人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

基本情報技術者の試験では伝送手順として、ベーシック手順やHDLC手順について勉強しますが、それが具体的にどんなところで使われているのかの説明が参考書などには書いてありません。

現在一般的なTCP/IPのネットワークにおいて、どんな風に活用されているのかを紹介した書籍やWebページを紹介いただけたらということですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

TCP/IP ということで言えば、PPP のフレームは、HDLC のフレームで送信することが多いですね。



ただし、HDLC の Address フィールドは「0xFF (All Station Address)」、Control フィールドは「0x03 (Unnumbered Information)」の固定値になります。

Address フィールドが All Station になっているのは、もともと HDLC が主従のある半二重通信のプロトコルなのに対して、PPP は全二重通信のプロトコルであるため、All Station 以外の特定のアドレスを設定できないという背景があります。

また、Control フィールドが Unnumberd Information になっているのは、HDLC の余計な機能 (シーケンス番号や、モード等) を使用する必要がないためです。

詳細は RFC1662「PPP in HDLC-like Framing」(参考URL) をご参照ください。

# ちなみに、TCP/IP と言った場合、OSI でいうところのネットワーク層以上の
# ことだけではないですよね。
# IP の下位層 (データリンク層+物理層) である Ethernet や FDDI も
# 含めて「TCP/IP プロトコルスイート」と呼びますよね。
# そういう意味では、PPP も TCP/IP のプロトコルの一つです。

参考URL:http://rfc.net/rfc1662.html
    • good
    • 0

ベーシック手順は、企業間のEDI(電子データ交換インターフェース)で利用されています。

全銀ベーシック手順、JCAベーシック手順などがそうです。

HDLCは、他の人の言うとおりですね。

TCP/IPとは両方ともあんまり関係ないということですね。
    • good
    • 0

HDLCはHigh-level Data Link Control procedureの略、つまりデータリンク層=2層レベルのプロトコルなので、TCP/IP(3層以上)とは別の次元の話になります。



少し前までは専用線などで使われていましたが、最近は大抵PPPでつないでしまいますので、見ることも少なくなりました。
    • good
    • 0

HDLCは、専用回線や専用端末で使われていますね。


一般回線ではあまり使わないので、目に付かないだけでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDLCってなんでしょうか?

HDLCとPPPの関係がよくわからなくて困ってます。
HDLCが上位層のプロトコルを識別できないので識別できる
PPP等でカプセル化をすると解釈しているのですが
「じゃあHDLCって何のためにあるんだろ?
PPPだけじゃだめなのかな」という疑問がわきました。

どなたか分かる方いらっしゃいましたら分かりやすく説明
していただけたらと思います。
質問の内容の中で間違っているところがあったらすみませんが
指摘してください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現できません。
HDLCは効率のよいデータ伝送を目指し開発されました。全二重通信、コードインディペンティブ、フレーム連続転送、高度な誤り制御等の特徴を持つので、様々なプロトコルがHDLCをベースとしています。TCPなどもHDLCをベースとした手順と言えます。
その他よく見かけるものは
LLC:イーサネットの論理リンク制御用手順
LAPB:X.25パケット交換網の平衡型伝送制御手順
LAPD:前出のISDNのDチャンネルの呼制御情報転送用手順
LAPM:モデム用転送制御手順
LAPF:フレームリレー網用の伝送制御手順

HDLCとPPPの関係はHDLCは伝送手順としての1つであり、PPPもまたシリアル回線を利用したときの伝送手順の1つです。
HDLCとよぶとき1つの手順としてではなくて、HDLCをベースにしている伝送手順全てが目指す機能を示していると認識したほうが理解しやすいと思います(全二重やコードインディペンティブ、フレーム連続転送)。HDLCは不完全なものなので、HDLCベースの様々なプロトコルが生まれています。

最後にHDLCとPPPが使われる身近なケースを見てみましょう。

インターネット接続におけるISDN回線ダイアルアップ接続のばあい。
各家庭に引き込まれる加入者回線から交換局間(ISDN網内)の通信制御にLAPDが採用されています。
Dチャンネル上でQ.931フレーム(転送モードや伝送能力など細かい呼制御データを設定する)を格納するLAPDフレームのやり取りで、ISDN回線網における接続、呼設定、データ転送、呼解放、回線の切断の動作を制御します。
LAPD設定ではISDN回線網上における回線の確保と相手との呼設定(データリンク)までしか関知しません。

ISDN回線上で接続されたネットワークのゲートウエイへ、ユーザのデータを転送するためPPPを用いることになります。

PPPはHDLCのUIフレームと同じ構造をもっています。PPPはIPを使いデータを転送します。
ISDN回線データリンク上で、PPPは確立されたデータリンク(Bチャンネル)でIPフレームを転送します。
ゲートウエイとの認証をはじめとしたデータ転送におけるネゴシエートをおこないネットワークとのリンク確立します。

閉じたLANのようなネットワークにはPPPは必要ありません。このような場合には、全二重通信、連続フレーム転送、誤り訂正などの伝送の効率化を主目的として、HDLCベースのプロトコルを用いることになります。

見当外れだったら失礼しました。

こんにちは伊与と申します。
結論としてhappyboysさんが仰る通り、「HDLCは上位レイヤを認識する機能はないのでPPPを用いる」でよいのだと思います。
PPPはHDLCをベースにして端末間がシリアル回線で接続するプロトコルとして開発されたものです。
論点は伝送にどのような機能を求めているのかだと思います。PPPは端末間のデータリンクの設定、全二重通信、複数のプロトコルをサポート、IP上の送受信間のネゴシエート、認証・圧縮・品質監視、などの機能を持っています。HDLCには前出の一部の機能しか実現でき...続きを読む

Q全銀のベーシックで通信ができません

全銀のベーシックにお詳しい方教えてください。
サーバー管理の初心者です。

私の会社のサーバーでは、Unilink社のZClientというソフトを使って運送会社さんのシステムと情報をやり取りしていました。全銀という特殊なやり方らしいのです。そのためにダイヤルアップのモデムを使い、WWWサーバーとは別のNTT回線で接続していました。
先日、このサーバーのマザーボードが壊れ、急遽、使用していなかったWindowsServer2000の入ってるマシンにデータを移し、システムの再構築を進めています。
サーバーの担当者は、私一人で初心者なので、この全銀の部分が分からずに途方に暮れています


状況としましては、サーバーマシンのシリアルポートにOMRON製のモデム「ME5614D2」を接続し、ドライバのインストールにも成功しました。システム > デバイスマネージャー > モデムにもきちんと表示されています。
モデムからは、NTTと契約中の電話回線にケーブルがささっており、ケーブルが外れているとい
うこともありません。
コントロールパネル > ネットワークとダイヤルアップ接続 > 新しい接続の作成も作成できました。
ところが、いざ接続ボタンを押すと、しばらくして「エラー676:電話回線はビジーです。」と表示されて接続することができません。


気になっている箇所としましては、新しい接続の作成の時に入力した電話番号なのですが、運送会社さんのシステム担当の方から提示された設定表に載っていたアクセスポイントと書かれた電話番号を入力しています。
考えてみると、こういう場合、プロバイダから割り当てられたアクセスポイントを入力するのが通常だと思うのですが、インターネット接続を目的としない全銀ベーシックの通信による場合、相手先の電話番号をアクセスポイントとしてもいいのでしょうか?

また、全銀の通信には通常のインターネット接続と違い、モデムに特殊な設定が必要なのでしょうか?例えば、全銀のプロトコルのインストールが必要など。

検討違いのことを聞いていたら、申し訳ありません。
どうしたらいいのか分からず困っております。

全銀のベーシックにお詳しい方教えてください。
サーバー管理の初心者です。

私の会社のサーバーでは、Unilink社のZClientというソフトを使って運送会社さんのシステムと情報をやり取りしていました。全銀という特殊なやり方らしいのです。そのためにダイヤルアップのモデムを使い、WWWサーバーとは別のNTT回線で接続していました。
先日、このサーバーのマザーボードが壊れ、急遽、使用していなかったWindowsServer2000の入ってるマシンにデータを移し、システムの再構築を進めています。
サーバーの担当者は、...続きを読む

Aベストアンサー

既に回答がありますが、専門スキルのある方に依頼することが解決の早道のように思います。
1)全銀ベーシックと書かれていますがこれは正しいですか?
  全銀にはベーシックとTCP/IPの2つの手順があり、ME5614DというのはTCP/IPの時に使えるモデム(調歩同期に対応)だと思います。なおベーシック手順の場合にはSYN同期に対応したモデムが必要となります。
2)ネットワークとダイヤルアップ接続 > 新しい接続の作成も作成できました。
  従来からこのようなやり方になっていましたか?一般的には通信ソフトの管理ファイルに相手先企業名や電話番号等を登録し、データ通信を行う時に通信ソフトがその管理ファイルを読み込んで電話番号指定して呼び出すやり方です。ダイヤルアップ接続には登録しません。
3)全銀ベーシックの通信による場合、相手先の電話番号をアクセスポイントとしてもいいのでしょうか?
  全銀手順は、プロバイダは経由しないで直接相手先の電話番号を呼び出すやり方です。
4)全銀の通信には通常のインターネット接続と違い、モデムに特殊な設定が必要なのでしょうか?例えば、全銀のプロトコルのインストールが必要など。
  モデムに必要な設定は通信ソフトがすべてATコマンドをモデムに発信して行いますから、外部からの設定は特に必要ありません。
  全銀プロトコルのインストールは当然必要になりますが、通信ソフトをインストールすると自動的にインストールされるようになっていると思われます。
  従来と同じUnilink社のZClientというソフトをインストールしているのですよね?

