gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

先日気づいたのですが、よく冷蔵庫などにくっつける磁石の製品に、鉄のカバー(あるいは鉄でサンドイッチ)がしてあります。
あれをはずすと、磁石だけではくっつく力が弱く、また鉄のカバーに入れると、強力になります。
どうしてなのでしょうか???

A 回答 (2件)

磁力線というのは鉄があると平たくいえば通り道が出来ます。

空中を磁力線が伝わるときには距離に応じてどんどん磁力は弱くなりますが、この鉄(正確には強磁性体と言います)の通り道であればほとんど磁力が落ちずに伝播します。

ご存知のように磁石は一方がN反対側がS極になっていて、互いには離れています。
そして磁石がつくためにはSとNが引き合う力を使いますので、この両者は出来るだけ近くにあった方がよいわけです。

よく見ると磁石を入れる鉄容器は反対側の極の磁力を鉄を通じてもう片方の極のそばまで持ってきていますね。
これによりSとNが近くなり、両方がくっつく相手に接することが出来るので、非常に強い力でくっつくわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい説明、ありがとうございます。
よく理解できました!

お礼日時:2005/12/27 13:35

磁石の背面から前面にむけて磁性体で覆って磁力線の通り道を作ってやることで、磁力線が通り易くなり(磁気抵抗が下がり)、吸着力が増加します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2005/12/27 13:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング