ドメインネームと商標の関係について教えて下さい。

ドメインネームは、基本的には、各コンピュータに割り当てられたインターネット上のいわば「住所」の機能を営むものです。他方、商標は自他商品あるいは役務識別のための標識です。

商標には、出所表示機能を中心に、品質保証機能、広告機能があります。ドメインネームと商標とは、機能的には全く異なるものです。

ところが、ドメインネームは、インターネット上で、情報のありかとユーザーとを結びつける役割を果たし、また、ドメインネーム自体単なる数字の羅列ではなく意味のある言葉が選択できますので、出所表示的な機能をも営んでいると考えられています。

また、副次的に、情報の質に対する顧客の信用に結びつくものでもあるので、品質保証的機能、広告的機能をも有すると考えられています。
 ドメインネームがこのような商標類似の機能を営む結果、両者の抵触という問題が発生するのですが、双方の登録はそれぞれ別個の機関で営まれているため、両者の抵触の問題は、紛争となってはじめて表面化するケースが多いように思います。

名前が似ていても活動範囲が全く違えば誤認混同のおそれがないので、商標権侵害にはならないでしょうか?

ドメインネームは各コンピュータに与えられたインターネット上の「住所」であり、商標は商品あるいは役務に付された標章である、という点で両者の性質は全く異なっています。

たとえば、あり著名会社の会社名をドメインネームに使用すると、商標権侵害になりますか?
また、不正競争防止法も関係あありますか?

国内でおきた事件として、以下の事件がありますが、
この事件の場合、ソニーの銀行参入前なら問題なかったのでしょうか。
http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/arti …

それとも、ドメインに「sony」が含まれていると一切NGでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

他人の商標権を侵害するためには他人の商標と同一または類似の商標を自己の商品またはサービスについて使用することが要件になります。

この「自己の商品またはサービス」を、そのドメイン名に属するページで紹介されている商品やサービスとして捕らえれば、類似の商品に関するページに他人の商標を使用することが商標権を侵害することもありえるでしょう。

でも実際には不正競争防止法が改正されて以下の条文が追加され、他人の商標と類似するドメイン名の取得等が「不正競争」とみなされるようになったので、商標権侵害が問題となることはあまりないような気はします。

不正競争防止法第2条第1項第12号

不正の利益を得る目的で、又は他人に損害を加える目的で、他人の特定商品等表示(人の業務に係る氏名、商号、商標、標章その他の商品又は役務を表示するものをいう。)と同一若しくは類似のドメイン名を使用する権利を取得し、若しくは保有し、又はそのドメイン名を使用する行為

また、ドメイン名を管理するJPNICのほうでドメイン名に関する紛争処理方針が作られた以降は、そこでの紛争解決(ドメイン名の移転・取り消し)が主な解決法になっていますので、そちらで解決される事例もたくさんあります。

http://www.ip-adr.gr.jp/jp_adr/jpdomain_top.html

ソニーくらいの著名商標になると、一部分にのみ含まれる場合でもダメと認定される可能性が高いとは思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同じHPデータを違うドメインで検索にひっかけるのは可能でしょうか??

同じHPデータを違うドメインで検索にひっかけるのは可能でしょうか??

<例>
(1)-------.com  旧ドメイン       検索ひっかかる
(2)-------.jp 新ドメイン(2か月前) 検索ひっかからない
どちらも全く同じHPデータです。


現状は元から登録されていたドメインは検索にかかるのですが、新しいドメインのほうは検索にかかりません。Google.Yahooともにサイトエクスプローラーに登録済みです。

内訳をしるしますと、HPリース会社が倒産してしまい、子会社が受け継ぐということで再度リースを組まされそうになり、それはあり得ないということで、HPデータのみを受け取り、新しいドメインで運営していこうと考えていました。
ただ再度契約しなかったのにも関わらず一向に昔のドメインは削除されず未だに昔のドメインは生きています。現状は昔のドメインに対して費用はかかってないのでいいのですが、いつ削除されるかも分からないので新しいドメインでなるべく早く運用できればいいと思っております。

理解しづらい文章で大変申し訳ありませんが、何卒宜しく願いいたします。

同じHPデータを違うドメインで検索にひっかけるのは可能でしょうか??

<例>
(1)-------.com  旧ドメイン       検索ひっかかる
(2)-------.jp 新ドメイン(2か月前) 検索ひっかからない
どちらも全く同じHPデータです。


現状は元から登録されていたドメインは検索にかかるのですが、新しいドメインのほうは検索にかかりません。Google.Yahooともにサイトエクスプローラーに登録済みです。

内訳をしるしますと、HPリース会社が倒産してしまい、子会社が受け継ぐということで再度リースを組まさ...続きを読む

Aベストアンサー

大変まずいですよ。
.com/.jp の内容が全く同一なら、完全にミラーサイトになってしまいます。ペナルティをくらって.jpはおろか.comのほうも順位を下げられる可能性が高いです。
ミラーサイトは本来はサーバの負荷を減らすためのものですが、SEO対策で同一サイトをいくつも作る例が増えたので検索エンジンに嫌われます。
詳しくは「ミラーサイト 検索エンジン」や 「重複除外」で検索してみてください。

>>ただ再度契約しなかったのにも関わらず一向に昔のドメインは削除されず未だに昔のドメインは生きています。
特に手続きをしない限り、ドメインはサーバの有無に関係なく、ドメインの有効期限までいきています。

.com ドメインの権利はこちらにはないのですか?
別サーバを借りて、.comのDNSを新サーバのものに設定するだけですが…。
または.comの方のHPはどうしても削除できませんか? 新会社に連絡してみてください。

.comの権利もない、HPの削除もできないという場合は、.jpの内容、特にページタイトルやdiscriptionを書き換えて.com とは異なるページにリニューアルすべきです。

私ならペナルティをくらうまえに、とにかく急いで .jpを一旦削除 >> リニューアル >> 公開します。

大変まずいですよ。
.com/.jp の内容が全く同一なら、完全にミラーサイトになってしまいます。ペナルティをくらって.jpはおろか.comのほうも順位を下げられる可能性が高いです。
ミラーサイトは本来はサーバの負荷を減らすためのものですが、SEO対策で同一サイトをいくつも作る例が増えたので検索エンジンに嫌われます。
詳しくは「ミラーサイト 検索エンジン」や 「重複除外」で検索してみてください。

>>ただ再度契約しなかったのにも関わらず一向に昔のドメインは削除されず未だに昔のドメインは生きています...続きを読む

Q法的に抵触するのでしょうか。(商標権)

宜しくお願いします。

現在アパレル店を経営しております。
先日、海外仕入市場にて某ブランドを模作した服がありました。
最初は、よく有るコピー商品だろうと思って冷やかし程度で
よくよく観察しますとブランドタグや象徴的なデザイン等は
一切入っておらず、所謂『型抜き』といわれる人気商品のパターン
(デザイン)
のみをマネて作られたものでコピー商品では無かったのですが、
抵抗があるので仕入は控えました。

しかし帰国後色々調べてみますと、この様な商品は何処にでも氾濫
しており、有名ブランドの人気品が出るや否や、先の様な型抜きで
オーダーをかけるアパレル業者はかなりある様です。
(勿論法に抵触するブランドタグや、柄、プリント等は入れずに)

実際問題、このような見た目は『●●風』または『●●スタイル』と
いうような型抜き商材は法的な抵触は一切ないのでしょうか?
次回仕入れ時には参考に仕入を検討しておりますので
お詳しい方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ブランド品はいわゆる著名な商標として扱われ、すべての商品において、勝手にブランド品のマークを使用するのは禁止されています。これは何となく分かりますよね。

では、ご質問のブランド品のマークの入っていない商品で、かつ形がそっくりな商品は商標法違反となるのかというとなりません。なぜかというと商標が使用されていないので商標云々を話すことができません。

では、法的に抵触するかどうかですが、知的財産法の観点から言うと、意匠権(デザインに関する法律)に触れる可能性があります。例えば、特徴的なデザインをしたバッグを日本で意匠登録していれば、その商品とほとんど同じ形状のバッグは意匠権侵害行為となり、差止めや賠償請求の対象となります。ブランド品は意匠登録している可能性がありますので、注意すべきはむしろ意匠法の侵害行為になるかどうかです。特許庁のHPから登録されている意匠権が出ていますので、そちらで確認されると良いです。

侵害に当たるかどうかですが、意匠法の中では「同一又は類似」の範囲で侵害に当たるかどうかが検討されます。同一形状の商品であることは間違いなく侵害行為ですが、類似形状というのがなかなか難しいところです。類似形状はプロが見て細かいところで食い違っているばかりでなく、一般消費者から見て似ていると思わせるようなものまで含まれていると思ってください。

なお、気になる場合には、その商品が意匠権に侵害していないか仕入先で聞くか、また、仕入先が怪しい場合、マーケティングの段階で、デザインの大本のブランド品業者に問い合わせてください。ブランド品の会社は規模も大きいので、金をかけてでも意匠登録している場合がおおいかもしれません。

ブランド品はいわゆる著名な商標として扱われ、すべての商品において、勝手にブランド品のマークを使用するのは禁止されています。これは何となく分かりますよね。

では、ご質問のブランド品のマークの入っていない商品で、かつ形がそっくりな商品は商標法違反となるのかというとなりません。なぜかというと商標が使用されていないので商標云々を話すことができません。

では、法的に抵触するかどうかですが、知的財産法の観点から言うと、意匠権(デザインに関する法律)に触れる可能性があります。例えば、...続きを読む

Qドメイン検索でプライバシー情報がわかる!?

私は自分のドメインを持っていますが、最近、ドメイン検索をすると、そのドメイン所有者の氏名、住所、電話番号までもが表示されてしまうサイトがあることを知りました。
試しに自分のドメインで検索すると、ドメイン取得時に申請した個人情報が見事に表示されました。
これは仕方のないことなんですか?
別に悪いことに使っているわけではないけれど、やっぱりかなり抵抗があります。
表示されないようにすることは、不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問の回答のNo.3~4が参考になるかもしれません。

No.25017 質問:独自ドメインを取ると重要な個人情報が知られる?

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25017

Q商標表示「AはX社の商標です」と「記載の製品名はX社の商標です」の違い

商標表示「AはX社の商標です」と「記載の製品名はX社の商標です」の違いについて

自分の会社がX社という会社名の場合で、X社がある登録商標(例:AAA)や未登録商標(例:BBB)があったとします。

その場合、商品の包装箱・取扱説明書・カタログ・ホームページなどで、商標表示する際、
よく、次の2通りの表記方法を見かけます。

1)「AAA、BBBはX社の商標または登録商標です。」と表記。
具体的な商標の文字(ここで言うAAAやBBB)を個別に表記。

2)「記載されている製品名またはサービス名はX社の商標または登録商標です。」と表記。
具体的な商標の文字(ここで言うAAAやBBB)を個別、明示的に記載しないで省略し、
上記のように、「A社の商標または登録商標です。」と会社名A社だけを表示した表記。

そこで、教えてください。

1)の方法で表記する場合と、2)の方法で表記する場合とで、何か意義や法律的な効果などで、違いがあるのでしょうか?

商標表示は法律義務ではないのですが、例えば、第三者と争いが生じた場合、
具体的な商標の文字(ここで言うAAAやBBB)を個別、明示的に記載していた方が、
第三者から「商標の未使用」や「一般名詞化されている」などと主張されるのを防御できるとか、
「普通名詞化防止効果が強くなる」、「第三者の使用への注意喚起効果がある」、「不正競争防止法違反が起きたときに第三者に対抗しやすい」など、わざわざ具体的な商標の文字(ここで言うAAAやBBB)を個別、明示的に記載しているのは、何か意義や効果があるのではないかと思っています。

そうではなくて、何も違いや効果がなければ、上記2)の表記方法の方が楽だと思うのですが。。。

以上、宜しくお願い致します。

商標表示「AはX社の商標です」と「記載の製品名はX社の商標です」の違いについて

自分の会社がX社という会社名の場合で、X社がある登録商標(例:AAA)や未登録商標(例:BBB)があったとします。

その場合、商品の包装箱・取扱説明書・カタログ・ホームページなどで、商標表示する際、
よく、次の2通りの表記方法を見かけます。

1)「AAA、BBBはX社の商標または登録商標です。」と表記。
具体的な商標の文字(ここで言うAAAやBBB)を個別に表記。

2)「記載されている製品名また...続きを読む

Aベストアンサー

法的効果はそれぞれの商標の法的効果に帰着しますから、権利留保に関する
文言はどう書いても大差はないと思います。

曖昧さを残さないという点では(1)で、アメリカ流の会社はいちいち挙げ
る事が多い印象があります。
ただ、数が多かったり会社名や商標がころころ変わる場合には(2)にせざ
るを得ないでしょう。

Q【Firefox3.0+XP】Googleで「一発」ドメイン検索する方法について

Firefox3.0をXPで使っています。

調べものでよく、Googleの検索オプション→
ドメインで「go.jp」や「ac.jp」などを
指定して検索しています。
ただ、この指定を毎回やるのはけっこう面倒です。

Googleで、検索語を入力するだけで自動的に
「go.jp」や「ac.jp」などのドメイン検索に
なるようにする方法があれば、どうぞお教えください。

なお、ドメイン指定の手間を省力できれば
ブックマークの設定、検索プラグイン、アドオンなど、
方法は何でもかまいません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>「言語を指定してドメイン検索の代用にする」という
部分がよく分からないのですが、どういうことでしょうか?

言葉通りです。
それで目的が果たせるならと言う意味です。
結果として目的に適わないなら使えないですね。

>そのようにドメイン固定検索とか
できないものなのかなと

現状ではその都度指定するしかないです。

Qサブドメインの商標権について

インテリア関連の家具メーカーです。

現在、amcd.com(例)としてドメインを保有し、会社の名前もABCDとなっていて商標登録もしています。
最近、取扱小売店がセールやバーゲンをやる時に、頭に弊社の名前であるabcdを自社のドメインの前につけて、 abcd.xxx.jp としており、検索をするとトップ画面に出るようになっています。
小売店が保有するドメイン(例で言えばxxx.jp)については何も言うことはないのですが、このように一般的な会社名を頭に付けるサブドメインのやり方を規制する方法はないでしょうか?

直接的な被害はありませんが、検索するとトップに表示されるので、知らないとあたかも弊社がバーゲンセールをしているようで、とても不快であります。

ご教示の程宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

他人が使っているドメイン名の使用に対する請求の方法としては、商標権に基づく請求を行う方法と、不正競争防止法に基づく請求を行なう方法とが考えられます。両方を同時にしても構いません。

ただ、従来、「xxx.jp」や「xxx.co.jp」というドメイン名が「xxx」という商標と同一だということで争われた判例はあるのですが、「abcd.xxx.jp」のサブドメイン部分が「abcd」という商標と同一だということで争われた判例は、聞いたことがありません。

とはいえ、例えば不正競争防止法では、ドメイン名について、「インターネットにおいて、個々の電子計算機を識別するために割り当てられる番号、記号又は文字の組合せに対応する文字、番号、記号その他の符号又はこれらの結合をいう」と定義しており、ドメイン名とサブドメインを区別してるわけではないこと、またURLの部分に表示されるという意味においてはどちらも同じであることから、サブドメイン部分についても請求はできる、と個人的には思います。

Qサイトの引越し(ドメイン変更あり)を予定しています。検索順位を落とさずに引っ越せるでしょうか。

お世話になります。
現在、無料のレンタルスペースで運営しているサイトがあります。
あるキーワードで検索するとGoogleでは1番目に表示されるようになりました。
ドメインはレンタルペースが提供しているサブドメインです。
このサイトを、独自ドメインに変えて自宅のサーバーに持って来たいと考えています。
この引越しを行った場合、検索順位が下がってしまうでしょうか?
また、できるだけ下がらないように独自ドメイン、別サーバーへ引っ越す方法がありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前提として今現在の無料サーバで
301リダイレクトが行えるのか?
次に、現在のドメインに被リンクがどの程度あって、
その被リンクを新しいドメインに引き継ぐ(変更してもらう)事が出来るのか?

グーグルウェブマスターツールでも引っ越し変更設定。
これで、テキスト上の基本的な順位は表面上引き継ぐ事になるが、
新しいドメインの因果関係や順位ポンイントが不明なので、なんとも言えません。
当然、すぐに上位表示される訳ではないし、
(今のまま運営していても上下があるわけだし)
しばらくして上下する場合や数年して今以上に上位になるかもしれませんし・・・
自宅サバが不調なら問題外。
--------------------------
とりあえず、
301リダイレクトを行って、数ヵ月後に解除して新しいドメインへのリンクアンカーで案内を残しておくのが良いでしょう。
更に同じサイトを丸々コピーするのではなく、
折角だからリニューアル&内容充実&ページ数増加とか。

Q商標と登録商標の違い?

商標(TM)と登録商標(R)の違いを教えてください。
よろしくお願い致します。

以上

Aベストアンサー

専門家でないので違うかもしれませんが

TM=商標=Trademark=商標として使用しているが特許庁に商標登録していないもの、もしくは出願中のもの。

R=登録商標=Registered trademark=上記と違い特許庁に登録済みのもの。登録されている商標については柿で検索可能です。

http://www.ipdl.jpo.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm

Qドメインを変更し、再度戻した場合の検索順位への影響

初歩的な質問で申し訳ないのですが、どなた詳しい方、アドバイスをお願いします。

レンタルカートを使用して2年ほど前からオンラインショップを運営しています。

1週間ほど前に、カートのドメイン(shop-pro.jp)から、独自ドメインに変更しましたが、それが原因で検索エンジンでの順位が一気に落ちてしまいました。

今まではある商品名をgoogleで検索すると一番上に表示されていましたが、変更後は2ページ目の2番目になってしまいました。

それに気付き、焦って元のドメインに戻したのですが、順位は相変わらず・・・
今度はgoogleで表示されているURLが独自ドメインの物になっていて、余計にアクセスし辛くなっています。

知識がないまま、「独自ドメインにしたほうが覚えやすいかな?」というノリで変更してしまったのですが、
うかつだった・・・とかなり後悔しています・・・

独自ドメインから元のドメインに戻しましたが、それで以前の順位に戻る、ということはないのでしょうか?
やはり、あきらめて一から順位を上げていくしか方法はないですか?

また、焦って元のドメインに戻しましたが、
検索エンジンには独自ドメインが表示されるようになってしまい、元のドメインになかなか戻りません。再度独自ドメインに変えるべきか、余計なことはせずにこのまま待っているべきか・・・アドバイスをいただけないでしょうか。

どなたか詳しい方、
よろしくお願い致します。

初歩的な質問で申し訳ないのですが、どなた詳しい方、アドバイスをお願いします。

レンタルカートを使用して2年ほど前からオンラインショップを運営しています。

1週間ほど前に、カートのドメイン(shop-pro.jp)から、独自ドメインに変更しましたが、それが原因で検索エンジンでの順位が一気に落ちてしまいました。

今まではある商品名をgoogleで検索すると一番上に表示されていましたが、変更後は2ページ目の2番目になってしまいました。

それに気付き、焦って元のドメインに戻したのですが、順...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも、商用なら独自ドメインが基本なので最初から失敗だった。
よく、経費節減や様子見だからと言って業者のサブドメインを使いますが裏通りで商売始めるようなもの。
引越しはその土地での新規開業と同じで、移転なら張り紙やチラシなどで誘導・案内するでしょう?
ネットも同様に、
本来、引越するならサーバ側で元URLで案内や301転送設定したり、
Googleなら変更設定もするべき。レンタルだから不可か・・・
------------------------
過ぎた話は置いといて、
短期間なら数日の404でも普通は消えないけど。消えたと言う事はかなり経過したので、またまた再登録を何度も繰り返す事になってしまい順位は上がりません。
もう、こうなったら独自ドメインの方向で進むしかないでしょう。
2ページ目の2番って事なら12位でしょ?
気長に運営しましょう。

そんな検索以前に、リピーターや顧客はどうするのでしょうか?

Q商標登録出願中の状態で類似商標を使用している相手に文句を言えるか?

現在、ある言葉を商標登録出願中です。

というのも、その言葉と類字した言葉を、ある会社が無断で使用しはじめたため、急遽、商標を出願致しました。

現状、まだその商標の申請はしたばかりとなりますので、もちろん認められている商標ではありません。しかし、この状況下でも、類似した言葉を使用している会社に対して、苦情を言うことは出来るのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

商標法にこういう規定があります。

第13条の2 商標登録出願人は、商標登録出願をした後に当該出願に係る内容を記載した書面を提示して警告をしたときは、その警告後商標権の設定の登録前に当該出願に係る指定商品又は指定役務について当該出願に係る商標の使用をした者に対し、当該使用により生じた業務上の損失に相当する額の金銭の支払を請求することができる。

つまり、まだ出願中の場合であっても、相手方に出願をした旨警告すれば、その警告のあとに発生した損害について賠償の請求ができる、ということです。

しかし、損害の賠償ができるのは、その出願した商標が実際に登録されてから、です(第2項)。あと、相手が商標を使用している商品・サービスが、その出願された商標においてカバーされていることが当然必要になります。

なお、まだ登録されていませんので、商標の使用の中止を相手方に請求することはできません。あくまで、登録された後に損害賠償請求ができるだけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報