関係者にお聞きしたいのですが、飛行機の機内食から出た残飯捨てる際に、まだ未開封の紙パック入りのジュースや食品とか、まだ袋から出していないプラスチックのフォークやスプーンその他、まだ使えそうなものいろいろ平気で捨てているそうです。どうしてそんなもったいない事するのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すみません、私も関係者ではありませんので推測の域を出ませんが、メーカーで働いている一員として。

。。
みなさん衛生面を書かれていますが、経済的側面も大きいのではと思います。用は分別、再利用、管理するコストを考えると廃棄した方が安いと言うことが挙げられると思います。

使えそうな物が平気で捨てられることはそう珍しいことではありません。
新商品が出ると、旧商品は売れずに倉庫に在庫にたまります。おいておくとコストがかかるため、捨てます。
スーパーの商品では賞味期限が一日でも遅い物が売れるために、賞味期限内でも古い物は売れ残り廃棄されます。

これらは“もったいない”という感情論以前に働いている従業員をやしなうためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リサイクルや管理したりするのが、そんなに高くつくんですか。それで捨てられる訳ですね。でもやっぱりもったいないです。

お礼日時:2001/12/05 01:23

関係者ではないので推測なのですが、航空会社は、ケータリングサービス会社から、ワゴンごと(食事、ジュース、食器がすべてひと揃い入っている)買っているので、もし、フォークなどが余っても、次のワゴンにはひと揃い入ってくるので、必要ないのではないでしょうか。


じゃ、それをサービス会社にもどせばいいじゃないかと思われるかもしれませんが、通常だったらもどってきたものはすべて廃棄すればいいところ、別の荷物(リサイクル用のワゴンor箱)を用意しなければならないことと、そのための人材を確保しなければならないことが不経済なのではないでしょうか。
要するに、少量の商品をリサイクルする利益よりもリサイクル可能品をリサイクルするための人件費のほうが高いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん。リサイクルする方が高くつくんですか。でも、もったいいないです。

お礼日時:2001/12/05 01:15

私も直接の関係者ではありませんが。



以前の事情はわかりませんが、確かに一旦ゴミとして扱ったあとでも、多くの航空会社(の下請けケータリング会社)では、分別回収や再利用をすすめています。
エコノミークラスではまれですが、ビジネスクラスなどでは食器も陶器や金属製のフォークなどが使われます。これらは当然リサイクルされます。

ただし、食品については、紙パックのジュースでも、一旦乗客に提供した以上、廃棄されます。これはエアラインに限らず、例えば一般の食堂でも一度客に出したものは何であれ廃棄するのではないでしょうか。

あと、国際線のエアラインなどは異なった国同士を結ぶ為に、検疫や衛生の観点で特に気を遣っているそうです。
ついでですが、乗客の心理的な面も想像してみてください。完全包装されたものでも、一旦他の乗客に提供されたものが、余ったからといって自分に回ってくるのは気分も気持ちも良いものではないと思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ジュースも乗客個人に出すものではなくて、業務用の1L,2Lサイズのものだそうです。
それに、パセリとか再利用してるところあるって聞きました。まあ、ごくわずかののレストランや食堂かとおもいますけど。

お礼日時:2001/12/03 18:09

RYOGAさん、こんにちは。



関係者ではありませんが、多分、衛生管理の問題だと思いますよ。
一度お客さまの手元に渡った物は、たとえ未開封に見えても
中には、悪い人がいて、細工(毒物など)をしてあるかもしれませんし、

事故が起こる事を避けて、細心の注意を払っているのだと思います。
RYOGAさんは、細工してなくても一度他人の席に出された物を自分に出されたら気持ち悪くないですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

乗客にに出されたものではないそうです。フォーク、スプーンが20本位束になって袋に入って未開封みたいです。

お礼日時:2001/12/03 17:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング