京都御所の「蛤門」の正式な読み方を教えてください

A 回答 (6件)

正しくは「ハマグリモン」下々は敬意を込めて「ハマグリゴモン」


名前が付いた御所の門のことを市民は「ゴモン」と呼びます
    • good
    • 0

蛤御門の変が行われた時代の人は、「はまぐりもん」とは決して言わなかったでしょう。

その意味からは、歴史の回答として「はまぐりもんのへん」は誤りとされないでしょうか?私の習った社会科の先生は、こういうことに厳しい人でしたから。

今の時代は、天皇陛下と呼んでも、天皇と呼び捨てにしても自由です。従って「はまぐりもん」でも一向に構わないと思います。自分自身で決めれば良いことですから。
    • good
    • 0

京都御所・仙洞御所・大宮御所からなるのが京都御苑です。

御苑の四方には9つの門(石薬師・清和院・寺町・堺町・下立売・蛤・中立売・乾・今出川)があり蛤門はその一つです。参考URLにある史実で有名ですが、読み方は『どちらでもいい』と思います。なぜかというと『蛤御門』というかき方もあるからです。「下々(笑)」のものが天皇由来のものを指し示す時、呼び捨てでまずいから『御』をつけているのじゃないでしょうか?というわけでどちらでもいいように思います。私は『はまぐりもん』と呼びます。だって門は門ですから(笑)。

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-tokyo/tokusyu/9712/shin …
    • good
    • 0

先ほど1に回答したものです。


私は「はまぐりもん」だと習ったのですが、
2の方のように、蛤御門「はまぐりごもん」と書く(呼ぶ)こともあるのだと思います。

これは私の考えなのですが、御とつけているのはおそらく、御所への敬意を表してだと思います。
以下の参考URLなどでは、はまぐりごもんのへんと書いてありますし、NO1の方の参考URLでははまぐりもんのへんと書いてあります。
蛤門と書いた場合にははまぐりもんと呼んで、蛤御門と書いた場合にははまぐりごもんと読むのではないでしょうか。
ここに書きつつ自分の勉強になりました。

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/kyoto/gyoen.html
    • good
    • 0

私は京都の高校に通っていたのですが。


禁門の変のことを「はまぐりごもんのへん」と教わりました。

ちなみに御所の門のことも「はまぐりごもん」と呼んでいました。
    • good
    • 0

はまぐりもん


だと思います。

参考URL:http://www.matsudayahotel.co.jp/12ishin.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガーデニングの本について

ガーデニングの初心者です。ガーデニングの事が詳しく掲載している本や

HPがありましたら、おしえて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガーデニングと一言に言っても,ベランダで寄せ植えの鉢を飾るのか,庭に木を植えたり芝を張ったりするのかで紹介する本もHPも変わってきます.

一応「主婦の友」社の生活シリーズの本をご紹介します.

「すてきな花作り」基礎知識と,場所別の咲かせ方・飾り方,季節ごとの花の育て方が出ています.一番お世話になった本です.

「すてきなフラワーガーデン」基礎知識と,花壇の実例,作り方,花の育て方が出ています.花壇の花の年間ローテーションは便利でした.

「おしゃれな花の寄せ植え」コンテナ,ハンギングの寄せ植えと,寄せ植え向きの花の育て方が出ています.

HPを探す時は,「ガーデニング」の他に「寄せ植え」とか「イングリッシュ」とかキーワードを入れてやるといいですよ.

Q【京都御所でご朱印帳は買えますか?】京都御所の見どころを教えてください。あと京都御所は有料ですか?

【京都御所でご朱印帳は買えますか?】京都御所の見どころを教えてください。あと京都御所は有料ですか?

Aベストアンサー

京都御所は神社でも寺でもありません。
なので御朱印はありませんが、観光地によくある記念スタンプはあります。
http://sankan.kunaicho.go.jp/info/20160720_01.html
無料ですが手荷物検査が有るみたいです。

Qりょう

(りょう) のつく有名人に好きな人はいますか?

雨宮良
石橋凌
木之元亮
田村亮(俳優)
田村亮(芸人)
ふかわりょう
勝地涼
加藤諒
石川遼

その他

いない

カイトウ待っています。

Aベストアンサー

その他

錦戸亮ですよ、勿論!!!!☆

Q秋葉神社の正式な読み方について教えて下さい。

秋葉神社の正式な読み方について教えて下さい。

私の母の郷里に静岡県の秋葉神社から分祀されたらしい、同じく秋葉神社が存在します。
インターネットで調べた限り、読み方が様々で、母の里では
AKIWAさんと呼んでいるのですが、AKIHAとAKIBA説もあります。
どれが正しい読み方なのでしょうか?

Aベストアンサー

静岡県浜松市の総本社は「あきはじんじゃ」ですが、他の読み方でも間違いじゃありません。
考え方が主従逆なのです。正解は、音に漢字をあてたものであって、字に音を当てたものではない。

秋葉神社の祀る秋葉大権現は、山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であって、神道の系譜からは外れています。
そして秋葉神社の成立は江戸中期であって新興の神社。古来からの民間信仰が祖であり、火伏せの社を秋葉神社に統合していったので、音の普及より、文字の普及のほうが後になります。

Q奇門遁甲 明日の西

教えて下さい。

奇門遁甲で明日の 5:00AM-7:00AMの西は 休門ですか? 死門ですか?

占いサイトを見ると 休門だと言ってる人が2名、 死門だと言ってる人が2名います。

私としては 休門だと思うのですが。。。

Aベストアンサー

私は休門で使っています。
作盤の遣り方がある程度分かっている様なので回答のみで失礼します。

Q邪馬台国の読み方は 「やまたいこく」 or 「ヤマトコク」???

「台与」は「とよ」と読む例が多いのに、
邪馬台国は『やまとこく』と読まないのでしょうか?

Aベストアンサー

邪馬台国の正確な音は不明ではないでしょうか。
「台与(とよ)」が「壱与(いよ)」ではないかと言われるように、「邪馬台国」も「邪馬壱国」「邪馬一国」など表記に異論があり発音も「やまたい」「やまと」「やまいち」説がまだ統合されていません。
「やまと国」と読んだ学者は漢字学者の藤堂明保氏と(たしか家永三郎氏も「やまと国」派だと思いますが自信なし)。
**正史で実際に使われたのは「台」「壱」でなくその正字です。

下記wikipediaサイトの「邪馬台国の表記に関する説」を参照下さい↓

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%AA%E9%A6%AC%E5%8F%B0%E5%9B%BD

Q耐用年数の決定

償却資産の届け出の手引きを読むと、
耐用年数は届け出をする側が記入するものと思われるのですが、
何も記入せず提出してよいと言われました。

そうすれば、市の方で耐用年数を決定してくれるからとのことでした。

事実、これまで市が決定した耐用年数で毎年の減価償却費を計算してきたようです。

しかし、これだと耐用年数が決定し、それを知らされるまでは減価償却の計算ができないと思います。

また、市が決定した耐用年数が
「減価償却資産の耐用年数などに関する省令」に基づいた耐用年数と合致しないとも思います。

市の決定した耐用年数で減価償却することに(「省令」に基づいた耐用年数と合致しなくても)問題はないのか。
問題ない場合、市が耐用年数を決定するまで減価償却はどのように行えばよいのか。

申し訳ありませんが、どなたか教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

通常は会社の判断した耐用年数を記入して申告でしょうからこういうことは気にしません。
また固定資産税は1月1日の現況で課税ですから、決算期によっては時期もかなりずれがあります。当然納税通知書の到着が間に合わないことは起こります。

でも法人税や所得税の減価償却費と固定資産税の課税標準は別な制度のものですから、これが違うことはなんら問題ではありません。

会社は決算上はあくまで法人税法上の耐用年数表にしたがって判断して決算をすればよいのです。市町村がこれと違う判断をして課税してきたとしてもそれは固定資産税上の問題で、法人税や所得税には無関係と思えばよいでしょう。
異議があれば所定の手続きで不服申立ては可能です。多分めったにないでしょうが。

実務的にはこれは困るので、ある程度の会社ならば自己の判断した耐用年数で償却資産も申告をすると思いますが。

Q奈良時代の「防人」と、正倉院の「校倉作り」の漢字の読み方について

はじめまして。私は今中学1年生の女の子です。

今、社会の授業で奈良時代の勉強をしています。

授業中にふと思ったのですが、「防人」と正倉院の校倉作りの「校倉」には、なぜこの漢字が当てられているのでしょうか?

先生に聞いてみたところ、「先生もそこまでは分からない」と言われました。

カテゴリーとして歴史か国語で迷ったのですが、ひとまず歴史の方で質問させていただきます。

どなたか知っている方、ご返答いただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問の意図は防人・校倉の意味ではなく、なぜ一般の読み方とは違うのにこの漢字があてがわれているか?でしょうか。
漢字には音読み・訓読みがあり、表意文字である、と言うことを考えていけば解りやすいかと思います。
音読みはもともとの中国での発音、訓読みは日本のやまとことばに当てはめた読み方ですね。

万葉集や正倉院の7世紀から8世紀頃の時代、まだ漢字にほとんど音読みは使ってませんでした。万葉集の読みはほとんど訓読みの言葉で成り立っています。使ってなかったかどうかは別として、一般的ではなかったと言う事でしょう。音読みの言葉は「菊」と「衛士」の二つだけだそうです。
これが古今和歌集の時代になると音読みのオンパレードです。大陸の文化・学問が入ってきて一般的になったという事でしょうか。

つまり最初は読みではなく、「言葉の意味」に漢字を当てはめたのですね。漢字は「表意文字」ですから、アルファベットと違い文字自体に意味を持ちます。元々あった大和言葉に意味を当てはめて漢字を当てたわけです。
先に言葉があって、後から意味に合わせて漢字を当てはめたと。


防人(さきもり)はすでに出ているように、九州の沿岸部を護っていた人ですから、「防(ぼう)」の「人」と当てはめたんでしょう。「(ぼう)防」は土を積み上げた堤防の意味です。
で、その同時期、あるいはその後から、「まもる」と言う意味に当てはめた漢字、「(しゅ)守」や「(ご)護」のほうが、一般的に守る意味に使うように認識されたため、守・護は「まもる」と訓読みするようになりました。「(ぼう)防」は「ふせぐ」ですね。
なので違和感を覚えるのでしょう。
もし現在、さきもりの大和言葉の意味に漢字を当てはめるとしたら(せん)先か(き)崎の字を使い「先守」か「崎守」でしょうか(または先護?)。

校倉(あぜくら)も同じです。「あぜくら」という言葉が先にあり、木を組み合わせると言う意味の(「木」+「交」)「(こう)校」の字を当てたと。
今現在使う「(こう)校」の意味は元々は木を組むと言う意味だったのが、「(こう)較」に通じて比べるの意・「(こう)學」に通じてまなびやを意を表すようになったようです。
なので現在では「校正」などに「校」の字を使い、学ぶ場所に「校」の字を使うようになりました。
またもともとの言葉としての「あぜくら」の「あぜ」はその形状が田の畦(あぜ)に似ているからと言われています。


先に「さきもり」「あぜくら」という言葉があり→意味の合う漢字をあてはめた→その訓読みが一般化しなかった
という事ですね。

質問の意図は防人・校倉の意味ではなく、なぜ一般の読み方とは違うのにこの漢字があてがわれているか?でしょうか。
漢字には音読み・訓読みがあり、表意文字である、と言うことを考えていけば解りやすいかと思います。
音読みはもともとの中国での発音、訓読みは日本のやまとことばに当てはめた読み方ですね。

万葉集や正倉院の7世紀から8世紀頃の時代、まだ漢字にほとんど音読みは使ってませんでした。万葉集の読みはほとんど訓読みの言葉で成り立っています。使ってなかったかどうかは別として、一般的で...続きを読む

QLi nuxでclasspathの設定

classpathの設定方法を検索サイトで検索して色々なサイトから情報を得て、.bash_profileに
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/lib
と記述し、sourceで反映しました。

上記の
$CLASSPATH:
というのは、既に$CLASSPATHが定義されていたら、それも加えるという意味ですよね?
既に$CLASSPATHが定義されているというのは普通にありえますか?

$CLASSPATHにはドットも記述するのが一般的のようですが、
export CLASSPATH=$CLASSPATH:.:$CATALINA_HOME/common/lib
これでよいですか?

Aベストアンサー

linux は exportコマンドで環境変数を設定します。
既に$CLASSPATHが定義されているということは
今回設定分のexport CLASSPATHより以前1回以上
exportコマンドでCLASSPATHという環境変数を設定済ということです。
export CLASSPATH=$CLASSPATH:.:$CATALINA_HOME/common/libは間違いです。
export CLASSPATH=$CLASSPATH:$CATALINA_HOME/common/libが正解です。
設定内容の連結は、Linuxは:(コロン)Windowsは;(セミコロン)です。

Q漢字の読み方 門に亀

漢字の読み方について質問いたします。
門(もんがまえ)の中に、亀が入った漢字は、何と読むのでしょうか?
弘化年間の文書に筆文字で書かれています。
銀に関わる事柄らしいです。
漢和辞典で調べましたが、載っておりません。
歴史にお詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは

読み方はそれでよいと思います。
富くじの当選金の額でしょう。
銀鬮というのは二等賞を意味していると思います。
(ということは一等賞の「金鬮」もあったと思われます)

「貫」は千(1000)を示し、「目」は銭貨の単位「文」と同じ意味ですから「弐貫四百目」は銭で2400文のこと。1文は現在の金額で20~30円程度ですから5~7万円ぐらいでしょうか。


人気Q&Aランキング