今、あるサンプルを燃料として使う計画が
ありそれが環境に害がないかということで
金属 ヒ素、セレンを自分は分析しています。

測定方法は・・原子吸光、ICPなどは水素化する装置がないのでできないので・・比色法によって行っています。
しかし、結構、値がずれるため、ヒ素は気体を発生させたり、セレンは沈殿を作ったりするため、
試料のほうがブランクよりもABSが出てしまう場合があります。
ヒ素  ブランク 0.008  試料   0.010
セレン ブランク 0.030  試料   0.045 など
これで試料中に金属があるっていうんですかねーー??
ただのブランク誤差としか考えられないんですけど・・
そこで自分たちはT検定たるものを使用して本当にあるのか
ないのかを調べようかと思ったりしたんですけど、
試料の濃度を濃くしたら・・でてくる可能性もあるわけじゃないですか??どこまで分析すればいいのか分からなくこまっています。

どこで境界を引いて分析すればいいんでしょうか??
検量線にあてはまるまで濃くしなければいけないのですかねー??そのような環境分析などを行ったことのある方・・
是非是非アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 N.D(定量下限値)とは、分析機器の「検出限界」と、検体の濃縮率に依存し、これ以上低い値は測定できないとする値です。

値が定量下限値以下となった場合、ゼロから定量下限値をわずかに下回る値までの幅の中にあると考えることができます。
 日本ではN.Dとなった場合にゼロとして計算されています。実際の値は、ゼロ以上である可能性があるにもかかわらず、です。アメリカでは、定量下限値以下の値は、定量下限値として計算します。WHOでは、定量下限値×1/2としてTEQを計算します。これは、特に濃度の低いものについて、大きな影響を与えます。母乳、食品、血液、水、大気中ダイオキシン類等の低濃度の測定では、各異性体で、N.Dとなってしまうものが多くなるからです。国際的な値と比べるときに、特に注意が必要です。
    • good
    • 0

(1)分光光度法における検量線の直線領域はAbs0.03~1.0です。


(2)測定誤差が小さい範囲はAbs0.3~0.7です。誤差が最小になるのは0.434
です。これはTwyan-Lothian曲線という透光度と相対誤差のグラフから読み
取れます。分析化学の本に必ず載っていますので、探してみてください。

関連問題で
http://www.exam.or.jp/exam194/exam19402/exam1940 …
を参照してみてください。

参考URL:http://www.exam.or.jp/exam194/exam19402/exam1940 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考にして・・実験をしてみます。
本当に親切にありがとうございましたー
感謝感激です。ありがとうございましたーーーーー

お礼日時:2001/11/27 02:30

ひとつ確認させてください。


定量下限濃度:S(μg/ml)はいくらにしていますか?

ご存知のことですが、
吸光光度分析法においては、検量線上で吸光度0.03に相当する最終試料液の
濃度をSとします。通常の光度計の目盛は透過率100%を吸光度0.透過率0%
を吸光度∞とした目盛になっています。したがって、吸光度0.03は透過率が
93.4%、すなわちメーターのフルスケールの100分の6.6に相当します。
吸光度測定はABS0.03~1.0の範囲で行うことが望ましく、測定の相対誤差
が少ない透過度(%)としては30~70%が望ましいといわれています。

試料の濃度を上げることはできないでのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます・・
っていうか・・定量下限濃度・・わからないっす。
勉強不足です(涙)
ようは試料のABSが0.03以上にならなければ、
検量線下で若干の濃度があったとしても、検出されないってことにしていいってことなんですかねー??

お礼日時:2001/11/26 03:21

こんばんは


どのようなサンプリングの方法で分析を行っているのかが判りませんが
分析の基本は精度の確保できるサンプルを集める事が第一です。
どちらの元素もBLとの差が無く、操作の誤差範囲程度と考えるべき範囲ですね。
セレンはBL値が非常に大きいですね。これだけBLが高いと操作そのものにも問題があるとも思われます。
まず第一に、今までのサンプリング量の10倍くらいの量とすれば感度の面で理想的な所にまでABSが上がります。
次に操作そのものを良く見直して、BLのABSを下げること。
どこまでの分析検出限界とするのかは、「ユーザーがどこまでの濃度を求めているのか、メーカーとしてどこまで保証するのか」と言うことになります。
なお、多忙なときとかは依頼分析を専門にやっている機関(環境計量証明事業所)もありますので、相談してはどうですか。慣れていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのお答えありがとうございます。
どこまでの濃度かによって検出限界がかわってくるのですね。
ってことはやっぱり濃度を濃くしないとだめなんですね・・がんばってみます。ありがとうございましたー

お礼日時:2001/11/26 02:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未経験からERPコンサルタントに?

現在、転職活動中の29歳自営業です。

未経験からITエンジニアになろうか迷っています。

いろいろ求人などの情報を集めている中でこの求人を見つけました。

http://www.it-movin.co.jp/recruit/recruit02/post_101.html

未経験限定のコンサルタント募集らしいです。

なぜ、未経験限定なのでしょうか?未経験から5ヶ月の研修

でコンサルタント業務ができるはずもないと思うのですが・・・・

とても気になります。もし、可能性があるのなら応募してみようかと

思うのですが、知っている方がいれば何かしら情報ください。よろしく

お願いします。

Aベストアンサー

要件に『地頭の良い方』『コンサル適正のある方』といった
客観的判断条件には不適な条件が有るので、研修を受けた結果
ERPコンサルタントになれなくても『地頭』が足りなかったから
『適正』が無かったからしょうがないとして、研修料だけ取られ
ておしまいという事になっても文句は言えない気がします。
私なら受けません。

QICP測定試料ついて

 初歩的な質問です。
ICPの測定において、アルカリ性溶液の試料
は測定できるのでしょうか?
 自分なりにいろいろ検索した結果、硫酸や硝酸
で処理し測定するとしか書かれていなかったので。
 よろしくご教授ください。
また、役立つサイトなどありましたらそちらも
教えてください。

Aベストアンサー

原理的には、問題ありませんが・・・。

 ICPで測定するのは、金属です。
 金属は、アルカリ性では沈澱するものが少なくありません。そこで、酸で溶かして測定するのが普通です。もっとも、極微量ですから、沈澱にならないかもしれませんが、そんな危険を犯す必要もないでしょうし、サンプルの前処理をアルカリ性ですることも理解しかるます。

 沈澱は、測定時にチューブが詰まるという物理的な問題もあります。

Qブランクあり・未経験職種の志望動機

今日、勤務場所や時間・休みが希望通りの求人を見つけました。
応募資格の年齢とパソコンが使えるというのはクリアしているのですが、経理経験者大歓迎とありまして・・・私は経理はやったことがないのです。興味はあり再就職のために勉強しようかと思っていたところではありますが。
それにブランクは6年近くなるし、小さい子供はいるし、そのような場合、どのように志望動機や自己PRを書いたらいいのでしょうか?
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

この時期の経理募集は決算業務を含むような気がしますね。

でも「経験者大歓迎」で未経験者不可ではないようでしたら
正直に「経理はこれから勉強したい。勤務場所などが自分の希望と
一致しているので応募しました」でいいのではないでしょうか?

あとの詳細は企業が判断すると思います。
自己PRは数字を扱う仕事が好きとかコツコツとした業務を経験して
いたなど、経理につながりそうな文面ならよいかと思います。

私は現在経理補助ですが資格を有していません。
経験は10年ほどありますが、ずっと補助です。
でも経理の仕事の募集に応募するさいに「数字の仕事が大好きだからです。」と言い切っていますよ。

QICP発光分析について!!

試験勉強をしているのですがわからないことがあり投稿させてもらいました。ICP発光分析においてKのような励起されやすいものだと感度が悪くなるのはなぜですか??よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

ICPは低レンジの分析に適しているからでは?
検出器の感度が良過ぎるため、レンジオーバー気味になるからではないでしょうか?

Q在宅WEBコンサルタント(補助)/各種調整業務メイン ※未経験OK(採用基準あり)

Indeed ジョブアラート に登録しています。
 会社の求人用Webeサイトですが以下です。
http://jp.indeed.com/cmp/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9netbc-1?from=vjcmpinfo&fromjk=abe88552e1367e53&attributionid=vjcmpinfo

怪しくないでしょうか・・・
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

怪しいんじゃなくて
「結局は飛び込み営業やらないと収入増えないですよ」
っていうシステムでしょ?

「地域密着型『地域代理店』の業務支援が主なお仕事です。」
って書いてあるじゃないですか。
地域って自分の担当する地区ってことで、そこのクライアントって個人事業主とか中小零細企業ですよ。
そういう小規模企業が
「家にいるWEBコンサルタント」に仕事くれないでしょ。
普通は「話があるならこっちにこい」って話だし、最初の営業のとっかかりは訪問でしょ。
クライアントが自分から連絡するっていう下手に出るはずがない。
だから、雇われて仕事を始めると
「お客を探しにいってください」とか
「訪問しなきゃ話を聞いてくれるわけないじゃないですか」とか
「とりあえずの集客で広告チラシをポスティング」とか
そういう仕事をさせられて、1年たったら独立して歩合に変更。

生命保険の仕事と一緒です。
求人広告上の嘘はないけど、真実は何も書いてないです。
家から出ないでできるっつー仕事じゃないよ。
試用期間は最低の基本給しかくれないと思う。

Qヒ素・重金属の試験方法についてお教え下さい

和歌山の毒カレー事件以降食品に含まれるヒ素・重金属等の分析技術が発展したのではないかと思いますが・・簡便で・・正確な・・分析方法を探しております。おしえてください。

Aベストアンサー

>蛍光X線装置があるにはあるのですが、いまいち使いこなせていないのが現状です。

ちょっと気になった点を。
蛍光X線ですと.引火電圧が100kv以下(以上はγ線)で.小型の機械が多く(x線被爆を押さえるために照射装置自体を小さくして.全体を防護する)結果的に.検出精度がかなり低い.と記憶しています。つまり.%(1/100)オーダーかパーミル(1/1000. こちらはよほど条件がよい時に限る)オーダーの含有量がないと検出できません。つまり簡便性は優れていますが.精度がまったく得られません。また.検出限界が高いという問題もあります。数原子層しか届きませんので.表面分析に限られます。このことが結果のばらつきに影響します。和歌山砒素で使われた分析はγ線蛍光分析であり.引火電圧が異なることを考慮して下さい。蛍光x線分光は.1960年代から広く使われた手法であり.最近の方法ではありません。

電子顕微鏡による分光ですと.検出対象が小さくても住むという利点がありますが.濃度は1桁の精度が歩かないか程度になってしまいます。
電子顕微鏡本体が1000マンぐらい.分光器が1000マンぐらいと低価格です。

>環境への配慮から現在採用は考えておりません。
出口(排気)にスクルバーをつけるだけですから.簡単でしょう。硫化水素等を使う機械を見たことがあります。
食品関係で重金属を取り扱うのですから.pptからppbオーダーの内容が主体となるわけで.作業環境の汚染を徹底的に除かなければなりません。いくら固体とは言え.器具の洗浄などが必要であり.廃水処理施設は必須です。すると.スクルバーだけの値段ですので.簡単に導入可能かと思います。
既存の実験室かあるとして.総額1000マンぐらいで簡単に導入可能でしょう。
原子休校あたりがもっとも低価格でそれなりの精度がえられ.ppb程度の分析においては.適正な選択かと思います。

原子休校は.黒鉛炉(フレームレス)を選択してください。フレームですと.試料が50ml程度必要ですから.ppm程度の分析にしか使えません(ジチゾンによる濃縮の関係で)から。
濃く遠路ですと.マイクロシリンジで打つわけで.結構濃縮が容易です。極端な場合.生試料を直接打っても結構高い再現性がえられます。

>蛍光X線装置があるにはあるのですが、いまいち使いこなせていないのが現状です。

ちょっと気になった点を。
蛍光X線ですと.引火電圧が100kv以下(以上はγ線)で.小型の機械が多く(x線被爆を押さえるために照射装置自体を小さくして.全体を防護する)結果的に.検出精度がかなり低い.と記憶しています。つまり.%(1/100)オーダーかパーミル(1/1000. こちらはよほど条件がよい時に限る)オーダーの含有量がないと検出できません。つまり簡便性は優れていますが.精度がまったく得られません。また.検出限界が高いと...続きを読む

QITコンサルタントになりたい

 私はIT業界未経験のなのですが、ITコンサルタントになりたいです。この業界、またくわしいかた、ITコンサルタントになるためにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ITコンサルタントとは、「これ!」と言う定義や仕事の内容も決って
いません。
担当する業界や会社もマチマチです。
どんな技術&知識が必要か? となると、「ITコーディネータ」という資格があり、協会もありますので覗いてみては如何でしょうか?
http://www.itc.or.jp/index.html
ITコーディネータは、「経営方面」に重点を置いていますが、
ITコンサルタントは、「トータルバランス」に重点をおきます。
そのため、ITを導入してどうなるか? や成長を計ることも行わなければなりません。
(使用する人達の利用レベル(技術成熟度とでも言った方がいいかな?))
なので、行き着いた先が「ITコンサルタント」になるのであって、望んで目指すにはちょっと酷かもしれません。

Qヒ素と重金属

食品中のヒ素と重金属が食品衛生法で基準が定められていますが、ヒ素(As2O3として)とヒ素、重金属(Pbとして)と重金属はそれぞれ違うのでしょうか?「~として」と表記があるものは換算値か何かでしょうか?

Aベストアンサー

試験方法で濃度の基準物質として亜ヒ酸と鉛を使うからだと思います。
重金属でしたら、酸性で硫化ナトリウム試液によって呈色する金属性混在物となっていますが、この金属は数種類あると思います。これを鉛を基準とした液と比較して濃度を出すので、(いろいろ金属はあるが鉛と考えた場合に)「鉛としての濃度は~μ/μg以下である」との表現になります。
意味的には#2さんの回答に近いです。

最終的には食品衛生法で「~として」表すと書いてあるからだと思います。最近の原子吸光度法などではどのように表すかは知りません。

Q転職活動中ですが、「ブランク」期間が長くて困っています!!

現在「27歳」で、全くの未経験ですがIT業界(プログラマ)への転職活動中です。

ブランク期間が「約1年」と長いので、かなり不安で焦っています。

ブランク期間中は「日払いのアルバイト」をしながら主に、
「業界研究」
「就職セミナー」
「独学でJavaの勉強」
「短期スクールでPHP」
「自己啓発、経済、経営、心理学などの書籍読書」
などをしてきました。

これまでにまともな面接経験がなく苦手意識があり、実際に面接などはあまりやっていなかったのも問題点ですが、お聞きしたいのは・・・

1、27歳、未経験、ブランク1年でIT業界への転職は可能か?
2、どの様に効率良く行動していけば良いか?

ブランクはありますが勿論、「やる気」「意欲」「入社してやりたいこと」などは強く持っています。

回答者様の経験や価値観で構いませんので是非、御教授お願い致します。

Aベストアンサー

転職エージェントにでも登録してみたらどうですか?
大手で有れば面接の練習や回答のアドヴァイスをしてくれると思います。
雇用のブランク期間については
「IT業界への転職を考え、独学で勉強する為にもうけました。今後はそういうことは予定していません。」
のように前向きに表現できるとそれ程はマイナスにならないのではないかなと思います。

私はIT業界の人間ですが、「自分で勉強が出来る,やる気がある」人は歓迎します。

Q未知試料のFT-IRでの分析

とある会社が作製している未知試料の分析をFT-IRで
できるところまでしてみろと言われて行いました。
その試料は水溶媒に無機の粉末が分散されているゾルで
分散剤として界面活性剤が含まれているようです。
つまり、何種類かの物質が含まれている試料なのですが、
こういう混合物の分析にFT-IRのみでどこまでできるのでしょうか。
実際のスペクトルもノイズも多く、水分のみを蒸発させて粉末状で測定してもピークが鮮明ではありませんでした。
それでも、何とか陰イオン系の界面活性剤かも、程度まで絞り込みました。
しかし、あくまで推定としてピーク解析を行ったので、
上の者には、わたしの力量不足と言われました…。

やはりわたしの力量不足できちんと測定ができなかったのでしょうか?
それともFT-IRの性能としてそこまで分析することはできないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ 再び#2です。

>上司曰く「FT-IRのエキスパートになってほしい」とのことでした。
>今はUV-visの装置が導入されたので、そちらでもエキスパートになってほしいそうです。

すばらしいですね。有望視されているということだと思います。
それならばなおのこと機械の操作、データの見方も重要ですが、サンプルの扱いと分析の予測と計画の立て方を習得することが大切です。
そうなるには、かなりの期間が必要になるかもしれませんし、いろいろ勉強もしなくてはいけませんけども、必ず身に付くことですし、良い仕事をするための自信にもつながります。

今回のIRの件はスタートとしての失敗には最適だったかもしれません。ぜひとも努力してエキスパートになってください。あきらめなければ必ずなれます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報