カントは「美」をどのようにとらえているのですか?レポートで書かないといけないんですけど、全然わかりません。
カント以外でも「美」について言っている人ならソクラテスとプラトンを除けば誰でもいいのですが、カントしかわからなかったからカントで聞いてみます。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  カントの美学というものについて、何か語れるほどにも、何も知らないのですが、非常に簡単なアウトラインと基礎的な構図を考えれば、バウムガルテンが、感覚における美の考察から、美の学を構想したのを継承したとも言えるでしょう。
 
  カントは形而上学を否定して、主観の認識論を立てたのですが、純粋理性と実践理性だけでは、生命としての人間の総合的な生のありようを説明するには不十分であると考えました。例えば、あるものが好きであるとか嫌いであるというのは、二つの理性の原理からは出て来ないのです。
 
  それは言ってみれば、真理や格率の世界ではなく、「趣味」の世界の現象であると言えます。感覚的な快さや楽しさ、愉快さ、端正さなどに加え、精神的・芸術的な感動や、優雅、畏怖、驚異、崇高さ、そして美的な何かを確かに人間主観は、感受でき、これを「判断」しているとしか言えないのです。この判断の能力は、純粋理性の真理でもなければ、実践理性の規範・格率でもない訳で、趣味判断の直観能力が人間にはあるということになります。
  
  「美」の直観とは、美的なものの認識、判断能力による判断であるということになります。主観は、真理と正しい認識をめぐる純粋理性と、規範をめぐる実践理性の規定を前提として、しかし生命存在としての人間存在の総合性から、感覚的美的なものから精神的な美的なものまで、美なるものを判断し、それによって人間の生は、総合的な生きている意味を見いだすことができるとも言えるのです。
 
  こうしてカントの美の分析は、感覚的快から始まり、趣味の洗練や、美的なものの純粋性のありように展開し、このような趣味の「良さ」を判断することのできる主観の能力そして直観として、第三の「判断力」を構想したと言えます。
 
  判断力はしかし、真理をめぐる主観の限界を超える訳ではなく、規範をめぐる主観の限界と「指導原理」を超えるものでもなく、美的直観による美の了解と、判断力による具体的なる美的なものの認識は、生命の経験であるということになります。カントは、形而上学を否定したものの、美的なもの、趣味の判断において、「美」の形而上学をまた築いているとも言えるのです。
 
  カントの美は、感覚的なものから、趣味的な生活の美、精神的な純化されたもの、芸術的美まで、序列をなすように構想されますが、それは美的なものの分析で、生命の統一体の人間の経験に依拠しているとも言るのですし、それを直観する能力として判断力を立てたとも言えます。従って、美の経験論の形を取りながらも、判断力における美的直観という点で、形而上学的な面を持ち、観念論的体系になっているとも言えるのです(そこには、純化された美として、真理や格率や、宗教的崇高・荘厳なども、美の要素として分析されて来るのですし、このような美の直観が、判断力の広い意味だとなります)。
 
  (以上、昔の記憶や、こういうものではなかったかという断片的な知識を元に述べているので、もっともらしいですが、自分で吟味してください。そんなおかしなことを書いた訳ではありませんが、違っている可能性があります。責任は持てません)。
 
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ものすごく細かく書いていただいてほんとうにありがとうございます!これを元にレポートにとりかかろうと思いますほんとうにありがとうございました!!

お礼日時:2001/12/18 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチェダーチーズのチーズの種類は?

チェダーチーズについて質問が御座います.

■チーズの種類
チェダーチーズは,チーズの種類としては
以下のどのタイプに入るのでしょうか?

1.フレッシュタイプ
2.白かびタイプ
3.青かびタイプ
4.セミハードタイプ
5.長期熟成
6.シェーブルチーズ?
7.ウオッシュタイプ

■レッドチェダーチーズ

オレンジがかっているチーズです.
アナトー色素が入っているみたいです.
何故,わざわざ色をつけているのでしょうか?

Aベストアンサー

チーズの種類としてはハードタイプのようです。長期熟成したものが本来の姿であって、水分はほとんど抜けているので堅いそうです。

アナトー色素については、本来の伝統的な製法には用いられません。どうして添加するのかを考えましたが、本来は長い期間熟成させてから食べるチーズなのに、工場で短期間に大量生産しているのが現状ですので、熟成させているように見せるために色素で色をつけているのだと思います。ちなみに実際に熟成したチェダーチーズはオレンジ色ではなく褐色らしいですよ。

Qプラトンやアリストテレス、ソクラテスに苗字はあったのでしょうか?

こんにちわ。早速ですが質問させていただきます。

古代の偉大な哲学者として名高いこの3名ですが、苗字(もしくは氏など)はあったのでしょうか。
確かアリストテレスは貴族の末裔でしたから、苗字はあったと思うのですが、見つかりません。
もし、ないとすれば、古代ギリシャにおいて苗字というシステムが始まったのはいつごろになるのでしょうか。
また、あったとすればその苗字は平民にも与えられたのでしょうか。(奴隷や娼婦の方など、一般的に卑しいとされていた人たち含む)

以上3点よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そもそも古代ギリシア特にアテネは民主制が完成した都市国家だったので法律上市民は平等でした。あらゆる貴族の特権は廃止されています。
古代ギリシア人の名前については次のサイトに明確に書かれています。ギリシア人は本来たった一つの名前があるだけだったが紀元前402/3年から公式の文書においてはデモス名を添えなければならなくなったそうです。
http://ancienthistory.about.com/od/nameetymologies/p/AncientNames.htm
ここでいうデモス(demos)とは「人民」という意味ではなく地区名です。東京で言えば「足立区」のような感じです。デモスについては次のサイトの民主制のところをお読みください。
ソクラテスについてはアローペケー区の出身と言うことが伝わっています。
http://www.maat.it/livello2-i/socrate-i.htm
ヨーロッパ文学最古のものと言えばホメロスのイーリアスとオデュッセイアですが、この叙事詩に出てくる英雄たちもたった一つの名前だけで(アキレウス、ヘクトル、メネラオス等)、ときおり父親の名前が添えられます。たとえば、「ペーレウスの子アキレウス」とか。王様でも貴族でも名前はひとつです。

そもそも古代ギリシア特にアテネは民主制が完成した都市国家だったので法律上市民は平等でした。あらゆる貴族の特権は廃止されています。
古代ギリシア人の名前については次のサイトに明確に書かれています。ギリシア人は本来たった一つの名前があるだけだったが紀元前402/3年から公式の文書においてはデモス名を添えなければならなくなったそうです。
http://ancienthistory.about.com/od/nameetymologies/p/AncientNames.htm
ここでいうデモス(demos)とは「人民」という意味ではなく地区名です。東京で...続きを読む

Qカッテージチーズの種類

アメリカで水っぽい粒タイプのカッテージチーズをよく食べました。
今住んでいるところが大都市ではないからなのか、見かけるカッテージチーズはポロポロとした粒タイプか裏ごしタイプだけです。
私がアメリカで食べたような水っぽいカッテージチーズは日本では買えないのでしょうか?
ご存知の方が居たら教えてください。

Aベストアンサー

おぼろげながらでも記憶があルナら「アメリカ チーズ」とかで画像検索すれば良いですよ。

Qブッダとソクラテス(実はプラトン?)の思想の異同は?

中央公論、田中美知太郎責任編集 「プラトンI」から池田美恵訳 『パイドン』の10章(ステファヌス索引65b)
「さあ、それでは、知恵の獲得そのものについてはどうだろう?肉体は妨げになるのかならないのか、もしその探求に当たって人がこれと協力するとすれば。
つまり、こういう意味だ。視覚や聴覚は人間になんらかの真実を教えるのか、それとも、その点についてなら詩人でさえ、いつもくりかえし語ってくれているのではないか、われわれの見聞きすることは何一つ厳密ではないと。しかも、肉体のもつこの二つの感覚が厳密でも確実でもないとすると、ほかのものは言うまでもない。いずれも、この二つよりは劣っているのだから。そうは思わないか」

さて、質問です。
ここからは自ずと「五蘊皆空」を連想します。主人公ソクラテスは、即ち著者のプラトンはブッダが説く「五蘊皆空」と同じ認識にあるやに読めます。ブッダは此処から「色即是空」を導き、プラトンは最終的に「イデア」を導きました(?)。言わば同じ認識から一方は「無」を、他方は「有」を導いたことになります。
また、ほとんど同時代を生きた二人が一方は解脱し輪廻から外れることを確信したことによって、他方は肉体は滅んでも魂の不死不滅を確信したことによって、共に従容として死に就いたことにも関心をもちます。
ブッダとソクラテス(実はプラトン?)が正反対といってもよい結論に到達した理由は何ですか。このことが東西の後の二千数百年間に及ぼした影響も多少は視野に入れて回答して下さると一層、有り難いです。
よろしくお願いします。

中央公論、田中美知太郎責任編集 「プラトンI」から池田美恵訳 『パイドン』の10章(ステファヌス索引65b)
「さあ、それでは、知恵の獲得そのものについてはどうだろう?肉体は妨げになるのかならないのか、もしその探求に当たって人がこれと協力するとすれば。
つまり、こういう意味だ。視覚や聴覚は人間になんらかの真実を教えるのか、それとも、その点についてなら詩人でさえ、いつもくりかえし語ってくれているのではないか、われわれの見聞きすることは何一つ厳密ではないと。しかも、肉体のもつこの二つの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
僕なりに書いてみたいと思います。

ブッダは
「諸行無常」
起こるもの(「行<サンカーラ>」関係を持って条件が整ってなりたっている)は永遠や実体といえるものでなく瞬間瞬間変化生滅し続けている。

といい、五蘊もドゥッカ(「苦・空」たいしたことの無いもの)といっていると思ってます。

そこで我々が価値を入れたり煩悩を出したりする原因として五取蘊があると見つけたと思います。

「取」は執着といいましょうか。

もっと深い心の捏造のシステムにまで観察を深めているように思います。

西洋で行なわれる考え方に多く感じるのは「有」の前提条件です。
その根は深いものなのでしょう。

<<「五蘊皆空」と同じ認識にあるやに読めます。>>

とありますが、よく調べるとまったく違うものと解るかもしれません。

五蘊とは生命の分析結果だと思います。
その一切は無常であるととくのですから。

「魂の不死不滅」が入る隙は無いと思います。

何か参考になれば幸いです。

Qこれは美味しいと思うチーズは?

最近白カビタイプのチーズやブルーチーズ等いろいろなチーズに興味を持つようになりました。チーズの種類は関係なく、あなたが美味しいと思うチーズを教えて下さい。
また、そのチーズをそのまま食べるのか、何かにつけて食べるのか等々も教えていただけると嬉しいです。
私は十勝のカマンベールとかピーナツ入りチーズ、くるみ入りチーズ等が好きです。

Aベストアンサー

第一位は「ブルサンアイユ」というニンニクの風味のクリームチーズです。
こいつを生ハムにちょこっと乗せて食べると上手いです。
第2位はスティルトンです。イギリスのブルーチーズです
そのままでも上手いしチコリやセロリに載せて食べても塩味が強いので上手いです。
第3位はモッツァレラチーズそのままでもトマトと合わせても上手いです。

で、今まではワインに合うものをあげてきました
ウィスキーやコニャックとなるとまた色々あります。

質問にある十勝のカマンベールも良いですね。
ちょっとオーブントースターで温めて食べても良いし、以外とハチミツと合うんですよね。

参考URL:http://www.aromassimo.co.jp/type_index.html

Qプラトンとソクラテスの違い

上記の二人が師弟関係だったことは周知の事実ですぅが、
彼らの思想の同じ点と、違う点をおしえていただきたいです。

Aベストアンサー

質問者さん、すこしは自分で調べようよ。
ソクラテス、プラトンでググろうよ。

初心者向けのいいサイトを紹介するので、
これを読んで、自分で考えましょう。

ソクラテス
http://www.geocities.jp/studia_patristica/philosophia7.htm

プラトン
http://www.geocities.jp/studia_patristica/philosophia8.htm

Qカントについて

現在レポートを書くためにカントについて調べています。
今混乱していてはっきり言って自分でもどこがわからないのかよくわからないのですが、倫理学を中心に書きたいと思っています。

そこでなにかカントの倫理学についてお勧めの本などあったら是非教えてください。

また、現代におけるカント哲学という点で、カント哲学がどのような影響を現代に与えているか教えてください。先日カリーニングラードで18カ国が参加した国際学会が行われたというのを目にし、現代におけるカント哲学について何か知っていることがあったら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは
回答は、「カント哲学と倫理―現代カント研究の視点から」
とまとめてみました。

まずカントの倫理学について書くという場合には、定言命法(der kategorische Imperativ)を知っておく必要があるでしょうから、『実践理性批判』についての解説などを、西洋哲学史や思想史と呼ばれるものや、カントについての著作によって読んでおく必要があるでしょう。
しかし、この点はもう大丈夫ということですね、きっと。

そこで
>お勧めの本など
ですが、雑誌「現代思想」の、1994年3月臨時増刊「カント」にある、「普遍化の論理と相互承認の倫理」(342~358頁)がお勧めです。

この論文においては、序の見出しが「カント理解の現代的状況」というように、まず、カント解釈の中でも主に倫理を巡る研究史を示し、それから「定言命法」と「倫理」の問題を現代のカント研究の立場から論じていきます(注も57個付されていて、役に立ちます)。
また、この「カント」特別号には、アドルノ研究者の細見氏による「アドルノのカント論」(286~294頁)も見られます。

さて、今年、2004年度は、世界の各地でカント・シンポジウムや国際会議やゼミナールなどが非常に多く開催されています。カントの生誕地カリーニングラードにおけるものは、その一例に過ぎません。
2月12日の記念祝典の後、4月22日から24日に開催されたカリーニングラート大学による国際会議では、だいたい以下のようなテーマに分けられたようです。
1)異文化におけるカント受容
2) カントの理論哲学における先験性と先天性の問題
3) カント哲学における形式および超越論的論理学
4) カントの実践哲学における普遍主義
5) カントにおける人間と文化
6) カントによる生の構想

先述の「普遍化の論理と相互承認の倫理」という問題は、まさに四番のテーマですね。

しかし、
>カント哲学がどのような影響を現代に与えているか
を本当に考えるならば、やはりニーチェの存在を忘れてはならないでしょう。

今月の26日~29日にナウムブルク(Naumburg)では、「理性、生、存在 ― 衝突するカントとニーチェ」というテーマのもと国際会議が開かれます。カント協会とニーチェ協会の相互協力のもと(ニーチェは怒るでしょうね、、、笑)。

ニーチェが『善悪の彼岸』などでカント批判をしているのは有名ですね。しかし、その批判の背後にはどのような倫理的問題があったのか、ニーチェ自身が使う手段を逆に使って、なぜそこまでカントを批判したのか?、など考えてみるのも面白いかも知れません。

それでは

こんばんは
回答は、「カント哲学と倫理―現代カント研究の視点から」
とまとめてみました。

まずカントの倫理学について書くという場合には、定言命法(der kategorische Imperativ)を知っておく必要があるでしょうから、『実践理性批判』についての解説などを、西洋哲学史や思想史と呼ばれるものや、カントについての著作によって読んでおく必要があるでしょう。
しかし、この点はもう大丈夫ということですね、きっと。

そこで
>お勧めの本など
ですが、雑誌「現代思想」の、1994年3月臨時増刊「カン...続きを読む

Qプラトンが描いたソクラテスは史実の姿???

プラトンが描いたソクラテスは史実の姿???

プラトンの国家、ソクラテスの弁明を読んで、ソクラテスの史実の姿に興味を持ちました。

国家やソクラテスの弁明に描かれるソクラテスの姿は、大体、史実、ありのままと考えていいのでしょうか。
それとも、プラトンが描くソクラテスというものは、大部分が、史実とはかけ離れた空想の産物なのでしょうか。

Aベストアンサー

史実という考え方自体が、近代的考えです。

古典時代の人々が、食べていた食べ物を「今の目線で」
「まずい」とか「料理の仕方が洗練されていない」とかと評価できないのと同じで、歴史的に「それはそれ」とまず、さらっと読むことが大事です。

史実という事で言うと
ヘロドトスとトゥキディデスの比較がよく話題となります。
ヘロドトスは、「物語」の作家
トゥキディデスは「史学」の著者とされます。

さて
「伝記」は、「歴史書」なのでしょうかそれとも「読み物」なのでしょうか?どちらかというと「奇跡をつづるといった側面が強いと思います。少なくとも「記述するにふさわしい数奇な内容」のはずです。

この時代に書かれた書籍は
基本的には、「伝説的読み物」といったほうがいいと思います。

トゥキディデス=史実重視の見方・政治的意図で書かれた文章=プログラムは、例外中の例外です。

比較の対象として「クセノフォン」のソクラテス伝をよんでみるのもよいのかもしれませんが、「思想」としては、プラトンのほうが優れています。人から人へ伝えていくといった視点からも明らかに勝っています。

また、「弁明」のほうは、史実に比較的近いということも出来ます。ソクラテスの弟子=プラトンが書いたことですから、内容(こんな感じだったんだろうなというイメージ)だけ
持っていけば
いいと思いますが、

でも、全てが夢物語ではありません。

「聖書のでたらめ」を信じている人たちが、党派的に「哲学全般に対して批判・弾圧を繰り返してきた」という歴史的事実にも着目してください。肩の力を抜いて取り組んでください。

プラトンは、自分に対して「辛口」になることが出来る思想のヒトツです。キリスト教はその逆。

史実という考え方自体が、近代的考えです。

古典時代の人々が、食べていた食べ物を「今の目線で」
「まずい」とか「料理の仕方が洗練されていない」とかと評価できないのと同じで、歴史的に「それはそれ」とまず、さらっと読むことが大事です。

史実という事で言うと
ヘロドトスとトゥキディデスの比較がよく話題となります。
ヘロドトスは、「物語」の作家
トゥキディデスは「史学」の著者とされます。

さて
「伝記」は、「歴史書」なのでしょうかそれとも「読み物」なのでしょうか?どちらかとい...続きを読む

Qたこ焼きに合う「チーズ」って?

最近?チーズ入りたこ焼きって流行ってますよね?

1.みなさんは、どの種類のチーズが合うと思いますか?
おすすめのチーズ(具でも、生地に混ぜ込むタイプ、上にかけるタイプ?
どれでもかまいません)を教えてくださいv

2.あと、チーズ入りたこ焼の場合、たこは入っていた方がいいですか?
それとも、ない方がいいですか?

3.同じく、チーズの場合、ソースやマヨネーズはあった方がいいですか?
何か合いそうな物があったら教えてください。

その他、何かたこ焼きについておもしろいことがあったら教えてください。
よろしくお願いしますv

Aベストアンサー

#2で書いたEivisですが、今日は昼から「チーズタコ焼き」に挑戦しました。

使ったチーズは家にあるもので、先日書いたウォッシュタイプや山羊のチーズなどはまだ季節外れなのです。

用意したのは塩分の少ない順に「キャマンベール」「グリュィエール」「ゴルゴンゾーラ」というところで、
このうち「ゴルゴンゾーラ」が一番個性的で、味もしっかりとしているようです。

いずれもソースなしでは物足りなくて「キャマンベール」「グリュィエール」などはお好み焼きソースとも一息あわなくて、
LIONの「ガラムマサラカレーソース」にマヨネーズを加えたものの方が一番あったようです。

一方日本製の「とろけるチーズ」「プロセスチーズ」を入れたものが意外に美味しく、特に「とろけるチーズ」などは
「グリュィエール」などより値段的にもいい線をいっている訳です。

どうせ試し序という事で「小ぶりの海老」「ホタテの貝柱」も試して、それぞれ美味かったのですが・・・どうして
「タコ」は一番しっくり来るんでしょう??
どうも一昨日意気込んで考えていたほどの成果は得られませんでした。

最後に感想としては、チーズは同じ粉でも「イースト菌」醗酵したフランスパンやライ麦パン等と相性がよく、
薄力粉を使った粉臭い焼き物には「ホタテ貝柱」「海老」「タコ」といった魚介の方が合うように思います。
 このことは溶いた天ぷら粉のような「たこ焼」が海産物に本来あっているのかもしれません。

いずれにしても「ソース」が意外に重要な事がよくわかりましたが、ひょっとすると「具のない」タコ焼でも、
青海苔、赤生姜、オカカが載っていれば結構いけるのではないかと思いました。

#2で書いたEivisですが、今日は昼から「チーズタコ焼き」に挑戦しました。

使ったチーズは家にあるもので、先日書いたウォッシュタイプや山羊のチーズなどはまだ季節外れなのです。

用意したのは塩分の少ない順に「キャマンベール」「グリュィエール」「ゴルゴンゾーラ」というところで、
このうち「ゴルゴンゾーラ」が一番個性的で、味もしっかりとしているようです。

いずれもソースなしでは物足りなくて「キャマンベール」「グリュィエール」などはお好み焼きソースとも一息あわなくて、
LION...続きを読む

Qプラトンの視点から見て、ソクラテスにとっての『勇気』とはどのようなものだったか?

こんばんわ。
今『ラケス』を読んでるんですが、そこだけがどうしてもわかりません。
みなさんはどうおもいますか?
できれば長文でお願いします。(そのほうが自分としては解釈しやすいんです。)


プラトンの視点から見て、ソクラテスにとっての『勇気』とはどのようなものだったか?

Aベストアンサー

長文は得意なのですが、今回に限っては。。。

プラトンは<「自分は知らない」ということを人々は知らない>ということを指摘した人でしたよね。

知識のある人に対して、低姿勢で「教えてください」といいつつ、実は、相手に「自分は知ったつもりでいて、実は何もわかってはいなかった」ということを自覚させるために、問答をした人でしたよね。


このラケルもそう。

ラケルは勇気が何なのか知っているという。

ところが、問答をしていくうち、勇気について説明しているのに、勇気じゃないことを説明していたことをラケルは気づかされる。


ラケルは勇気について無知であった。
にもかかわらず、知っていると思い込んでいた。


ということで、プラトンの「実は勇気がなんなのか知らないのに、勇気とは何かを知っていると誤解している愚者であることを自覚させる」あるいは「暴く」といういつも通りのやり方。


>プラトンの視点から見て、ソクラテスにとっての『勇気』とはどのようなものだったか?

ソクラテスも知らなかった。
というのが正解じゃないかと。



ヘブライ語はものの本質を直接表す珍しい言語だそうです。
対してギリシャ語は、抽象に満ちた言語で、それだけでも永久に問い続けることが可能な言語だそうです。
だから 詭弁も成り立つ。

ヘブライ語のクラスにギリシャ語の生徒が入ると、ギリシャ語は嘘つきですらなく、明らかに愚者 になってしまうのだとか。

そのギリシャ語でかかれている新約聖書は、どこまででも永久に研究できる終わりの無い無限の書になる。
何故なら、ギリシャ語に翻訳され「正義」となったものは、ヘブライ語では「救い」のこと。

救いをギリシャ語では正義だとなり、正義とはって永遠にイエスの言葉を理解しようとするが、決して終わりは無い。
だって、正義についてイエスは語ってなどいないから。

あさっての方角にイエスの言葉の意味を探しているので、永久にイエスの言葉の意味を理解できないわけです。

ヘブライ語はヘブライ文字一字一句たりともこの世が終わるまで変えてはならないとされた意味。
ましてや他の言語に置き換えて改造してしまってはならないとした理由。
本来の意味を直接あらわず言語以外に変えてしまうと、本質を表さなくなるので、読み手は永久に理解できない ってことで。


で、抽象概念にみちみちた言語であるギリシャ語を使用していたソクラテスも「勇気とはなんぞや」と結局わからないまま処刑された。
わたしから見ると頑固すぎ。

長文は得意なのですが、今回に限っては。。。

プラトンは<「自分は知らない」ということを人々は知らない>ということを指摘した人でしたよね。

知識のある人に対して、低姿勢で「教えてください」といいつつ、実は、相手に「自分は知ったつもりでいて、実は何もわかってはいなかった」ということを自覚させるために、問答をした人でしたよね。


このラケルもそう。

ラケルは勇気が何なのか知っているという。

ところが、問答をしていくうち、勇気について説明しているのに、勇気じゃないことを...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報