ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

私は27歳男性です。そしてもうすぐ彼女と結婚します。年齢は27歳です。現在、私は会社員。彼女はパートで生活しています。収入は私20万、彼女10万です。

保険の種類が多くて迷ってしまいます。それぞれのライフスタイルに合わせて加入するものと知っていますが皆様がもしこの立場ならどんな保険に加入しますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

死亡保障


生命保険の目的は「万一のとき残されたご家族に経済的負担をかてないため」です。
その点から言うと、お子様のいない今又は暫くは、多くの保障は必要ないと考えます。万一の時、若い奥様は仕事もできるでしょうし、再婚だってできるでしょう(ごめんなさい。)。
となると、保険金額としては、葬儀費用と入院時の精算金と奥様の立ち直り費用くらいでしょう。
では、その保険金額をどの保険種類で用意するかということですが、
保険種類としては「終身保険」「定期保険」養老保険」しかありません。
おすすめは、「終身保険」です。
人は必ず死を迎えます。いつまでに・・といえない限り一生涯保障するものが必要でしょう。また、もし、60歳以降(多くの人が60歳以降死を迎えます)その費用を別の方法で準備できたのなら、解約することにより、支払った保険料のほとんどが戻ってきます。そういった貯蓄性で言うなら「養老保険」でもいいのですが、保険料が高いのが難点です。
若いうちに「終身保険」を持つことによって、将来責任が増えたときに(子供の誕生など)、その上に、掛け捨てである「定期保険」を追加するなどのメンテナンスを良いのではないでしょうか。
予算的な判断で「終身保険」+「定期保険(更新のないせめて60歳くらいまでの)」の組み合わせもよいでしょう。
あとは、入院保障。
多くの場合、60歳以降の使用率が高いことを考えると、やはり終身の医療保障になるでしょう。
保険金額は日額5000円は最低欲しいですし、高度医療給付金の引き下げや、混合診療の導入等を考えると、日額1万円位までは考えたいですね。
また、死亡の原因の多くはガン・心筋梗塞・脳卒中であることを考えると、特約で、ガン入院特約とか三大疾病入院特約とかがありますのでそれを考えるのも良いですね。
    • good
    • 0

ファイナンシャルプランナーです。


私なら所得補償保険とがん保障ですね。

所得補償保険は28歳で月930円で加入できます。
60歳になっても2590円です。
7日間免責ですが365日まででます。

下で調べて見て下さい。
    • good
    • 0

ご結婚おめでとうございます。

 今しばらくは、終身医療保険だけでも良いと思います。 でもできれば、余裕のあるうちに、終身保険などの積立性の保険をされて将来に備えましょう。少しでも貯蓄の癖をつけておかないと、なかなかできなくなります。 長期的な積立は銀行の場合は安易に引き出してしまうので、生命保険を活用すると確実に貯まります。  お子様がご誕生される頃には、将来のライフプラン表を作成して、貯蓄や保障性の生命保険を考えると良いでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング