唾液の働きを調べるために、唾液とでんぷんを混ぜヨウ素液を加えるという実験で、冷水に唾液とでんぷんをつけておいて行うとどうしてもヨウ素でんぷん反応が消えてしまい黄色くなってしまいます。唾液とでんぷんを試験管に別々に入れ氷の入ったビーカーに3分間入れそれを混ぜてさらに3分間冷水につけた後、ヨウ素液を加えます。すると液は黄色くなります。これでは冷水につけた唾液もでんぷんを分解することになり理論と異なります。どこが悪いんでしょう。どうやればうまくいくか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

皆さんの回答とも関連しますが、唾液中のアミラーゼ活性は摂取した時間により強かったり、弱かったりかなり変動することが知られています。

デンプンの量を増やすのも一法ですが、加える唾液を少なくするとか薄めるとかしてもうまくいく場合があると思います。アミラーゼ反応によるデンプンの分解を証明する方法として、対照を冷水につけて行う代わりに、唾液を100℃で加熱してアミラーゼタンパクを変性させ、酵素反応がおこらない唾液試料を調製し、これを加熱しない唾液を用いたものと同様にデンプンと反応させ(同じ温度で)、比較するのも面白いのではと思います。逆に、酵素反応がおこってほしいのにおこらない場合は、唾液の量を増やすか、反応時間を長くすればよいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やはりこの実験にはなかなか難しい問題が多くあるのだということがよくわかりました。中学校の教科書には載っているのですが簡単には成功しないのですね。どうもいろいろと教えてくださってありがとうございました。

お礼日時:2001/11/25 10:13

先の方も述べていますが、デンプンの量が問題ではないかと思います。

デンプンの量が少なければ、冷やしていても分解されてしまいますから。
何度か実験をして、適当な濃度を確かめてみてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。でんぷんを水溶液ではなくでんぷんのりでやるとうまくいくよ。ということも聞きましたので、早速試してみます。結果は後ほど・・

お礼日時:2001/11/24 08:05

全く自信がないですが答えを二つ



1.氷上でも活性が0ではないので分解してしまう。でんぷんの量を増やしてみてはどうでしょう?おそらく別の実験で最適温度があるでしょうから、両方との結果がうまくでる量と時間の検討ですね(あんまり増やしたら温度かけても色が残りますから)。

2.pHがアルカリ側にシフトすると色がでない気がします。
確認してます?確か中性付近でやらないといけないはず。緩衝液(PBS)をつかったらどうですか?

どちらもぱっとしないですね。

とりあえず0秒付近でで反応があるかどうか知りたいところです。
この時点でなければおそらくpHなどの問題の可能性が高いですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

でんぷんの量というのは確かに問題ですね。アルカリにphが傾いてしまうというのはなぜそうなるのでしょうか?調べてみたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/24 08:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q誤嚥性肺炎の改善と治療薬について

私はネットやなんかで、誤嚥性肺炎はACE阻害剤とか血圧を下げる薬、さらには、脳梗塞のお薬が予防薬になると知ったのですが、こんな話を前提にして、リハビリも兼ねて、誤嚥性肺炎が治癒したという例は近年あるのでしょうか?ちなみに、私の父がかかっているある病院の主治医の話では、治りにくい病気であると聞きました。

Aベストアンサー

若い人がかかる肺炎と比べると、お年寄りの誤嚥性肺炎は一般的には治りにくい病気だとは言えます。ただし、絶対に治らない病気というわけではありません。
繰り返すことがおおく、その内に段々に老化もすすみ、肺組織の損傷もひどくなるため、徐々に治りにくくなり、死亡に至ることもありますけれど。

ACE阻害薬や、アマンタジン、カプサイシンなどの物質を投与するとのどの動きや、咳反射が改善されることで肺炎にかかりにくくなることが知られていますが、絶対に防げるわけではありません。

参考URL:http://www.dental-shuttle.co.jp/ants/oral/sonof10.htm

Qヨウ素液の色、ヨウ素の溶解について

ヨウ素液について I2 + I- ⇔ I3-
   の反応でヨウ素がヨウ化カリウムに溶けると、ネットのどこかで見かけたのですが、
 (1)色の由来はI2のみなのでしょうか?
 (2)I2は常温で固体だと思いますが、ヨウ化カリウム溶液中で固体として存在しているのでしょうか?
もし固体であれば、遠心機などにかけたり、長時間放置すると
沈殿物を生じるのでしょうか?
      また、I2として溶けている量は、水に対して溶けうる量と同じなのでしょうか?

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)色の由来はI2のみなのでしょうか?
面白い疑問ですが、文献を調べないと分かりません。I3^-にも色があったはずです。

>I2は常温で固体だと思いますが
いいえ、かなりの蒸気圧があります。冷暗所に保存しても蓋に結晶が析出します。

>ヨウ化カリウム溶液中で固体として存在している
いいえ、溶けている分は全てI.3^-です。ということは最初の質問の答えはI3^-の色だというのが正解という事ですね。

>I2として溶けている量は、水に対して溶けうる量と同じなのでしょうか?
I^-溶液にI2が飽和するまでたくさん溶かすことは稀なので私は知りません。
Gmelins Handbuch fur Anorganische Chemieに載って居ると思います。(なお表題から分かる通りドイツ語です)
国立大学の化学の図書館にありますので見て下さい。

Q誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎
誤って気管に食べ物が入ってしまいました。
4日間経ちますが咳と異物感が消えません。
息を吸うと喉の奥に刺激痛があり
眠っていても目が覚めてしまいます。
咳をしても吐き出せません。
水溶性でない物を食べていたので
誤嚥性肺炎が心配です。
今、喉の痛み以外、熱もありませんが
何日ぐらいで治まる、もしくは肺炎を発生するものですか?
何か自分で出来る対処はありますか?
病院での処置は何をしますか?

現在、海外在住でここには病院がありません。
とても心配です。
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

気管に食物が入ると、健康な人であれば激しく咳き込み、食物を
排除する働きが生じます。
もし気管に入ってしまうと、呼吸が苦しかったり、食物の菌等が
肺内に入り、ご質問の誤嚥性肺炎を呈することになります。
ただほとんどの方は排除されるため、気管支に入りかけた喉の
つまり感はあっても、排除されているのが、通常です。
気管支や肺内に菌が入れば、肺炎を起こすことから、質問者様は
大丈夫ではないかと思います。
誤嚥性肺炎は寝たきりの方に多く、免疫力が弱り、咀嚼力も弱り、
誤って気管に入った時に咳により、排除する力が弱った方に多く
起こります。その時に食物についた菌やウイルスが肺内で繁殖するために
炎症が起こるのです。
健康な方であれば、そんなに心配することはないと思います。
病院では気管支内視鏡及び喉頭鏡ですが、よほどの疑いがなければ
しないと思います。
息苦しさと発熱があれば医療機関を受診してください。
咳と異物感では咽頭、喉頭等が炎症を起こしているのであれば、咳止めや抗生剤の
投与の必要があると思います。
咳止めの中には抗生剤を含有したものもありますので、それでしばらく
様子をみるのも手段です。
ただ病院がないのであれば、咳によい喉飴等で対応するしかないですね。
薬局があれば購入してください。

気管に食物が入ると、健康な人であれば激しく咳き込み、食物を
排除する働きが生じます。
もし気管に入ってしまうと、呼吸が苦しかったり、食物の菌等が
肺内に入り、ご質問の誤嚥性肺炎を呈することになります。
ただほとんどの方は排除されるため、気管支に入りかけた喉の
つまり感はあっても、排除されているのが、通常です。
気管支や肺内に菌が入れば、肺炎を起こすことから、質問者様は
大丈夫ではないかと思います。
誤嚥性肺炎は寝たきりの方に多く、免疫力が弱り、咀嚼力も弱り、
誤って気管に...続きを読む

Qヨウ素でんぷん反応の呈色について

白玉粉および上新粉の溶液にヨウ素液を1滴加えて色の微妙な違いを観察しました。 上新粉は黒っぽい色になり、白玉粉は、おうど色っぽくなりました。この色の違いは白玉粉・上新粉のデンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?教えてください(>_<)

Aベストアンサー

> デンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?

ヨウ素デンプン反応での呈色は、
  アミロース = 濃青色・青紫色
  アミロペクチン = 赤紫
とされますが、実際にはアミロースの鎖長によって色も変わってきます。
下記参考URLによれば、アミロースの鎖長がグルコース12~15個のときには
褐色を示すそうです。
(「ヨウ素デンプン反応」の項の「直鎖の長さと呈色の関係」を参照)
※赤紫の呈色を示さなかったのは、アミロペクチンは熱水で糊化はしても溶ける
  わけではないため、上澄みにはあまり含まれていなかったのではないでしょうか。

よって、今回された実験での呈色の違いの主因は、
「含有されるアミロースの鎖長」によるのではないかと思います。

なお、白玉粉はふつうもち米(→デンプンは100%アミロペクチン)からつくりますが、
うるち米(→デンプンの20%程度はアミロース)を混ぜることもあるそうです。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C7%F2%B6%CC%CA%B4&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%B3

> デンプン中のアミロース含量に関係するものなのでしょうか?

ヨウ素デンプン反応での呈色は、
  アミロース = 濃青色・青紫色
  アミロペクチン = 赤紫
とされますが、実際にはアミロースの鎖長によって色も変わってきます。
下記参考URLによれば、アミロースの鎖長がグルコース12~15個のときには
褐色を示すそうです。
(「ヨウ素デンプン反応」の項の「直鎖の長さと呈色の関係」を参照)
※赤紫の呈色を示さなかったのは、アミロペクチンは熱水で糊化はしても溶ける
  わけではないため、...続きを読む

Q誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎

誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎が存在しますが、意図的に使い分けがされているのでしょうか? ご存知の方、教えてください。
それぞれについては何となく分かるのですが…

Aベストアンサー

また失礼します。

意味の上での使い分けですが、可能性として救急の現場ではあるかもしれません。

No2 の方の、吐物吸引による肺炎は救急医療の現場では結構ありますし、口からの誤嚥下による物とは症状や経過が大きく異なりますので、異なる用語の可能性はないともいえないかもしれませんが表記が変ですね。

それから行政方面では「誤飲性肺炎」という用語が結構用いられてるようです。
この場合は、機会があったのでその人に意味などを聞きただした事があり、嚥下性肺炎と全く同じ意味で用いていました。
(保健所のお役人&議員でした)

ちなみに私が学校で習ったのは「嚥下性」でした。

Q二酸化炭素を冷水に溶かした水溶液は?

二酸化炭素を冷水に溶かした水溶液はアルカリ性、酸性どちらになりますか?
簡単な説明もつけてくださると有り難いです。お願いします。

Aベストアンサー

まず、答えから言うと「酸性」です。

水に二酸化炭素をとかすと、
CO2 + H2O → H2CO3
という反応式になります。

ちなみに、酸性と塩基性(アルカリ性)の見極め方ですが、
H+ があるのか OH- があるのかで見極められます。
H+があるのは「酸性」
OH-があるのは「塩基性(アルカリ性)」
となります。

例えば、HCl(塩酸)は (H+) + (Cl-) ですよね。
H+があるので酸性になります。
NaOH(水酸化ナトリウム)は (Na+) + (OH-)ですよね。
OH-があるので塩基性になります。

そう考えると、
H2CO3 は (2H+) + (CO3^2-)で
H+があるので酸性になります。

Q誤嚥性肺炎の発病期間について

老人介護施設に勤めています。質問なのですが、誤嚥をした方が、高熱を出し誤嚥性肺炎を併発されるのは、どのくらいの時間がかかるものでしょうか?そういう入院例があったため、ふと気になりました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

起因菌にもよりますが、たいてい24時間以内です。

Qベンゼン抽出液に苛性ソーダ溶液を加え分液すると・・・

ベンゼン抽出液に苛性ソーダ溶液を加え分液すると、苛性ソーダ溶液は黄色に着色するのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

ニトロベンゼンですか。
ベンゼンを使っているので、そのあたりだろうとは思いましたが・・
ベンゼンをニトロ化したということでよろしいですね。

先ほどの私の説明も悪かったのですが、目的物以外のものが着色の原因になっていることが多いので、「何を抽出するか」ではなく、「どのような反応を行ったか」を訊ねるべきでした。

まず、ベンゼンをニトロ化したのであれば、副生成物として、m-ジニトロベンゼン(黄色)が生成する可能性があります。これは、わずかに水に溶けますので、これである可能性は否定できません。ただし、もしもそうであるならば、ベンゼン層にもこの物資が存在することになりますので、ベンゼン層も黄色になるはずです。

具体的な可能性のある黄色いものといえば、この程度しか思いつきません。

しかし、おそらく原因はm-ジニトロベンゼンではなく、No.1でも述べた「構造不明の微量の不純物」ということになると思います。

有機化学の実験を行うと、予想外の、あるいは説明できない色の変化が起こることがよくあります。
また、その色の変化に興味を持ち、その理由を知りたがる学生さんが多くいることも事実です。
それが、明快に説明できればよいのですが、困難な場合が多いです。
言い訳になりますが、有機化学反応の場合、説明困難な副反応が起こることも多く、すべての生成物の構造を知ることは不可能な場合がほとんどです。
また、それらが、仮に濃い着色の原因になっていたとしても、量は極めてわずかであることも多くあります。
したがって、現実問題としては、それらは無視されます。深入りしても得られるものが少ないと考えられるからです。

いささか歯切れがわるいですが、
「それは何かわかりません。色は濃く見えても、量はは少ないので、全体の結果に大きな影響が及ぶことはありませんので、気にしないで下さい。」
という回答になってしまいます。

・・・先生に質問されてもおそらく似たような回答が返ってくると思いますし、ニトロ化に限らず、別の実験でも出てくるかも知れない回答だと思います。

ニトロベンゼンですか。
ベンゼンを使っているので、そのあたりだろうとは思いましたが・・
ベンゼンをニトロ化したということでよろしいですね。

先ほどの私の説明も悪かったのですが、目的物以外のものが着色の原因になっていることが多いので、「何を抽出するか」ではなく、「どのような反応を行ったか」を訊ねるべきでした。

まず、ベンゼンをニトロ化したのであれば、副生成物として、m-ジニトロベンゼン(黄色)が生成する可能性があります。これは、わずかに水に溶けますので、これである可能性は...続きを読む

Q誤嚥性肺炎

知人が誤嚥性肺炎で入院しましたが、肺に水が溜まっているということです。
これは肺に異物が入ったための反応なのでしょうか?
それとも、誤飲なのでしょうか?

Aベストアンサー

>これは肺に異物が入ったための反応なのでしょうか?

肺に異物が入ることによって肺の内部や胸膜などが細菌感染をおこし炎症を起こすのが、誤嚥性肺炎です。 その結果、肺の中を通っている血管などから体液が滲出してきてたまることが多いです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B8%E6%B0%B4
そのほかにも原因になりうることはいくつか有ります。

Q酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpH

酢酸水溶液に塩酸or水酸化ナトリウム水溶液を加えたとき最初は急激にpHが変化したのですが徐々に変化量が小さくなっていきました。
これは何でなんでしょうか?

Aベストアンサー

最初の変化が大きいのは,解離平衡があるからです.
平衡定数がどういう式で表せるか,その構成要素がどう変わるか考える必要があります.
この延長で,水酸化ナトリウムについては説明できます.
塩酸の方は,ある程度入れた後は,過剰に酸を入れているだけなので,入れている酸のpHに近づいていくというだけのことです(それ以上には下がりえないので).


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報