小さい頃よくした遊びなんですが、
タンポポの茎の切り口を縦方向ににいくつも裂いて水につけ、
暫くたつと外側に向かって曲がってきます。(花びらみたいに)
これってどういう原理なのでしょうか?
議論したところ、浸透圧によるという意見と屈性によるという意見に
わかれてしまいました。
また、屈性による場合だと、オーキシン(IAA酢酸?)に浸した場合は
どうなるのでしょう。
どなたかご存じの方、いらっしゃいませんか?
できれば生物(2)の範囲で説明して下さると嬉しいです。

A 回答 (3件)

知っている範囲ですが。



 オーキシンによる屈性は、光屈性といって、光のあたる側にあるオーキシンが
反対側に移動することにより両側の成長量に差が出ることによって起こります。
細胞壁を緩め給水量を増加させて細胞伸長を促すという効果はオーキシンの
作用そのものであり、屈性はオーキシン濃度が光の当たらない側で高くなり、
より強い作用を表すことで起こります。
 タンポポの茎が曲がる実験(?)は昔やったことがあります。
確かにオーキシンには細胞壁を緩める効果はありますが、屈性の起こる
メカニズムを考えると、光の当たる当たらないに結果が左右されない
タンポポの現象は、切り口から水を吸収する際内側の細胞と外側の細胞で
細胞壁の厚さが違うため吸水量に差が出ておきるのだと思います。
表皮細胞には特に丈夫なクチクラがあって、内部の比較的細胞壁の薄い細胞と比べると、
壁圧が高いために吸水量が相対的に少なくなってしまうのではないでしょうか。

 参考。
 オーキシンを溶かした水に茎片を浸すと水のみに浸したときより明らかに伸長量は
多くなります。ただしこの場合はオーキシン溶液内に濃度差は無いため、屈曲は
起こりません。
    • good
    • 0

補足拝見いたしました。


オーキシンはおそらく低濃度で効きますので
まずは浸透圧自体には影響を出さないはずです。
(そうだとしたらコントロールが取れない)
故にはじめは水と同じになると思います。

しかし、長期におくと先に書いたような細胞壁の
ゆるみを起こすとしたら、曲がっていたものが
多少回復することはあるかもしれません。
しかし、受容体などが持つかどうかわからないのでなんとも
いえないのが現実です。

ご質問のような実験は子葉しょうを用いた実験(スリットテスト;
アベナテストではない)と
言うものがあるのですが、部位が違うのでそのまま比べることは
できないと思います。(申し訳ないけいです。結果を覚えてないです)

なんかあんまり答えになってないような気がしますがよろしいでしょうか。
    • good
    • 0

レスがつかないようですので。



水につけて起きている現象は、細胞のうちと外の細胞壁の厚さで説明できます。

表面側の細胞の細胞壁の方があついために、水の中につけたときに細胞が吸水を始めると、細胞壁が厚い表皮側の細胞は伸張しにくいのに対し、内側の細胞は細胞壁が薄いので大きくなれます。
その結果内と外で伸張差が生じ、ご質問のような状態になります。

浸透圧とはこの意味で使われたのだと思いますが?

>また、屈性による場合だと、オーキシン(IAA酢酸?)に浸した場合は

いまいちご質問の意味が分かりませんが、オーキシンの作用に細胞壁のゆるみを引き起こすというものがあります。しかし条件がわからないのでこれ以上は何ともいえませんが(タンポポでの効果は知らないです)、イメージ的には水だけの状態よりも曲がりが少なくなると思います(外側の伸張も可能になるから)。

何か分からない点がございましたら補足お願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えていただきありがとうございます。

オーキシンの溶液に浸した場合、水に浸したときと比較して曲がり具合や
曲がる速さなどがどうなるのか、という意味です。

お礼日時:2001/11/28 17:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「茎わかめの炒め煮」の作り方

小学校のころ、給食の献立で
「茎わかめの炒め煮」がいちばん好きでした。

大人になってもあのおいしさが忘れられず、
自分で作ってみたいと思うようになりました。

しかし、いくらインターネットで検索しても、
出てくるのは給食の献立表ばかり…
レシピはまったく出てこず_| ̄|○il|li

どなたか作り方(レシピ)をご存知の方がおられましたら、
ご教授いただけないでしょうか。
また、おいしく作るためのコツなどありましたら、
あわせてお書きいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

