ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

現在 行政書士を目指していますが、
最近になって法学検定試験の存在とともに、
試験内容やレベルが行政書士試験とかなり似通っていることが分かりました。
そこで、行政書士試験の勉強と兼ねて法学検定試験も受験したいんですが、
この法学検定の3級の資格では、就職などにどのくらい有効なんですか?
もしくは他に役立つことはあるんですかね?
よろしかったら教えて下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 行政書士試験は、法律系国家資格でも難関試験になっています。

また、来年度から新試験制度がスタートするので司法書書士などと同じくらい難しい試験になってくると思います。

 行政書士試験と法学検定2級・3級(行政コース)は試験範囲が似ています。特に、憲法・民法・行政法と主要法律科目が重複してくるといえます。また、3級といっても簿記検定の3級とは若干難易度が違ってくるので簿記検定3級=法学検定4級のレベルだと思います。

 私自身、法学部ではありませんが学生だった頃2回行政書士試験を受験しました。また、その他にビジネス実務法務検定や法学検定などを受検しました。
 行政書士試験は、今後何巻資格の仲間入りをする可能性が大なので法学検定で基礎を固めるというのも良いと思います。その他に、就職で役に立つ法律系資格は、宅建です。

 宅建は、不動産以外にも銀行などの融資担当などにも必要になってくるの知識なので、大学を卒業して民間企業などを考えている場合は、宅建の取得をオススメします。公務員を目指すのであれば、公務員試験の勉強を進めてください。公務員試験の勉強は、行政書士試験と似たような部分が多いです。特に、大卒の公務員試験は、経済や法律が専門試験として課せられる場合が多いので、公務員を目指すのであれば公務員試験の勉強をした上で、行政書士にチャレンジして見るのもよいと思います。法学検定2級は、法科大学院(ロースクール)の既習者試験レベルになってきます。難易度は、3級に比べて格段に上がるので2級となるとかなり難しいです(2級=行政書士試験レベル)。

 余談ですが、公務員(行政事務)になれば行政書士資格が無試験で取得できます。また、公認会計士や税理士などの資格取得者も行政書士資格を無試験で取得できます。公認会計士試験に合格したの場合は、公認会計士・税理士・行政書士の3つの資格を得ることができます。税理士の場合は、税理士・行政書士になります。また、公務員でも国税専門官(マルサ)として採用になった場合実務経験などで無試験で税理士資格を取得することもできます。

●法律系資格の活かし方
 (1)民間企業(不動産)ベース
  ・法学検定3級/ビジネス実務法務検定3級
           ↓
  ・宅建主任者(宅地建物取扱主任者)
           ↓
  ・マンション管理士/管理業務主任者
           ↓
  ・不動産鑑定士

 (2)民間企業(金融)ベース
  ・法学検定3級/ビジネス実務法務検定3級
           ↓
  ・宅建(宅地建物取引主任者)
           ↓
  ・社労士(社会保険労務士)/FP(ファイナンシャルプランナー)
           ↓
  ・中小企業診断士など

 (3)公務員系
  ・法学検定3級(行政コース)
           ↓
  ・公務員試験の勉強/行政書士/法学検定2級
    
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
やはり就職などに有利なのは行政書士や宅建などで、
法学検定試験はその基礎固めにするべきなのですね。

公務員試験に関しては、年齢がすでに30歳を超えているのでもう無理ですが(苦笑)
これまで行政書士にしか目を向けていなかったので、
他の資格はほとんど盲点でした。
公認会計士に合格すると、税理士の資格を取得できるのも初めて分かりましたし、
ここまで親切に説明して頂き、かなり参考になりました。
今後の進路に関して、役立たせていただきます。

お礼日時:2005/10/31 20:25

#NO.2の補足



 私が過去に、ビジネス実務法務検定試験・法科大学院(ロースクール)などの内容について回答したものです。もしよければ参考にして見てください。
 司法制度改革などの影響を受けて、行政書士はますます難関資格になってくると思います。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1599530
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1375439
 
 あと、教えてgooのビジネス&キャリア「資格取得」のカテゴリーの司法書士・行政書士などのスレットを参考にして見てはいかがでしょうか…?

 http://oshiete.goo.ne.jp/oshiete_list.html

 何らかの参考になれば幸いです♪
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度、このように補足して頂き、本当にありがとうございます。
法学検定試験だけでなく、ビジネス実務法務検定も行政書士の基礎固めにできるんですね。
だいたいのレベルを参考にさせてもらいましたので、
できれば行政書士、法学検定3級、ビジネス法務検定3級を併願したいですね。
その後に さらに上の2級や宅建などを目指したいと思います。
回答していただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/31 20:40

はじめまして。



 残念ながら、法学検定3級の就職における有用性はほとんどないと思います。

 というのは、
○法学検定自体、知名度がまだまだ低い
○一般的に「○○検定」と名が付くものを履歴書等に書くときは2級以上である
○法学検定3級は法学部の3年生終了レベルの出題内容に過ぎない
からです。

 就職に役立てたいのならば、ビジネス実務法務検定の方がまだ良いのでは、と思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに法学検定3級は、法学部3学年レベルというのは見たことがあります。
ただ、それだけでまだまだ有効性は低いんですね。
あと、履歴書に検定を書くときは2級以上というのを
恥ずかしながら これまで知りませんでした。
一応 実力試しに受けてみたいんですが、ビジネス実務法務検定も興味がありますね。
それほどレベルが高くなければ、受けてみたいです。

お礼日時:2005/10/30 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビジネス法務検定

ビジネス法務検定をうけようとおもいます。しかし2級か3級かでまよっています。僕は大学2年の法学部です。この資格を取った方はどのくらい勉強しましたか?また何のテキストをつかいましたか?公式テキストですか?アドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

 3級の場合は、選択問題なのである程度「公式テキスト」を読んで「過去問題集」などで演習しておくと良いと思います。特に、民法(債権関連)・商法(株式会社関連)は重要です。

 また、基本的な民法(総則)(親族・相続)分野で得点できないとかなり厳しいと思うので、基礎をしっかり固めた上で弱点補強につなげてみてください。

 公式テキストを出版している中央経済社から「ビジネス実務法務検定」の予想問題やポイントを書いてある雑誌「ビジネス法務」などを書店や大学図書館などで見てはどうでしょうか?

 私の場合は、「公式テキスト」「過去問題集」の演習を中心にしましたが、資格スクールの直前対策講座(模擬試験と予想問題)などの単科講座もあるようなので余力があればいってみてはどうでしょうか?お金と通学時間が、かかりますけど…

 ビジ法3級・2級を受験する人は、宅建や行書を受験する人の力試しになっているので、それらの勉強をしている人であればやや易しく思うと感じる試験ですが、法律関係の勉強が初めてという人は、少し難しく感じると思います。諸学者の場合は、問題数も多いと感じるので時間との勝負です。私自身、直前期に過去問を演習して6割程度しか取れずやばいと思いましたが、最終的には85/100のスコアでした。70点で合格なので、満点を取るというのではなく70点狙いでいこうというふうに割り切った考えをしたりしました。

 あと、なかなか点数的に伸びなかったりして落ち込んだりしましたが、インプット・アウトプットの繰り返しが重要だと思うので「公式テキスト」⇔「過去問題集(要点チェック)」などで繰り返し学習が重要です。特に間違った問題は、何度も解くことと、自分の得意分野を1つでも作っておくことが必要です。

 法学部生であれば、学部の講義で憲法・民法・商法あたりを勉強しているので公式テキストなどを参考にやれば大丈夫です。2・3級のW受験もできます。

 【難易度】
  易★~難★★★★★

  ・ビジネス実務法務検定試験3級 ★★
  ・ビジネス実務法務検定試験2級 ★★★
  ・宅建取引主任者        ★★★★
  ・行政書士           ★★★★★

 ビジ法の受験の質問で過去に私が回答したものです。参考にして見てください。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1519413
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1362586

 3級の場合は、選択問題なのである程度「公式テキスト」を読んで「過去問題集」などで演習しておくと良いと思います。特に、民法(債権関連)・商法(株式会社関連)は重要です。

 また、基本的な民法(総則)(親族・相続)分野で得点できないとかなり厳しいと思うので、基礎をしっかり固めた上で弱点補強につなげてみてください。

 公式テキストを出版している中央経済社から「ビジネス実務法務検定」の予想問題やポイントを書いてある雑誌「ビジネス法務」などを書店や大学図書館などで見てはどうでしょうか...続きを読む

Qビジネス実務法務2級って、役に立ちますか?

ビジネス実務法務3級を勉強し、受験したら受かってしまい、2級も
挑戦したほうが良いのか迷っています。
2級となると結構なボリュームだと思うので今からやって間に合うのか心配です。

経理課か財務への転職活動をしています。現在BATICのSub2や
コンピュータの資格を勉強しており(外資系企業にいたのと、将来USCPA
を取得したいので)、それほど余裕はありません。
ビジ2級の評価や実用性ってどれほどのものなんでしょうか?

Aベストアンサー

私もビジネス実務法務検定2級は合格しています。
転職活動の役に立つか立たないかで分けるなら、役に立ちません。

採用担当者は存在する全ての資格を把握しているわけではありませ
んし、資格によって得られる知識を理解しているわけでもありませ
ん。資格欄で採用担当者の目を引き付けるのは世間の評判で難しい
と言われている資格だけです。要は知名度です。採用担当とは言っ
てもサラリーマンなので、その程度です。

ビジネス実務法務は知名度も難易度も低いので評価される可能性は
ほとんど無いでしょうし、経理・財務の志望なら尚更です。経理・
財務であれば、評価されるのは簿記1級や税理士、あるいは会計士
です。そして何よりも、他の部門以上に実務経験を問われます。

余談ですが、経理・財務でも英語力は評価されます。外資系勤務と
いう経歴なら、採用側は間違いなく英語力を期待するので、
TOEICで高得点を出しておくと採用担当者の目に留まると思います。

以上、転職活動にあたっては、ビジネス実務法務検定の優先度は
低いと思います。

Q行政書士・司法書士の大学在学中合格について

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学も、私のために無理をして通わせてくれています。)親からの援助は無理だと思います。
そうして考えた結果、今は無理でも長い人生の中で成就していこうという結論に至りました。

ただ、せっかく司法試験の勉強を必死にしようと思って大学に入学したのに、何もせず貴重な大学生活の時間を無駄にはしたくない(通わせてくれている親にためにも)と思い、以前から興味があった行政書士・司法書士の資格を取得しようと考えました。

そこで、皆様のアドバイスを聞かせていただきたいです。
(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?
出来たら、4年に進級するまでに合格をしたいです。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?
 皆様が実際に使ってみて、これは良かったと思ったものを教えていただけると大変嬉しいです。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?
金銭的に現状は難しいのですが、必要であればバイトをして、お金を貯めたら通おうとは考えています。しかし原則、利用はしないつもりです。

生半可な考えでは通用しないというのは、十分承知しています。
しかし、そのための覚悟も出来ているので、ぜひ皆様の良きアドバイスを聞かせていただきたいです。
モチベーションを上げるためにも、厳しいご意見もお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。

皆様はじめまして。
私は今年大学の法学部に入学したものです。
私が法学部に進学しようと考えたきっかけは、中学生の時に弁護士になりたいと思ったことでした。
しかし、司法制度の改革により法科大学院に進まなければならず、
金銭面でかなり難しくなってしまいました。
旧司法試験での現役合格も考えたのですが、あまりにも現実的ではない(私が受けることが出来るのは、旧司法試験最後の1回のみです。)と思い、大変悔しいのですがあきらめることにしました。
私の家はあまり裕福ではないので、(大学...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても、まずは行政書士ですね。
大学2年の秋に行政書士合格、4年の夏に司法書士合格という計画ではどうですか?
なぜなら、行政書士合格後、登記関連の法律の勉強や、行政書士試験の勉強で得た知識を、司法書士試験の出題形式や傾向にあわせていく作業が必要だと思います。
そうすると、司法書士は3年の夏だと少し間に合わない気もします。3年の夏は挑戦のつもりで、4年の夏が本番くらいが現実的かと思います。

(3)試験科目はそれぞれ調べてあるので分かっているのですが、基本書・参考書はどういったのを使えばよいですか?

