私はホームページの制作の会社を設立したばかりです。制作を依頼されたので契約書を作成しました。
場所が遠かったので、クライアントに契約書を2通お送りしました。そして、2通とも署名捺印をして頂いて、私に送り返して頂くように伝えました。
送られてきた契約書2通ともに、住所の欄、名前の欄にも、「会社のゴム印」が押されていました。印鑑も実印ではなく「角印」でした。そして「割印」はありませんでした。
今度は私が署名捺印し、1通をまたクライアントにお送りするのですが、「直筆でなく実印もない契約書」で有効なのですか?
私だけが直筆で署名し、実印で押印し、割印をすればきちんとした契約書になるのですか?
すみませんが、どなたか分かる方教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

勤務先の場合、丸印は社長印のみ、事業部長印は角印となっています。


なので、基本的に契約書印は丸印で押印しています。
丸印押印を求められるのが普通なので。
会社名等はゴム印です。

但し、相手先が事業部長等である場合、責任者レベルを相手と合わせて角印を押印する場合もあります。
又、手続の都合上相手が角印を承諾した場合や、丸印押すほどの必要性がないと事業部で判断し場合も角印を押印している場合があります。

どちらにしろ契約書が物を言うときはトラブルの時ですから、相手の会社が通常その押印をしているならそれで問題ないと思います。

この回答への補足

ありがとうございます。
契約の相手方がどのような人か、それによっても印鑑の種類が違うのですね。勉強になります。

日本は印鑑社会なので、「会社の代表印」さえ押印されていれば、署名を「代表の直筆のサイン」でなくて「代表の名前のゴム印」でも構わないのですか?

補足日時:2005/11/18 15:21
    • good
    • 2

No2です。



>日本は印鑑社会なので、「会社の代表印」さえ押印されていれば、署名を「代表の直筆のサイン」でなくて「代表の名前のゴム印」でも構わないのですか?

その会社が通常どうしているか次第です。
最近は社名・代表者名等ワープロ打ちで判だけ押すってパターン多いです。 でも問題ないはずです。
会社として認めた書類なので丸印押されていますし、その手続はどの会社も普通社内でしてありますから。
おまけに社内で使う丸印角印は社内で登録されていますし、責任レベルも明確に決まっているはずですよ。

要は会社として認めていない書類を代表者印(丸印)押すかって言う問題です。
貴方は自分が認めていない書類に代表者印押すんですか? 押すとしたらそっちの方が問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

代表者印があれば、署名でなくても良いのですね。
良く分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/19 04:37

記名捺印については、#1の方、#2の方がおっしゃっている通り、契約が無効であるとはいえません。


割印については、改ざんを防ぐ目的であるため、相手のものが無くても、こちらが割印をしていれば一応の目的は達成されます。
但し、トラブルのときに、相手の割印がないと「こちら(millehさん)が改ざんしていない」と証明するのがちょっと言いにくくなると思います。
でも、ここが問題になることはないでしょう。相手も同じ者をもってるので。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですね、同じものを持っているので私の方だけでも割印をしていればまず大丈夫ですね。
契約書は無効ではないけれど、問題が起きたときには安全性が低い契約書なので、これからは相手先にお送りするときにまず、契約書に付箋で注意書きを添えることにします。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/11/18 16:01

代表者の丸印(実印)でなくて角印だから「契約書」として無効ということはありません。

有効です。
ただし、何かがあって相手が「その印鑑は自分のものではない」と言い始める(契約書を否定し始める)と、やはり問題は生じます。
これは、代表者や担当者の「認印」の場合も同じことです。
「有効・無効」ということと、法的な問題になった時の「安全性」という問題は厳密に言うと異なります。

もちろん、「実印」を押してもらうに越したことはありませんが、慣習的に「角印」で済ましているようなケースもあると思います。
要は、相手が信頼できるかどうか、また、その契約からこうむるリスクの大きさで、許容したり、原則論に固執したりしているのが現実だと思います。

私があなたなら、相手が信頼できて支払い条件等のリスクが小さい場合は、事を荒立てずそのままにしますが、心配な案件であれば、実印での契約を申し入れますね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

契約書は有効、しかし、トラブルがあったときには安全性が低いのですね。もう一度書き直して頂くには相手さんの機嫌を損なう可能性がありますね。今回はこれで契約することにし、次回からのクライアントには実印での契約をお願いすることにします。
「土地の売買契約」のような大きな契約ではないのでそれほど神経質になるようなことではないのですが、100万円以上の契約が多いので心配になりました。
教えて頂き本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/11/18 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀行の届出印を実印にするのはおかしいですか?やはり、特別な銀行印を作って、それを届出印にするべきでしょうか?

銀行や、郵便局で口座を開設する際に、印鑑が必要ですが、
その印鑑を実印にするのはおかしいでしょうか?
やはり、銀行印を特別に作成して、運用するのが得策でしょうか?
印鑑の数を極力減らしたいもので、できれば実印を登録印に
しようかと思うのですが、そのあたりの機微についてよくわからない
者ですから、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

銀行印(郵便局口座用印)を実印にするのは好ましくないと思います。
実印の使用は印鑑登録、印鑑証明(不動産購入、保証人)など一生で数回しかありません。(大切に保管)
銀行印などは金融機関での亡失届け、改印届け、住所変更など以外に、普通の印鑑として使用する場合が多く、年に数回、一生では数十回と実印と比較すると使用頻度が違います。(ある程度の保管・・・改印も簡単)
認印(銀行印として登録すれば銀行印として認められる)の使用頻度は一生に数百回。

Q契約書の署名捺印について

建築工事の請負契約書について質問です。
以前から契約書をPCにて作成しているのですが、契約者と請負者の住所、氏名は直筆でないと契約の効力がないのでしょうか?
契約者、請負者の住所・氏名はあらかじめ入力して、捺印のみという契約書は有効になりますか?
また、収入印紙の割り印は双方が押印していないといけないものなのですか?
基本的な事なのですが、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

下記は国税庁のHPに記載されている「印紙の消印の方法」です。
一般的に常識とされていることが誤りであることがよくあります。
こちらをごらん頂き、「正しい消印の仕方」をご確認下さい。

また、契約書へ当事者の記載は記名押印で足ります。
住所氏名をタイプしておき印鑑を押すだけでも有効です。
但し、後日のために署名をしてもらう方がいいでしょう。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/shitsugi/inshi/06/03.htm

Q契約書の署名・捺印について

初歩的な間違いをしてしまいました。
こんな時はどうしたら良いか、アドバイスをお願いします。

契約書の署名欄の2枚の内、1枚目の署名を間違えてしまいました。
1、ゴム印が二重になってしまった。
2、住所→会社名→代表名となるところを会社名→住所→電話番号→代表名と押してしまった。

2枚の内、1枚だけは間違いないのですが、契約書を取り交わす際に
郵送で送られてきたものは、1枚は自社で保管して1枚のみ返送すればよいのでしょうか?
この場合、誤った方の契約書を手元に保管してしまうのでは
いけない事なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

*見栄えの問題ですので
 規約書事態の効力等は何ら問題ありません
 
 しかし、見栄えが悪いので間違えた部分を
 二重線か×点で消し(上から訂正印)
 余白にもう一度押しなおす
 私もやったことがありますよ

Q懲戒処分での減給を、雇用契約書を再作成して、署名捺印させる事は合法?

社内から、病欠が3日有った。作業指示に従わない。との理由で懲戒処分だと、基本給を減額した形の雇用契約書を出され署名捺印するように言われました。会社は法人化して一年足らずで、社内規約は有りません。労働問題に詳しい人がおられたらアドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

まずは、労働条件の変更(賃下げを含む)については、新規の労働契約内容が労働関係法規等またはその他の法令に違反していない限り、当事者同士が合意すれば有効です。
ということで、新たな雇用契約書を出して署名捺印を求めること自体は何ら問題はありません。

それで会社側の新たな雇用契約に無条件に合意する義務があるかどうかについては、
その契約内容の変更の程度にも拠ります。
基本的には、雇用者には従業員の能力や資質に応じて賃金を見直すことなどを含む人事権があります。
ただし、この人事権の行使には雇用者側に一定の合理性が必要です。
(一定の合理性とは、雇用者側に合理的な理由ということです。決して雇用者側に不利益があるから全て無効ということではありません。)

したがって、ご質問のケースでいえば質問者さんの能力や勤務態度などに比して高すぎた給与や身分を是正するということであり、かつその範囲が社会通念上許容される程度であれば有効と思います。
もちろん、雇用契約は双方の合意に基づくものですから、質問者さんは署名捺印を拒否することも可能ですが、その場合に解雇ということも十分に考えられます。

まずは、労働条件の変更(賃下げを含む)については、新規の労働契約内容が労働関係法規等またはその他の法令に違反していない限り、当事者同士が合意すれば有効です。
ということで、新たな雇用契約書を出して署名捺印を求めること自体は何ら問題はありません。

それで会社側の新たな雇用契約に無条件に合意する義務があるかどうかについては、
その契約内容の変更の程度にも拠ります。
基本的には、雇用者には従業員の能力や資質に応じて賃金を見直すことなどを含む人事権があります。
ただし、この人事...続きを読む

Q2社間、署名入り契約書と署名なし契約書

弊社と代理店契約(2社間署名済み、弊社フォーマット)を締結している企業から、弊社への注文時に「契約条項」という書類が注文書と一緒に勝手に送られてきます。
なお2社間でもともと署名している代理店契約書には「すべての契約を優先する」との記載があります。

この場合、
1) 署名欄がない「契約条項」は、受領と同時にその契約が有効となりますか?
   (2重契約となりますか?)
2) 署名済みである上記「代理店契約」のみが優先されますか?

ご教授いただきたく、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本契約が締結されており、個別契約時に注文書と共に契約条項が送付されて届
くため、どちらの条項が有効かということですね。

注文者は、勝手に送ってくる契約条項で注文したいという意思表示でしょうから、
その条項でいいなら受注すればいいだけです。
質問者が基本契約条項でなければ受注できないのなら、その旨伝えればいいこと
ですが。

どちらが優先かと言えば、発注者は個別注文時の契約条項でしょうし、質問者は
基本契約条項を主張するでしょう。
要するに、訴訟で決着することになりますが、その前に、発注者に問い合わせれ
ば済むことです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報