英語が苦手なので、下記の文を英語ペラペラ・もしくは英語得意な人、直訳
してください。お願いします。

On October6,1958,the company was formalized as a 
Pennsylvania corporation called 
Corrosion Reaction Consultants,Inc.

  できれば、「Corrosion Reaction Consultants」の詳しい意味も
教えて頂けたら幸いです。
是非、この文面の直訳お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1958年10月6日に、この会社は、Corrosion Reaction Consultants, Inc. の名前で、ペンシルベニア州の一会社法人として正式に承認された。




formalize    式なものとする, 正式に承認する
Corrosion    腐食(腐食によってできる物質=金属の錆びなど)
Reaction     (化学)反応
Consultant    (専門的意見を与える)相談相手、顧問、コンサルタント
Inc.       Incorporated の略。株式会社の略で、アメリカで使用
         (会社が、法人組織の、有限責任の意味)
         (イギリスの Ltd.(limited)に相当。)


字義的には、

(金属)腐食反応相談株式会社
    • good
    • 0

Consultants と複数になっていますので、




金属の腐食化学反応である錆びに関して相談し助言する専門家達の株式会社
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明どうもありがとうございます。
本当に英語、苦手なので助かりました。

お礼日時:2001/12/13 14:37

ちょっと自信ないですが



「1958年10月5日、その団体は『Corrosion Reaction Consultants,Inc. 』という名称で、ペンシルバニア州に法人登録された」

という感じでしょうか。

Corrosion Reaction Consultants,Inc.
→直訳すると「有限会社 腐食反応コンサルタント」といったところですかね。
    • good
    • 0

 1958年10月6日、会社が、Corrosion Reaction Consultants社と呼ばれるペンシルバニア企業として設立しました。

 というような意味でしょう。

 Corrosion Reaction Consultants は、腐食反応コンサルタント のようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qa so-called, the so-called

何々と呼ばれているものがあるという時にso-calledを使いますが
a so-called JQLP (Jump ...)
the so-called JQLP (Jump ...)
と二つの記載を論文でみかけてのですが、aとtheの違いはあるの
でしょうか?

Aベストアンサー

so-calledにはこだわらず、普通に不定冠詞“a”と定冠詞“the”の違いとして理解すれば良いと思います。

つまり、

「いわゆるJQLP」について最初に言及するときなど、いくつもある「いわゆるJQLP」のうちどれのことを言っているのかわからないときには、“a”を使う。

文脈や当事者間の暗黙の了解で、どの「いわゆるJQLP」ことを言っているのかはっきりしている場合は、“the”を使う。

・・・ということでしょう。

QI called the police, but it was some time before they arrived.

English Grammar in Use という本に、以下の文章がありました。

I saw two men who looked as if they were trying to steal a car.I called the police, but it was some time before they arrived.

あとの文がどうもしっくりきません。どんな意味がどんな構造で表されているのでしょうか。英語圏での生活経験が長い方からのご回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

「It was (will be) some time before ~」は、よく使う表現です。フレーズとして覚えると良いと思います。

また、私は今回使われている「some time」は、「かなりの時間」と解釈しています。

some time = for some time = for a long time

It was some time before they arrived.(警察が到着するまで時間がかかった。→怪しい男達を逃がした。)

It was some time before I could understand what the sentence meant.(その文章が意味することを理解するのに、しばらく時間がかかった。)

It will be some time before the plane arrives.(飛行機が到着するまで、まだかなり時間がかかるでしょう。)

It will be some time before Plasma TV becomes more affordable.(プラズマテレビがもっと購入しやすくなる(購入しやすい値段になる)には、しばらくがかかるでしょう。)

「It was (will be) some time before ~」は、よく使う表現です。フレーズとして覚えると良いと思います。

また、私は今回使われている「some time」は、「かなりの時間」と解釈しています。

some time = for some time = for a long time

It was some time before they arrived.(警察が到着するまで時間がかかった。→怪しい男達を逃がした。)

It was some time before I could understand what the sentence meant.(その文章が意味することを理解するのに、しばらく時間がかかった。)

It ...続きを読む

Q先週英語の講義を休んだので課題を出せませんでしたを英語にするとlast week, I was ab

先週英語の講義を休んだので課題を出せませんでしたを英語にするとlast week, I was absent class , so I can't submit homework. でいいですか?

Aベストアンサー

Since I was absent from English class last week, I couldn't submit my homework.

と時制を合わせなければいけません。

Qco,ltdと,INCの違いについて(株式会社の意)

株式会社の英訳で、会社名co,ltdと会社名,INCというのを
よく見ますが、それぞれの意味はちがうのでしょうか?
現在、英語版の会社名を決定しようとしていますが、どちらに
するか迷っています。ちなみに製造業です。
何卒 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Inc.(ピリオド必須)はincorporatedの略で「法人組織の」「会社組織の」という意味です。
アメリカ限定で「有限責任の」という意味もあります。
イギリスでのCo.,Ltd.に相当します。
英米では株式会社と有限会社の略記上の区別はなく、ともにInc./Co.,Ltd.が使われます。
つまりアメリカ式ならInc.を用い、イギリス式ならCo.,Ltd.を用いれば良いことになります。

Q受験英語に詳しい方お願いします! It was not until the meeting was

受験英語に詳しい方お願いします!

It was not until the meeting was over that he appeared.
の、もとの文章は、
He didn't appear until the meeting was over.
ですよね。(これは本に書いてあったので合っています)

ここで質問なのですが、It was not long before the meeting was over.
の、もとの文章ってどうなるんですか?
また、beforeはなぜthatじゃないのですか?

Aベストアンサー

確かに it is not until は下の文の強調構文と説明されます。

しかし、It is not long before のパターンは強調構文じゃありません。
that もありませんし、it は時の it でしょう。

だからもとの文というのはありません。

強調構文にしても、もとの文がそもそもあるわけではないという一面もありますが...


人気Q&Aランキング

おすすめ情報