【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

野球だと、右打席でも左打席でも打てる人っていますよね?
テニスも、右手でも左手でも打てれば、左右どちらの方向にボールが来てもフォアで打てると思うのですが、そのようなことってないんでしょうか?

ちなみに私は、野球は右投げ右打ち、ボーリングも右ですが、バトミントンやダーツは左、ビリヤードは基本的に右ですが左でも問題なくキューを突けます。

ちなみに、以前ちょっとテニスをやったときは、サーブの時は右でしたがその後は左に持ち替えた方がやりやすかったです。
(経験者には「そんなことするヤツはいない」と呆れられましたが (^^;;; )

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

初めまして。

スコンチョといいます。(^_^)

>>(経験者には「そんなことするヤツはいない」と呆れられ
>>ましたが (^^;;; )

いますよ。それもプロで。正確にはいましたよですけど。
左右ともシングルハンドでフォアを打ってました。男子で
活躍したのは昭和の終わり頃か平成の最初頃ですね。テニス
雑誌でも取り上げられてました。左右ともダブルハンドで
したらモニカ・セレシュやジーン・メイヤー等枚挙にいとま
がありません。

なぜ左右ともフォアが少ないかというと、両手利きでな
おかつそういった発想をして、上手くなるまで練習する人が
少ないからでしょう。デメリットとしては、ボレーやスマッシュ等
は右か左どちらかに依存することになると思われるので、
ネットに出るまでの連携の問題があるのではないかと推察
いたします。

蛇足ですが、テニスは「両手打ち・片手打ち」「ネット
プレーヤー・ストローカー」等々いずれが優れているかの
結論も出ていないのです。やってる人が少数だからといって
邪道だ駄目だと決めつけるのはおかしいと思います。

かく言う私も両手フォアなんですが、モニカ・セレシュ
がナンバーワンになるまでは、自分よりも下手人間からまで
おかしいとご指摘を頂戴したりもしました。(^_^;) 少し
横道にそれましたが、ご自身が楽しくプレーできそうなら
チャレンジしてみるのもいいと思いますよ。(^_^)
    • good
    • 5
この回答へのお礼

skonchoさん、こんにちは!
ご丁寧なご回答、ありがとうございました。

はじめて両手フォアの方に巡り会えて、軽く感動しております。 (^^;;;

左右ともフォアの方が少ない理由、私も同感です。加えるならば、両利きが少ないと言うことは教える側にも両利きが少ないため、そのメリットを伝授されることがないのかな?などとも考えてみました。

まあ、今からテニスのチャンピオンを目指そうとか、並みいるライバル達をばったばったと倒してやろうとか、そんな野心は全く持っていませんので、下手であっても自分が楽しめるようなテニススタイルを見つけていきたいと思います。
(つまり、左右フォアを試そう、ってことです)

お礼日時:2005/10/12 23:42

シングルハンドで両サイドをファオで打てればと思うのは


hiranotkさんばかりでありません。

私は右利きですが、日々の生活の中で左手もある程度動かす
訓練しております。

その昔にバックも右のフォア並みに打てないかと左手で
練習しました。目標としてはストレート、クロスを自在に
打ち分ける事でした。
遊びのソフトでも左打席で打っているのでテニスでも
多少の体使いは出来ておりました。
まず素振りから入り、右と同じようなスイングや腰の
使い方をマスターし、壁打ちで100回以上を何度も
クリヤーしてコートに臨みました。
最初の内は壁打ちと違い生きたボールに手こずりましたし、
仲間からは変な眼で見られました。
その内に女子とのラリーで打ち続ける事が可能になりました。
しかし、男子との重いボールやスピードボールには短い
ショットになりやすく、正確なパスや決めショットが
打てなく実戦では使えなかったのです。
その中でも
試合中にバックへ大きく振られた時には左手で返して
何度かしのいだ経験があります。

 左のフォアは断念しましたが
いまは左のフォアでなく両手打ちとして活かしております。
両手ならスピードボールに打ち負けることなく、相手の球
以上スピードで打ち返す事が可能です。
シングルハンドと違い打点を遅らせる打てるのでストレート
や逆クロスが打ち易いです。

バックの場合はトップスピンばかりでなく、スライス打ちも
重要です。特にネットへ詰める際にはフォアよりバックでの
スライスの方が打ちやすく前へ出やすく有利だからです。
(言い訳じみておりますが...)

私ももっと練習をすれば左でのファオ習得出来たのでしょうが
下手ながらでも現役である以上はそんな余裕がなかったのです。

プロでもロシアの女子でランキングが3桁ですが、2年位前に
片手で両フォアを打つ記事を所有していた雑誌で見ました。
探したのですが見つからず詳細は分りません。

私の知っている人は右利きでサーブは左で打ちます。父に
サウスポーのサーブが有利と言われ練習したと聞きました。
200人程度のダブルスでベスト4までいくレベルです。
左でサーブを打ち、直ぐに右に持ち替えてプレイするのです。

また私のリーグ戦の仲間には両方のサーブを打つ人がいます。
当然スマッシュも両方で打ち分けます。相手はビックリです。
(その人は元々は左利きです。普段は右を使っているが)

私も左サーブは少し練習やりましたが、難しいです。
ボールの上げるタイミングや腰や肩の動きが同調しないのです。
長々なりましたがhiranotkさんは利き手は左だと思います。
その意味ではしっかり練習をすればシングルハンドでの
両フォアは可能でしょう。
頑張って下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

k-domonさん、こんにちは!
やっぱり、磨けば武器になりそうですね!
ちょっと頑張ってみようかな?

ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/28 00:13

上級者のバックハンドを見たことがありますか?フォアハンド並みの打球を打ちますよ。

また、ある程度のレベルになるとフォアよりもバックの方が安定するようです。自由度が少ない分安定します。両手で打つと言うことは、それだけ両方の練習が必要になります。左手のファアをそれだけ練習するならバックハンドを練習すれば、バックが上達することになります。
ちなみに野球のスイッチヒッターの名手でもやはり利き腕側の方が長打があったりしますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hidechan2004さん、こんにちは!

右も左も器用に使いこなせるような人なら、一般的に難しいと言われているバックを練習するよりも、左右両方のフォアを練習した方が早く上達するような気がするんです。
但し、おっしゃるとおり野球の場合も元々の利き手側の方が打率や長打率が高かったりするのも事実ですよね。

要は、人によっては「左右どちらもフォア」の方が、バックを習うよりも簡単で、より初心者向けなんじゃないかな?なんて思った訳なんです。

お礼日時:2005/10/12 23:33

#1です。


野球のことは詳しくないのですが両手打ちの場合、バッターボックスに立つ前に右か左か決めて立ちますよね。当然グリップも違うと思います。

テニスの場合は、プレー中走りながらラケットを持ち変える事になる。自分のゲームの組み立てを考えていても、相手の嫌がる玉を打ち返すのがテニスです。思った所にリターンが来るのはまれです。この辺が野球との大きな違いではないでしょうか。

プレー中は、自分の利き腕に合ったグリップの持ち方をしています。フォアとバックでは微妙にグリップを持ち替えます。私は右利きでフォアがシングル。バックが主に両手・たまにシングルですが、バックをシングルにする時は追い詰められた時や強烈にスライス回転を付ける時、足元のボールを返す時です。基本的に窮地を逃れるためで、強打は両手です。バックの両手うちは基本的に右腕は添え物で左腕の振りぬきが重要になります。

急に左手に持ち替えても、グリップエンドに近い所は持てず短くラケットを持つ事になります。したがって強打はありえない。セレシュの例が出ていましたが、確か彼女はレフティーでフォアバック共に両手打ちであった記憶があります。利き腕でない右側で追い詰められた時にシングルハンドにしていたように思います・・・違ってたかな?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

umedamaさん、こんにちは!
私のたわいもない質問にたびたびおつきあいいただき、本当にありがとうございます!

そうですよね、野球との大きな違いは、「ボールが来る前に左右どちらで打つかを決められない」ということですよね。
(野球では、両打ちのバッターはピッチャーが右か左かでどちらの打席に立つかを決めることが多いです)
卓球ほどにはないにせよ、相手が打ち返した後にラケットを持ち替え、かつグリップを気にする余裕は、展開によってはないかもしれないですよね。

但し、レフティーのセレシュもやはり右手でも打てることが1つの強みだったと考えることもできそうですね。

お礼日時:2005/10/12 23:23

たとえば右利きの場合、バックが両手打ちの人は、左手が主で右手は


添えているということになると思います。

そして当然リーチが短くなりますので、遠くのボールは片手で無いと
届かないため、左手だけで打つことになります。

プロではセレシュなんかがそうやって打ってましたね。

もっというと、普通はフォア、バックともに両手うちで、
遠いボールはフォア、バックともに片手打ちが理想と唱えるコーチも
います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

VitaminBBさん、こんにちは!

なるほど、セレシュがそうだったんですか。
何だか安心した気分です。
コーチによっても理論や教え方はイロイロのようですし、「個性=長所」と(前向きに)とらえるのがよさそうですね!

ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/12 23:12

私は最初のうちは、遣りませんでしたが、練習や試合で自動的に持ち帰る事をする様になりました(下記の一部の状況だけですが)。



普通は右利きで左メインに使う生活は有りませんが・・ですから貴君なら持ち替えても、しっかり打てるでしょうし、有効な方法です。

私が行なうのは、
特にバック側に来たボールをバックでは届かない場合です。私もこのときは左手にラケットを持ち替えて打ちますよ。

左右で打てる人って上級でいますが(普段は右)、相手にとっては凄く遣り難いです。(^_^;;
遊びではあまり遣らないほうが良いでしょう(嫌われます)が、試合では有効ですよ。

又、左利きの人はボールの曲がりが反対に成るので、慣れていないと(試合で左の人のボールは上級レベルなら直ぐに慣れますが、ポイントの時に遣られると・・)、それだけで打ちにくいものですが、
スイッチできるのなら、其れを練習すると凄い武器になるはずです。
試合の途中で右左持ち帰られたら・・・・(*^^)v
    • good
    • 0
この回答へのお礼

timeupさん、こんにちは!
丁寧なご回答ありがとうございました。

そうですよね、左右うまく使いこなせれば、きっと強い武器になりますよね!
何たって、さっき打ち返した球と次に飛んできた球で曲がり方が逆なんですから。
球を拾える範囲も広がるだろうし、スタミナ温存にもなったりして。

後は、試合中にグリップを持ち変えるだけの余裕があるか、というあたりですね。

お礼日時:2005/10/12 23:07

両者とも遭遇したことがあります。


ただし、上級者では遭遇していません。邪道の域かと・・・・スクールや部活で基本から習った人には、サーフとストロークでラケットを持ち帰る人は皆無だと思います。

レフティーのサーブは回転が逆方向になるし、あまりいない。スライスサーブだと、非常に取りにくい。

ストロークでは、フォアの得意な人・バックが得意な人がいるのでフォアがすべて良いとは限りません。追い詰められてスイッチし、取り合えず返す人とはいます。
また、フォアもバックも両手打ちの人もいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

umedamaさん、こんにちは。早速のご回答ありがとうございました!

そうですか、上級者ではあまりいらっしゃらないのですか、、、。左右どちらの手でも打てれば、ラケットを持ち帰ればフォアで打てるので、バックよりも安定したラリーができるのではないかと思ったのですが、そんな単純なものでもないんでしょうね。
野球でしたら両打ちの名打者って割といるんですけど、野球とは違うようですね。

ところで、ちょっとした疑問なんですが、ラケットを持ち帰ることが、何故野球では邪道ではなくて、テニスでは邪道になってしまうんでしょう?
(そういう文化だから?)

http://www.nikkansports.com/ns/baseball/mlb/shik …

お礼日時:2005/10/12 00:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両手打ちの順手と逆手のメリット、デメリットは?

最近フォアハンドを両手打ちに変えました。
右利きの場合、右手を上に持ってくる方を順手、逆を逆手と呼ぶとして、それぞれの持ち方の長所と短所を教えてください。

ちなみに私は逆手にしてますが、まあまあうまく打てていて、
コーチに言わく、逆手なのでラケットを立てることが出来るのが
その要因だと言います。

でも、普通は順手にしなければ両手打ちの意味が無いと言われていると思ったので質問させて頂きました。

Aベストアンサー

経験則から言わせてもらうと、逆手はバックハンドなどと同じで振りぬきやすくて行くバックも長く取れます。
逆に順手だとテイクバックが短く体に近いところしか取れません。
両手うちにする目的によって、どっちにするか決めるといいと思います。
1、パワーヒッターでとにかく強くするために両手うちの場合。
パワーヒッターと言うことは大抵帰ってくる玉も速い球です。持ち替えを毎回バックとフォアでしなくてはならない逆手でそれを対処するのは難しいでしょう。常時は片手のフォアハンドで、決め球のときだけ左手も添えて強く打つのに順手を選択するといいと思います。
2、バックハンドのような安定性を目指す。
バックハンドのように、と言う言葉ですでに回答が出ていますが逆手にして、バックハンドを逆にしたように打つと良いでしょう。
3、純粋に握力不足腕力不足で両手うちの場合。
後々ワンハンドに戻す場合と、今後も両手うちの場合かで違います。
後々片手にするためには順手で持って、だんだん左手を添えないで打てるようにしていけば良いでしょう。
今後も両手うちの場合は、1,2を参考にしてやりやすいほうを選ぶと良いです。

経験則から言わせてもらうと、逆手はバックハンドなどと同じで振りぬきやすくて行くバックも長く取れます。
逆に順手だとテイクバックが短く体に近いところしか取れません。
両手うちにする目的によって、どっちにするか決めるといいと思います。
1、パワーヒッターでとにかく強くするために両手うちの場合。
パワーヒッターと言うことは大抵帰ってくる玉も速い球です。持ち替えを毎回バックとフォアでしなくてはならない逆手でそれを対処するのは難しいでしょう。常時は片手のフォアハンドで、決め球のとき...続きを読む

Q振動止めの有無でどれだけ何が変わる?

高校1年で硬球テニスやってるものです。ちなみにラケットはHEADプレステージ MID使ってます。
タイトルのとおり、振動止めについての質問です。

僕はトッププロは皆振動止めつけてやってるとおもってたんですが、雑誌をよく見てみるとつけていない人が結構いました!しかもHEADのラケットつかってる人のほとんどがつけてませんでした。(具体的には、マレー・ソダーリング・チリッチ・ハース・サフィンです。グルビスはなんかつけてました。)

そこで質問なんですが、振動止めのあるなしで何がそんなにかわるのでしょうか?
フィーリング重視の人はつけないことが多いということを聞いたこともあるんですが、実際のところどうなんでしょうか?
誰か教えて下さい!!

Aベストアンサー

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃(特にオフセンターヒット時)がメインですので、インパクト後のストリング面の振動が早く収まっても、故障を防止する効果は期待できないのです。

私どもでは振動止めについて「できれば付けないほうが良い」とご案内しています。付けちゃダメということではなく、付けないほうがベターだということです。
その理由の一つは、振動止めが打球音を消してしまうことにあります。打球音はインパクトの力感をコントロールするための重要な情報であり、そうした情報が消えてしまうのはコントロール感に曖昧さが生まれる原因になります。
また、微妙なオフセンターヒットを感じ取れなくなるため、クリアなインパクトとの違いが分からずに、クリアでないインパクトもOKになってしまうため、質の悪いインパクトがそのまま放置される可能性があります。微妙な違いが感じ取れる状態でないと、クリアなインパクトが増えていかないのです。

付け慣れている方が、振動止めを外すと、「ビーン」という打球後の振動が気になるものですが、要は慣れの問題のようです。
冬で、インパクトの手応えが硬く感じる場合などは、小さいタイプを付けても良いかもしれませんが、長いタイプは避けたほうが無難です。

また、細かいことですが、たまに、振動止めをクロスストリングの一番下と2番目の間に付けている人がいますが、これは厳密に言うとルール違反です。ストリング面の上下左右どこに付けても良いのですが、縦横のストリングが交差している内側には付けてはいけないことになっています。

振動止めのの機能は、インパクト後のストリング面の振動を早く止めることであって、それ以上でも、それ以下でもありません。

振動止めを付けたほうが故障の防止になると考えている方が多いようですが、これは正しくありません。振動止めは、打球後のストリング面の振動を早く収める効果がありますが、打球時の「衝撃」を小さくする効果はありません。
「コーーーン」というインパクトが「コン」となるわけですが、「コ」の大きさが小さくなるわけではないのです。
身体にダメージを与えるのはインパクト時の衝撃...続きを読む

Qフォアハンドを両手で打っているプロ知っていますか?(男子限定)

あまりテニスには詳しくない者ですが、確か以前、男子プロ選手でフォアハンドを両手で打っていた選手(海外の選手)がいたような記憶があります。何という選手なのか覚えている方がいらっしゃったら教えてください。
通常、基本はやはり両手打ちなのでしょうか?女子では腕力の関係で両手で打つ人も多いのかもしれませんが・・・。

Aベストアンサー

ファブリス・サントロという選手がいます。
日本では(現役ではありませんが)丸山薫さんもフォアも両手でした。

>通常、基本はやはり両手打ちなのでしょうか?
本人が一番打ちやすい方法でよいのではないでしょうか?
筋力のない幼少の頃からテニスを始めた人の中で、
フォアも両手で打っていて、成長するにしたがっても
その打ち方が本人になじんでいる場合に、フォアも両手打ちになるのではないでしょうか?

参考URL:http://news.tennis365.net/news/tour/players/details/index.html?id=men00088

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Qテニス左利きに矯正

硬式テニス歴21年の30歳男です。
テニスを右利きから左利きに矯正することに関して質問させて頂きます。

21年間ずっと右でプレーをしていましたが、肘を痛めてしまい現在療養中です。
1ヶ月くらい休んでいますがテニスが出来ないストレスが相当溜まってきてしまいました。
通っているスクールに、右肘を痛めてから左利きのテニスを始めて今は肘が治ったので右左を使い分けている方がいるので不可能なことではないのかなと思っています。

仮に左のプレーがモノになれば特にサーブは絶対的に有利になると思いますので試してみようかと思っています。
この際、注意する点、意識した方が良い点などはどのようなことが考えられますでしょうか。
また、日常生活(日常生活を左利きにするつもりなありません、あくまでテニスのみです)でも意識した方が良いこと等ございますでしょうか。

自分では、

(1)21年の右のプレーが頭にありますのでそれをいきなり左に求めてしまうと怪我のリスクが高まるので注意しなければいけない。

(2)左腕は右上に比べて細く、筋トレもしていないので、トレーニングをしっかりとしないといけない。
肩の可動域に関しては左肩の方が柔軟性はあるのですが、筋肉があまりついていないからだけかもです(筋トレ偏重でストレッチをあまりしないと体が硬くなると聞きますので)。

利腕を矯正されたりスポーツで効き手を変える方もいらっしゃるようですので、体験談やご意見等頂ければと思います。

何卒よろしくお願い致します。

硬式テニス歴21年の30歳男です。
テニスを右利きから左利きに矯正することに関して質問させて頂きます。

21年間ずっと右でプレーをしていましたが、肘を痛めてしまい現在療養中です。
1ヶ月くらい休んでいますがテニスが出来ないストレスが相当溜まってきてしまいました。
通っているスクールに、右肘を痛めてから左利きのテニスを始めて今は肘が治ったので右左を使い分けている方がいるので不可能なことではないのかなと思っています。

仮に左のプレーがモノになれば特にサーブは絶対的に有利になると思います...続きを読む

Aベストアンサー

半年くらい前に右ひじをやられましてスクールの中級から初級に変わって左手でやってみました。
二週間ほど左手だけでやったら、右ひじが少し良くなってそれからは両手打ちに変え、現在では
基本的に両手打ちだけど、
右の遠くの球は右手だけ。
左の遠くの球は左手だけ。

これで遠くの球をとれるようになったのは大きいメリットです。
更にストロークを打つ時、両手だとラケットの角度が安定するため正確なショットを打てるようになりました。

左手のサーブおよびスマッシュは難しいです。とくにサーブは難しいです。
私の場合はサーブとスマッシュは右手です。

両手打ちに変えてからひじの調子がいいです。
テニスというスポーツは右腕だけを酷使するスポーツですから両手打ちに変えて良かったな~と思っております。

それと左手は弱いので酷使するとすぐやられます。私はスマッシュを左手で打てるように何度も練習したら手首をやられそうになったのですぐやめました。

Q左手でテニスをすることのメリットはあるでしょうか?

利き腕(右手)の手首を痛めてしまい、しかたなしに左手で
テニスをしています。
やってみるとフォアは最初からなんとなく出来ました。
そこでバックをやってみたら、フォアよりうまく行きそうな
予感がしました。
そこでサーブもやってみたら、右手よりきれいなフォームで
打てるかもなんて気がしました。
いつになるか分かりませんが、右手が治ればもちろん右手に戻します。

ところで左手でテニスをすると何かいい事ってあるでしょうか?
右手のテニスに役立つでしょうか?

バックの両手打ちには役立つと良く聞きますが。

Aベストアンサー

> ところで左手でテニスをすると何かいい事ってあるでしょうか?

素晴らしいことがあると思います。身体を左右両方使うことになり、筋力の偏りをある程度是正できます。
無意識に今まで利き手で掴んでいた癖が変り、非利き手を使うようになります。また、物の見え方や考え方が変るかもしれません。

テニスは一側性(片側、つまり利き手を極端に使う)の種目の代表的なものです。特に、フォア・バックともに片手打ちの場合は利き手だけに負担がかかります。サービスは両手で打つ人を見たことがありません。

一側性(他にバドミントン、野球、ゴルフなど)だけを長年続けた人は身体が歪んで側湾症になりやすく、加齢とともに筋力が落ちたとき腰痛・背中痛などなりやすいです。

私も右手しか使わない種目を子どもの頃からやったために、40歳ころに椎間板ヘルニアになってしまいました。

なお、確かにレフティは有利ですが、左で練習し始めても概ね12歳以前でないと、右より上手くなることはないでしょう。

Qほぼ100%決まるサーブ。

硬式テニスを愛好する者です。
またその中でも特にサーブ&ボレーを愛好する者であります。

さて、私は右ききですが、左ききのスライスサーブと同じような
回転をするサーブを追及しています。

(普通のサーブと逆に、ボールの内側をラケットのバック面で、
 サっと外側にえぐるように打つのです。
 これはリバース回転って言うのですか?)

やってみるとできない事はないのですが、安定せず、
ねらった場所に入れる事はできません。
はっきり言えば、成功するのは1/10位です。

でも、成功するとすごく切れて、相手を完全にコートから追い出せる、
どころか、相手は全く触れません。(右ききのバック側に入れば。)
返せても、ネットに詰めれば、ボレーでほぼ決められます。

プロの試合を見てもこんな変わったサーブを打つ人はいないので、
不可能なんでしょうか?

しかし、捨てるには惜しいサーブなので、どなたか、正しい打ち方
を教えてくれる人はいないでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは、私はテニスを初めて約27年になります。

 以前、右利きで8時くらい(正面を12時として)に上げたトスを、たこ踊りみたいに
背中の後ろから掻き揚げて打つサーブと対戦したことがあります。分けが分からな
い内に、すぐ負けた記憶があります。左利きみたいな回転でした。

 軟式テニスをやった人がウエスタングリップでサーブを出すと、レフティのスライス
サーブと似た回転になります。正面を向いて立ち、スイングは窓を右から左に拭く
感じです。

 最近見たジュニアの中に、グランドストロークで高く弾んだボールを顔の位置でこ
のスイングを使い、右に切れるショットを打つ子がいました。相手を上手くコートの
外に追い出していました。

Qダブルハンドのメリットって何ですか?

時々、フォア、バック共に両手打ちの選手を見かけますが、
両手打ち(ダブルハンド)のメリットって何なんですか?
バックはともかく、フォアは片手の方が絶対有利だと思うんですけど。
体格的に小柄な方がパワー不足を補うためのものですか?
スクールなどで指導されてダブルハンドを使っているのでしょうか?
どなたか教えて頂けるとうれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。ダブルハンダーのスコンチョといいます。(^_^)

>両手打ち(ダブルハンド)のメリットって何なんですか?

アマのレベルで言えば「そっちの方がやりやすい・しっくりく」と言うことで十分
だと思います。個人的見解であえて細かく解説すると、以下のようになります。

1.パワー
 パワーが出るという意見が多いですが、パワーとは何なのかという話になります。
球体(ボール)運動は進行方向へのスピードと回転が全てであり、これが大きいほど
パワーがあると定義するならば、シングルハンドの方がパワーが出ます。その理由は
ダブルハンドのヘッドスピードは、どうやってもシングルハンドのそれにかなわない
からなのです。

 では、なぜ一般的にパワーがメリットのように語られるかというと、ダブルハンド
の方が「ハードヒットできる領域(ストライクゾーン)が広い」と「ライジングにも
むいていて、後ろに下がらずに打てる人が多い」との理由から、平均値としてのスピ
ードの速さと、ボールが返ってくる時間の早さが掛け合わさって、シングルハンドより
もパワーボールが打てるという誤解を生んでいるのだと思います。正確に言えば、相手
の時間を奪って、早い仕掛けが出来るということですね。


2.リーチ(フットワーク)
 両手で持ちますので、同じ立ち位置であれば当然ラケットの可動範囲はシングルハン
ドの方が広くなります。これが、左右のフットワークにおいては大きくマイナスに働き、
一歩余分に走らされるというコメントが多いでしょうか。

 ただし、前述のストライクゾーンの広さでは、シングルハンドよりも上に関して
はかなり広く対応できます。例えば、上方向であれば肩口のボールでもハードヒット
する人が多いでしょうか。左右に関しても外側は厳しいのですが、逆に身体の内側に
来たボールは、左手のお陰でわりと対応できます。


3.打球の角度
 高い位置からボールを打てるので、アングルショット(ショートクロス)を得意とする
人が多いと思います。また、ボールが打ち出される瞬間の見極めが難しいので、ボール
返球されるまで、どのコースにくるか分かりづらいのも大きなメリットですね。

 ただし、左右に走らされてダブルハンド返球するとネットが多くなります。これは
シングルハンドでもある話なのですが、ダブルハンドはその特性上、手を伸ばしたとき
打球が上がりにくいという傾向が強いです。


この他にも回転・前後のヒッティングポイントの違い・ボレーとのかねあい等々いろんな
問題があるのですが、最初に書いたとおりしっくりいくのであれば徐々に取り組んで行か
れればいいことレベルなので割愛しますね。

最後に、ネットプレーヤーとストローカーのどちらかに絶対的有利が無いのと同じで、
片手か両手かに絶対的な優位性はありません。モニカ・セレシュというフォア・バック
ともにダブルハンドの選手が女子のナンバー1になるまで、ダブルハンドは絶対的に不利
であるかのように言う人がアマプレーヤーの中にも大勢いました。もし、ダブルハンド
を選択されると、古株の「シングルハンド神話」(私から言わせれば、水を飲むな・
サーブは飛んで打つなと同レベルですが)というありがたいお説教をどう聞き流すかと
いう試練が待ち受けているかも。(^_^;)

初めまして。ダブルハンダーのスコンチョといいます。(^_^)

>両手打ち(ダブルハンド)のメリットって何なんですか?

アマのレベルで言えば「そっちの方がやりやすい・しっくりく」と言うことで十分
だと思います。個人的見解であえて細かく解説すると、以下のようになります。

1.パワー
 パワーが出るという意見が多いですが、パワーとは何なのかという話になります。
球体(ボール)運動は進行方向へのスピードと回転が全てであり、これが大きいほど
パワーがあると定義するならば、シングルハン...続きを読む

Q左利きにする事について

 僕は今、右利きでなのですが左利きにかえるつもりです。訳は右のフォアハンドのフォームがかなり重症で治りそうにもありません。
 1年前はコーチにフォームをしっかり教えてもらって、テニスクラブでもあまり負けた事がありませんでした。しかし、プロの写真を真似てみたり、もっとカッコいいフォームで打とうとかしてみたりしたせいで、6ヵ月ぐらいたってから、だんだんとフォームがおかしくなってきました。
 それからというもの、色々考えて 治ったかな?と思ったらまた悪いフォーム。その繰り返しです。ボールが来る度に5こ以上も考えて打つのも嫌になり、テニス暦4年の経験を0にして、左手で一からやり直そうかなぁとおもってます。
 
 それで疑問に思うのですが本来右利きの人が左利きでするというのは、もともとの右みたいにうまくいくものなのでしょうか?
 もし、まだ右でする方がいいのならアドバイスをお願いします。
 それと、中体連まであと3ヶ月(7月ごろ)しかありません。努力はします。間に合うでしょうか?
 回答おねがいします。

Aベストアンサー

例えば、hujiwaraさんが立った姿勢から、右足を前へ出して、重心を右足へ乗せる。 そこから右足でジャンプしたら、どうなりますか?
次に、右足を出す時に左手を前に高めに、右手を後ろ低めに振ってから、重心を右足へ乗せる。 そのままチョット(ため)止めて、そこからジャンプ。
次にジャンプする時に腰を回転させたらどうなります?

飛んでくるボールに対してのタイミングポイントが掴めない状態なら、普通にある悩みですよ。 「 左で打てば良い 」というのは何も克服する意思が無いのと同じです。
右軸足を入れる姿勢とバウンドに対するタイミングの取り方の問題で、上手に打っている人の様子をみて参考にしながら、まねをしてみたらどうでしょう。

それと、右軸足を決めてから左足を出す「 時に、右手が体の後ろで下がって 」いないとボールの跳ね上がりに対して、腕を下からあわせことが難しくなります。

(ため)が無いのかもしれません。

Q利き手の反対側のトレーニング効果(テニス);体&脳

39歳男性です。

30歳頃に趣味で始めたテニスを約10年続けています。

私は右利きなんですが、張り切り過ぎて一度右肩を痛めてしまい、さらに慢性的な腰痛(ヘルニア)持ちのため、左右のバランスを取った方がいいと考え、左手で打つ練習を数年続けました。打ち方は、右も左も全てシングル(右フォア・右バック・左フォア・左バック)です。基本的に右利きなのですが、今もバランスを取るため、練習の最初の30分間だけ、左右両方で打っています。利き手じゃない左は、まだ練習を続ければ、これからも多少は技術的には伸びると思います。

面白い事に、お世話になっているコーチに言わせると、左打ち(フォア、バックとも)の方が変な力が抜けていて、素直に打てているとの事。

また、左で打つ時、右はどうだったかと自分で考える事が増えたので、右打ちの時の自分の打ち方に対して、より頭を使って考えるようになった気がします。39歳の私の場合、テニスは技術的な上達というよりも、健康維持・気の合うテニス仲間を見つけるのが主目的になってはいますが、怪我しない程度に、定期的に楽しんでいます。

