊的な処置は分けて考えており、問題解決の一手法としてのみ除霊的なものがありましたが、相談者や取材がそちらにばかり注目する事に躊躇しているようです。その点で除霊などを主にし、カウンセリングを副にしている祈祷師や除霊師などとは一線を画しています。
つまり、どちらに重きを置くかによって区別されると考えて良いと思います。

世に名を馳せた人が過去の行為や不満を持つ人、誹謗中傷する人たちのターゲットになるのは、どの分野でもあることです。
政治家でも若い頃には違法行為をしていた人はいますし、偉人でも過去に悪名を馳せた人も居ます。政治犯、思想犯として投獄された人は数知れません。
私は過去に多くの世界を見聞きし、時に法に触れる事があっても、それを糧に立ち直った人の方が、人の裏まで良く見ることが出来る人だと思っています。逆に品行方正も度を過ぎれば世間知らずではないでしょうか。それに、特に霊的な部分で活躍する人の多くは我儘、ジコチュウであることが多いです。
ですから、あまり報道などに惑わされてしまうと見誤ってしまいます。

元々、定義もあいまいで、資格審査もない「スピリチュアル」ですから、誰であろうと、何であろうと付けようと思えば付けられます。

私は家族の事で、スピリチュアルという言葉が出る前に先祖の影響を指摘された事があります。それを調べて確認するまでに1年かかりました。でも、前世とかオーラなどは確認しようもありません。ですから「自らの考え方や生き方を変えていくためのとっかかり」程度に考えた方が良いと思います。

風水が、およそ風水とは無縁の占(せん)に至るまで勝手に「風水」を冠につければ売れるのと同じように、スピリチュアルもやたらと冠に付けられてしまって、定義とか特徴、優劣などを論ずることが出来なくなってしまっています。
元々は、医学的な仮説や物理的なアプローチと異なり、霊的な、より精神的な部分から、相談者の精神的悩みを解決したり、抑圧から開放する事を目的とされていたようです。
しかし、その過程で出てくる「オーラ」「守護霊」「先祖」「前世」などの言葉が重視され過ぎてしまい、例えば...続きを読む

Q外国人労働者の就労中のケガ

就労ビザにて日本で働いているブラジル人が、就労中にプレス機で指を切断しました。
アルバイトのような立場で働いていたようですが、このような場合、労災として、会社から治療代とかは払われないのでしょうか?(保険は国民保険に加入)
ちなみに、そのブラジル人は事故責任ということで、会社側からは支払われず、実費で治療しています。
詳しい方 教えて下さい。

Aベストアンサー

外国人でも、日本人でも、アルバイトやパートであっても、労災保険には加入させる必要があります。

労災保険に未加入で事故にあった時は、事業主や事業所が、治療費の負担や休業補償などをする責任があります。

会社が応じない場合は労働基準監督署に相談しましょう。

Q小指の怪我の意味

本日すべって転倒し、お皿を割った際に、
小指の第2関節付近をガッツリざくざくに切る怪我をしてしまいました。
骨が見えて出血がひどく、意識を失ったので救急車のお世話になりました。

病院から帰ってから、小指の怪我について、スピリチュアル的な
意味やメッセージがあるのだろうかと思って調べましたら、
色々出てきました。

特に気になったのが小指は「子供・子孫」などの意味があるという事で、
いまのところ私は未婚で結婚予定もなく子供もいませんが、
そのような意味のある小指を怪我したのは、どういう意味なのでしょうか。
今後子供に恵まれないとか・・・?

創傷は左ですが、右の小指も腫れ上がっています。
(転倒時、重くて大きなお皿を数枚持っていた為?)

他にはキャリアの問題とか、「手を出すな」という意味だとか、先祖の警告とか
色々ありましたが、どのようなメッセージかお分かりになる方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

津波、大地震で図らずも亡くなった現実をみて、どう考えますか? 太古の昔から同じかと思います。人間は肉体と霊だとすれば、自分で察知することが自分を守るのでは?

Q改正高年齢者雇用安定法・再雇用の申請期限について

例えば「定年日の6か月前までに再雇用の申請をすること」等の規程を設け、期限を過ぎたら申請しても再雇用しないとすることは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

まあ定年3年前くらいから参加できる、定年・退職金・再雇用にまつわる会社制度、国の年金制度、を定期的に説明会を開き、随時生涯設計に関して窓口を設け労働者の相談にのり、所定の用紙を締め切り3カ月前に渡し、締め切りまでにださなければ、定年任意退職、再雇用希望しない、という扱いであることを言い聞かせ、締め切り間際にも、再三提出を催促してきたのなら、

裁判官は御社の処遇はもっともだと、両手をあげて判決してくださることでしょう。そのうちどれかでも欠ければ、再雇用したくない悪質企業として、判決してくださることでしょう。なぜ判決かというと、でるとこでようとなれば、そこに行かなければならないからです。

Qスピリチュアル

スピリチュアル
最近、スピリチュアルに興味があり、それ関連の質問やサイトを見ています。が、否定的な意見も多く、しかももっともらしい事も書いてあるので、スピリチュアルが本当なのかどうかわからなくなります。私はそういうものはあると思っているのですが、その存在を確信できるようなスピリチュアル的な何かや不思議な力を体験する方法はないでしょうか?スピリチュアルではないですが、気功を「手のひらで感じる」というのはいまいち分かりませんでした。

Aベストアンサー

私はスピリチュアルを信じています。
ですが、否定論者が言っていることもわかります。その理由は、本当のスピリチュアルは極一部で、言われている殆どのことに疑問を感じているからです。その疑問を言っている当人に聞くと答えられず、逆ギレする人もいます。そういう人と出会うと「スピリチュアルって何だったかな?」と思います。

 また、上から目線の人もありえないと思います。
スピリチュアルは精神の学びも含みますから、そういう目線でいること自体がありえないんです。
 そういうことに対して、否定的な意見を言う方が多いんだと思いますよ。中にはスピリチュアルには非常識も含まれて当たり前と思っているかのような発言をする人もいますので。

 不思議な体験をする方法は、特にはありません。
「これをすると良い」と言ってしまうと、体験したいという強い思いがある人には「思い込み」になってしまうために断言は難しいです。

Q先日、ケンカで書類送検されました。逮捕はされてません。双方ケガは無く、現在検察からの呼び出しを待ってる状況ですが・・・

先日、ケンカで書類送検されました。逮捕はされてません。双方ケガは無く、現在検察からの呼び出しを待ってる状況ですが、半年たっても呼ばれません。いつになったら呼ばれるのでしょう?

Aベストアンサー

過去逮捕歴がないからです


おそらく呼び出しのないまま処理されると思います

Q今話題の「スピリチュアルの世界」についてどう捉えてますか?

私はここ数年精神的な世界、スピリチュアルな世界にはまりこんでました。あらゆる本やテレビなど見てきました。

・・・しかし、苦しい。縛られすぎて苦しいのです。

「感謝の気持ちで」「愚痴や不満はいけません」「人のために生きなさい」「やさしい気持ちでいないと自分に返ってくる」などなど。

正直、そこまで精神的なみえないなにかを気にすることに疲れてきました。で、なかなか実践できませんし、良い方向に人生も好転しないですし、ここらでもうスピリチュアルとは距離を置いてみようかなと考えております。こういうことを思うと、精神的な世界のなにかが「スピリチュアルを無視するとは許さん!」ってことで、なにかひどいめに合わされるような気もしますが、そこまでスピリチュアルに縛られてます。

私自身の結論としては、
神頼み・スピリチュアル知識に依存するのではなく、
みえないなにかに期待するのではなく、
自分の努力こそ人生が救われる気がするのですが・・・。

いまやあそこまでスピリチュアルブーム。
みえないなにかが作用して、自分を束縛してる気がして正直重いですわ。人間なんでときには愚痴もいいたくなりますし、人をにくんだりもします。それすらいけないこと=人には常にいい気持ちでいなさい、みたいな義務感がすでに苦痛。なぜならそれができてない自分を「だめなやつだ、人にやさしくできてないなんて。あの人を悪く思ってしまった」って思うからです。

質問ですが、スピリチュアルなことについてどう思いますか?
私はそういう世界があるとはまあ思いますが、縛られすぎる必要はないと思います。3パーセントくらい心にとめておくのが程よいかと思いました。今までは生活上の80パーセントはスピリチュアルを気にしてましたからです。皆様のご意見お聞かせください。お願いします。

私はここ数年精神的な世界、スピリチュアルな世界にはまりこんでました。あらゆる本やテレビなど見てきました。

・・・しかし、苦しい。縛られすぎて苦しいのです。

「感謝の気持ちで」「愚痴や不満はいけません」「人のために生きなさい」「やさしい気持ちでいないと自分に返ってくる」などなど。

正直、そこまで精神的なみえないなにかを気にすることに疲れてきました。で、なかなか実践できませんし、良い方向に人生も好転しないですし、ここらでもうスピリチュアルとは距離を置いてみようかなと考え...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆるスピリチュアルなことを説明している人は多いですが、なかには宗教的に戒律のように縛ろうとする人も居ます。まずはそれらを捨てましょう。
鉄の戒律の如く主張するような人は参考にする価値もありません。

スピリチュアルといっても、基本的には「信頼を裏切れば、ヒトから信頼されなくなる」とか「人に迷惑をかけるな」といった至極当然の事しか言っていません。
だから、普通に生きていればそれで良いのです。たまに愚痴ったとしても、それで気が晴れて、新しい自分の元気が取り戻せればそれで良いことです。貴方も周囲に愚痴ばかり言ってる人が居れば「いい加減にしてくれ」と言いたくなる筈で、単に「愚痴る為の愚痴」が良くないと言ってるだけです。
スピリチュアルを、そんな鉄の戒律に感じるなら、さっさと捨てた方が良いですし、そんな鉄の戒律を基準にする人が周囲に居たら、貴方ならずとも嫌がられるはずですから、さっさと遠ざけましょう。

人はあくまで善悪二つの心を持っているからこそ人間なのですから。
赦す心と謝る勇気さえ「持とうとする気持ち」があれば十分です。

Q平成22年度の雇用保険料率について

平成22年度の雇用保険料率について

平成22年度も昨年度同様、雇用保険料率の改正があると聞いたのですが、来年度の雇用保険料率(事業主負担分、労働者負担分)はいくらになる予定なのでしょうか?
昨年度、雇用料率が変更になったにも関わらず、4月に何の知らせもなく、6月の年度更新の申告書が郵送され始めて気がつき、事務処理に大変困りました。
わかる方教えてください。
また、何時ごろ国会で可決されるのでしょうか?

Aベストアンサー

そうなんですよね。
一般事業者で事業所負担9.5/1000
      労働者負担  6/1000
ちなみに東京都は3月から協会健保の健康保険料、介護保険料もあがって大混乱ですよ。うちの事業所は。
まったく迷惑な話です。

Qスピリチュアルという妄言

スピリチュアルという妄言

スピリチュアル・スピリチュアリズムという妄言・虚言を信じている人たちはどうしてそう思うのですか?

根拠を示してお答えください。

Aベストアンサー

>>つまり根拠なしの妄想という認識でいいということですね

別にどう思われようが構いませんよ。
所詮、使い捨てハンドルで、書き捨てのサイバースペースですからね(笑)

私はこれを広めて、利益を得る者でもないし、むしろ秘匿するほうが都合がいいわけで
つまらない功名心も自己顕示欲もありませんから。
知識欲と現世利益には関心があるかもね

こういう研究を本気でやってる人たちは、在野にも、日本のアカデミズムの世界にもいて、さまざまな情報やツールがもたらされることがあります
無理の無い範囲で、試してみて有用と思えるならば、しばらく続けてみるのも良しです
どんな利益がもたらされるか、想像力を働かせて応用してみるのも一つの方法です

日本では現象の有無の確認と解明に力が注がれる傾向ですが、欧米では少しでも得られた情報を生かして、ビジネスに、軍事に、医療に利用できないかと試行されています
著名なビジネスマン、投資家、研究者の公演のポイントには、ある共通点があります
それは、最後の一線は、インスピレーションだということ。
この辺りの話になってくると、やや科学的常識思考から少々逸脱することもあります

これを得る機会を増やすにはどうしたらいいか?この点に集約されます
強いストレス状態から搾り出す(捻り出す)というのが昔の日本の考えですが、リラクゼーションからもたらされるものかもしれません。
勘のよい方は、もう言わんとすることが見えてくるでしょうが、この辺りから少々スピリチュアル臭くなってきます
合理的な欧米人は、薬や道具、トレーニングでその域に近づこうという方も出てきます
脳科学はこの点にも強い関心があり、ほぼ脳のどの部位が関係しているか見当をつけてます

チラッと匂わせるならここまでで十分でしょう

個人の利益の得方にはいろいろ手があるものですよ。
中国人は日本人と違い、大胆な思考をします。彼らと共同開発された製品群をみても驚くばかり
日本ではとても考えつかなかった方法で時速500km以上の高速鉄道を造ろうという案も出てましたね
彼らの最近の言動(尖閣関連も含めて)やビジネスでの手強さは、日常的に感じます
ビジネスの現場で彼らと直面するからです
日本的に小さく縮こまった発想からは、妙手が生まれませんよ
柔軟思考が重要です。
特に私の場合先端ビジネスなもので、過去の常識が通用しない現場ですから

>>つまり根拠なしの妄想という認識でいいということですね

別にどう思われようが構いませんよ。
所詮、使い捨てハンドルで、書き捨てのサイバースペースですからね(笑)

私はこれを広めて、利益を得る者でもないし、むしろ秘匿するほうが都合がいいわけで
つまらない功名心も自己顕示欲もありませんから。
知識欲と現世利益には関心があるかもね

こういう研究を本気でやってる人たちは、在野にも、日本のアカデミズムの世界にもいて、さまざまな情報やツールがもたらされることがあります
無理の無い範囲で...続きを読む

Q「雇用者」と「被雇用者」。雇用者は使用者?労働者?

いろいろな所で、雇用者と被雇用者という言葉が出てきます。
私は今まで
雇用者=雇っている人
被雇用者=雇われている人
だと思っていました。

しかし、総務省統計局の労働力調査を見ていたら
明らかに「雇用者=労働者」でした。
辞書を調べても、「雇用者=雇われている人」でした。

という事は「雇用者=被雇用者」という事になります。
いろいろな場面で「雇用者」という言葉を、使用者として使っていたり、労働者として使っていたりします。

これで混乱は起きていないのでしょうか?
例えば、法律ではこっちの意味で、実務ではこっちの意味みたいなのがあるのでしょうか?

今後、自分が「雇用者」「被雇用者」という単語を使う場合に、自分自身混乱しそうなので、お解りになられる方、お教えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。
使う時と場合によって意味が変わる言葉というのは結構あります。
今回のご質問もその一例ではないでしょうか。
労働者の数の統計を取る場合、社長といえども何らかの会社の仕事をこなしているわけですから、「労働」自体はしているわけです。
中小の町工場の例などを考えれば判りやすいでしょう。
労務管理といえども、総務部門の仕事の一つですから。

しかし、労使関係などで議論する場合は、使用者が働いていようといまいと、はっきり資格で別けて考えますので、この二つは完全に分離されます。

という事で、時と場合による、のではないでしょうか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報