自己破産の手続きを自分でするにはどうすればいいのですか?詳しく教えてください。金額の事もいくらかかるか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

1 前置き


 多少長くなりますので、ご容赦ください。
 mimidayoさんがNo.1のご回答で引用しておられるページも、あわせてご参照くださいね。
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=146676によれば、kimigonさんがお尋ねなのは、弟さんのケースですよね。弁護士なり簡易裁判所から、破産以外にはないと言われましたか?以下、それを前提に、お話します。

2 申立てまで
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=146676で、私がNo.2の回答でご説明した資料をまず用意します。

 次に、弟さんの住所地を管轄する地方裁判所に出向き、破産担当部に案内してもらいます。最近は破産申立てをする方が多いので、恥ずかしがる必要はありません。

 破産担当部に行ったら、窓口対応の職員に、「破産申立書と書き方の説明が欲しいのですが。」と言います。そして、「申立人の資産関係の資料です。」と説明を添えて、上記の書類を職員にお渡しください。職員の側からいろいろ聞かれますので、落ち着いて、まず結論を、簡潔に答えるように心がけてください。
 借金が増えざるを得なかった理由や、債権者の「苛酷」な取立てなど、弟さんやご家族にとって辛いことはたくさんあったでしょうが、そういうことは職員に説明してもあまり意味はありません。まことに失礼ですが、そのような事情は、大抵、債務者の甘えにすぎず、法律上の意味がある主張ではないからです(こんなに酷いことをされたのに、justinianiは私たちを馬鹿にするのか!とお怒りの場合は、まずこのご質問で私をお叱りください。私の認識違いであれば、お詫びとご説明をいたします。)。

 なお、職員には、手続費用をお尋ねになるとともに、併せて「手続費用の予納ができませんので、同時廃止を考えています。」とお伝えになってください(裁判所ごとに予納費用は微妙に異なりますが、3万円を超えることはないと思います。予納金額は異なっても、結局手続に必要な金額は全国一律で、余った予納費用等は返還されますから、どの裁判所に行けば安上がり、ということはありません。)。

 ここで、職員から申立書の記載要領の説明と、申立にあたって必要な書類の指示を受けます。
 申立書の記入は、ご自宅で、鉛筆書きでなさるのがよいでしょう。

3 申立て
 2でご説明した資料、認印、職員から指示された資料、申立書を破産係に持参し、職員のチェックを受けます。

 OKが出たら、鉛筆書きの申立書を職員が指示する部数だけ、コンビニ等でコピーします(裁判所はコピーを貸してくれません。弟さんだけのために税金を使ってしまうことになるからです。)。
 また、郵便局で、指示された額・枚数の収入印紙と郵便切手(郵券)を購入します。

 申立書及び添付資料、収入印紙と郵便切手の最終チェックを受けたら、受付完了です。あとは、裁判所から送られてくる連絡の指示に従います。

4 破産宣告
 裁判所から「審尋期日」の呼出状が来たら(来ない場合もあります。)、忘れずに出頭します。この期日に逮捕されたりすることはありません(弟さんが、他に犯罪を犯していて、指名手配されていれば別ですが。)ので、「ばっくれ」たりしないでください。不出頭の場合、破産宣告を受けられなくなる場合があります。

 破産宣告・同時廃止決定が出たら、裁判所に出向き、「免責申立て」の手続の説明を受けます。
 破産申立てのときと同様に、職員の指示する申立書に、指示どおり記載すれば結構です。

 免責申立てをするには、「積立」を指示されることがあります。
 この場合、ご家族が代わって積立必要額を提供する旨申し出るのは無意味です。裁判所は、弟さんに、多少苦労してもらって反省を深めてもらうとともに、貯蓄をする習慣を身に付けてもらい、併せて少しでも債権者が債権回収を図れるように配慮して、積立を指示するからです。

 免責申立てと積立が終了すれば、「免責審尋期日」の呼出状が来ます。免責審尋期日には、会議室みたいなところに、同じように免責を申し立てた人が何十人か集められ、裁判所から少々お説教があります。

 期日が終われば、後は免責決定と官報への公告を待つだけです。債権者が免責決定に対して即時抗告を申し立ててきても、大抵通りませんから、心配はご無用です。
 晴れて免責決定が確定すれば、借金を返済する義務(こういう回りくどい言い回しをするのは、債務そのものではなく責任が消滅するにすぎないからです。ですから、弟さんの保証人は、従前どおり支払義務が残ります。)は消滅します。

 以上、長文のうえ、失礼な表現をしてしまいました。重ねてお詫びいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今回も詳しく教えていただき有難うございます。弟が今はアルバイトで頑張っているのですが,この不景気定職になかなかつけなくて,弁護士を頼める状況じゃなくて困っていたのです。私や親がお金出してあげるといってるのですが,これ以上迷惑かけられないというので,自分で手続きが出来たらと思ったのです。本当に有難うございました。

お礼日時:2001/11/25 22:09

失礼ですが、#2の回答の方の内容で・・・。


>「自己破産」とは、人生のやり直しのためにある、一つの方法です。
>「自己破産」とは、法的にやり直しのために手を貸してくれる、一つの方法です。

これは、一つの方法であるのは確かですが、”最後の方法”です。その前に使える手段は先に書いた通りです。
そう安易に考えない事です。人生はそんなに甘くありません。綺麗事で生きてはいけませんよ!
    • good
    • 0

私は、先(mamomamo320119)の方と違い、「自己破産」は何も恥ずかしい事ではないと考える者です。


「自己破産」は決して、人生の汚点ではありません。

「自己破産」とは、人生のやり直しのためにある、一つの方法です。
「自己破産」とは、法的にやり直しのために手を貸してくれる、一つの方法です。

ただ、そのための本人自身の責任として、一定期間ローンを組めなくなるなどの、ペナルティーを負って貰います。

具体的な方法は、「自己破産」のページで。

参考URL:http://www.jikohasan.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。人生やり直すのにはこれしかないと私も思います。

お礼日時:2001/11/25 22:14

簡単に”自己破産”はお勧めできませんね・・・


何でも安易に考えない事です、そんな人間として”汚点”を作らずに、”民事再生手続”をするのがいいかも知れません。住宅ローンを除くいわゆる借金と言う物の総額が2000万円であり、定職がある事、現在の給与で生活が可能な事・・・・等、色々と条件がありますが、手続きが完了するまで弁護士への手数料等でおよそ30万といわれています(分割可能です)これは借金を”ちゃら”にするわけではなく、弁護士が介入し、法的に借金の利息や支払い方法を改訂して3年ほどで全額返済していくと言うものです。
住民票に”準禁治産者”のらく印を押される事もなく生活できますよ。
詳しくはお近くの弁護士事務所へお問い合わせして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。解かっているのですが,今の状況ではどうにもならないのです。

お礼日時:2001/11/25 22:12
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。でももっと詳しく知りたいのですが解かりませんか?

お礼日時:2001/11/24 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私は自己破産手続き中です。夫の手続きは任意整理か自己破産どちらが良いか?

私は現在、身内の連帯保証人になった事『など』による債務の自己破産の手続き中です。

私ともう一人保証人が居たのですが、今まではご迷惑をかけないように自己の借入返済が無くなったので、その分をその方名義で私が変わりに返済して居ました。
しかし、やはりキツイと言う事で、来年から3年間、その方の借入保証人の保障に月5万支払う約束でその方にも自己破産をしてもらうと言う事で話しがつき(法的に払わなくて良いとかそういう部分の話は互いに納得済みなので触れないで下さい)私の方は一段落した所です。

今回夫にも400万近くの債務があり、任意整理で140万程度に圧縮出来る事が判明しました。

現在主人の月給は手取り20万弱で、現在私の収入は手取り30万前後ありますが、今後確実に減る予定です。
現在はまだ何とかなっていますが、先をあわせて約10万の支払いは私は先々キツイと、今後の事も考え、潔く自己破産した方が良いと思うのですが、夫は140万なら払って行きたいと言って居ます。

この先10年後15年後住宅購入出来るかと言えば、私が自己破産してしまった事で、そうでも無いでしょうし(自己破産でも整理でも被るデメリットはそう相違無いと思いますが)

いったいどちらがよいのでしょうか?

私は現在、身内の連帯保証人になった事『など』による債務の自己破産の手続き中です。

私ともう一人保証人が居たのですが、今まではご迷惑をかけないように自己の借入返済が無くなったので、その分をその方名義で私が変わりに返済して居ました。
しかし、やはりキツイと言う事で、来年から3年間、その方の借入保証人の保障に月5万支払う約束でその方にも自己破産をしてもらうと言う事で話しがつき(法的に払わなくて良いとかそういう部分の話は互いに納得済みなので触れないで下さい)私の方は一段落した所...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

うちの場合ですが。

4年前、私が小規模再生をし、夫は特定調停をしました。
今は支払いが全て終わってますが、私も夫も3年間支払いつづけました。
正直この3年間は長かったし、キツかったです。
夫の給料が減ったので 私は早朝から夜中まで働きました。
当時 自己破産ができない職業だったり 自宅の問題などあったので
自己破産を避けたのですが今思えば、二人とも自己破産したらよかったな…って思います。
あの時いさぎよく家を手放し、転職していればこんなに苦しくなかったかなって。

その支払っていく140万を3年でなのか5年でなのかわかりませんが
決して楽な金額ではないと思いますのでよくお考えになられて決められた方が
いいと思いますよ。

少しでもお役に立てて頂ければ幸いです。

Q過払い金返還手続き後の自己破産と、破産後の債権者への配当

過払い金の返還と、返還金の債権者への配当についてお伺いします。

親類が債務超過に陥り、昨年10月弁護士に相談に行きました。
借り入れのある消費者金融が10社以上と多く、返済期間も長期だったために、
弁護士からは『すぐに自己破産せず、まずは過払い分の返還手続きをしましょう』と勧められました。

その後弁護士から、『一部の業者から合計約100万円の返還を受けた』と連絡があり、
そこから報酬と諸費用を差し引いて、残額は80万ちょっとと、残債を整理するのは難しいとの判断で
結局自己破産の手続きをすすめ、先日破産が決定しました。

先日、本人宛に裁判所からの破産決定文と
弁護士からの連絡事項・注意事項が郵送されてきたのですが、
そこには『返還された残金をこれから債権者に配当します』と書かれていました。

破産した本人は、返還された過払い金は自分に返ってくるものと思っていたのですが、
内容を読んでもよくわからない状態のため、家族に相談。
めぐりめぐって私に連絡をしたようです。

身近な者が自己破産ということで、今回自己破産について調べたのですが
こちらのサイトでは、99万円以下は自由財産として手元に残せると書かれてあります。

弁護士ドットコム
http://www.bengo4.com/intro/intro001_23.html

私は法律に素人なので、都合の良いように解釈しているのかもしれません。
ですがこれを読む限り、最低限の現金を手元に残すことができるのでは、
またはできたのではないかと思いました。(親類は金銭的に本当に困窮しています)

ある程度経緯を知っていた私が、弁護士に電話で尋ねたところ、
『返還された分の残金というのは、破産手続きの中で出てきたお金で債権です。
現金ではありませんので自由財産にはあたりません。よって残金を返すことはできません』
という返答が帰ってきました。
また、その話の中で
『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』
とも言っていました。(これは会話の中で、2度確認しました)

弁護士との電話の後、本人の家族に話すと
破産の申請は、過払い金返還の連絡が来た後だったと言います。
書類をファックスで送ってもらうと確かに下記のような経緯でした。

・昨年10月 弁護士に相談
・2月中旬 弁護士より、過払い金の返還があった旨、破産手続きを始める旨の連絡
・3月下旬 弁護士より、破産決定の連絡
・4月上旬 弁護士より、返還金を債権者に配当する旨の連絡

『過払い金の返還を受けた後に、自己破産の手続きをしていれば残金を手元に残すことができた』
と弁護士本人が言っているにもかかわらず、
過払いの返還を受けた後に、破産の申請をしているのに
それが債権になる、という弁護士の説明に私は納得がいきません。

返還された過払い金の残額を、手元に置くことは可能でしょうか。
短くまとめる事ができず、大変申し訳ございません。
どなたかお知恵を貸していただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

※ 本人は、債権者のみなさんに迷惑をかけたことを充分に反省しています。
弁護士の説明に私が納得できていないのが発端ですので、債務者が債権者に
返済するのが当然、といったご返答は、今回は容赦頂きたくお願い申し上げます。

過払い金の返還と、返還金の債権者への配当についてお伺いします。

親類が債務超過に陥り、昨年10月弁護士に相談に行きました。
借り入れのある消費者金融が10社以上と多く、返済期間も長期だったために、
弁護士からは『すぐに自己破産せず、まずは過払い分の返還手続きをしましょう』と勧められました。

その後弁護士から、『一部の業者から合計約100万円の返還を受けた』と連絡があり、
そこから報酬と諸費用を差し引いて、残額は80万ちょっとと、残債を整理するのは難しいとの判断で
結局自己破産の...続きを読む

Aベストアンサー

確かに納得がいかないかもしれませんね・・・。

私も自己破産には素人で解決出来る回答は出来ませんが、私は今、任意整理を知り合いの協力のもとで自ら整理しています。
そして、私の友人がつい先月、自己破産が確定したばかりなので質問者様の言われている気持ちは分かります。

的確な回答は出せませんが・・・もう一度、別の弁護士の方に相談してみてはいかがでしょうか?
確かに、債務整理をする事は大人としてしてはいけないことなのかもしれませんが、中には深い事情があって債務を背負う事になってしまった方も少なくないと思います。
今まで散々、悩まれて出された結果、自己破産する決意をされたのですから・・・(自己破産は債務からのがれられても背負うリスクは大きいですよね)

別の弁護士の方に相談されて納得がいくまで聞かれた方がいいと思います。
もしかするともっと奥深い事が分かるかもしれませんし、納得も出来るかもしれませんよ。
今は過払い金を返してもらうことよりも納得をして解決したいのですよね?分かります。意味の見えないまま終わりたくないものです。

親戚の方の為にも力になってあげて下さい。
回答になってなくてスミマセン!

確かに納得がいかないかもしれませんね・・・。

私も自己破産には素人で解決出来る回答は出来ませんが、私は今、任意整理を知り合いの協力のもとで自ら整理しています。
そして、私の友人がつい先月、自己破産が確定したばかりなので質問者様の言われている気持ちは分かります。

的確な回答は出せませんが・・・もう一度、別の弁護士の方に相談してみてはいかがでしょうか?
確かに、債務整理をする事は大人としてしてはいけないことなのかもしれませんが、中には深い事情があって債務を背負う事になって...続きを読む

Q債務者が破産出来ない時、先に保証人が自己破産(手続き)できるものか?

質問タイトルどおりなのですが、債務者が破産する前(もしくは破産できないなど)の時、保証人は債務者より先に破産(手続き)できるものなのか?破産するのは大変なデメリットとはわかっていますが、そういう場合はどうなるのかと疑問を抱いたのでお答えになられる方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

できる。
保証債務も破産債権となります。
よって、
免責を得られれば(連帯)保証人としての義務がなくなります。

Q自己破産手続きで破産管財人がつくことになったのですが・・

多重債務をしてしまい弁護士に自己破産のお願いをして手続きしてきたのですが裁判所に「破産審尋」で呼ばれました(私の住んでるところでは呼ばれることはあまりないようなのです)。行ったところ問題点が結構あり(ほとんどが浪費、返済不可とわかっていながら借金など)免責は受けられない可能性が高いと言われました。それで「破産管財人」をつけるということになり「少額管財」の手続きをしたのですが、どのような事をするのでしょうか?換価とかされるのでしょうか?されるとしたらどのような物が対象でしょうか?家族の物もでしょうか?管財人を付けて免責は受けられるのでしょうか?現在無職なので免責不可になったら今までかかったお金とかも考えると不安で仕方ありません。どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

>どのような事をするのでしょうか?
破産管財人は破産者の財産を管理し債権者に分配します。
でご質問のような場合には更に管財人は免責不許可事由該当項目がないのか、破産者は誠実なのかなどを調査します。この結果により免責が受けられるのかどうかが決まってきます。


>換価とかされるのでしょうか?されるとしたらどのような物が対象でしょうか?
ご質問者の財産・資産があればそうなります。

>家族の物もでしょうか?
家族は関係ありません。

>管財人を付けて免責は受けられるのでしょうか?
わかりません。ご質問者の状況次第です。

免責が受けられない場合には受けられなかった債務については引き続き返済しなければなりません。
それが終われば無事破産者ではなくなります。それまでは破産者のままです。

Q自己破産について、どうすればいいのでしょうか?

今消費者金融等で350万くらいの借金があり自己破産を検討しています。
返済については今のところ遅れずにしていますがもうそろそろ限界を感じています(月返済約12万)
現在私は無職でしかも住むところもカプセルホテルとかに泊まっています。いわゆるホームレスのような状態です。手持ちの現金も15万円くらいしかありません。
仕事については住込みの仕事を探しておりまして9月上旬にはなんらかの仕事に就くつもりです。
こういう場合今すぐ弁護士に相談してもいいのでしょうか?それともきちんと住むところを確保して仕事も決めてから相談したほうがいいのでしょうか?
あと現在住民票はもちろん今いるところにはおいておらず遠方にあるのですがこういう場合手続きはややこしくなりますか?住居を確保して住民票を移してから弁護士に相談したほうがよいのでしょうか?
少し混乱していてどうしたらよいのかわからずご質問させていただきました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は過去に自己破産しました。自力で破産するのは、いろいろ困難ではないかと思います。
私は個人的に、弁護士さんにお願いした方がいいと思います。
弁護士さんが債権者(消費者金融など)に電話を入れてくれれば、その時点で追われることがなくなり、
精神的に追い詰められるようなことはなくなります。私は本当に安心できました。
実際に請求の電話などに苦しんでいたわけではないのですが、精神的に解放された気持ちでした。
自己破産しても就職の際にそれを打ち明ける必要もありませんし、気持ち的にも堂々として就職できます。
今の状態で就職して、万一やっと見つけた就職先にまで電話が来るようなことになれば、
もっと苦しくなってくると思います。弁護士さんも、いい人だと弁護士費用を分割にしてくれます。
身辺をきれいにしてから就職活動に専念した方がよいのでは?と思います。

何にせよ、無料相談に行ってみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報