過去も、似たような質問はこのOK Waveにありましたが、私が知りたいのは少々違います。

過去質問の例 :
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1707831.html

個人的に非常に興味があるのは、私自身全く予想すらしていなかった、左打ち練習を続けた事による、脳へのトレーニング効果です。

人に説明しようとしても、私のケースが特殊すぎるせいなのか、なかなか信じてもらえないのですが、私の場合、30歳過ぎてから左打ちの練習を続けたら、並行して英語の聞き取り・喋りの能力がかなりの速さで向上しました。多分、錯覚じゃないと思います。脳内の血流(主に左右脳を繋ぐ脳梁?)が活性化しやすくなったんだろうという仮説を持っています。

最初の頃は、左打ちと右打ちを交互にやると、切り替えのタイミングで脳が軽く混乱したような気がしました。

右なら右手、左なら左手で1.5時間のレッスン中にずっと打つ手を固定すると、そうはならないのですが、頻繁に右左の切り替えを行うと、何とも言えない気持ち悪さがありました。しかし、数年間こういう切り替えを続けたら、違和感がなくなってきました。

その切り替えの違和感を感じなくなった頃、仕事でアメリカ人と会話するのが以前ほど苦にならず、かつ、昔よりも視野が広がっているというか、全体を俯瞰してイメージする力が伸びたな、というl気付きがありました。

「30歳過ぎてから」という私の年齢も、一つのポイントのような気がします。

両利き、或いはクロスドミナンス(cross dominance)の悩みを持っておられる10代以下の方も大勢いらっしゃるかと思いますが、私のケースは元々完全な右利きなので、わざわざ好き好んで、ある程度の年齢になってから、利き手じゃない方を使い始めたケースです。

似たような経験をなさった方、いらっしゃいませんでしょうか?

39歳男性です。

30歳頃に趣味で始めたテニスを約10年続けています。

私は右利きなんですが、張り切り過ぎて一度右肩を痛めてしまい、さらに慢性的な腰痛(ヘルニア)持ちのため、左右のバランスを取った方がいいと考え、左手で打つ練習を数年続けました。打ち方は、右も左も全てシングル(右フォア・右バック・左フォア・左バック)です。基本的に右利きなのですが、今もバランスを取るため、練習の最初の30分間だけ、左右両方で打っています。利き手じゃない左は、まだ練習を続ければ、これからも多少は技術的...続きを読む

Aベストアンサー

40代ですが僕は漫画とかの両効きにあこがれて

左を普通の人より多く、使うようにしたので
ある程度のは左でも使えます。ずっと使うと、やはり無理があるのか
左ばかりだと疲れますが・・

スプーン、フォークは普通に使えます。箸も右と比較すると遅いですが
ご飯は左でも食べられます。ボール投げも10mくらいなら
狙ったとこに投げられます。字も黒板とかに書くレベルなら普通に掛けます。
ノートに書くには遅いですね・・・

>頻繁に右左の切り替えを行うと、何とも言えない気持ち悪さがありました。しかし、数年間こういう切り替えを続けたら、違和感がなくなってきました。

●これは質問者さんが頭デッカチというか考えながら
左を使いすぎなのでは・・
僕はそんなこと気にしたことないので、気持ち悪いといことはありませんが・・

基本右利きなのにどっちの手を使おうか迷うときがまれにあります。
単なるボケや度忘れ的なものかもしれませんが・・

語学に関する点ですが、左手を使うことによって右脳が刺激されて
活性化されて英語の上達が早くなった可能性はありますね。

手先を使うことは脳の刺激になるという点と
左を使うことによって体の使い方を効率よく動かそうと考えることよって
以前よりも頭を働かせるようになったこともあるのかもしれませんね

俯瞰して考えられるようになったのは左を使うようになった要因以外にもいろいろあるのでは
30から39歳って9年もありますからね。いろいろ人間として成熟して
俯瞰できるようになったのかもしれませんよ

40代ですが僕は漫画とかの両効きにあこがれて

左を普通の人より多く、使うようにしたので
ある程度のは左でも使えます。ずっと使うと、やはり無理があるのか
左ばかりだと疲れますが・・

スプーン、フォークは普通に使えます。箸も右と比較すると遅いですが
ご飯は左でも食べられます。ボール投げも10mくらいなら
狙ったとこに投げられます。字も黒板とかに書くレベルなら普通に掛けます。
ノートに書くには遅いですね・・・

>頻繁に右左の切り替えを行うと、何とも言えない気持ち悪さがありました。しかし、...続きを読む


人気Q&Aランキング