茎わかめの炒め煮、よく作ります。
我が家の作り方でよろしければご紹介します(^^

まず、茎わかめは大抵塩蔵品ですので水につけて塩を抜きます。
袋に「40分から1時間くらい」と書いてあることが多いのですが、これでは塩分が抜け切らないことがあります。
私は1時間半以上つけておきます。
長めにつけておいても特に問題ありません。
時間が1時間ほどしかとれない場合はちょろちょろと水を出したままつけておくと早く塩が抜けます。

塩が抜けたら太い部分は指で裂くか包丁で切って4cmほどの長さに切り揃え、同じくらいの大きさに切ったにんじんと一緒に油で炒めます。
炒めたらだし汁と刻んだ油揚げを加え、みりん(もしくは砂糖と酒)で味を付けます。
油揚げに甘味がしみこみ、にんじんが柔らかくなってきたら醤油を加えてさらに煮ます。

少し煮詰めてでき上がりです。

Qオーキシンの屈光性

 こんにちは。オーキシンについて、何度読んでも理解出来ないので教えてください。


 オーキシンに光を当てる
       ↓   
オーキシンが光の当たらないところへ移動
       ↓
光の当たらないところのオーキシン濃度が高くなり、成長促進

  ここまでは理解できるのですが、次の

    こうして茎は光の当たる側へ屈曲する。
  ------------------

   これはどういう意味なのでしょうか?
 
  植物がオーキシンの力を借りて成長しながらも嫌がるので横へ反れる?



 
  また、暗黒中に植物を水平に置くと重力の影響でオーキシンは植物の下側へ移動
                   ↓
     茎ではオーキシン濃度の高い下側の成長が促進され上方に屈曲
     ----------------------------

   こちらは茎の下の部分が伸びたと理解したのでいいのでしょうか?


  よろしくお願いします^^     

Aベストアンサー

> こうして茎は光の当たる側へ屈曲する。
一本の茎の斜め方向から光を当てると、光が当たらない側が伸び、
その結果として茎が光のくる方向に曲がる ということなのですが、
どこが分からないですかねえ。

> 植物がオーキシンの力を借りて成長しながらも嫌がるので横へ反れる?
残念ながら、この文章で何を言いたいのか、良く分かりません。
“成長しながらも嫌がる”なんて難しい話ではなく、
影になった側が伸びるだけです。


> 茎ではオーキシン濃度の高い下側の成長が促進され上方に屈曲
こちらは重力が原因ですが、上と同じく、
一本の茎のなかで、オーキシン濃度の高い下側が伸びて、
その結果として茎が上方向に曲がる ということです。

Qおつまみ茎わかめの作り方

おつまみコーナーで売られている茎わかめ、大好きでよく買うのですが、量が少なくてとても割高に感じます。塩漬けの茎わかめは安く売られているので、出来れば、家で似た味に仕上げたいのですが、作り方がわかる方、どうか教えてください。

Aベストアンサー

茎わかめはたっぷりの水に2~3時間つけ、時々水を替えながら塩抜きをします。

QIAAについて

IAA(インドール酢酸)の分子量がわかりませんぜひ教えてください。

Aベストアンサー

あれ?
インドール酢酸てC10H9NO2じゃありませんでしたか?
つまり分子量は175ということに・・・

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/dict_search.cgi?MT=%A5%A4%A5%F3%A5%C9%A1%BC%A5%EB%BF%DD%BB%C0&sw=2

Q茎わかめのお菓子は美味しいですが

自宅ではあの味、再現できなさそうですよね。
売っている茎わかめは太くて、味付けが難しそうですが美味しく食べる方法ってあるのでしょうか。

Aベストアンサー

少し熱を加えるだけで美味しくなります。

簡単レシピ!茎わかめのレシピ厳選8レシピまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2139356633590372701

Qオーキシン濃度のグラフの見方を教えてください。

植物体を水平にした場合の茎および値の屈地性を図の結果を用いて説明せよ、という問題です。この図というのはオーキシン濃度のグラフなのですが、下記のサイトの一番下のおまけと書いてあるグラフのことです。
stem茎、bud芽, root根です。
http://www.asahi-net.or.jp/~dz5y-mrt/omnis46.htm

解答は
植物体を水平にするとオーキシンは重力により下側の濃度が高くなる。図から茎は濃度の高い下側の成長が促進され、負の屈地性を示す。根では濃度が高くなる下側は成長が阻害され濃度の低い上側が成長するので、正の屈地性を示す。

とありますが、この説明が納得いきません。「茎は濃度の高い下側の成長が促進され、」とありますが、図によると根も芽も茎も濃度が濃くなると成長阻害されていると思います。

また、オーキシンは重力により下側の濃度が高くなる。
とありますが、オーキシンは、先端部でつくられ、下降する、極性移動すると習いましたが、重力により下側に移動するということは必ずしも極性移動だけするのではないということでしょうか。

なんだかややこしい質問ですが、どうかよろしくお願いいたします。

植物体を水平にした場合の茎および値の屈地性を図の結果を用いて説明せよ、という問題です。この図というのはオーキシン濃度のグラフなのですが、下記のサイトの一番下のおまけと書いてあるグラフのことです。
stem茎、bud芽, root根です。
http://www.asahi-net.or.jp/~dz5y-mrt/omnis46.htm

解答は
植物体を水平にするとオーキシンは重力により下側の濃度が高くなる。図から茎は濃度の高い下側の成長が促進され、負の屈地性を示す。根では濃度が高くなる下側は成長が阻害され濃度の低い上側が成長するので...続きを読む

Aベストアンサー

確かこの質問は2回目ですよね。まだこの問題を考えていたのですね。誰からもすっきりとした回答が寄せられないことを不思議に思っているのではないかなと思います。それは,屈性に関しての部分は解らないことだらけです。教科書に載っているものは,過去のオーキシンのみで屈性を説明しようとした研究,つまり生物史を勉強している面があります。ですからすっきりとした回答が出来ないのです。

まずあのグラフは,すべてが実験から求められたものではありません。あくまでも仮定の話です。なぜかと言いますと,あなたが上げた参考URLにありますように,成長側(グラフのプラス側)は実験で求められます。しかし,抑制側はどのようにして求めればよいのでしょうか。ただ成長しなくなるだけです。ですから成長側のグラフを伸ばすことにより,ある濃度からは成長が抑制されると考えたわけです。つまり,グラフのマイナス側は仮定です。

また,横軸の濃度も論文の著者が言っているように,実際の植物の濃度をあらわしたものではありません。そのように仮定したわけです。

成長最適濃度が 茎>芽>根 であることは確からしいですし,自然状態では芽や根は成長を抑制されていると考えると,つまり,グラフの真ん中当たりを考えると,この考え方が事実かどうかは別にしまして,多くの現象を説明できます。例えば前回の質問での側芽抑制など良い例ですね。

さて本題の重力屈性ですが,オーキシンは極性移動しますが,それだけでは説明できないものですから,生産部位(茎の先端部)だけは,横移動できると考えるわけです。光屈性の場合と同じ考え方です。そうすると上の濃度が薄くなり,下が濃くなる。茎は濃い方が成長しやすいから下が成長し,根は薄い方が成長しやすいので上が成長する。

現実には,根は根冠を取り除くと重力屈性を示さなくなりますし,光屈性も本当にあるのかどうか疑問です。屈性にはアブシジン酸等の成長抑制物質の働きが関与していると思われる研究があります。あくまでも,受験生物としての話と思って良いのではと思います。何かの参考になりましたなら…

確かこの質問は2回目ですよね。まだこの問題を考えていたのですね。誰からもすっきりとした回答が寄せられないことを不思議に思っているのではないかなと思います。それは,屈性に関しての部分は解らないことだらけです。教科書に載っているものは,過去のオーキシンのみで屈性を説明しようとした研究,つまり生物史を勉強している面があります。ですからすっきりとした回答が出来ないのです。

まずあのグラフは,すべてが実験から求められたものではありません。あくまでも仮定の話です。なぜかと言いますと...続きを読む

Q最近茎わかめの瓶詰めを見かけますか?

海外在住の姉に茎わかめの瓶詰めが食べたいから探してほしいと頼まれましたが、スーパーで探しても見つかりません。(前は普通に瓶詰コーナーにあったのですが)
ネットで探してみると「茎わかめの佃煮」は見つかったのですが、それはフキの佃煮のように長方形に切ってあって、どうも昔食べていたものとイメージが違います。
昔食べていたものはうまく説明できないのですが、1ミリ位の楕円形の輪切り状で、なめたけの瓶詰のような形の瓶に入っていました。
歯ごたえはコリコリしていて、ご飯のお供にぴったりでした。
あまりにも見つからないのですが、あれは我が家の通称で、実際は茎わかめではなかったのでしょうか?
なにか思い当たる別のもの、またはメーカー等何らかの情報がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