まずは民法からはじめるのがいいと思います。次に憲法。民法、憲法までは1年の間にやりつくしましょう。
大学の春休みは長いので、1年生が終わった後の春休みから、行政法、商法を始めるくらいがいいかと思います。
参考書は、Wセミナーのコンパクトデバイス、伊藤塾の試験対策講座、LECのC-BOOKあたりの読みやすいのがいいと思います。
行政書士、司法書士の試験は論文の出題はありませんが、可能な範囲で司法試験などの論文問題集に目を通してみると理解がぐっと深まるかもしれません。
民法の勉強できっちり法的思考力を磨いてください。これは本当に大事です。
せっかくの法学部なんですから、授業のみならず、いろいろ教授に質問しましょう。

(4)予備校等に通わないと合格は難しいでしょうか?

行政書士は、法的思考力を身につければ、あるいは暗記の力技で、予備校抜きで何とかなるでしょう。
ただし、最近行政書士試験が少し変わって、記述形式の問題について、暗記では対処しづらいような印象も受けます。
しかし、司法書士については短期で合格するには、予備校のノウハウを利用するほうがいいかも知れません。
いずれにしても、まずは行政書士でしょうから、行政書士試験合格後に、司法書士の過去問を解いてみて、予備校抜きでは不足だと感じる部分だけでも、おそらく登記関連の法律や、記述式の試験の部分になると思いますが、予備校を利用することを検討してみてはどうですか?
検討するのは行政書士試験合格後ないし2年から3年になるときくらいでいいかと思います。
勉強の妨げにならない程度で、社会勉強だと思ってバイトをすれば、2年後には、必要最小限の予備校費用は稼げなくもないかと思います。

最後に、途中でも書いたアドバイスですが、法的思考力を身につけてください。
高校の勉強の延長気分で勉強すると、暗記に陥りがちで、力がつかないことになりかねません。
きちんと条文を読んで、どのように解釈されているか、文言に忠実なのか、広げて解釈しているのか、限定して解釈しているのか、なぜそのように解釈されているのか、なぜその解釈の必要性があるのか、なぜその解釈が許されるのか、不利益を受ける人はいないのか、というような視点を持ってみるといいと思います。

頑張ってください。

はじめまして。
まずは入学おめでとうございます。
すでに有益な回答が寄せられているようですが、法学部生としてお力になりたいと思い回答させて頂きます。

(1)行政書士と司法書士二つの大学現役合格は、司法試験現役合格と同じように無謀な考えでしょうか?

全く無謀とは思いません。きちんと計画を立て、努力すれば在学中に両方合格できるでしょう。

(2)どちらの勉強からはじめた方が効率はよいでしょうか?

私の先輩は、大学2年の秋に行政書士試験に合格しました。
難易度や科目から考えても...続きを読む

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。

Q公務員17年で行政書士

 ひょんなところから、国家公務員または地方公務員を17年やれば、行政書士の資格がもらえることを知りました。

 確かに日本行政書士連合会のHPをみれば、経歴とかの書類を提出すれば登録できそうな感じですが、本当に単に提出すれば全く無試験でもらえるのですか?

 また、実際に行政書士の資格を得た後、公務員をやめたり、またはOBで行政資格を用いて、実際に収益とかを得られたりできるものなのでしょうか?

 関連情報を教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

行政書士に関しては高卒公務員が17年で無試験で資格を貰えます。他の資格には公務員の優遇規定があるのですが試験が課されるのに対し、行政書士は完全な無試験です。これは行政書士が事務処理技能職であるとこが理由です。

ただ、試験を受けたにしろ特認にしろ、行政書士になって収益を上げられるかどうかは別問題です。行政書士会の調査や日経の調査でも、行政書士の年収は
100万未満・・・40.8%
100万~300万未満・・・22%
となっています。
これは他士業との兼業行政書士が半分近くを占める事を考えると、行政書士単独では9割以上が年収300万以下であるとも言えます。

Q法学部以外からの法科大学院

私は弁護士になりたいと思っています。現在、大学1回生なので現行司法試験より法科大学院進学を考えています。
しかし、私は法学部ではなく、教育学部に通っています。法科大学院では、未修者コースがあり、法学部以外の人へも門戸を開かれていますが、やはり法学部出身の人より法学に接することが少なかったためか、大学院進学後も苦労すると聞きました。苦労するからといって、弁護士をあきらめるつもりはありませんが、実情を知っておられる方は、少しでも実情を教えてください。お願いします。
3回新旧の時点で、法学部に編入する制度もありますが、やはり、狭き門にはかわりありません。

Aベストアンサー

 法曹を目指すのであれば、法律系の資格などを受験して、ロースクール対策をしておいたほうが無難です。行政書士試験などを受験して、一通り法律に関する知識を身に付けた後に、ロースクール受験対策をするなどして法律に関する知識を少しでも吸収しておいたほうが無難だと思います。また、ロースクールへ受験する人は、行政書士試験と併願して、法学検定やビジネス実務法務検定試験や宅建主任者などの法律系資格への受験や有資格者の人が多いのが実情です。ですから、まずは、それらの資格などを取得して、その後ロースクール受験へ向けて備えておくことが必要です。ロースクール受験は、国立や有名私立に人気があつまり、そのほかの大学はそれに対抗しようと特色あるカリキュラムや実務家などを講師に招いているところもあるようです。ただ、ローにいく場合は学費もかなり高いので、それに見合うだけの知識を身につけれれる教授陣やスタッフなど研究体制が整っているところに進学することをお勧めします。実際私の友人も法学部出身で、旧帝大の法科大学院未修者コースへ進学しました。何らかの参考になれば幸いです。

Q(行政書士かビジネス実務法務検定)と社労士

社労士受験生の者です。
社労士・簿記・FPの知識はあります。

行政書士かビジネス実務法務検定2級、どちらかの資格勉強を考えています。
そこで教えていただきたいのが、社労士と範囲がかぶるところがあるのかどうか、役に立つのかどうか教えてください。

いづれにしても行政書士まであと2カ月・ビジネス実務法務検定まであと3カ月ですから時間はありません。
やるなら独学です。

難易度を見ると行政書士=ビジネス実務法務検定1級のようですがどうですか?

開業目的ではなく会社員としてビジネスに役にたてばいいなと思います。
ちなみに大学では化学科でしたので法律の知識はないです。
それと社労士ではLECの書籍を利用していたので、行政書士は同じシリーズから出ている書籍があるので本屋で立ち読みした際、見やすいなとは感じました。
社労士&行政書士とダブルで勉強してる方も多いようなのでどんな魅力があるのかなと思います。
行政書士の試験が11月にあるのも社労士の結果発表時期など長い目で見て魅力だなと感じます。
でもビジネス実務法務検定2級の方が取りやすそうだなと思う反面、社会的価値はどうなのかなと思います。

まとまりのない文章になりましたが、教えてください。

社労士受験生の者です。
社労士・簿記・FPの知識はあります。

行政書士かビジネス実務法務検定2級、どちらかの資格勉強を考えています。
そこで教えていただきたいのが、社労士と範囲がかぶるところがあるのかどうか、役に立つのかどうか教えてください。

いづれにしても行政書士まであと2カ月・ビジネス実務法務検定まであと3カ月ですから時間はありません。
やるなら独学です。

難易度を見ると行政書士=ビジネス実務法務検定1級のようですがどうですか?

開業目的ではなく会社員としてビジネ...続きを読む

Aベストアンサー

> 開業目的ではなく会社員としてビジネスに役にたてばいいなと
> 思います。

既にご存じだと思いますが行政書士試験合格=行政書士では決して
違います。
あくまでも、行政書士会に登録して初めて行政書士になるのであっ
て、あくまでも試験合格は行政書士会に登録できる資格を有しただけ
です。(行政書士法第2条)

開業するつもりがなければ、行政書士試験はあまり意味がないように
思います。

> そこで教えていただきたいのが、社労士と範囲がかぶるところが
> あるのかどうか、
> 役に立つのかどうか教えてください。

行政書士試験の科目は、「憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、
行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び
地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学、政治・
経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解」なので、
まったく社会保険労務士とは受験科目では重複しません。

ただ、実務というところでは重複するところはあります。
例えば、行政書士は営業許認可の専門家ですが、どんなビジネスでも
従業員を雇う必要はあるので、ノンストップサービスで、依頼人に
対してビジネスの開始から従業員に対する労働問題もサービス
として提供することが可能です。

でも、これはあくまでも独立するなら、意味はありますが会社員
としては行うことはできません。

> ビジネス実務法務検定2級の方が取りやすそうだなと思う反面、
> 社会的価値はどうなのかなと思います。

既にご存じの通りに行政書士は国家資格であり、業務独占資格
です。(資格自体を有していないと業務自体を行ってはいけないと
法律で規定されている資格のこと。)

かたや、ビジネス実務法務検定は能力検定であり、民間資格です。
あくまでも能力検定は合格時の能力を証明する性質のものですから、
国家資格と比べたら勿論社会的価値は低いのは当然です。

これは、法律関係の資格には共通していますが合格後も勉強を
し続けないとあまり意味がありません。(法律は常に改正され、
新しい判例は出てくるので。。)
だから、資格合格が決してゴールではなく、スタートラインに
立ったという意識にいないと、実務では使えなくなります。

その辺をよ~く考えてみてください。

> 開業目的ではなく会社員としてビジネスに役にたてばいいなと
> 思います。

既にご存じだと思いますが行政書士試験合格=行政書士では決して
違います。
あくまでも、行政書士会に登録して初めて行政書士になるのであっ
て、あくまでも試験合格は行政書士会に登録できる資格を有しただけ
です。(行政書士法第2条)

開業するつもりがなければ、行政書士試験はあまり意味がないように
思います。

> そこで教えていただきたいのが、社労士と範囲がかぶるところが
> あるのかどうか、
> 役に立つのか...続きを読む

Q行政書士受験、学習時間どれくらい?

これから、行政書士の勉強を開始しようと考えている三十路男です。試験日まで3ヶ月程しかないので、厳しいのは覚悟の上ですが、だいたいどのくらいの時間で合格のメドがたちますか?
こちらは、勉強時間どんなに頑張っても800時間程しか確保できません。法律系の勉強は、ビジネス実務法務検定3級。2級は本日受験。一般教養の学力は、5流大学卒のためほぼ中学生なみです。ご教授下さい!

Aベストアンサー

去年受験しました!
残念ながら一般教養で一問足りず足切りになりましたが、もしあと一問あれば合格だったはずです。
ちなみに27歳、去年は法律初学者でした。(大学は経済学部です)

私の勉強時間は、仕事が定時の6時で終わる会社だったので、会社が終わった後ひたすら勉強でした。
勉強を開始したのが8月末なので、仕事の残業具合によっては充分間に合うと思いますよ。

ちなみに私は一般教養は無視してひたすら法令勉強してました。過去問(10年分)を10回ぐらい解いて、薄めの法令解説集みたいなので赤シートを載せれば重要文言が消える本を買って重要語句を覚え、模試の本(3回分で1500円ぐらいかな)を9,10月にしました。
今年は一般教養をがんばろうと思います。
でも一般教養って勉強したところで点数がボンと上がるわけじゃないから勉強つらいですよね。

これから勉強するなら、7月末まで法令を集中的にマスターして一度模試をやってみてはどうでしょう?それで法令4割一般教養4割取れれば、後2ヶ月あれば法令7割、一般教養5割のラインを越せると思います。


お互いがんばりましょう!