既に回答がありますが、専門スキルのある方に依頼することが解決の早道のように思います。
1)全銀ベーシックと書かれていますがこれは正しいですか?
  全銀にはベーシックとTCP/IPの2つの手順があり、ME5614DというのはTCP/IPの時に使えるモデム(調歩同期に対応)だと思います。なおベーシック手順の場合にはSYN同期に対応したモデムが必要となります。
2)ネットワークとダイヤルアップ接続 > 新しい接続の作成も作成できました。
  従来からこのようなやり方になっていましたか?一般的には通信ソフト...続きを読む

Qブリッジとスイッチングハブの違い

掲題の件についてどなたか教えて頂けないでしょうか?
どちらも、MACアドレスを見てデータの送信先を
決めるという点では同じ物だと思うのですが、
わざわざ違う名前が付いているからには
違う面もあるのではと思って調べていますが
さっぱりわかりません。

理解の仕方だとは思いますが、両者は同じ物だという
ように受け取れる書き方をしているWebサイトも
ありました。

Aベストアンサー

こんにちは
ソコソコ理解されておられるので、手短に書かせていただきますね。

>MACアドレスを見てデータの送信先を決めるという点では同じ物だと思う

ご理解されている内容でOKです。

>わざわざ違う名前が付いているからには違う面もあるのでは

最近では区別していないところも多いですよね。
両者の違いは、Port 数の違いで理解されても良いと思います。

ブリッジは、1対1を基本とする通信です。
スイッチは、n対nのそれぞれの通信で、ブリッジ動作を行います。

歴史的な流れで言うと、ブリッジが先に登場し、その後にスイッチです。

より詳しく勉強される場合は、以下のページが参考になると思います。

頑張ってくださいね。

参考URL:http://www.allied-telesis.co.jp/library/nw_guide/device/switch.html#002

Q浮動小数点数について

参考書に「3.14」のような小数点表現に、e(またはE)を使う。
たとえば、「1e2」、「1e+2」は「100」、
「1e-2」は「0.01」を表す。
と書いてあったのですが、
「e」はどういう意味で、どうして例題のような答えに
なるのですか?

Aベストアンサー

eは指数部(exponential part)、冪乗(exponential)の意味です。
e(E)は単精度指数型表現の実数定数の指数部の前に置かれ、d(D)は倍精度(double precision)指数型表現の実数定数の指数部の前に置かれます。
e(E)やd(D)が実数の定数データの中で使われるとき、
基数が10であること、それらの前が仮数部、それらの後が指数部というプログラム言語の約束事(文法)ですね。aeb(aEb, aE+b),adb(aDb,aD+b)などの実数定数があったら、 ax10^b と置き換えて考えてください。

ちなみに、1.0e+2=1.0x10^(+2)=100.0で
1.0は仮数部,10は基数,+2は指数部と言っています。
同様に、0.5e-2=0.5x10^(-2)=0.005
ですね。

これはプログラム文法の約束ごとであって、どうしてそうなるかではなく、そう決められているのです。
歴史的には、科学技術用の汎用大型計算機を開発し世界中に広めた米国IBM社がFortranというプログラム言語の文法仕様の中で指数部を持つ実数型データの表現法として採用したものが、現在広く使われているということです。

eは指数部(exponential part)、冪乗(exponential)の意味です。
e(E)は単精度指数型表現の実数定数の指数部の前に置かれ、d(D)は倍精度(double precision)指数型表現の実数定数の指数部の前に置かれます。
e(E)やd(D)が実数の定数データの中で使われるとき、
基数が10であること、それらの前が仮数部、それらの後が指数部というプログラム言語の約束事(文法)ですね。aeb(aEb, aE+b),adb(aDb,aD+b)などの実数定数があったら、 ax10^b と置き換えて考えてください。

ちなみに、1.0e+2=1.0x10^(+2)=100....続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qスイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いについて

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッチ(ただし、異なるセグメントにも搬送波を流す方法はある)とのことで、
上記の機能がなく、MACアドレスで識別するだけのものをスイッチングハブ、という回答をもらいました。
 VLANとは別にそういった機能をもったものがレイヤ2スイッチとのことだったのですが、この認識で正解なのでしょうか?
 色々とサイトを見て回りましたが、スイッチとレイヤ3スイッチやルータの解説などは書いてあるところはありますが、レイヤ2スイッチとスイッチングハブの違いについて書かれたサイトが見当たりませんでした。

 違いについて皆様のお知恵を拝借お願いいたします。

妙な質問ですみません。
周辺機器メーカサイトを見ると、スイッチングハブとレイヤ2スイッチと分かれたカテゴリで置かれているのを目にしますが
スイッチングハブとレイヤ2スイッチの違いとは何でしょうか?

どちらもデータリンクの2層目を対象として動き、アドレステーブルを元に対象のポートに搬送波を流すもので、ほぼ同じものと思っていたのですが、上司に質問したところ、
異なるセグメントを混在して接続でき、同一のセグメントが接続されているポートにのみ、搬送波が流れるものがレイヤ2スイッ...続きを読む

Aベストアンサー

これは言葉の言い回しだけです。
スイッチングハブとは、解釈の通りでMACアドレスを管理し、必要なポート以外にはデータを流さない装置です。
レイヤ2スイッチはMACアドレスのみ。
レイヤ3スイッチはIPアドレスまで管理しています。
世の中にはレイヤ4スイッチという装置まであります。

要はみんなスイッチングハブです。
レイヤ2スイッチは、スイッチングハブに含まれます。


人気Q&Aランキング