ある団体が資金集めのために公演を行い、チケットの売上を収入として見込んでいます。
 このとき、その会場の席数が1500席しかないのにもかかわらず、チケットを2500枚売ったとします。
 このような場合は、たとえば詐欺行為など法的に問題な無いのでしょうか。
また、税制上の問題も無いのでしょうか?

このようなケースは他にも結構あると思うのですが、どんなことでも構わないのでご回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ。


売るつもりのないのに代金をもらい商品をわたさなければ詐欺になります。
そう考えるとチケットでも座席数以上は座れないのですから詐欺にあたると思いますよね。
しかし、入場できるわけですから詐欺にはならないでしょうね。公演は席を確保することで代金をもらっているわけではなくその演技を見る代償ですからね。
しかし2500人もきたときには今度は会場側から消防法に触れるので注意、もしくは中止の話が出ると思います。
税金面では販売枚数分の申告があればいいでしょうね。
でも実際の販売数ってごまかせばできないことじゃないですね。
こんな話でお役に立ちましたでしょうか?
もちろん私は専門家ではないので間違っているかもしれませんがその時はごめんなさいね。
    • good
    • 0

私が関わっている組織も座席数より多くのチケット販売を行う事があります。


内容が福祉関係の講演会で購入してもらうお客様は、寄付代わりに購入してもらうので座席数の販売だと実際の来場者が少なすぎるからです。興味ある講演でも半分いけばよい方です。それに販売枚数を多くすると一枚のチケットの価格が安くできるからです。
    • good
    • 0

専門家ではないのですが、イベントや公演を色々経験しているモノとしての意見として。



> このようなケースは他にも結構あると思うのですが

えーと、初めて聞きました。(^_^;;
資金集めのために公演を行うっていうのは、利益を上げるってこととは違うのでしょうか。
自分は利益のための公演や、宣伝のためのイベントはいくつか経験していますが
席数が1500席しかないのに、2500枚のチケット売るというのは考えられません。
無料のイベントであれば、2~3割り増しでチケットを配布するのといのはよくあるのですが(無料なので、逆にお客さんが来ないのです。お金を払ってないからチケットを無駄にしても損はしないからです)
有料の公演である場合は、チケット数=座席数です。
立ち見席のチケットを出すといっても、数十枚程度です。
有料である場合も1割程度の方は来ないことが多いです。けど、2500枚の1割では2250人は来ることになり、750人の人は入れませんよね。

公演自体は行われるので詐欺にはならないかも知れませんが、消費者センターに訴えられたりはするんじゃないでしょうか。
チケットを買わされたのに、公演を見られないのでは、やっぱり詐欺ですからねえ(^_^;;
チケットの全額払い戻しは、考えるべきことです。

税制上の問題ですが、素人考えなんですけど、2500枚分の収益を申告すれば問題ないんじゃないですか?
2500枚分のチケットを売りながら、1500枚分の料金を税務署に報告すれば、脱税になっちゃいますけど。

最後に蛇足として(笑)、
資金集めのための公演、ということで、演劇だとかとは違うのでしょうけど
娯楽的な公演の場合、1500席規模の会場なら1000人のお客が来れば採算が合うように、公演をすると言った具合です。
(もちろん公演によって割合は違いますけど)
お客が満員になれば、500人分の利益が出るというわけです。
    • good
    • 0

 会場には、消防法で決められた定員がありますので、座席数に立ち見席を加えたその定員以上は、入場させることが出来ません。

まあ、実際はその定員以上入れている場合もありますが・・・。1,500席に対して2,500枚のチケットを販売した場合、実際に入場出来るのは1,600~1,700人が限度でしょう。

 問題は、チケットを購入したことが全員来るかどうかです。行事の内容によっては、義理で購入するだけの人もいるでしょうし、全員は来ないでしょう。仮に、入れない状況になった場合は、購入した人が主催者に対してどのような対応を求めるかでしようね。払い戻しで納得すればそれでよいでしょうし、主催者の対応に納得がいかなければ損害賠償請求でも提訴することになるでしょう。あくまでも、購入して会場に入場できなかった人と、主催者の対応によることになります。売ったことがすぐに法に触れることは、無いと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業見込み可。そんな学生の証明写真での服装は

現在学生の身です

アルバイト募集と言う内容を見たのですが疑問が
「卒業見込み可」とあるのですが、一応は学生です
写真を制服で撮るべきか、私服でもかまわないのか悩んでいます

Aベストアンサー

営業とか正社員登用制度を設けていない限り、アルバイトの写真の服装は重要視されません。

制服でも私服でもどちらでもどうぞ。

Q新幹線で、指定席を全席購入したら立入制限できる?

 1 先頭や最後尾など、そこを通過する必要がない部分を選ぶ

 2 その車両内の全ての指定席を予約し料金を支払う

 この場合、車両内への一般客の入場を制限する事は可能ですか?

 

Aベストアンサー

二階建て新幹線MAXのグリーン車を1車両全席抑えれば、ほかの乗客の立ち入りはなくなります。

 
一般指定席の車両には混雑時には自由席特急券を持っていれば、通路に立ち入り留まることが許されますが、グリーン券を持たない乗客は、車両移動の際の通過は許されますがグリーン車内に留まることは許されていません。
  
 

2階建てMAXのグリーン車の場合、車両移動の際にも1階一般席側を通るように指定されているので、グリーン券を持たない乗客はグリーン車2階部分に立ち入ることができません。

Qゴールド免許取得の無事故無違反の無事故の意味を教えて下さい。

ゴールド免許取得の無事故無違反の無事故の意味を教えて下さい。
会社の駐車場で客と車同士の接触事故、警察に届け物損事故で処理、今回の物損事故でゴールド免許取得の無事故無違反の要件に当てはまらなく なったのでしょうか?

Aベストアンサー

無事故とは、人身事故または物損事故のうち建造物損壊事故で、安全運転義務違反での検挙がないということですよ。従って、建造物損壊以外の物損事故は事故前歴にはなりません。

Q税制適格ストックオプションの行使期間

今般、取締役等にストックオプションを発行する予定ですが、いわゆ
る「税制適格ストックオプション」にするための要件として新株予約
権を行使することができる期間があり、その定め方について悩んでい
ます。
条文通りですと「付与決議の日後2年を経過した日から当該付与決議
の日後10年を経過するまで・・」とありますが、起算点については
「付与決議の日・・」ではなく「割当日」とする考え方もあるようで
す。
総数引受契約を締結する場合を除いて、付与決議の日と同日に割当を
することはできません(最短でも翌日が割当日となる)ので、付与決
議の日を起算日にした場合と割当日を起算日にするのでは一日のずれ
が生じることとなります。また割当日を起算点とした場合、終期の定
め方についても割当日を起算日としても良いのか、または終期につい
ては付与決議日を起算日にするのかも疑問です。
この件に関する実務に精通されている方がいらっしゃいましたらご教
示いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私の入ってくる情報からだと、まだ付与決議の日からなのか、割当日かなのかは、税務局の中でもはっきりとはしていないみたいです。(噂によると税務局が、付与決議の日から2年のストックオプションは、税制非適格になるという決断を一時下らしいのですが、あまりにも事例が多すぎて、取り下げたみたいです。)
ですから、保守的に鑑みて割当日から2年間を取ったほうが無難だと思います。

Q損害を見込んでの損害賠償請求???

取引先から損害賠償請求通告書が届きました。話し合いによる解決という方向で考えているということなんですが。
でも、実際まだ実質的な損害は出ていなくて、あくまで概算でこのくらいかかるだろうという費用を請求されています。
その費用とは、ある製品に使われた部品を交換するという作業です。
実際交換しなくてもなんとかなるらしく、大半はそのまま使われており、在庫分を補修したいのでその費用を払えと言うことなんです。

ここでなんですが、補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけですから、損害賠償請求されても仕方ないんです。しかし、今の段階ではまだ補修をしていないわけですから、この請求を飲んでお金を払ったとしても、そのお金が実際、補修に使われるかどうかはわかりません。
取引先は、この請求を認めないと訴訟を起こすと言います。
その場合は在庫分だけでなく、全ての製品についての金額になるぞ!とやや脅し気味にすら感じます。

弁護士に相談したら、まだ損害が発生していないのだから相手にするなと言うし、取引先は、損害発生してなくても損害賠償請求できるって言うし・・・
本当のところはどうなんでしょうか?

取引先から損害賠償請求通告書が届きました。話し合いによる解決という方向で考えているということなんですが。
でも、実際まだ実質的な損害は出ていなくて、あくまで概算でこのくらいかかるだろうという費用を請求されています。
その費用とは、ある製品に使われた部品を交換するという作業です。
実際交換しなくてもなんとかなるらしく、大半はそのまま使われており、在庫分を補修したいのでその費用を払えと言うことなんです。

ここでなんですが、補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけです...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、その取引先の云う「損害賠償請求通告書」が「損害賠償予定契約書」とすれば、正しいことです。
でも「通知書」は「契約書」ではないので、弁護士の云うとおりです。
しかし、裁判となれば、sakura7053さんとしても「補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけですから、損害賠償請求されても仕方ないんです。」と云っていることからみても、損害額が確定していなくても、あらかじめ、決めておくことができます。
その契約を締結してあれば、賠償請求に応じないわけにはいかないです。
今回の件を、そのままとすれば嫌悪となるならば、正しい契約書を締結することをおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報