去年受験しました!
残念ながら一般教養で一問足りず足切りになりましたが、もしあと一問あれば合格だったはずです。
ちなみに27歳、去年は法律初学者でした。(大学は経済学部です)

私の勉強時間は、仕事が定時の6時で終わる会社だったので、会社が終わった後ひたすら勉強でした。
勉強を開始したのが8月末なので、仕事の残業具合によっては充分間に合うと思いますよ。

ちなみに私は一般教養は無視してひたすら法令勉強してました。過去問(10年分)を10回ぐらい解いて、薄めの法令解説集みたいな...続きを読む

Q行政書士、ビジ実務法務等の法律系資格・検定試験について

3回ほど行政書士を受験したものです。
いままで、あまりほかの法律系の試験は存じておらず、自分の目標として行政書士を目指していました。

なぜ、行政書士を目指していたかというと、むしろその資格を利用しての開業ではなく、法学部に在籍しているので自分のスキルアップのためや、一応その時は公務員試験を目指していたため、その試験の勉強になればと思っていました。

そしてこのたび、一応公務員に合格しました。そして今年も行政書士を受け合否はわかっていないのですが(自己採点しないたちなので)、公務員をしていれば行政書士の資格を得れるということなので、今回受かっても受からなくても行政書士の受験はやめるつもりです。

しかし、法学部をもうすぐ卒業しようにも自分には何も法律関係の資格はなく[自動車免許くらいしかないです(T_T)]たとえ公務員になっても自分のスキルアップのため資格試験等に積極的に受けていきたいと考えています。

最近ビジネス実務法務検定というものを見つけて注目しております。それは法学検定とどのように違うのでしょうか。また、その他の試験は実際、法務などの民間や官庁の仕事に役に立つのでしょうか。できれば公務員試験と同等か、それ以上の試験を受けたいと思っていますし、実は行政系科目よりは民法系の科目の方が興味を持っています。独立開業よりは自分の仕事の幅を広げたり、スキルアップのための資格を探しています。

実際履歴書に書けるとしたらどの試験がいいのか、または試験の難易度や、合格にいたるまでの有効な勉強方法(独学でも大丈夫か、通信教育等の方がいいのか)などを教えてください。

3回ほど行政書士を受験したものです。
いままで、あまりほかの法律系の試験は存じておらず、自分の目標として行政書士を目指していました。

なぜ、行政書士を目指していたかというと、むしろその資格を利用しての開業ではなく、法学部に在籍しているので自分のスキルアップのためや、一応その時は公務員試験を目指していたため、その試験の勉強になればと思っていました。

そしてこのたび、一応公務員に合格しました。そして今年も行政書士を受け合否はわかっていないのですが(自己採点しないたちなので...続きを読む

Aベストアンサー

私も、公務員試験については、筆記試験は合格しました。
昨年、法検二級に独学で合格しました。
2003年実施の二級の試験は、民法・憲法・刑法・行政法・商法は、法学既修者試験と一部共通問題が出題されていました。難易は、二級と既修者試験は概ね同レベルとされています(主催団体である、法務研究財団のHPをご覧下さい---http://www.jlf.or.jp/)。概ね民法・憲法・商法は難しく(司法書士試験よりも難しい問題もある)行政法や労働法は解答しやすい傾向があるようです。対策としては、国1・地上レベルの公務員試験問題集やWセミナーなどのロースクール入試対策の問題集を使って殆どの問題が正解出来るまで演習を行った方が良いと思います。又、科目によって難易に落差があり、受験申込時に受験コース・選択科目を登録し、コース・科目の変更が出来ないので、コース・科目選択はかなり慎重に行う必要があります。合格者の平均年齢は27才くらいで、年々合格率は下がっている(昨年は15.9%)のですが、司法試験択一や国1レベルの問題が或程度正解出来るようであれば合格出来ると思いますが、しかしながら、1問当たり平均2分数十秒程度しか時間が掛けられないので、手早く解答出来るように訓練しないとかなり厳しいと思います。合格には、全体で55問中31~33問の正解が必要です。基準点はありません。
警視庁では、法検三級取得者でも採用に関して有利になる場合もあるようですが(詳細は不明です、済みません)、二級は企業の人事考課にも利用されている場合もあり、ロースクール・大学院入試にも判定材料になる場合もあるようです。

今年、ビジ法二級も受験したのですが、上級公務員試験や法検二級よりは難易は低いようです。しかし、法律知識をストレートに問う問題よりは各種の法律科目の内容を横断的に問う問題が多い(民法プロパーや商法プロパーといった形式ではなく、民法・商法・独禁法・知的財産法の混合問題など)ので、最初はとまどうかもしれないと思います。又、公務員試験や法検には出題されない分野(特に、知的財産法や国際法務は要注意)もあり、主催団体の商工会議所の公式テキストの内容を超える問題も出題されることもありますが、法律資格取得者(含 公務員試験合格者)であれば、独学でも合格可能と云われています。

どちらの資格にも共通していることは、組み合わせ問題が多くなっているので、その対策を重視すべきであると思います。

私も、公務員試験については、筆記試験は合格しました。
昨年、法検二級に独学で合格しました。
2003年実施の二級の試験は、民法・憲法・刑法・行政法・商法は、法学既修者試験と一部共通問題が出題されていました。難易は、二級と既修者試験は概ね同レベルとされています(主催団体である、法務研究財団のHPをご覧下さい---http://www.jlf.or.jp/)。概ね民法・憲法・商法は難しく(司法書士試験よりも難しい問題もある)行政法や労働法は解答しやすい傾向があるようです。対策としては、国1・地上レベルの公務...続きを読む

Q法学部は忙しい?

すいません、タイトル通りです
再来年に早慶の法学部を受験するんですが、予習中に何故か頭にこれが浮かびました
それから法学部のことを調べるうちに。どんどん法学部学生の話をみてると辛い所ばかり聞いてます
司法試験受けるか、などにも左右されると思われますが、受験勉強なんて序の口~や、単位取るだけで精一杯などなど。
法律の勉強できることになるのを目指している筈なのに、忙しいか気にしてるなんて・・・すみません
大学に寄りけりってのもあると思うんですが、
法学部は他の文系の学部と違って一味も二味も違うんでしょうか?(笑)
勉強の息抜きにでも軽く教えてください、おねがいします

Aベストアンサー

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなります。講義は講義で、先生たちは「俺の講義を受けている暇があったら勉強しろ!」っといいますので、学生が必然的に寄り付きません。なんか一種の短大に行った錯角すら覚えます。法学部に行く人間は「一人で勉強する」ことが求められます。それと、あまり群れを成すタイプの人間は向かないと思いますよ。確かに講義は出てもわかりませんね。また、司法試験勉強をしている奴からすると、司法試験と関連性がない講義を受験科目(例:民法)ですらやっているので、出ている意味が無いのですよ。

司法試験勉強は確かに、大変でした。浪人時代が十年以上続いた感じがして、私は20代いっぱいいっぱいまで頑張りましたが、さすがに30代まで勉強するのはつらいと思い、辞めました。正直、大学時代も浪人の延長線上でしたね。もっとエンジョイした大学生活を送りたいなら、司法試験はやめた方がいいでしょう!

家庭教師派遣会社勤務です。明大法学部出身で、元司法試験受験生です。

法学部は「別名:法楽部(ほうがくぶ)」とか、「別名:法学部砂漠」と呼ばれます。

前者の最大の理由は「卒論が無い!」これにつきます。また、もう一つ理由として「後期試験一発勝負で、前期は一・二年生の一般教養科目しか試験が無く、レポートは一切無い」というのが主な理由です。

そして、後者の砂漠と呼ばれる理由は、法学部の専門科目は出席が求められていません。ゆえに、大学三年生になると、途端に大学に行かなくなりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング