疑問なのは、エミッタ接地では何故入出力の波形が逆相になるか、ということです。 それと同時になぜ他のコレクタ,ベース接地では入出力の波形が同相のままなのでしょうか?

A 回答 (2件)

エミッタ接地の場合:


入力電圧をプラス側に振らせると、ベース電流が大きくなり、コレクタ電流がより多く流れるので、コレクタ抵抗での電圧降下が大きくなってコレクタ電圧が下がり、出力はマイナス側に振れます。

コレクタ接地の場合:
コレクタ電流が多く流れればエミッタ抵抗の両端の電圧は大きくなり、出力はプラス側に振れます。

ベース接地の場合:
入力電圧をプラス側に振らせると、ベース-エミッタ間の電圧が下がり、ベース電流は少なくなります。するとコレクタ電流は少なくなるので、コレクタ抵抗での電圧降下が少なくなって出力はプラス側に振れます。

(NPNトランジスタで考えています)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 図と式に照らせ合わせながら考えて理解することができました。 回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/15 19:02

簡単にですが。



考え方。
電流帰還バイアス回路に、入力に正弦波を加えたときに0度から90度毎の
IB、VB、IC、VC、IE、VEを360度まで考えると回答が出ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトランジスタによるエミッタ接地増幅回路において

エミッタバイパスコンデンサCeの容量を小さくした場合、
低周波数域で増幅率が下がる理由を教えてください。
できれば式とともに教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答で完璧ですが、別の見方で概念的に理解してみましょう。
まず、エミッタバイパスコンデンサの目的は、バイアス電圧発生用の
エミッタ-アース間の抵抗をバイパスし、エミッタ-アース間の交流
インピーダンスを0に近づけ、負帰還による増幅率低下を抑えること
にあります。
コンデンサが小さすぎると低域での交流インピーダンスが増え、エミッタの抵抗による交流電圧(電圧降下)が発生します。この電圧はベースへの入力電圧を妨げる方向に働き、増幅度が下がるわけです。低周波数ほど増幅度が下がるのは当然です。

Qエミッタ接地の一般性について

トランジスタの3接地回路において、
エミッタ接地が一般的に用いられているのは
その特性がベース、コレクタ接地に対して
平均的であるという理由からだけなのでしょうか?
詳しく説明していただける方お願いします。

Aベストアンサー

NPNということで考えると、エミッタ接地の場合はhfeが高く、増幅回路、スイッチング回路等の構成が簡単に設計できます。
また、一般的にエミッタ接地で使用した時に、素子の耐電圧に対して有利ということもあります。
電源回路ではベース接地タイプ(エミッターフォロー)も多く使われます。

PNPのコレクタ接地は、NPNのエミッタ接地と同等と考えることもできます。

Qアナログ波形とデジタル波形の違い

アナログ波形とデジタル波形の違いを教えてください。詳しくお願いします。

Aベストアンサー

アナログ:時間的に連続、値が連続などの条件を満たす波形
デジタル:時間的、値が不連続(離散的)などの条件を満たす波形
みたいな感じです。よく見る例がPCM(パルス符号変調)です。
#1の方が書いているURLにありますよ。
ただ波形となるとステップ波形とsin波を思い浮かべるといいとおもいます。
デジタルでもっとも注意すべき点は量子化をしてしまうと元の波形に戻せないことです。標本化(サンプリング)の段階では標本化定理により、元の波形に
戻すことができます。(これは数学的に証明されています)
たぶん、ノイズの影響などについては知っていると思うので省略します。

Qベース接地増幅回路

ベース接地増幅回路を直流回路と交流回路で示したいのですがわかりません。それと入出力インピーダンスがどのようになるかどうしてそのようになるか、ベース接地回路がエミッタ接地回路より周波数特性がよいのはなぜかわかりません。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電子回路の基礎の基礎です。直流等価回路はエミッタ接地(最近は「共通回路」の呼び名が使われる)の場合と同じですが、もちろんバイアス形式(自己バイアス、電流帰還 等)により変形する必要があります。交流等価回路はT型で描くのか、π形のhパラメータで表現するのかによってだいぶ変わってきます。π形の場合には基本はhパラメータですから、エミッタ共通回路の場合と形は同じですが、値が違います。たとえば電流増幅率hfeで表されるものはhfbに置き換えられます。
入出力インピーダンスは交流等価回路ができ、それを回路解析して求めるものであり、「そうなる」のはもとの交流等価回路がそのように表現されているからです。交流等価回路の表現を変えれば全く違った式を導出することになります。そういういみではT型なのかπ型なのかというところは重要です。
周波数特性を制限する要因はベースコレクタ間の接合容量が増幅器の負帰還となり、高周波になるほど利得を低下させることと、入力インピーダンスが低下するmuller効果によります。ベース接地では入力がエミッタ、出力がコレクタですから、エミッタコレクタ間の容量は一般に小さいために高域で有利になります。

電子回路の基礎の基礎です。直流等価回路はエミッタ接地(最近は「共通回路」の呼び名が使われる)の場合と同じですが、もちろんバイアス形式(自己バイアス、電流帰還 等)により変形する必要があります。交流等価回路はT型で描くのか、π形のhパラメータで表現するのかによってだいぶ変わってきます。π形の場合には基本はhパラメータですから、エミッタ共通回路の場合と形は同じですが、値が違います。たとえば電流増幅率hfeで表されるものはhfbに置き換えられます。
入出力インピーダンスは交流等価回路ができ...続きを読む

QB種接地とD種接地の電位差について教えてください

接地端子盤にてB種とD種間でAC11V発生しております。
建屋の接地付コンセントのアースとN極間でもAC11V発生しておりました。
B種の接地抵抗値は77.5ΩでB種の漏れ電流は58mAでした。
これで、電圧を計算すると、77.5Ω×58mA=4.495Vとなり、実測値と計算値が
合わない状態で困惑しております。
どなたか、ご知恵を拝借したいと思い投稿しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 >しかし、D種の接地抵抗値の測定値が42Ωなので、
 >6.5V/58mA=112Ωとなっておりましたが、
 >42Ωと112Ωの差はどのように考えればよろしいのでしょうか?
この辺りは、仮定になります。
B種接地工事の極とD種接地工事の極が離れている為、地中内での抵抗があるという事が考えられます。
 B種接地(77.5Ω) ー 地中(70Ω) ー D種接地(42Ω)

若しくは、D種接地の機器取り付けが悪く、適正な接地抵抗値でない事も考えられます。
これは、コンセント側、漏れ電流発生機器側の両方の可能性があります。
 B種接地(77.5Ω) ー 地中 ー D種接地(42Ω) ー 機器(70Ω)

或は、その両方が考えられます。
 B種接地(77.5Ω) ー 地中(60Ω) ー D種接地(42Ω) ー 機器(10Ω)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報