首を吊るために縄を掛けようって背を伸ばしたら足が吊りました。痛い・・・って、やっぱり未来を消しても過去は消えませんかねー?また今日も昔の夢を見るのでしょうが。

A 回答 (6件)

明るくポジティブに生きているように見える友人も、飲みにいってシンミリしてくると、意外な悩みを聞かせてくれたりします。



人間というのは脳みそが肥大し過ぎて、自分で自分を殺してしまおう、などという事をしばしば考えてしまう生き物のようです。繊細で頭の良い人程、この感情を深く追求してしまうような気がします。えてしてのびやかな大地や超然とした動物などに憧れたりしますが、意志のないものや自分より脳みその小さい動物に憧れる、というのはどういう感情なんでしょうかね。

「人生、楽しいのが一番」などというのは良く聞く話ですが、そういう言葉を発した本人が、うまく行かない恋愛なんかを経験すると、いきなり「死」を考えたりします。

過去の悔恨や、無力感などで、この世に自分が存在している事を否定したくなる事はほとんどの人が経験してきたのではないでしょうか。

私も自分の社会適応能力や失恋などで悲観して、死んでもいいや、なんて思った事は一度や二度ではありません。誰かに対してとんでもない事をしてしまった、なんて思いがあれば、もっと積極的に死のうとしたかもしれませんが、幸いそれはありませんでした。

でもまあ、死ぬ事によってつぐなわれる罪など、実際にはないと思うのです。死んでしまえ、と思っている人がいたとしても、実際その人が死んだからといってどうなるものでもないでしょう。

「つぐない」というものは生きていてこそ可能だと思います。また、生きていれば、感情は変わります。ずっと何十年も同じように重く暗い気持ちが続く事はありません。

過去は死んでも消えないのではないでしょうか。幽霊はいつまでも生前の恨みを忘れていないようですし、死んでしまっては恨んでいた人も後ろめたくなってしまうのではないかと思います。

死ぬ程辛い目にあった人はそのぶんだけ強くなる、というのは良く聞く話です。辛い夢がいつまで続くのか、と、暗澹たる気持ちの日々を受け入れて、ある日なにかのキッカケで夢から解放された時には強くなった自分がいる、ということです。

精神的なところは見苦しく耐えて、死なない道を模索して、現実的なところででどうにもならなくなるまで徹底的に足掻いてみるのが、死を意識してしまった人のとるべき態度だと思います。

極端な話、人を殺してしまった、という罪悪感にも、自分の死では自分も被害者も救われない、というのが真実だと思います。死など、ただのピリオドだと思います。

辛い夢を見続ける事でのみ、精神的な贖罪というのは可能なのではないでしょうか。
    • good
    • 0

自殺未遂経験者です。


と、このようなことを書くと、僕という回答者をよく知っている方からはびっくりされるかもしれません。

ベランダの3階から完全に身を乗り出して、後は手を放すのみ。
運動神経もにぶいことだから、もう腕の力で這い上がることは不可能。

そんな状況でしたよ。
でも、なぜか手を放すこともできず、腕の筋肉が働いてしまったんですよね。
今思うと、生きたいという思いの方が強かったからこそ、極限状態に打ち勝ったのでしょう。

過去の後悔がない人なんてそうそういないと思いますよ。それでも生きている人がほとんどじゃないですか? おそらく、人間にとってよいことは「いずれ死ぬであろう」ということで、いつか自然に死ぬなら今自分の意志で死ぬ必要もない、ということだと思います。
悩みを抱えたまま死なないことを求めるより、いずれ死ぬことを考えて悩みを割り切ってしまった方がよいのではないでしょうか。

昔の人は「不老長寿」を求めはしました(今の人もそうかもしれません)が、「不死」は願いませんでした。悩みやストレスや後悔を背負ったまま、無限地獄である現世を生きたくはない、ということかもしれません。有限の生だからこそ、それを充実させればいいんだと思いますよ。
    • good
    • 0

こんにちは。


あなたが消えれば、あなたの中の悩みも一緒に消えます。
だけど、今のところあなたは生きている。
あなたの心が、あなたにまだ何かを望んでいるから、死なせないのです。
たぶん今後ある時期に、あなたは自分の過去の問題を正面から見つめて
自分を解放することになるでしょう。
その方法と時期は、あなたの心が、ほんとうは把握している。
自分の心にさからうことは最終的には不可能。振り回されて大きくなって。
だけど、自分が自分のほんとうに思うことに素直で寛容であろうとすれば、
解放への道のりを楽なものにすることはできます。
抽象的でごめんなさい。私はそう思っています。
    • good
    • 0

後悔するのを止める方法は「後悔しないことに決めた!」と強く決断することです。


 生きていると多かれ少なかれ、必ず誰かに迷惑をかけるものです。誰でも同じことです。消したい過去を持っているのはあなただけではありません。「みんな同じようなもの」と開き直ってみてはいかがでしょう。

どのようなことを気にされているのかわかりませんので、無責任な回答だと思われるかもしれませんが。
    • good
    • 0

過去に自殺しようとしてそれをいまだ夢に見ていると解釈してよいのでしょうか?



後悔をやめたいというのをどう解釈したらよいのかよく分からないので補足していただきたいのですが・・
自殺してしまえばよかったという後悔ですか?
それとも何かをしなければよかったという後悔ですか?

自殺・・の夢を見たことはあります。
しようとした経験があるからかもしれませんが・・
もしその夢が辛いのであったら、というか、何か心配事があるのであったら、一度専門家に相談するとよいと思います。
    • good
    • 0

夢で困ってるなら精神科に一度相談にいかれたらどうでしょうか?


自殺は過去は消えませんが過去を癒して自分の成長の糧とする未来は消えます。
成長したのち、振りかえってみたときに、少しやな思い出程度にできたら
そんな成長した自分っていいと思いません?
ただ、少しずつ忘れる事によって考えのせいとんがつくと
思うのですが、夢で毎日見てるのはちょっと精神衛生上よくないですね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報