“栄養学”に入ると思うのですが粗タンパクって何でしょか?調べても解らないので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足いたします。



一般での用語の使い方については存じませんが、公衆衛生の中の食品栄養の分野で言うところの粗蛋白の定義は;

ケルダール法(食品では通常、セミミクロケルダール法)によって総窒素量を測定したものから求めるものです。

方法としては(概略を述べますと);
試料を分解フラスコに入れて硫酸、分解促進剤(硫酸銅と硫酸カリウム)、そして、過酸化水素水を加えて加熱分解し、蒸留装置につけて水酸化ナトリウム溶液を加えて発生するアンモニアガスを硫酸に吸収させ、それを水酸化ナトリウムで滴定することで総窒素含有量が求められます。
その結果に窒素係数を乗じたものを粗蛋白量とする
というものです。

ごく一部の脂質(グリセロリン脂質等)や、蛋白の消化分解産物である尿素などにも窒素は含まれていますが、通常は食材に含まれる量としては、さほど多くはないものです。

検索はしておりませんので、URL等は存じませんが、
ケルダール法  総窒素  窒素係数
といったようなキーワードを使われれば見つかるかもしれませんネ(確かめていませんので、適当なキーワードを探してみてください)。

なお、食品栄養の分野では、蛋白・炭水化物・脂質のいずれも食品可食部に対する割合でしめすものですから、乾燥物中の割合では示しません。同じイモでも生と干しイモではまったく含量が異なってくるものです。その状態での含有量を示しますからネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅れてしまってすみませんでした。昨夜必死に調べたのですが、なかなか理解できずに困っていたんです。実はそれなりに急いでいたので本当に助かりました!今回本当に困ってしまって&急ぎだったので『教えてgoo』へ初めて質問させていただいたのですが、親切且つわかりやすい説明をして頂いて本当にありがとうございました(^^)。 

お礼日時:2001/12/02 20:11

 


  ちょっと適切な解説ページが見つからないのですが、わたしが理解するところ、粗タンパクというのは、水分(及び、タンパク付随物質)等を含んだタンパクのことで、或る食品・飼料などの成分表示する時、重量で表現して、%で示されている場合、「粗タンパク」は実際に含まれるタンパク質(体内で消化する時に有効なタンパク)の重量%ではなく、食品・飼料などを完全に乾燥等させた後(または純化した時)、測定したタンパク質の量が、本当のタンパクの量となります。つまり、タンパクが水分等を含んである形になっている場合、これを水分等も含めて、「粗タンパク」と呼ぶようです。粗脂肪分、粗繊維、粗灰分などという言葉も同じような使い方です(窒素なら、脂肪にも窒素は含まれていていますね。また水分表示が別にある場合は、水分は分けているということでしょう)。
 
  以下のURLのなかに、次のような言葉があります。これが上でわたしが述べたことに近い説明です(大きなページですから、「粗タンパク」で検索してみてください):
 
  >なお表示に「粗タンパク」「粗繊維」などと表記されている場合があります。この「粗」というのは粗末と言う意味ではなく、「体内で純粋な形(粗繊維ならばセルロース)に分解利用される前に食物の中に含有される同質類の総量のこと」です。「繊維質」の「質」と同じ意味だと考えてください。
 

参考URL:http://www.netlaputa.ne.jp/~miya-sun/bird2-1.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返事が遅れてしまってすみませんでした。昨夜必死に調べたのですが、なかなか理解できずに困っていたんです。実はそれなりに急いでいたので本当に助かりました!今回本当に困ってしまって&急ぎだったので『教えてgoo』へ初めて質問させていただいたのですが、親切且つわかりやすい説明をして頂いて本当にありがとうございました(^^)。参考のURLの紹介もありがとうございました!自分では見つけられなかったので大変助かりました。

お礼日時:2001/12/02 20:12

食品を分析するとき、窒素を測定します。


そして、その窒素が全て蛋白質に由来すると考え、蛋白質の平均窒素含有量である係数(窒素係数;平均で6.25ですが、食材によって数値は異なります)を掛けたものが粗蛋白量なのです。
この粗蛋白には尿素などの非蛋白性物質もたくさん含有されていますので、一応の目安としての意味だと考えればよいでしょうネ。
公衆衛生の範疇に食品栄養も入っていますので、専門家として
以上kawakawaでした
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高タンパク質・カリウムの食品について教えてください。

父は肝臓がんによる腹水があります。
高たんぱく質・カリウムを含んだ食品をとるように医者から言われています。(入院していますが、食事療法はしてくれていません)カリウムは果物をとるように言われましたが手軽に食べれるバナナがいいのでしょうか?それとカリウムを多く含んだものにはいろいろありますが、海草類を手軽に食べる方法はあるのでしょうか?やはりおしゃぶりこんぶなどは塩分が多いと思うのでやめたほうがいいのでしょうか?それと高たんぱく質のものは何を食べたらよいのでしょうか?同室の人達はスティック状(クッキーみたいな)の栄養補助食品を食べているので、父はそれをほしいと言っていましたが、そのようなものでも良いのでしょうか?質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

大変ですね。
私の母親も特養老人ホームで寝たきりです(介護度5:寝返りも出来ない、意思の疎通も出来ない、食事は胃ロウからの流動食、栄養的にはミネラル分が不足な状態?)。

とりあえず食品について調べて見ました。
下記が参考になるかと思います。

カリウムが多い食品
http://www.big.or.jp/~ryoke/kenko02.htm
http://www.drakahige.com/FAMILY/CHILD/BIRTH/2001/2001092501.shtml

バナナはカリウムが多い果物ですね。
(私の母の場合も特養老人ホーム入所した比較的元気だった頃はよくバナナを持っていってやりました。)

高蛋白質食品
「食品の1点重量」少ない数値の方が高蛋白質です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/hayami.htm

食べる目安になるかと思います。

Q文学・栄養学・住居学・歴史学・環境学を学ばれている方、お願いします。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるということもあるかと思いますが、入学時に明確な目標をもっていたいんです。なんとなく・・・という気持ちであれば進学しようとは思っていません。
今のところ、上で挙げた分野に「これが一番・・・」という順位はありません。私はまだ受験生ではないので決断までに時間はあるのですが、時間いっぱい悩んで決めたいです。
上で挙げた学問を実際に学ばれている方に、質問したいのです。その分野に興味をもったきっかけ、実際に大学で学んでみて想像と違ったこと、卒業後どうしようと考えているか、等なんでも良いので可能な範囲で聞かせて下さい。ぜひ、参考にさせて頂きたいと思います。

現在高校生なのですが、大学に進学をするのかまだ決めかねています。自分なりに調べて興味を感じる分野は、文学(小説を読むことが好きなので)、栄養学(料理をするにあたって栄養学には前々から興味があったので)、住居学(建築学ではなく、女性視点の住居の見方というのに興味を感じたので)、歴史学(昔から歴史が好きなので)、環境学(環境問題に関心があるので)があります。
もしも、大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。在学中に何か他のものが見つかるという...続きを読む

Aベストアンサー

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ文学部に進学しました。本当は密教学科に行きたかった…。

そんな感じで進学しました。なので興味もへったくれもありません。ただ、はいるからには勉強に心身捧げるつもりでした。それは今も変わっていません。
今は文学をやっていますが、大学に入って一番驚いたのは、(どの学部も同じだと思いますが)最先端の研究に触れられます。特に文学は、今まで国語として習ってきたものが如何に古くさい知識だったかを痛感します。歴史もそうですよ。全然やることが違うんです。そして、その道の専門の先生が(私の大学は、教員に関しては文句の付け所のそれほどない学校でした)、教えてくれる最先端の研究はどれもあまりに真新しく、斬新で、一年生の時は毎日が驚きと感動であふれていたように思います。
これは決して高校時代には味わえない経験です。ただ、それなりの教授がいなければならないですが…。

卒業後は修士に進学しました。私は家も裕福で、親も就職して欲しいとは思っていないので、お言葉に甘えて博士まで進学するつもりです。

ですが、「大学に進学するのであれば将来の就職に関係する学部にいきたいと考えています。」ということならば、文学・歴史はおすすめしません。就活に何ら有利になる学部ではないからです。
でも、好きなことをするには、これ以上の学部はないと私は思っています。
あなたが知らなかったことがどんどんどんどん判りますよ。その興奮は、筆舌に尽くしがたいものがあります!

文学を専攻していました。現在も研究中です。
高校三年まではまったく勉強せず、大学もお金の無駄だと思って行くつもりがなかったのですが、行きたい大学があり受験を決めました。ただしその際に親から私立ならここらへん、あと国公立も必ず受けるように、と指示されしぶしぶ従い、予備校に1年通ったもののまともな勉強は2ヶ月程度しかせず最悪なことに志望校以外も全部受かってしまい、親から「頼むから、●●大に行ってくれ」と言われ、がーん…と思いつつも学費を出すのは親なので…泣く泣く第一志望をあきらめ...続きを読む

Qタンパク質の食品以外での使用。

タンパク質を食品以外に使用されている例がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、化学工業品、繊維製品の製造等いろいろな分野で用いられています。
 直接製品に入っているものでいえば、洗濯洗剤(酵素パワーの○○といったのがありますね。これにはプロテアーゼ、セルラーゼ等の酵素が入っています。)
 医薬品でいえば、点眼薬などに用いられる塩化リゾチームなども有名です。パパインなどのタンパク質分解酵素を含んだ洗顔料もありますね。
3 その他
 牛乳に含まれるカゼインというタンパク質に酸を加えると、カゼインプラスチックといって象牙に似たものができます。実は白い三文判の原料はこれです。
 また、大豆タンパク質から生分解性プラスチックを作るといった研究も行われています。
3 
 

 タンパク質を食品以外の用途に用いるケースを3つに分けて説明します。
1 生物体の一部又はその生成物を利用する。
 生糸(カイコが作るタンパク質です。)、羊毛等の獣毛、膠(にかわ)(接着剤としてかつて使用されていましたが、現在でも書道用墨の製造、日本画の下地に使われています。)
 まあ、ぶっちゃけた話、人毛製の鬘(かつら)や毛皮、輸血用の血液などだってタンパク質なんですけどね。
2 酵素を利用する。
 酵素は、タンパク質です。こちらは、食品加工だけでなく、医薬品、化粧品、...続きを読む

Q栄養学・食品学の大学院受験について

栄養学、食品学勉強のため、大学院進学を考えています。
ただ、私は大学は文学部卒業のため、この大学卒業資格で
栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかが
わかりません。

ネットでも調べてみましたが、上手く情報を得ることが
できませんでした。

栄養・食品学関係の大学院を受験するために
必要な資格、また受験科目、内容などについて
何かご存知の方、ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、大学院は、何かを教えてもらうところではありません。すなわち、いわゆる勉強するため、ではありません。
 授業もありますが、単位数は少なく、私だけではないと思いませんが、きちんと時間どおり授業をしているかどうか。授業にでると、その時間は実験出来ないので、出席は最低に絞る院生が普通です。
 すなわち、院生は、研究する。教科書に書いていない新しいことを見つける、これに尽きます。このために、実験するのが普通です。実験するためには、さまざまな技術が必要になります。そうすると、文系からでは困難かもしれません。
 受験は拒否できませんが、面接時に技術的なこと、たとえば「青色の液体の測定波長は」と訊けば、文系はアウトでしょう。『こんな基礎を知らないのでは、実験は無理』と判定されます。
2つ目は、院に合格ではない、ということです。
 院は、研究する場です。しかし、研究室(講座)によって研究テーマが違います。隣の研究室どころか、同じ研究室の教授と準教授で異なることも普通です(仲が悪いのも普通です)。ですから、どの教員に付くかによって、全然違います。よって、院に合格ではなく、その研究室に合格(合格後に、誰に付くかを決めるのが普通)なのです。
 大学ではなく、研究室名まで決めて受験して下さい。ただ、教員は奇人・変人の世界ですから、私は、研究内容ではなく、「人柄で決めろ」と言っています。

 あなたの立場は、「日本語は読めないが、源氏物語の研究をしたい」と言っているようなものです。このような人を引き受ける教授がいるとは思えないのですが。

 勉強したいのか、何か新しいことをみつける研究をしたいのか。研究、というのなら、続きを書きます。文科系からでも、なんとか研究も不可能ではない分野もあるからです。狭い道ならあります。 
 勉強なら、教科書を読めばよい、図書館にでも行けば、いくらでもあるかと。なんせ、ひたすら読み上げるだけの人もいますので。
 
 

栄養系の学部で働いています。
 何か『勉強をしたい』感じを受け、院の匂いを感じないのですが、とりあえず。

>栄養・食品関係の大学院を受験できるのかどうかがわかりません。
日本の大学院は、大学卒であれば、受験資格はあります。卒業した学部は、問われません。

>受験科目、内容などについて
受験科目は、英語と専門科目、そして面接が一般的です。こればかりは、勝手に定めることができるので、問い合わせるしかありません。

 さて、大学と大学院には、大きな違いが2つあります。
1つは、...続きを読む

Qタンパク質の食品を教えてください。

タンパク質の食品を教えてください。

Aベストアンサー

お肉、お魚、大豆類です。

Q進路ですごく悩んでます。。(英語学、栄養学、歯科衛生士)

2回目の書き込みで申し訳ないです><
今、高3の女です☆進路にとても悩んでます・・・
前回の書き込みでは栄養系についてアドバイスもらいました!職について悩んでいるんですが、
3つ興味があるものがあります。

(1)英語系 ・英語系を学んで将来空港グランドスタッフに憧れています。
(2)栄養学 ・食にはとても関心があるので気になります。栄養学にすすむ場合管理栄養士になりたいです!
(3)歯科衛生士 ・親が歯医者なので歯学に興味があります!手伝いたいともおもいます。

どれも興味があるんですが、資格もとれて将来ずっと続くのはどの職なんでしょうか?あとお給料の方はどれが一番高いのでしょうか?(英語学か栄養学の)4年制大学をでるか、短大をでて歯科衛生士になるかどれがいいのでしょうか?アドバイスお願いします!本当になやんでます!

Aベストアンサー

 今後、いろいろな意味で重要になってくるのは栄養系です。特に、学校教員でも栄養教諭という先生の配置をするので、栄養士・調理師・フードスペシャリスト・高校理科教諭・家庭科教諭・栄養教諭などのダブル・トリプルライセンスを取得して民間の食品会社や市区町村の給食センターや学校などで勤務することも可能です。

 特に、栄養系の資格は実務と直結してくるのでつぶしが利く資格ではないかと思います。できれば、複数資格取れる栄養系の短期大学に入学してその後4年制大学の農学系・家政系・栄養系・生活系の学部をもつ大学に編入して、大学でしかとれない教員免許や食品衛生管理者・食品衛生責任者資格などの資格や管理栄養士受験資格を手にする人も多くいます。栄養系を目指すなら短大→大学編入のコースがベストだと思います。調理師やフードスペシャリストは大学よりも短大のほうが養成課程が整っているためです。

 歯科衛生士に関しては、専門学校に入学して歯科衛生士や医療事務などの資格を取得して就職するというケースがほとんどですが、結婚した場合に退職する人が、多いのでそのときに新しいスタッフを雇うという傾向があるようです。また、歯科医院も飽和状態になってきているので、ニーズ的にはこれ以上増えるということはないと思います。歯科医院の生き残りをかけて他と差別化する必要があるかもしれません。

 英語に関してですが英語をいかせる仕事として、キャビンアテンダント(スチュワーデス)・ツアーコンダクター(旅行会社)・ホテル業界などがあると思います。これらの職種を目指すのであれば、外国語学部・国際関係学部・観光学部が良いと思います。語学力が必要になってくるので、TOEICなどのビジネス系英語のスキルアップを図る必要があります。また、それ以外に、旅行管理者(国内・一般)などの資格を取得しておくと就職活動時にアピールにつながると思います。これらの資格は、大学のほかの学部でもチャレンジすることができるので、外国語・国際関係学部以外には経済系学部の人でも就職している人もいます。

 ただ、この業界は人気があるので就職試験の選考にもれた場合に、他の業種へ受験することが充分に考えられるのでそこが注意です。栄養士・調理師や歯科衛生士などように、資格取得=就職に結びつきが少なくなってくるのでそこのところも考えておくことが必要です。ずっと仕事を続けていく職人のようなスキルがつくのは、栄養系です。公務員(保健所)・教員(中高教諭理科・家庭科)・病院(栄養士)・民間企業(研究・調理スタッフ)など資格を生かして様々な分野へチャレンジできる一方で、普通の民間企業の就職試験などにもチャレンジできるアドバンテージがあるのでそういった面でも栄養系の学校をお勧めしたいです。あと、リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。各学校に在籍している人の情報や学校データなど載っているので参考にしてみてください。

 何らかの参考になれば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 今後、いろいろな意味で重要になってくるのは栄養系です。特に、学校教員でも栄養教諭という先生の配置をするので、栄養士・調理師・フードスペシャリスト・高校理科教諭・家庭科教諭・栄養教諭などのダブル・トリプルライセンスを取得して民間の食品会社や市区町村の給食センターや学校などで勤務することも可能です。

 特に、栄養系の資格は実務と直結してくるのでつぶしが利く資格ではないかと思います。できれば、複数資格取れる栄養系の短期大学に入学してその後4年制大学の農学系・家政系・栄養系・生...続きを読む

Q食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加

食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加熱分解し、硫酸アンモニウム(弱塩基塩)とした後、強塩基を反応させ弱塩基のアンモニアを遊離させ過剰の硫酸で捕集し、
逆滴定で全窒素量を算出して粗タンパク質含有量を求めますが、アンモニアを遊離させるおり、パルナス・ワグナー蒸留装置を使い水蒸気蒸留によって丸底フラスコから水蒸気が発生、そして硫酸アンモニウム+強塩基の入っている蒸留管へ水蒸気が入り、アンモニアが発生して所定量の入った硫酸の受器へ水蒸気と共に冷却され捕集されます。水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、食品中の粗タンパク質含有量を求めるには水蒸気蒸留装置を組まないで、フラスコ、試験管に硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して生じるアンモニアを過剰の硫酸で捕集してはいけないのでしょうか、アンモニアの受器への流れなども関係があるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

>水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、

→アンモニアは逆に水に大変溶解しやすい物です。発生したアンモニアを確実に受器まで送るため、水蒸気蒸留します。

>硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して
質問者さんの方法がよくわかりませんが、ケルダール法だと分解液中に水も含まれていますので、直接加熱してアンモニアを完全に捕集しようとすると、溶液を乾固することになりませんか。

Q“~と”、“~だら”、“~なら”

“~と”、“~だら”、“~なら”の前にそれぞれ動詞の基本形と過去形を使って,条件を表すですが、この三つ助詞はどこは違うですか?
 日本語を勉強してる私に教えて下さい。

Aベストアンサー

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意味が強いからです。
次に
学校に行くと、ご飯を食べなさい。(非文)
学校に行ったら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
学校に行くなら、ご飯を食べなさい。行く前に食べろ
学校に行ったなら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
‘と’の後ろには命令形がきません。たら、過去+ならの場合は前文の行動の後に後文の行動を命令し、基本形+ならの場合は前文の行動の前に後文の行動を命令します。‘と’は仮定よりも条件(時間的前提)の意味が強いからです。
 最後に
お金を入れると、ジュースが出てくる
お金を入れたら、ジュースが出てくる
お金を入れるなら、ジュースが出てくる
お金を入れたなら、ジュースが出てくる
は、すべて同じ意味と考えてもさしつかえありませんが、ニュアンスの違いがそれぞれの助詞の意味の違いによって感じられます。

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意...続きを読む

Q食品中のタンパク質量の求め方

食品中に含まれるタンパク質量を求める方法を探しています。
ケルダール法以外の方法を知っていましたら、教えてください。
また、ミクロ法、セミミクロ法の違いを教えてくださるとうれしいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> ケルダール法以外
ビュウレット法とか.アミノ酸分析とか.

> ミクロ法、セミミクロ法の違い
試料量の違い(にあわせた最適化).

Q栄養療法を学ぶには

下記の本を読んで、栄養療法について興味を持つようになりました。
http://www.amazon.co.jp/体内から若返るアンチエイジング-125歳まで元気に生きる-満尾-正/dp/4093875693/sr=8-1/qid=1167835436/ref=sr_1_1/250-8313372-2521860?ie=UTF8&s=books

http://www.amazon.co.jp/医者がすすめるビタミン外来-佐藤-務/dp/4828408967/sr=1-1/qid=1167835576/ref=sr_1_1/250-8313372-2521860?ie=UTF8&s=books

もともと米国製サプリ(マルチビタミン・ミネラルなど)を個人輸入していることもあり、栄養と健康に関心があります。
一般人が栄養療法について学ぶには、どのような勉強をしたらいいのでしょうか?

自分でネットを検索する限りでは、分子整合栄養医学の分野になると思うのですが、日本ではまだあまり聞かない領域らしく、これといった情報がみつけられません。

Aベストアンサー

健康カテのほうで回答できるかもしれない回答者さんがいらっしゃるので、そちらで再質問なさってはいかがでしょうか。

あと、下記HPの「MCニュース」という項目はご参考になるかと思います。
http://mariyaclinic.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報