酒悦のビン詰が冷蔵庫に入ってますが・・・。
お中元の売れ残りをくずした??物を、息子が一瓶¥50で沢山買ってきて、毎晩オツマミにしています。
 
購入先は、秋葉原デパートだと思います。でも、数週間に買ってきたから、もう無いかもしれませんが。

Qオーキシン輸送のメカニズムがよくわかりません。

オーキシンは細胞の上(AUX1)から細胞の下(PIN)へ抜けると授業で言っていたように思うのですが、それでは、細胞の横にあるトランスポーターは何に利用されるのでしょうか?例えばABCBのようなトランスポーターです。(授業プリントの図には、ABCBが細胞の横についています)また、IAAHが何だかよくわかりません。
初心者なので分かりやすくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.bio.nagoya-u.ac.jp/~yas/tokutei_plant_meristems/thesis03/thesis03-17.html

オーキシン(IAA=インドール酢酸)は、カルボキシル基を持つカルボン酸です。ですから水素供与体ですので、水素に注目しますと下記のように解離型と非解離型が自然界では平衡状態にあります。
IAAH(非解離型インドール酢酸)⇔IAA(解離型インドルー酢酸) + H+(プロトン)
一般に細胞外では酸性ですからIAAHが多く、細胞内では中性ですからプロトンを放出し IAA + H+ が多くなります。

細胞外からIAAHの型で浸透したオーキシンは、細胞内でIAA(解離型インドルー酢酸) + H+(プロトン)となり、IAA(解離型インドルー酢酸)は排出トランスポーターのPINで排出されます。それを次の細胞のオーキシントランスポーターであるAUX1が取り込みます。これらのトランスポーターの局在がオーキシンを極性移動させます。

次に根端部の細胞に注目して下さい。根端部の細胞では、ご質問のABCBトランスポーターが両側にもあります。このことがオーキシンが根端部で軸方向へ移動することが出来る原因です。そのように表皮側に移動したオーキシンは表皮細胞に取り込まれます。表皮細胞ではPINが逆にありますからオーキシンは逆に移動します。

今説明したものは、あくまでもオーキシンの移動の主なる経路について、ご質問のあったAUX1、PIN、ABCBについてのみの説明です。ABCBにつきましては、オーキシンが機能するためには隣接する細胞にオーキシンを供給しなければなりません。つまり軸方向に多少は移動させなければならないわけですからその際に多少のABCBトランスポーターが横にも必要になります。ABCBが発現している主な細胞は、根端部ですが僅かに表皮細胞にも発現しています。

以上は私の理解です。専門家でもないですし、最近は本も老眼で読めませんので間違っているかも知れません。責任は持ちませんよ。何かの参考にして下さい。

http://www.bio.nagoya-u.ac.jp/~yas/tokutei_plant_meristems/thesis03/thesis03-17.html

オーキシン(IAA=インドール酢酸)は、カルボキシル基を持つカルボン酸です。ですから水素供与体ですので、水素に注目しますと下記のように解離型と非解離型が自然界では平衡状態にあります。
IAAH(非解離型インドール酢酸)⇔IAA(解離型インドルー酢酸) + H+(プロトン)
一般に細胞外では酸性ですからIAAHが多く、細胞内では中性ですからプロトンを放出し IAA + H+ が多くなります。

細胞外からIAAHの型で浸...続きを読む

Q茎わかめ

壮関の茎わかめの原産国ってどこですか?

先ほどYouTubeで中国の食品の危険っていうのを見てちょっと知りたくなりました。くだらん質問ごめんなさい(^-^;

Aベストアンサー

壮 関 栃木の企業力 企画・連載 栃木 地域 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tochigi/feature/utunomiya1238687781551_02/news/20100226-OYT8T00018.htm

(2010年2月26日 読売新聞)

三陸沖と書いてありますが、東日本大震災の影響でどうなったか。壮関さんに直接聞くのが筋でしょう。

Qオーキシン(インドール酢酸)に関して。 植物の細胞膜(pH6)では電離しておらず その状態で膜を通る

オーキシン(インドール酢酸)に関して。
植物の細胞膜(pH6)では電離しておらず
その状態で膜を通ることができる、
また細胞内(中性)では電離しており膜を通れないと
ありました。

なぜ電離していないと通れて、
していると通れなくなるんですか?

Aベストアンサー

あなたは大学生でしょうか?真核性生物は脂質二重膜で出来ています。石鹸でたとえると、脂肪鎖が二枚重なり、間に親水性の層がある。全部これ。疎水性で無いと膜から中に入れない、中の親水性の部分はいい加減で隙間もある。だから強親水性の物質は細胞へ入れない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報