国際ともうします。
現在法学(法律)で少年法・少年事件について調べているのですが
少年事件の処理方法(刑罰)ってどういうふうになっているのでしょうか?
詳しく知っている方でなくても教えてください。

A 回答 (1件)

「少年事件の処理方法(刑罰)」という質問ですが、なにを聞きたいのかもう少しはっきりして下さい。



制度ですか?実務的な運用でしょうか?

この回答への補足

あっ、すいませんでした。
「少年事件の処理制度」といった方が良いと思います。
少年の幅は広い(14歳未満~19歳まで?)
ということは年齢によって家庭裁判所で審議したり、
場合によっては刑事裁判になったりするわけですよね?
まあそれは少年がどんな事件を起こしたかにもよるのですが・・・。

補足日時:2000/12/11 12:24
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q余罪を付加しての勾留請求は別件勾留とどう違う

ある人がA犯罪で逮捕されたとします。
その後余罪Bを加えて勾留請求したとします。
この請求は(多数説では)なぜ許されるのですか?
テキストには「改めて逮捕するより身体拘束する時間を短縮できて
被疑者にもメリットがある!」とかかれていますが、
これは別件勾留にもいえることで、別件勾留も許されることになってしまわないですか?

「別件勾留」と「余罪を付加しての勾留請求」は逮捕前置主義に反している点では同じなのに別件勾留はだめで後者がダメな意味がわかりません!! 
自分はどこを勘違いしているのでしょう?

Aベストアンサー

別件逮捕・勾留は、A罪で逮捕・勾留請求されているにもかかわらず、B罪の取調べをしているということです。しかも、その後B罪で逮捕・勾留します。
被疑者にメリットはないですね。
これだけでも十分違いが分かると思います。

Q法学部で習う法律と、弁護士や司法試験で必要とする法律の知識って

やっぱりどこか違うのでしょうか?

聞いた話では、高校の授業だけでは大学受験には受かることはできないように、法学部で習うことも、けっこう違うのでしょうぁ?

もちろん六法とかを習うと思うのですが、やはり大学では学問的(?というより試験にいらないような深い内容を勉強するのでしょうか?)


正直、将来弁護士を目指そうかとも思ってますが、必ず弁護士というわけではありません。
金融系の仕事にも憧れてます。
なので法学部をやめて経済学部にいこうかとも考えてます。

とくに法学部が上記のような状態だったらなおさらです。

Aベストアンサー

法学部卒です。
法学部での講義だけを受けていれば司法試験に受かるかと言えば、受かりません。司法試験で問われる知識は講義だけでは不足します。
どれだけ自分が勉強するかです。

たとえば刑法で言えば、
刑法199条 人を殺したものは、死刑または無期もしくは5年以上の懲役に処する という条文があります 

大学ではどういうことを勉強していくかというと(講義)この条文で言えば、人とは何か?母体内の胎児は人なのか?人の死とは?
というようなことを勉強していきます。
それから過去の裁判所の判例、そして学説の立場はどうなのか等も勉強していきます。

しかし、講義でするこのような勉強が司法試験に役立たないかと言えば答えはノーです。こういう講義での勉強は非常に役立ちます。

司法試験は六法の暗記で済むようなものではありません。条文を読み解く力が必要です。その力を養うのは大学の講義であり、自分の勉強であるのです。

Q勾留請求と逮捕前置主義

検察官が強盗致傷罪として起訴した後に、窃盗罪と傷害罪に訴因変更したいと請求した場合は、裁判所は原則としてこれを認めなければなりませんよね?

では、被疑者が窃盗罪と傷害罪で逮捕されたのに、検察官が強盗致傷罪で勾留請求した場合は、窃盗罪と傷害罪より強盗致傷罪の方が罪が重く、逮捕前置主義に反するので、裁判所は勾留請求を却下しなければいけない、これは正しいでしょうか?
もう一度手続きをやり直していたら、その分被疑者の身柄拘束の時間が長くなるような気もするのですが。

Aベストアンサー

「窃盗の事実」と「傷害の事実」、「強盗致傷の事実」の内容が同じなら構成要件が違うだけと思いますので、問題ないと思います。逮捕、勾留、起訴の罪名が異なることもあります。窃盗で逮捕し捜査段階で欺もうがあり詐欺と判明した場合、窃盗で釈放し詐欺で逮捕するのは不利になるのでそのまま勾留します。また、事実に違いがあったり、罪名が異なる場合は「求令状起訴」されます。この場合は、前の罪名は釈放、変更後の罪名で起訴となります。ですから、「窃盗・傷害で逮捕、強盗致傷で求令起訴(勾留状がでます)」か「窃盗・傷害で逮捕勾留後、強盗致傷で求令起訴」になると思います。質問者は、法律を勉強されていると思いますので、参考にしてください。

Q犯罪者の刑罰確定って調べられる?

 たとえば新聞とかで、「山田B助教授が強制わいせつで逮捕された」とかでるじゃないですか。それで懲戒解雇されたりすると、プレスの関心も急になくなり、最終的にどういう判決になったかなんて報道されません。(例のU教授の手鏡のぞき見事件は、判決確定までフォローされ、その上、転職先まで出ていましたが....。)

 やや社会的に大きくない事件の最終的な判決を調べたいと思ったら、裁判記録をネットや裁判所への情報請求等の方法で調べられるものなのですか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 手続きをすれば、誰でも閲覧ができますよ。

http://ranhou.hp.infoseek.co.jp/eturan.htm

参考URL:http://ranhou.hp.infoseek.co.jp/eturan.htm

Q少年事件報道に関するサイト

少年事件報道に関するサイト
少年事件報道についての学説を調べているのですが、何か参考になるようなサイトを知っていたら教えてください

Aベストアンサー

少年犯罪については、以下のサイトが参考になると思います。

『少年犯罪データベース』
http://kangaeru.s59.xrea.com/

少年犯罪に関連し、戦前から現在に至るまでの事例データ(各事件の概要)が蓄積されているだけでなく、過去の重要事件の紹介、年齢別、年代別あるいは、キーワード別での分類が試みられています。

このサイトに対する分析記事も合わせて紹介しておきます。

『少年犯罪から見るマスコミのやり口』
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=600&t=6&k=0&m=172551

Q現在の刑法は罪状にによって刑罰の上限を決めているが、この上限を撤廃したらどうだろうか?

土浦の無差別殺人事件の判決が出ました。
被告本人は
「死刑を望んで、覚悟して殺人事件を起こした。希望通り死刑判決を出してほしい」
といっています。

最近、このように
「死刑になりたいから殺人をしました」
という事件が数多く起こっています。

現在の日本の刑法では罪状によって刑罰の上限下限が決まっています。
いっそのこと、この上限下限を撤廃してしまったらどうでしょうか?
たとえば現行の窃盗罪では死刑はありえません。
したがって死刑願望者は万引きで警察に捕まろうとは思いません。
「4人以上の人殺しをしたら死刑」という永山(だっけ?)基準に則って4人以上の殺人を犯してしまいます。
これでは殺された人がかわいそうです。

ですので、窃盗罪でも詐欺罪でも傷害罪でも、全部上限は死刑にする。
そうすれば死刑願望のあるものは
「死刑にしてほしいので犯罪を犯しました。罪状は鉛筆一本の万引きです」
と軽微な罪で捕まえてもらえます。(万引きされた商店も迷惑だが、無差別殺人よりはよかろう)

また、「死刑制度は犯罪の抑制力になりうるか?」という論議にも終止符が打てます。現行では反対論者の意見は
「死刑制度があっても、犯罪を犯すものは犯罪を犯すんだ。抑止効果はない」
といいますが、それは多くの犯罪が数年で刑期が終わるからです。ムショ暮らしの期間が計算できるから、計画的に犯罪を犯す。(主に暴力団など、アウトローの人々ですが)
 その点、上限撤廃すれば問題なし。なにしろ、立小便でも駐車違反でも、何をやっても最高刑は死刑ですから。世の中、みな品行方正になりでしょう。死刑制度に抑止力なし!という意見は、刑罰の上限撤廃したときに始めて有効になる意見だと思います。

現在の裁判では実際には「量刑の相場」ってのがあって、裁判官は自分の考えなど挟む余地なく、前例の「量刑の相場」にしたがって判決を出すでしょうから、もし量刑の上限が撤廃されても、ごく普通の人が犯罪を犯した場合は相場どおりの判決をしてもらう。
 ただしその筋の方々が被告人の場合、罪状によっては上限撤廃という”伝家の宝刀”を抜いてもらう、ってことで。

現行の裁判でも時々
「私は悪い人間でどうしても性根をたたきなおすことができません。
 私のような人間が社会にいると人様のご迷惑になります。
 よって、なるべく長い刑期をおあたえください」
と希望する被告人がいると聞きます。

本人が希望するなら、例外として相場以上の刑罰を与えられるように刑法改正することはマズいのでしょうか?

土浦の無差別殺人事件の判決が出ました。
被告本人は
「死刑を望んで、覚悟して殺人事件を起こした。希望通り死刑判決を出してほしい」
といっています。

最近、このように
「死刑になりたいから殺人をしました」
という事件が数多く起こっています。

現在の日本の刑法では罪状によって刑罰の上限下限が決まっています。
いっそのこと、この上限下限を撤廃してしまったらどうでしょうか?
たとえば現行の窃盗罪では死刑はありえません。
したがって死刑願望者は万引きで警察に捕まろうとは思いませ...続きを読む

Aベストアンサー

面白い発想ですが、一点異議があります。

刑務所で3食付の生活をしたいので、刑務所を出たその日に万引きして、刑務所に逆戻りする人が実在するそうです。
このような人が本人の希望によって終身刑となり、毎年数百万の税金が使われることには不満を感じます。
年間300万円といわれていたのが20年も昔ですので、今はどうなのでしょうね。

Q少年事件

平成10年ぐらいからの有名な凶悪少年事件名をご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

◆Naka◆
このページ(↓)でよろしいですか??(下記参考URL)
「阿部ゼミナール3」というサイトの中の少年事件資料です。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3501/jikensiryo.html

Q芸能人の自宅をこんなふうに調べるのはOK?

芸能人の住所を調べるために、
1.本名から税務署で調べたり、2.子供が通っている幼稚園や小学校からつけたり、3.テレビ局から完全尾行したり、4.ハイヤー会社から送迎データをこっそり入手したりするのは法的に許されることなのでしょうか。

Aベストアンサー

1.税務署は、個人情報を他人にむやみに教えたりはしません。
2.ストーカーです。
3.これもストーカーです。
4.「こっそり」入手している段階で、既に何らかの法に抵触している可能性大、でしょ(^^;

Q少年事件と家庭環境

子どもや若者が事件を起こすと、必ずと言っていいほど彼らが育った家庭環境が注目されます。理想的な家庭からかけ離れている、彼らの育った環境こそが、事件の温床なのだ、ということなのでしょう。。

たとえば、少し前の長崎の少年についての記事です。

「母親とは過剰ともいえるほど緊密な関係」。長崎家裁の保護処分は、この密着ぶりにこそ問題が潜んでいたと指摘した。「同年代の子どもと交友する機会を減少させ、(発達障害に起因する)共感性の乏しさに拍車を掛けた」

http://www.nagasaki-np.co.jp/press/yuusatu/kikaku2/04.html

ところで、これを読んで思ったのは、理想的な家庭って、実際に存在するのか、あっても本当に少ないのではないかという疑問です。ちょっとづつ問題を抱えているって、普通じゃないですか?

これに関する意見や、皆さんの育った家庭について、あるいは、今築いている家庭についてでも、少し教えてもらえたら、と思います。

Aベストアンサー

義理父は教育者で、私にいつも
「学校で問題を起こす生徒は必ず『鍵っ子』だ」
と言い、私にずっと専業主婦でいてくれと頼みます。
私も鍵っ子でしたが、誰もいない家に帰るのは寂しかったのを覚えています。
問題を起こす子は、何か問題を起こせば親の目が自分に向いてくれると思うのでしょうか?その気持ちも判る気がします。
11ヶ月の我が子は、私が他の事に夢中になっていると、悪さをして注意を引きます。私が怒ると、構ってもらえた事に喜びます。そんな時は抱きしめてあげると、体全体を使って喜びます。
言葉を話せない赤ちゃんも、すねたり、怒ったり、喜んだり、時には根に持ったり・・・子育てって「これが正解」がないのでとても難しいですね。

Q少年事件

今日の質問で、19歳に時に犯罪を犯して21歳で捕まった場合、家庭裁判所の審判になるって回答がありました。未成年のときに起こした犯罪だから、という理由でした。
私の弟は19歳のときの犯罪で、いきなり普通の裁判になりました(起訴されたといってました)。何故なんでしょう。たしか窃盗で、重大犯罪の余罪もありませんでした。捕まったときは20歳になってました。
納得できません。

また、TV番組出演者が逮捕された今回の事件では名前を報道しても少年法に違反しないってことですけど、何故ほかのメディアは報道しないのでしょうか?

Aベストアンサー

>19歳に時に犯罪を犯して21歳で捕まった場合・・・
 
 回答が間違っています。たとえ少年のときに犯した罪でも既に成人した者 は、家庭裁判所の審判にはなりません。
 
 少年法19条2項 家庭裁判所は、調査の結果、本人が二十歳以上である ことが判明したときは、前項の規定にかかわらず」、決定をもって、事件 を管轄地方裁判所に対応する検察庁の検察官に送致しなければならない。

>TV番組出演者が逮捕された今回の事件では名前を報道しても少年法に違 反しないってことですけど・・・
 
 これも誤りでしょう、少年法61条には家庭裁判所の審判に付された少年
 又は少年のとき犯した罪により公訴提起された者については・・・略 と
 規定されています。ただ、これには罰則規定がないため、一部に暴走して しまうマスコミがあるのでしょう。もちろん民事上の責任は問われる可能 性があります。


人気Q&Aランキング